Litetopi メールマガジン バックナンバー [2009]

>>最新の記事へ >>最新の記事へ
>>2010年の記事へ
>>2008年の記事へ
>>2007年の記事へ
>>2005-2006年の記事へ

2009/12/22 No.101

=================================================================
★ 情報探索ガイダンス(1月)のお知らせ「電子ジャーナルで論文を入手」ほか★
=================================================================
2010年1月、新春の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:
・1/15  (金)13:30-14:30 文献リストをサクッと作成 RefWorksを使うには
・1/20 (水)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文を入手
              【 30分のクイック講習会/昼休み開催 】
・1/21 (木)15:00-16:00 日本の論文を探すには?
・1/26 (火)16:00-17:00 文献検索早わかり
・1/29 (金)12:10-12:30 自宅から検索するには?
              【 20分のワンポイント講習会/昼休み開催 】

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ 電子ブックiGPublishing(全分野)トライアル開始! ★
=================================================================
iGPublishing提供の電子ブックのトライアルを開始しましたので、
どうぞご利用ください。
自然科学、経済学、医学、人文社会科学、中国語電子ブックなど
多岐の分野にわたっています。

■トライアル期間:2010年1月31日(日)まで

■タイトル、アクセス方法はこちらのページをご覧ください。
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091215.html

=================================================================
★ 米国税制・経済改革オンラインデータベース トライアル開始!★
=================================================================
米国税制・経済改革オンラインデータベース
TAXATION & ECONOMIC REFORM IN AMERICA : a Historical Archive, 1781-2009
のトライアルサービスを開始しましたので、どうぞご利用ください。

◆TAXATION & ECONOMIC REFORM IN AMERICAとは
 現在の米国経済の状況につながる、18 世紀後半まで遡った
 米国の税制改革および経済政策に関する900 巻以上そして
 約90 万ページの電子化された立法経緯の資料の電子アーカ
 イブです。

■トライアル期間:2010年1月31日(日)まで(予定)

■アクセスはこちら (同時アクセス数制限はありません)

  【学内限定】 http://www.heinonline.org/
        「Subscribers Click Here to Enter」をクリックしてください

 *収録内容、マニュアルについては下記PDF(1MB)をご覧ください。
  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/TERA.pdf

◆問い合せ先
 ・ご利用方法について:経済学部図書館図書運用係
              unyo@e.u-tokyo.ac.jp
 ・その他:      経済学部資料室
               shiryo@e.u-tokyo.ac.jp
              (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 電子版『明・弘治十八年八月二十日勅命』の公開 ★
=================================================================
附属図書館と情報基盤センターでは、総合図書館所蔵貴重書
『明・弘治十八年八月二十日勅命(明孝宗皇帝弘治勅命)』の電子版を
公開しました。
本資料は、中国・明時代の弘治18年(1505)、地方官僚の父母に恩典
として官職・称号を授けた際の辞令書で、総合図書館の所蔵する森鴎外
旧蔵書の中の1点です。どうぞご覧ください。

■アクセスはこちら
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/chokumei/

=================================================================
★ 自宅からアクセスに必須!ECCSアカウント講習会日程決定 ★
=================================================================
2010年1月〜3月のECCSアカウントの取得のための講習会日程が決まりました。
ECCSアカウントでログインすることによりSSL-VPN Gatewayサービスの対象と
なっている電子ジャーナルやデータベースを学外から利用できます。
お持ちでない方はこの機会にぜひ取得して下さい。

◆日程と場所はこちらをご覧ください。
 http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2009/12/15_1254.html

 会場への地図 http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/map.html


◆ECCSアカウントの申請等はこちら
 ⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html


◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面
   ( https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ )にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちら
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

■SSL-VPN Gatewayサービスへのアクセスは、こちら
 ⇒https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

=================================================================
★ 年末年始の図書館サービスの休止について★
=================================================================
◆ASKサービス
質問受付休止期間 :12月25日(金)17時〜1月5日(火)10時
質問の受付を停止します
 ※質問検索はこの期間も可能です。

◆ASKサービスについて
 ⇒https://libsv.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/ask/index.jsp

◆e-DDSサービス
※お申込みは年末年始を通して24時間可能です

・総合図書館, 駒場図書館, 工学・情報理工学図書館, 医学図書館
 12/24(木) のお申し込み: 12/25(金) に受付・メール連絡
 12/25(金) 以降のお申し込み: 1/4(月) より順次受付
 ※12/25(金)のお申し込みは当日対応できる場合があります。
  ただし年内の確実なお届けをご希望の方は、できるだけ12/24(木)までに
  お申し込み下さい。

・柏図書館所蔵雑誌
 12/25(金)12:00までのお申し込み: 当日中に受付・メール連絡
 12/25(金)12:00以降のお申し込み: 1/4(月)より順次受付

・数理科学研究科図書室
 12/24(木)17時までの申し込み: 12/25(金)に受付・メール連絡
 12/25(金)17時までの申し込み: 12/28(月)に受付・メール連絡
 ※ただし照会事項が生じた場合は年内の受付はできなくなります。
  予めご承知おきください。
 12/25(金)17時以降の申し込み: 1/5(火)より順次受付

◆e-DDSサービスについての詳細
⇒https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/service-html/webreq/edds/edds_help.html

2009/12/8 No.100

2005年12月1日の創刊号から約4年。おかげ様でこのたびLitetopiは100号を
迎えることができました。現在の登録者は約1500名。
これからも皆様に役立つ情報を発信していきます。
=================================================================
★ Blackwell Reference Online(レファレンスブック)トライアル開始!★
=================================================================
レファレンスブックデータベースBlackwell Reference Online
のトライアルサービスを開始しましたので、どうぞご利用ください。

◆Blackwell Reference Onlineとは

・人文・社会科学分野で定評のあるブラックウェル・コンパニオン
 およびハンドブックの両シリーズ350タイトル以上を収録した
 データベースです。
 収録例:Blackwell companions to philosophy、Blackwell
     companions to world history、Blackwell handbooks in
     linguisticsなど

 収録タイトルは以下をご覧下さい
     http://www.blackwellreference.com/public/whats_in_it_subscriber

■トライアル期間:平成22年1月31日(日)まで

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限はありません。)

  【学内から】 http://www.blackwellreference.com/public/

   【学外から】 https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
               SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

        *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

○注意事項

・一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたっては
 十分ご留意ください。

◆問い合せ先
 駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
            (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 駒場図書館講習会(12/10、16)のお知らせ ★
=================================================================
駒場図書館で、下記の講習会が開催されます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆スケジュール:
  12月10日(木) 15:00-16:00 電子ジャーナルで論文を入手 コース
 12月16日(水) 11:00-12:00 日本の論文を探すには?コース

◆会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
(先着24名。予約不要です。
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0143

=================================================================
★ 情報探索ガイダンス(12月)「Business Source Premier」説明会ほか(再掲)★
=================================================================
12月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:
・12/8 (火)16:00-17:00 電子ジャーナルで論文を入手
・12/9  (水) 12:10-12:30 自宅から検索するには?
              (昼休み開催 冬休み前の受講をお勧め!)
・12/10(木)11:00-12:00 文献検索早わかり
・12/10(木)16:00-17:00 経済・経営・国際ビジネス分野の
               Business Source Premier説明会【12月限定】
・12/16 (水) 16:00-17:00 文献リストをサクッと作成 RefWorksを使うには

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ 雑誌記事索引集成データベースでCiNiiが検索可能に!★
=================================================================
雑誌記事索引集成データベースでCiNiiの検索ができるように
なりました。

雑誌記事索引集成データベースは『明治・大正・昭和前期 雑誌記事索引集成』
(120巻)を基に作成され、日本(旧植民地なども対象)で発行された
日本語の雑誌記事が検索できます。
国立国会図書館の「雑誌記事索引」(昭和23年以降収録)
のデータも搭載されており、明治から現在までの雑誌記事を検索できます。
地方誌の記事も検索可能です。

検索画面で「CiNii連携を利用する」にチェックを入れてご利用ください。
重複するデータ(国立国会図書館の雑誌記事索引)を、検索対象からはずして検索
するので検索結果が重複しません。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザーは20人です。)

【学内から】http://zassaku-plus.com/

【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
            SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
        ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

=================================================================
★ ネットで受講!Web of Science、EndNote Web講習会 ★
=================================================================
12/9(水)、12/17(木)に、トムソン・ロイター社の日本人トレーナーによる、
Web of Science、EndNote Webインターネット講習会が開かれます。

自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

◆日時・コース ※すべてWindowsのみ

12/9(水)
14:30-15:10 人文社会の為の文献検索(Web of Science)
16:00-16:40 インパクトファクターの簡単比較方法
17:30-18:10 医学のための文献検索(Web of Science)
      
12/17(木)
14:30-15:10 初めての文献管理ソフト(EndNote Web)
16:00-16:40 ケーススタディーWeb of Scienceで見る
      『コモンズ』共有資源のガバナンス
17:30-18:30 必見!EndNote X3基本操作(Windowsのみ)

■要事前登録(無料)(注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/
(トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆参加費:無料

=================================================================
★ ただいまトライアル中!★
=================================================================
現在トライアル中です。ぜひご利用ください。

●辞典・辞書・レファレンスブック
・Gale Virtual Reference Library(GVRL)12月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091005.html

・Oxford Reference Online(ORO) 12月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091005.html

・ブリタニカ・オンライン・ジャパン 1月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091022_5.html

・Blackwell Reference Online 1月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091203.html

・Web版ステッドマン医学大辞典 2月28日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091127_2.html

●電子ブック
・ebrary 12月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091005.html

・MyiLibrary 12月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091006.html

・The Cambridge Companions Complete Collection 1月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091117.html

●雑誌記事・雑誌論文など
・Science Translational Medicine 12月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091015_3.html

・PRISMA 12月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091022_2.html

・ProQuest Central 1月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091022_4.html

・Eighteenth Century Journals Portal 1月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091127.html

・Business Source Premier 3月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091009.html

●新聞記事
・Latin American Newsstand 12月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091022_3.html

・朝日新聞 聞蔵U 昭和(戦前)紙面データベース 12月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091110.html

・Access World News 1月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091117_2.html

・朝日新聞歴史写真アーカイブ 3月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20090126.html

●その他
・Methods in Molecular Biology”のデータベース
 Springer Protocols(実験プロトコルデータベース)12月31日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091002.html

・アメリカ議会資料 U.S. Congressional Serial Set 1月11日まで
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20091022_6.html


2009/12/1 No.99

=================================================================
★ 情報探索ガイダンス(12月)「Business Source Premier」説明会ほか ★
=================================================================
12月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:
・12/4  (金)16:00-17:00 日本の論文を探すには?
・12/8 (火)16:00-17:00 電子ジャーナルで論文を入手
・12/9  (水) 12:10-12:30 自宅から検索するには?
              (昼休み開催 冬休み前の受講をお勧め!)
・12/10(木)11:00-12:00 文献検索早わかり
・12/10(木)16:00-17:00 経済・経営・国際ビジネス分野の
               Business Source Premier説明会【12月限定】
・12/16 (水) 16:00-17:00 文献リストをサクッと作成 RefWorksを使うには?

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ Eighteenth Century Journals Portal
        (18世紀定期刊行物データベース)トライアル開始!★
=================================================================
Eighteenth Century Journals Portal(18世紀定期刊行物データベース)
のトライアルサービスを開始しましたので、どうぞご利用ください。

◆Eighteenth Century Journals Portal
 (18世紀定期刊行物データベース)とは

 約1685年から1815年までに印刷された雑誌・新聞を中心とした
 データベースです。
 下記3点のコレクションが利用可能です。

 ・Eighteenth Century Journals I
    Newspapers and Periodicals, 1693-1793, from the Bodleian Library,
     Oxford
 ・Eighteenth Century Journals II
     Newspapers and Periodicals, 1699-1812, from the Harry Ransom
     Humanities Research Center, University of Texas at Austin
 ・Eighteenth Century Journals III
     Newspapers and Periodicals, 1680-1816, from British Library
     Newspapers, Colindale and Cambridge University Library

■トライアル期間:平成22年1月31日(日)まで

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー数の制限はありません。)

  【学内から】 http://www.18thcjournals.amdigital.co.uk

   【学外から】 https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
               SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

        *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆問い合せ先
    文学部図書室 bunto@l.u-tokyo.ac.jp
               (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ Web版「ステッドマン医学大辞典」トライアル開始!★
=================================================================
Web版ステッドマン医学大辞典のトライアルサービスを
開始しましたので、どうぞご利用ください。

◆Web版ステッドマン医学大辞典とは

株式会社メジカルビュー社が運営する法人向けの辞書検索サービスで,
2009年春にリリースされました。

最新版である「改訂第6版」の全収載語約100,000語が検索可能で,
イラスト・図表や,約56,000語の発音音声を収録しています。

また、2010年1月からは研究社の「リーダーズ英和辞典(第2版)」
「リーダーズ・プラス」「新和英大辞典(第5版)」を加えて、
4つの辞書が同時に検索できるようにリニューアルされる予定です。

■トライアル期間:2010年2月28日(日)まで(研究社辞書は2010年1月中旬〜)

■アクセスはこちら 

  【学内限定】 https://stedman.jp/
         使用後は必ず「ログアウトする」ボタンを押してください。

【注意】
・トライアル期間中の同時ログイン数は、
 本郷キャンパス「10」、駒場・白金キャンパス「10」です。
 上限に達するとそれ以上の使用はできません。
 使用しない時間が30分たつと自動的にログアウトします。

・利用規約上、アクセスは学内からのみです。
 情報基盤センター提供の「SSL-VPN Gatewayサービス」はご利用できません。

・正式サービスの導入については未定です。

◆問い合わせ先
  医学図書館 図書受入係 acq@m.u-tokyo.ac.jp
             (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ ご注意!サービス停止情報 東京大学で利用できる電子ジャーナル検索等、 
             ProQuest社、SSL-VPN Gatewayサービス★
=================================================================
●東京大学で利用できる電子ジャーナル検索等

東京大学で利用できる電子ジャーナル検索やUT Repository等は
ファイアウォール装置のアップデート作業により、
12月3日(木)17:30〜18:30のうちの、最低でも5分程度
アクセスできなくなります。 

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

[サービス停止日時] 2009年12月3日(木) 17:30〜18:30

[対象サービス] 
 東京大学で利用できる電子ジャーナル検索(E-JOURNAL PORTALは利用可能)
 UT Repository
 鴎外文庫書入画像DB
 平賀譲デジタル・アーカイブ
 電子版自然真営道
 電子版貴重書コレクション
 電子版霞亭文庫
 電子版黒木文庫DB
 電子版甲州法度之次第
 朝鮮王朝実録画像データベース
 写真帖東京帝国大学電子版
 電子版地震火災版画張交帖
 電子版直江状
 観世アーカイブ
 電子版東京大学総合図書館漢籍目録
 チベット大蔵経カード目録DB

●ProQuest社提供データベース

ProQuest社サーバー・メンテナンスのため、下記の時間帯で
サービスが一時停止いたしますのでお知らせいたします。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時]
2009年 12月6日(日)12:00 〜 16:00(4時間/日本時間)

[対象データベース]
1. ログインURLが http://proquest.umi.com/login となっているデータベース
 (AGRICOLA、Dissertations and Theses等)
 ・対象データベース一覧:http://proquest.umi.com/login

2. CSAプラットフォームのデータベース
 (GeoRef、CSA Linguistics and Language Behavior Abstracts等)
 ・対象データベース一覧:        
http://www.csa.com/htbin/dbrng.cgi?username=anul07&access=anul0707&cat=default&lang=jp

3. ログインURLの末尾が "chadwyck.com" となっているデータベース
 (Early English Books Online、House of Commons Parliamentary Papers  
  Online等)

●SSL-VPN Gatewayサービス

サーバのメンテナンスのため、以下の日時について、
SSL-VPN Gatewayサービスを使用することができません。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時]
  12月7日(月)13:30〜15:30
  (終了時刻は作業の進捗によって多少ずれる可能性があります)

=================================================================
★ 図書系職員の開発シリーズ【11】CiNii with 関連検索ワード★
=================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、本学の図書館職員を対象に、
「図書系のためのアプリケーション開発講習会」を開催しています。
シリーズで、この講習会の講師/受講生が開発し、公開されているアプリ
ケーションをご紹介しています

今回は、「CiNii with 関連検索ワード」について紹介します。

◆CiNii with 関連検索ワードとは?

Internet Exploler (動作確認はIE8)及びFireFoxブラウザ(ver.3.5 以上)
で動作する"CiNii"(NII論文情報ナビゲータ)用のアドオンです。

「入力キーワードの関連語リスト提示」ボタンを押すことで、
CiNiiのキーワード検索窓に入力したキーワードから、検索キーワード候補の
選択一覧を提示します。

*提示する関連語(キーワード候補)は、Yahoo!の提供する
 Web API「Yahoo!関連検索ワード」をベースにカスタマイズしています。

◆インストールはこちら
https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/related_term/cinii_relatedterm.html

・ドキュメント類
https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/lecture/index.html#related_term

◆お問い合わせは、「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果の
 ページの下にある「連絡用フォーム」へ
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/products.html

2009/11/19 No.98

=================================================================
★ (12/10)経済/経営/国際ビジネス分野「Business Source Premier」説明会★
=================================================================
「Business Source Premier」の説明会を開催します。
データベース提供元より講師を招いてパソコンで実習しながら行います。
東京大学にご所属であればどなたでも参加できます。

12月限定ですので、この機会にぜひご参加ください。

◆Business Source Premierとは

経営学・経済学、また国際ビジネス関連の論文記事やその他の出版物を
多数収録している全文データベースです。経営学、経済学はもちろん、
マーケティング、経営、MIS (経営情報システム)、POM、会計、金融などの
ビジネスにおける主要な分野を幅広く網羅しており、2,300 誌以上の
学術雑誌 (そのうち査読誌は 1,100 誌以上) の全文を提供しています。

現在トライアル中です。(2010年3月31日まで)

データベースはこちら⇒http://search.ebscohost.com/login.asp?defaultdb=buh

●日時:12月10日(木)16:00〜17:00

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ 文学・哲学分野「The Cambridge Companions Complete Collectio
                       トライアル開始!★
=================================================================
The Cambridge Companions Complete Collectionのトライアルサービスを
開始しましたので、どうぞご利用ください。

◆The Cambridge Companions Complete Collectionとは?

Cambridge University Pressが刊行する、文学、哲学等の人文科学分野の
主要な作家やトピックなどを簡潔にまとめたブックシリーズコレクション
の電子版です。

「The Cambridge Companions to Literature and Classics collection」と
「The Cambridge Companions to Philosophy, Religion and Culture」の
両方を利用できます。

■トライアル期間:平成22年1月31日(日)まで

■アクセスはこちら (同時アクセス数の制限はありません。)

 【学内から】http://cco.cambridge.org
       へアクセスしてください。

  【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
              SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
      ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください

◆問い合せ先 
 駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
         (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 新聞記事データベース「Access World Newsトライアル」開始!★
=================================================================
Access World Newsのトライアルサービスを
開始しましたので、どうぞご利用ください。

◆Access World Newsとは

・世界140ヵ国の1,550 紙を提供する新聞記事データベースです。
 あわせて、放送テキスト、通信記事、雑誌、ブログ、ビデオも
 収録しています。
・英語以外の言語の新聞も英語に翻訳して提供されています。
 インターフェースは、英語とスペイン語の切り替えが可能です。
・RefWorksなどの文献管理ツールへ書誌情報のエクスポートができます。

■トライアル期間:平成22年1月31日(日)まで

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限はありません。)

  【学内から】 http://infoweb.newsbank.com
        からアクセスし、ログインには画面下の"Access World News"
               をクリックしてください。

   【学外から】 https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
                SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください

◆問い合せ先
 駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
       (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★「韓国歴史文化調査資料データベース」サービス開始!★
=================================================================
「韓国歴史文化調査資料データベース」のサービスを
 開始しましたので、どうぞご利用ください。

◆韓国歴史文化調査資料データベースとは

  韓国の大学博物館・国公立博物館などの所蔵発掘報告を、
 地域別・時代別・機関別に整理した、文化遺跡と生活文化に
 対する調査報告書と、朝鮮総督府による古墳、遺跡、建築、
 陶磁器美術などの文化遺跡の調査資料(全62巻)の全文が
 収録されています。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限はありません。)

  【学内から】 http://www.excavation.co.kr
         からアクセスしてください。

   【学外から】 https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
                SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆問い合せ先
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
                 (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 朝日新聞「聞蔵Uビジュアル」に異体字検索機能が追加されました。★
=================================================================
朝日新聞記事データベース「聞蔵Uビジュアル」に「異体字検索」機能
が追加されました。これにより11月5日から、旧字体が使われている
過去記事は新字体でも旧字体でも検索可能となり、より利便性が高まりました。

たとえば「芥川龍之介」を検索する場合、「龍」之介でも「竜」之介でも
検索できます。
どうぞご利用ください。

データベースはこちら
   ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/goasahi.html

◆「異体字検索」の例

(例)沢と澤、島と嶋、国と國
(例)キャッツとキヤツツ
(例)ジョン・F・ケネディ→ジョン・F・ケネディとジョンFケネディ 
   ワールド・カップ→ワールド・カップ、ワールドカップ

◆参考「同義語検索」

聞蔵Uビジュアル「朝日新聞縮刷版」では、異体字検索機能と同様に
検索の幅を広げる機能として「同義語検索」を用意しています。

(例)米国=アメリカ合衆国、
   百貨店=デパート、
   五輪=オリンピック

「五輪」と検索語に入力すれば、「五輪」と「オリンピック」の
どちらかが出てくる記事の検索になります。

また、公正取引委員会=公取委などのような
新聞によく出てくる略称の検索にも対応しています。

=================================================================
★ コンピュータネットワーク利用セミナー「公開講義プログラム」開催!★
=================================================================
情報基盤センターでは、以下の内容で、コンピュータネットワーク利用
セミナーをを開催します。本学の教職員、学生等を対象とします。
どうぞご参加ください。

◆日時:内容
 11月24日(火)  9:45〜12:00 情報ネットワークの概要
         14:15〜16:00 ネットワークセキュリティ基礎
         16:00〜17:00 迷惑メール・フィッシング対策
 11月25日(水)  9:00〜10:00 Web・コラボツール等の概略説明
         15:00〜16:00 SSL-VPNによる学術情報データベースの
                              学外利用
         16:00〜17:00 電子証明書とPKIシステム
 11月26日(木)  9:00〜12:00 安全なサーバ運用(Web・DNS)
         13:30〜14:30 情報倫理とセキュリティ・ポリシー
         14:30〜16:15 不正アクセスの実状と対策等

◆場 所
  情報基盤センター 4階 413講義室(本郷)
  地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_13_01_j.html

◆定 員  15名(講義ごと)

◆参加費  無料

◆参加申込み

  以下の参加申込みページからお申し込みください。(学内からのみ)
  (資料等の準備の都合がありますので,参加申込みをお願いします。)
  http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/Seminar/071_20091124/

◆問い合わせ先
  情報基盤センター コンピュータ・ネットワーク利用セミナー担当
  seminar-jimu@itc.u-tokyo.ac.jp
  (@は半角に置き換えてください)

2009/11/11 No.97

=================================================================
★「朝日新聞/聞蔵U昭和(戦前)紙面データベース」トライアル開始! ★
=================================================================

朝日新聞 聞蔵U 昭和(戦前)紙面データベースのトライアルサービスを
開始しましたので、どうぞご利用ください。

◆ 聞蔵U(朝日新聞オンライン記事データベース)収録の
 『昭和(戦前)紙面データベース』とは?

・1926年から1945年までの8万8000ページの朝日新聞紙面イメージを
 収録するオプションのコンテンツです。約85万件の記事と約47万件の
 新聞広告が見出しやキーワード、発行日で検索 できます。
・基本コンテンツの「昭和(戦後)紙面データベース」(1945〜1989)と
 合わせて、横断検索が可能です。

◆トライアルサービス期間: 平成21年12月31日(木)まで

■アクセスはこちら
(同時アクセスユーザー数4「聞蔵U」全体へのアクセス数です)

【学内から】
  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/goasahi.html
 へアクセスしてください。
 ログインした後、「朝日新聞縮刷版」のタブをクリックしてください。

【学外から】
  https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
  SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

 *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
  ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

*一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください。

◆問い合せ先
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
                        (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 駒場図書館講習会(11/20 RefWorksを使うには)のおしらせ ★
==================================================================
駒場図書館で、下記の講習会が開催されます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
(先着24名。予約不要です。
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。)

◆スケジュール:
  11月20日(金) 15:00-16:00 RefWorksを使うには
 文献管理ツール「RefWorks」のユーザ登録や基本的な使い方を説明します。
 大学院生にオススメ。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0140

=================================================================
★ 医者なら誰でも知っている!?〜医学系文献検索入門(追加開催決定!)★
=================================================================
医学系文献検索講習会2009「医者なら誰でも知っている!?
〜医学系文献検索入門〜」
は申し込み多数につき、追加開催を決定しました。
どうぞご参加ください。

●開催日 2009年11月30日(月)

●時間 14:00〜15:00(追加開催) 
    15:30〜16:30
    17:30〜18:30   ※講義内容は同じです

●場所 医学図書館 (1階マルチメディアコーナー)
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html

●定員 Windows端末14名、Mac端末5名 予約優先 
        ※講師はWindows端末を利用します
    
    すでに満席となっている回もあります
    詳細はこちら(予約受付状況なども掲載中)
    ⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20091020

●講習内容 *パソコンを使った実習形式の講習会です。

・電子ジャーナルで論文を読む
  → E-JOURNAL PORTAL, 東京大学で利用できる電子ジャーナル検索
・日本語の医学系論文を探す→ 医中誌Web
・英語の医学系論文を探す→ PubMed,OvidSP
・東京大学にない雑誌論文や図書を入手する→ Web リクエストサービス

■申込方法
・東京大学にご所属の方であれば、どなたでもご参加いただけます。
・希望時間・端末、氏名、所属、身分、連絡先(メールアドレスと電話番号)を
 お知らせください。
・メールでのお申込みに対しては、こちらから申込受付完了のメールを
 返信いたします。
・受講希望者が定員に達しましたら受付を締切ります。

 ⇒お申し込み先
 医学図書館情報サービス係 内線23667 E-mail:medlibs@m.u-tokyo.ac.jp
                    (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★情報探索ガイダンス(11月)“秘書さんのための講習会”ほか(再掲)★
=================================================================
11月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
*11/20 については無線LAN対応のノートパソコンをお持ちいただくと
  実習も可能です。(当日会場内で手続き必要)

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:
・11/12 (木) 13:30-15:00 秘書さんのための論文の探し方講習会【11月限定】
・11/13(金)16:00-17:30 文献リストをサクっと作成 RefWorksを使うには
                       (30分延長じっくりコース)
・11/19 (木) 13:30-14:30 電子ジャーナルで論文を入手
・11/20 (金)15:00-16:30 in 駒場U 秘書さんのための論文の探し方講習会
                              【11月限定】
・11/24(火)16:00-17:00 文献リストをサクっと作成 RefWorksを使うには
・11/25 (水) 15:00-16:00 文献検索早わかり
・11/27 (金) 16:00-17:30 Webで文献の「検索」から「整理」まで
                    Web of Science+EndNote Webコース

※RefWorksコースは2回とも同じ内容ですが、11/13は30分延長します。
 じっくりマスターしたい方にお奨めのコースです。途中退出も可能です。

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

11/20 については駒場Uキャンパス先端科学技術研究センター4号館 3階 316
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_03_03_j.html
   (先着20名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ ネットで受講!Web of Science、EndNote Web講習会
               (English Chineseでも開催)★
=================================================================
Web of Science、EndNote Webインターネット講習会が開かれます。
11月は英語、中国語での講習もあります。

自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

◆日時・コース ※すべてWindowsのみ

【日本語】
・11/16(月)
 14:30-15:10 初めての文献検索(Web of Science)
 16:00-16:40 初めての文献管理ソフト(EndNote Web)
 17:30-18:10 初めてのインパクトファクター
      
・11/30(月)
 14:30-15:10 EndNote Webで引用文献のフォーマット (EndNote Web)
 16:00-16:40 著者名検索とResarcher ID:(文献リストの公開方法)
 17:30-18:30 検索結果のビジュアル化(Web of Sciecne)

【ENGLISH】
・11/11(Wednesday) 14:00-15:00 
 Web of Science: make your search simple yet effective
・11/12(Thursday) 14:00-15:00
 Journal Citation Reports: Where should I submit my paper?
・11/18(Wednesday) 14:00-15:00
 EndNote Web: How to manage and share references?
・11/19(Thursday) 14:00-15:00
 ResearcherID: New way to create "live" CV

【CHINESE】
・11/25(Wednesday) 14:00-15:00
 Web of Science: Make your search simple yet effective

■要事前登録(無料)(注:参加する方は必ずお読みください)
 ⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/
 (トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
   書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で
   十分聞こえます。

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆参加費:無料

2009/10/30 No.96

=================================================================
★情報探索ガイダンス(11月)“秘書さんのための講習会”ほか ★
=================================================================
11月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
*11/20 については無線LAN対応のノートパソコンをお持ちいただくと
  実習も可能です。(当日会場内で手続き必要)

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:
・11/4  (水)11:00-12:00 日本の論文を探すには?
・11/10 (火) 12:10-12:30 自宅から検索するには?
                             (20分ワンポイント講習会)
・11/12 (木) 13:30-15:00 秘書さんのための論文の探し方講習会【11月限定】
・11/13(金)16:00-17:30 文献リストをサクっと作成 RefWorksを使うには
                        (30分延長じっくりコース)
・11/19 (木) 13:30-14:30 電子ジャーナルで論文を入手
・11/20 (金)15:00-16:30 in 駒場U 秘書さんのための論文の探し方講習会
                              【11月限定】
・11/24(火)16:00-17:00 文献リストをサクっと作成 RefWorksを使うには
・11/25 (水) 15:00-16:00 文献検索早わかり
・11/27 (金) 16:00-17:30 Webで文献の「検索」から「整理」まで
                    Web of Science+EndNote Webコース

※RefWorksコースは2回とも同じ内容ですが、11/13は30分延長します。
 じっくりマスターしたい方にお奨めのコースです。

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

11/20 については駒場Uキャンパス先端科学技術研究センター4号館3F316
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_03_03_j.html
   (先着20名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
 ★医者なら誰でも知っている!?〜医学系文献検索入門★
=================================================================
医学系文献検索講習会2009
「医者なら誰でも知っている!?〜医学系文献検索入門〜」
を開催いたします。本学にご所属であれば、どなたでも参加できます。

●開催日: 2009年11月30日(月)

●時間: 1回目 15:30〜16:30 
     2回目 17:30〜18:30(夜間開催) ※講義内容は同じです

●場所: 医学図書館 (1階マルチメディアコーナー)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html

●定員: Windows端末14名、Mac端末5名 予約優先 
     ※講師はWindows端末を利用します

●講習内容 
 *パソコンを使った実習形式の講習会です。

・電子ジャーナルで論文を読む
  → E-JOURNAL PORTAL, 東京大学で利用できる電子ジャーナル検索
・日本語の医学系論文を探す→ 医中誌Web
・英語の医学系論文を探す→ PubMed,OvidSP
・東京大学にない雑誌論文や図書を入手する→ Web request

■申込方法
・東京大学にご所属の方であれば、どなたでもご参加いただけます。
・希望時間・端末、氏名、所属、身分、連絡先(メールアドレスと電話番号)を
 お知らせください。
・メールでのお申込みに対しては、こちらから申込受付完了のメールを
 返信いたします。
・受講希望者が定員に達しましたら受付を締切ります。

⇒お申し込み先
 医学図書館情報サービス係 内線23667 E-mail:medlibs@m.u-tokyo.ac.jp
                    (@は半角に置き換えてください)

詳細はこちら⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20091020

=================================================================
 ★電子ブックコレクション「MyiLibrary」トライアル延長 に!★
=================================================================
電子ブックコレクション「MyiLibrary」は、トライアル期間が
延長になりました。
この機会にぜひご利用ください。

■ MyiLibraryとは
   Elsevier、Wiley-Blackwell、Cambridge UP、Springer、
   Pearson Educationなど300以上の主要出版社の書籍を中心に、
   約189,000タイトルを収録した電子ブックデータベースです。

■アクセスはこちら 同時アクセスユーザー数制限なし
 【学内から】http://lib.myilibrary.com/browse/open.asp

 【学外から】SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

  *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
  ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

■トライアルサービス期間: 平成21年12月31日(木)まで

*注意
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 特にBookの場合、ロボットによる特定タイトルの全論文
 ダウンロードなどの行為があると、以後トライアルを
 行うことができなくなります。利用にあたってはご留意ください。

◆問い合せ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
  総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
                        (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
 ★ ScienceDirectサービス一時停止のおしらせ★
=================================================================
エルゼビア社のサーバー・メンテナンスのため、下記の時間帯で
ScienceDirect のサービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時]2009年11月1日(日)午前10:00(日本時間)より約 9時間

[停止するサービス] ScienceDirect



2009/10/28 No.95

=================================================================
★「ブリタニカ・オンライン・ジャパン」トライアル開始! ★
=================================================================
ブリタニカ・オンライン・ジャパンのトライアルを開始します。
どうぞご利用ください。

■ブリタニカ・オンライン・ジャパンとは

・日本語の「ブリタニカ国際大百科事典」、英語の「Encyclopedia         
 Britannica」 の両方を利用できます。
・トライアル期間中は、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語の
 4つの言語のブリタニカ百科事典データベース(Global Reference Center)
 もあわせてご利用いただけます。

■トライアル期間:平成22年1月31日(日)まで

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)

 【学内限定】http://japan.eb.com/

【注意】
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください

◆問い合せ先
 駒場図書館  komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
(@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 「ProQuest Central」(学術誌、新聞等)トライアル開始 ★
=================================================================
■ProQuest Central とは

・学術誌、新聞などの逐次刊行物12600誌以上の情報や、
 学位論文の書誌情報、業界の報告書、企業情報などの
 コンテンツを収録しています。
・逐次刊行物の内、9700誌以上のフルテキストを利用できます。
・ProQuest社が提供する分野別データベースのほとんどを
 包括するものです。

■トライアル期間:平成22年1月31日(日)まで

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)

 【学内から】http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/trial/PQCLAN/
      *データベース一覧画面でProQuest Centralと
       Latin American Newsstandがデフォルトで選択されています。
       他のデータベースにもチェックをいれると横断検索が可能です。

 【学外から】SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください

◆問い合せ先
 駒場図書館  komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
(@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★「Latin American Newsstand」(中南米・メキシコの新聞)トライアル開始★
=================================================================

■ Latin American Newsstand

・中南米、メキシコで刊行されているスペイン語とポルトガル語の
 新聞49誌のフルテキストを収録しています。
 
 収録例:El Universal, Mexico City's largest-selling newspaper; O Globo
     (Brazil); La Nacion (Argentina); El Mercurio (Chile)など

・インターフェースは、英語、スペイン語、ポルトガル語、に対応。
 収録記事はスペイン語から英語へ、英語からスペイン語へ翻訳(自動翻訳)が
 可能です。

■トライアル期間:平成21年12月31日(木)まで

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)

 【学内から】 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/trial/PQCLAN/
      *データベース一覧画面でProQuest Centralと
       Latin American Newsstandがデフォルトで選択されています。
       他のデータベースにもチェックをいれると横断検索が可能です。

 【学外から】SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください

◆問い合せ先
 駒場図書館  komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
(@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 「PRISMA」(ヒスパニック研究分野の学術誌)トライアル開始★
=================================================================

■PRISMAとは

・ヒスパニック研究分野で評価の高い索引誌Hispanic American Periodicals
 Index(HAPI)が採録する重要誌から精選した、人文・社会科学の学術誌
 598タイトルを収録しています。そのうち、119タイトルのフルテキストを
 利用できます。

 収録例: America Latina Hoy, Boletin Americanista, Historia,
      Journal of Eastern Caribbean Studies など

・画面インターフェースは英語、スペイン語、ポルトガル語のいずれかを
 選択できます

■トライアル期間:平成21年12月31日(木)まで

■アクセスはこちら (同時アクセス数10)

 【学内から】http://prisma.chadwyck.com/

 【学外から】SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください

◆問い合せ先
 駒場図書館  komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
(@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ アメリカ議会資料 U.S.Congressional Serial Set トライアル開始★
=================================================================
「U.S. Congressional Serial Set」のトライアルサービスを
 開始しましたので、どうぞご利用ください。

■「U.S. Congressional Serial Set」とは

・米国議会シリアルセットは、以下のすべてを収録したものです。

 Documents: 各種年次報告書、大統領教書、政府行政出版物、
  経済/社会/教育問題等のあらゆる分野における特定テーマに
  関する研究報告書、連邦政府認可組織等の非政府出版物等
 Reports: 法案審議録,特定事案調査及び特別委員会報告書等々
 Hearings: 公聴会記録
 Bills & Law:法案と法律
 Journal of House of Representatives & Senate:上下両院日誌

・アメリカ議会資料は三種類のデータベースから構成されています。

 * U.S. Congressional Serial Set, 1817-1980 (議会資料本体)
 * American State Papers, 1789-1838 (本体1817年以前部分を補完)
 * Serial Set Maps, 1817-1980 (本体より地図部分のみ抜き出し)

■トライアル期間:平成22年1月11日(月)まで

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)

【学内から】
 (各データベースのリンク画面へ)
 ・U.S. Congressional Serial Set http://infoweb.newsbank.com
 
 (それぞれのデータベースへのダイレクト・アクセス先)
 ・U.S. Congressional Serial Set, 1817-1980
  http://infoweb.newsbank.com/?db=SERIAL&s_startsearch=keyword
 ・American State Papers, 1789-1839
  http://infoweb.newsbank.com/?db=ASPA&s_startsearch=keyword
 ・U.S. Congressional Serial Set Maps
  http://infoweb.newsbank.com/?db=SSMAP

【学外から】SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
      ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください

◆問い合せ先
 駒場図書館  komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
        (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 中国人講師による留学生のための情報探索ガイダンス開催 ★
==================================================================
中国人講師による「留学生のための情報探索ガイダンス」を開催します。
お誘いあわせの上、どうぞお気軽にご参加ください。

中文的頁 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/c/training-c.html

◆日時 2009年11月6日(金)16:00〜17:00

◆会場 本郷キャンパス 総合図書館 1F 講習会コーナー
    予約不要 先着12名 無料

◆内容
 実際にパソコンを使って実習します。

・図書の所在を探す(東京大学OPAC、Webcat)
・雑誌論文の所在を探す
 (E-JOURNALPORTAL、東京大学で利用できる電子ジャーナル検索、
  東京大学OPAC)
・テーマに関する雑誌論文を探す 中国語の論文:中国期刊全文数据庫(CNKI)
                日本語の論文:CiNiiの紹介
・Web of Scienceで探す

◆お問い合わせ先
 情報基盤センター 学術情報リテラシー係
 literacy@lib.u-tokyo.ac.jp (@を半角に変えて送信して下さい。)
 TEL:03-5841-2649

================================================================
★ 東京大学附属図書館特別展示 
         『日本の天文の歩み-世界天文年2009によせて-』★
=================================================================
平成21年度東京大学附属図書館特別展示
『日本の天文学の歩み-世界天文年2009によせて-』及び記念講演会を
開催します。

■特別展示:『日本の天文学の歩み-世界天文年2009によせて-』

・開催期間:平成21年10月23日(金)〜11月25日(水)
                   ※土、日、祝日も開催 
・開催時間:9:00 〜 18:00(11月9日(月)は20:00まで)

・開催場所:総合図書館3階ロビー

・記念講演会:『エピソードで語る江戸の天文学』
  講  師:中村士(つこう) 帝京平成大学教授
  開催日時:平成21年11月9日(月)18:00〜19:30
  開催場所:総合図書館3階大会議室

※特別展示、記念講演会ともに、一般公開・入場無料・参加申込不要です。

詳細はこちら
 ⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/fuzokuto_09_10_16.html

◆問い合せ先
 附属図書館情報サービス課・専門員 
 TEL:03-5841-2640 / FAX:03-5841-2611

2009/10/20 No.94

=================================================================
★Business Source Premier(BSP)トライアルサービス開始!★
==================================================================
Business Source Premier(BSP)のトライアル利用が可能になりました。
どうぞご利用ください。

◆Business Source Premier(BSP)とは

経済学、経営学、金融学、会計学、財政学、統計学、マーケティング、
証券、国際貿易など、経済学・経営学分野の研究において必須の
雑誌論文・記事を中心に、書籍、経済/産業調査レポート、
市場調査レポート、SWOT分析など、様々な出版物を多数全文収録した
全文データベースです。

約13,300タイトルのインデックス・抄録を収録し、
そのうち約12,250タイトルを全文にて収録しています。
重要雑誌、約350誌については、初号か1965年前後まで遡って
全文を収録しています。

※現在契約中のBusiness Source Elite(BSE)との差違
 ・全文収録雑誌数:2,200タイトルに増加  (現在は1100タイトル)
 ・全文収録範囲:350誌について、初号か1965年前後まで遡って全文を収録
    (現在は、150誌を1985年まで遡っての収録)
 ・収録対象資料: 雑誌のほか、EIUやOECD等の経済統計レポート、
    産業調査レポート、書籍、ケーススタディ等も収録 
    (現在は雑誌のみの収録)
 ・機能の追加 引用文献、被引用文献のリンク・検索が可能に 
    (現在は検索機能なし)

■トライアル期間:平成21年10月9日 〜 平成22年3月末(予定)

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)
 【学内から】 http://search.ebscohost.com/login.asp?defaultdb=buh
               このページ最下部にEBSC0hostの利用マニュアルへの
        リンクがございます。
 【学外から】 https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
        SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

        *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】Business Source Premier(BSP)は、現在契約中の
        Business Source Elite(BSE)のアップグレード版です。
    トライアル期間中、GACoSからのBusiness SourceElite(BSE)への
    リンクは、Business Source Premier(BSP)に置き換わります。
    トライアル終了後は、Business Source Elite(BSE)へ戻ります。
    トライアル後の導入は未定です。

◆お問い合せ先
 ・(ご利用方法について):経済学部図書館図書運用係
              unyo@e.u-tokyo.ac.jp
 ・(その他)      :経済学部図書館図書受入係
              ukeire@e.u-tokyo.ac.jp
             (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
 ★Science Translational Medicineトライアルサービス開始! ★
=================================================================
「Science Translational Medicine」のトライアルサービスを
 開始しましたので、どうぞご利用ください。

■Science Translational Medicineとは

"Science"を発行するAAASが2009年10月に創刊した新雑誌です。
「Translational Medicine」は基礎研究の成果を臨床医療に
繋げる研究手法です。医学系だけでなく生命科学系の研究者の方に
幅広くご利用いただけます。

■トライアル期間:平成21年10月15日(木)〜12月31日(木)まで

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)

 【学内から】 http://stm.sciencemag.org/

 【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
        SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、
    出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
    トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください

◆問い合せ先
 医科学研究所図書室 u-tosho@adm.ims.u-tokyo.ac.jp
            (@は半角に置き換えてください)


=================================================================
 ★ご要望に応え「秘書さんのための論文の探し方講習会」開催!★
=================================================================
ご要望の高かった秘書さんや研究補助者の方のための
論文の探し方講習会を開催します。

日頃の論文探しの困りごとの相談に応じます。
駒場Uにも出張しますので、お誘いあわせの上どうぞお気軽にご参加ください。

◆本郷キャンパス
・日時 2009年11月12日(木)13:30〜15:00
・会場 本郷キャンパス 総合図書館 1F 講習会コーナー
     ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
     (予約不要 先着12名 無料)
・パソコンを使った実習形式です。

◆駒場Uキャンパス
・日時 2009年11月20日(金)15:00〜16:30
・会場 駒場Uキャンパス 先端科学技術研究センター4号館3F 316
     ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_03_03_j.htm
     (予約不要 先着20名 無料)
・無線LAN対応のノートパソコンをお持ちいただくと実習も可能です。
 (当日会場内で手続き必要)

◆内容
・電子ジャーナルで論文を入手
・日本語論文を探す(CiNii)
・英語論文を探す(Web of Science)
 その他リクエストに応じて・・・ 文献探しの困りごとの相談受けます!

■詳細はこちら(講習会の案内ページ)
  ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

◆お問い合わせ先
 情報基盤センター 学術情報リテラシー係
 literacy@lib.u-tokyo.ac.jp (@を半角に変えて送信して下さい。)
 TEL:03-5841-2649

=================================================================
 ★ご注意。サービス一時停止情報 (E-Journal Portal、CiNii、CNKI、
                                    JapanKnowledge+) ★
=================================================================
●E-Journal Portal等サービスの一時停止

Serials Solutionsのシステムメンテナンス作業に伴い、
下記の時間帯で全てのサービスが一時休止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時]
2009年10月24日(土)10:00−16:00(日本時間)

[停止するサービス]
・E-Journal Portal  http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/ejportal/
・UT Article Link
・UT Article Search http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/utas/
・Ulrich's Web     http://www.ulrichsweb.com/ulrichsweb/


●CiNii、GiNii、Webcat他サービスの一時停止

電気設備の法定点検による停電に伴い、下記の時間帯で
CiNii、GiNii、Webcat等のサービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2009年10月25日(日)

[停止するサービス]
 (1)0:00から22:00まで
   ・NII論文情報ナビゲータ(CiNii) http://ci.nii.ac.jp/
   ・NII電子ジャーナルリポジトリ(NII-REO)
   ・学術研究データベース・リポジトリ(NII-DBR) 他

 (2)7:00から21:00まで
   ・上記以外のGeNii各サービス
    (GeNii総合検索、Webcat Plus、KAKEN、JAIRO)
   ・Webcat 他

[システムメンテナンス情報の詳細]
  http://www.nii.ac.jp/syskan/maintenance.html


●CNKIの「中国学術雑誌全文データベース(CAJ)」障害発生

現在、CNKIの「中国学術雑誌全文データベース(CAJ)」について、
2008年のデータが正常に検索できない問題が発生しています。

通常検索いただいた場合、2008年、2009年のデータが検索されない
情況となっています。
2009年につきましては、検索オプションの開始・終了年を2009年に
限定していただくことで検索可能となっています。

現在、代理店では、原因の調査、改修に務めているとのことです。
大変ご不便をおかけしておりますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。


●JapanKnowledge+サービス一時停止(再掲)

定期システムメンテナンスのため、下記の日程でジャパンナレッジ・プラスの
全サービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2009年10月21日(水)午前3:00〜午前6:00(予定)

[サービス停止内容]
・ ジャパンナレッジ・プラス http://www.jkn21.com/
・「日国オンライン」   (ジャパンナレッジ・プラスより利用)
・「日本歴史地名大系」  (ジャパンナレッジ・プラスより利用)
・「Web版日本近代文学館」 http://yagi.jkn21.com


2009/10/9 No.93

=================================================================
★ "実は、論文を探す時間は節約できる"
  「工学系・情報理工学系向け講習会」開催! ★
=================================================================
工学・情報理工学図書館との共催で、「工学系・情報理工学系向け講習会」
を開催します。
このコースは工学系の方に合った内容の講習会になっています。

OPACなどの基本的なツールに加えて、工学分野の専門データベースも
紹介します。検索方法を実習しながら学ぶことが出来るので、
レポート・論文作成に即、役立つ内容です。

工学系・情報理工学系にご所属であれば、学生・教職員を問わず、
どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。

◆会場: 工学部3号館3階 プロジェクトルーム3C
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_04_j.html
    (先着18名。予約不要です。直接ご来場ください。)

◆スケジュール:(同じ内容で3回開催します)
・10月16日(金) 15:00-16:00 
・10月20日(火) 15:00-16:00 
・10月27日(火) 15:00-16:00 

●参加費: 無料

■詳細はこちら (工学・情報理工学図書館ニュース)
⇒http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/cllib/news/20090928_johotansaku.html

=================================================================
 ★駒場図書館講習会(10/14, 10/19)のおしらせ ★
==================================================================
駒場図書館で、下記の講習会が開催されます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
(先着24名。予約不要です。
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。)

◆スケジュール:
・10月14日(水) 15:00-16:00 OPAC検索をマスターする!文献入手への近道
・10月19日(月) 15:00-16:00 文献リストに載っている論文を探すには?

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0137

=================================================================
★ "Methods in Molecular Biology"のデータベース
  「Springer Protocols」トライアル サービス開始!
=================================================================
Springer Protocols(実験プロトコルデータベース)の
トライアル利用が可能になりました。どうぞご利用ください。

◆Springer Protocols(実験プロトコルデータベース)とは

・Methods in Molecular Biologyを中心としたSpringerグループの
 生命科学系のブックシリーズに掲載された、19,000件以上の
 医学・生物学・薬学分野の実験プロトコルをデータベースにしたものです。

・最新版だけでなく、旧版の情報もあわせて収録されています。
・個々のプロトコルは、PubMedの検索対象になっています。

◆トライアル期間: 平成21年10月1日(木)〜12月31日(木)まで

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限はありません)

【学内から】 http://www.springerprotocols.com/
【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
        ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、
    ベンダーの規約上禁止されています。
    トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください。

◆問い合わせ先
 ⇒医科学研究所図書室   u-tosho@adm.ims.u-tokyo.ac.jp
  総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
              (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★電子ブックコレクション5種トライアルサービス開始!★
=================================================================
電子ブックコレクション ebrary、MyiLibrary、Gale Virtual Reference
Library(GVRL)、Oxford Reference Online(ORO)、Elsevier eBooksの
トライアル利用が可能になりました。どうぞご利用ください。

■ ebrary

・220以上の大手出版社(学術、STM、専門)の、書籍全文、各種レポート、
 地図など 120,000以上のタイトルを収録した電子ブックデータベースです。
・今回のトライアルでは、その内の約43,900タイトルをご利用いただけます。

・アクセスはこちら
 【学内限定】http://site.ebrary.com/lib/utokyo
        
・トライアルサービス期間: 平成21年12月31日(木)まで

■ MyiLibrary

・Elsevier、Wiley-Blackwell、Cambridge UP、Springer、
 Pearson Educationなど300以上の主要出版社の書籍を中心に、
 約189,000タイトルを収録した電子ブックデータベースです。

・アクセスはこちら
 【学内から】http://lib.myilibrary.com/browse/open.asp
 【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
  
              *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
            ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

・トライアルサービス期間: 平成21年10月28日(水)まで

■ Gale Virtual Reference Library(GVRL)

・著名な各分野の事典をオンラインで提供するe-Bookデータベースです。
・今回のトライアルでは、以下の2コレクションに含まれるタイトルを
 ご利用いただけます。

 1) アジア研究関係コレクション:126タイトル
 2) 環境・生命系研究関係コレクション:96タイトル

・アクセスはこちら
【学内限定】
 1)アジア研究関係タイトル
 http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo_trial?db=GVRL.asia

 2)環境・生命系研究関係タイトル
 http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo_trial?db=GVRL.lifescience

 3)両コレクションの横断検索画面
 http://go.galegroup.com/ps/start.do?p=GVRL&u=unitokyo_trial&authCount=1

・トライアルサービス期間: 平成21年12月31日(木)まで

■ Oxford Reference Online(ORO)

・オックスフォード大学出版局が刊行している定評ある辞書やコンパニオン
 などのレファレンス書100タイトルが収録されているデータベースです。

・アクセスはこちら
【学内から】 http://www.oxfordreference.com/
【学外から】 https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
 
       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

・トライアルサービス期間: 平成21年12月31日(木)まで

■Elsevier eBooks

・エルゼビアの7,000タイトル以上の学術書籍を搭載しています。
・Academic Press、Pergamon、Elsevier、North-Holland、
 Butterworth-Heineman、Churchill Livingston、Mosby、W.B.Saunders
 などのインプリントが含まれています。
・エルゼビアの電子製品プラットフォーム(ScienceDirect)を使用し、
 ジャーナルも含めた横断検索が可能です。

・アクセスはこちら 
【学内から】 http://www.sciencedirect.com/
       トップ画面上部の「Browse」→左端の「Include」で
            「All Books」にチェックを入れて「Apply」の矢印を
             クリックすると、Bookタイトルのみ一覧で表示されます。
             鍵マークが緑のタイトルをご利用いただけます。

【学外から】 https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
  
             *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
             ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

・トライアルサービス期間: 平成21年11月30日(月)まで


【注意】
・同時アクセスユーザー数の制限なしにご利用いただけます。
・一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 特にBookの場合、ロボットによる特定タイトルの全論文
 ダウンロードなどの行為があると、以後トライアルを
 行うことができなくなります。利用にあたってはご留意ください。

◆問い合わせ先
 駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
       (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ NewsPaperDirect(新聞"紙面イメージ"データベース)の
   トライアルサービス開始★
=================================================================
NewsPaperDirect(新聞"紙面イメージ"データベース)の
トライアル利用が可能になりました。どうぞご利用ください。

◆NewsPaperDirectとは

・世界約75カ国、700紙以上の新聞を、紙面イメージそのままの状態で
 閲覧できるデータベースです。どの新聞も60日分の記事を収録して
 います。
・主な収録紙:
 The Washington Post, USA today, The Guardian,
  LeFigaro, 聯合早報, 東亜日報

◆トライアルサービス期間: 平成21年10月31日(土)まで

■アクセスはこちら
  (同時アクセスユーザー数20 使用後はlogoutして下さい。)

【学内から】 http://library.pressdisplay.com/
【学外から】  https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

        *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

*注意
  一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください。

◆問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
  総合図書館 資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
        (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ コンピュータ・ネットワーク利用セミナー
 「ChemBioOffice 活用法セミナー」開催 ★
=================================================================
情報基盤センターでは、本学の教職員、学生等を対象として、
コンピュータ・ネットワーク利用セミナーを開催しています。

今回は、本センターでソフトウェアライセンス提供を行っている
「ChemBioOffice」の活用法について、下記のとおり開催します。
皆様の多数のご参加をお待ちしています。

◆日 時  11月10日(火) 13時30分〜15時00分
 
◆場 所  情報基盤センター 4F 413 遠隔講義室 (本郷)
            地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_13_01_j.html

◆定 員  約50名

◆概 要
  ChemBioOffice は、化学構造式描画ソフトとして利用されています。
  本セミナーでは、化学構造式を描画する方法(ChemBioDraw)
  及びChemBioOfficeに含まれるその他のソフトウェアの活用法について、
  新バージョン(v12/2010)の情報を交えて紹介いたします。

◆講 師  CambridgeSoft 久枝 秀次 氏

◆参加費  無料

◆参加申込み
  以下の参加申込みページからお申し込みください。
  (資料等の準備の都合がありますので、参加申込みをお願いします。)
   ⇒ http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/Seminar/070_20091110/

◆問い合わせ先
  情報基盤センター コンピュータ・ネットワーク利用セミナー担当
  ⇒ seminar-jimu@itc.u-tokyo.ac.jp
    (@は半角に置き換えてください)

2009/10/2 No.92

=================================================================
★「Factiva.com」(ビジネス情報データベース)トライアルサービス開始!★
=================================================================
Factiva.comのトライアルサービスを開始しました。

◆Factiva.comとは
 ・多岐にわたるビジネス情報を総合的に検索、収集できるデータベースです。
 ・日本語を含む22ヶ国語のコンテンツを含み、9ヶ国語のインターフェイスを
    備えています。
 ・収録内容:新聞2500紙以上、雑誌4200誌以上、
      会社情報32000社以上、
      マーケット情報(主要市場)過去5年分

◆トライアル期間: 2009年10月30日(金)まで

■アクセスはこちら *同時アクセス数15
                   (利用終了時には、Logoutしてください。)

【学内から】http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/trial/factiva/
【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

  *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
  ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意点】
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
  禁止されています。トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください。

◆問い合わせ先
 ⇒駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp 
       (@は半角に置き換えてください)
 ⇒総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
       (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★「Safari Tech Books Online」(IT系電子ブックコレクション)
   トライアルサービス開始!★
=================================================================
Safari Tech Books Onlineのトライアルを開始しました。

◆Safari Tech Books Onlineとは
 ・IT関係書籍で定評のある出版社から刊行された書籍の電子版が
  搭載されています。
 ・最近3年の間に刊行されたタイトルを収録し、新刊が刊行されると
  自動的に搭載内容が古いものと入れ替わります。
 ・本文(図、プログラムコード含む)表示に専用ビューワーの必要がありません。
 ・収録内容:O'reilly、Person Technology、John Wiley、
       Microsoft Press、IBM等の書籍 約2800タイトル

◆トライアル期間: 2009年10月30日(金)まで

■アクセスはこちら *同時アクセス数20
                   (利用終了時には、Logoutしてください。)

 【学内から】http://proquestbus.safaribooksonline.com/?uicode=u-tokyo
 【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

  *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
  ⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意点】
 一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上禁
  止されています。トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください。

◆問い合わせ先
  ⇒駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp 
        (@は半角に置き換えてください)
  ⇒総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
        (@は半角に置き換えてください)

==================================================================
★学外から利用可能なデータベースが増えました ★
==================================================================
理工学分野の2大データベースCompendexとInspecが統合検索できる
「Engineering Village」と、日本法の総合データベース「Westlaw Japan」が
「SSL-VPN Gatewayサービス」経由で学外から利用できるようになりました。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面
  ( https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ )にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html

■SSL-VPN Gatewayサービスへのアクセスは、こちら
⇒https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

=================================================================
★情報探索ガイダンス(10月)“Web of Science+EndNote Web”ほか (再掲)★
=================================================================
10月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●スケジュール:
・10/7  (水) 12:10-12:30 自宅から検索するには?
                         【20分のワンポイント講習会】
・10/9 (金)16:00-17:00 日本の論文を探すには?
・10/13(火)16:00-17:00 文献リストをサクっと作成 
                          〜RefWorksを使うには〜
・10/21 (水) 16:00-17:00 文献検索早わかり
・10/23 (金) 16:00-17:00 電子ジャーナルを利用するには?
・10/28(水)16:00-17:30 Webで文献の「検索」から「整理」まで
             〜Web of Science+EndNote Webコース〜
・10/29 (木) 16:00-17:00 文献リストをサクっと作成 
                          〜RefWorksを使うには〜

*RefWorksコースは同じ内容で2回開催。

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
 ★ご注意。サービス一時停止情報(JapanKnowledge+) ★
=================================================================
●JapanKnowledge+サービス一時停止

定期システムメンテナンスのため、下記の日程でジャパンナレッジ・プラスの
全サービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2009年10月21日(水)午前3:00〜午前6:00(予定)

[サービス停止内容]
・ ジャパンナレッジ・プラス http://www.jkn21.com/
・「日国オンライン」  (ジャパンナレッジ・プラスより利用)
・「日本歴史地名大系」 (ジャパンナレッジ・プラスより利用)
・「Web版日本近代文学館」  http://yagi.jkn21.com/


=================================================================
 ★ネットで受講!Web of Science、EndNote Web講習会 ★
=================================================================
10/16(金)、10/30(金)に、トムソン・ロイター社の日本人トレーナーによる、
Web of Science、EndNote Webインターネット講習会が開かれます。

自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

◆日時・コース ※すべてWindowsのみ
10/16(金)
14:30-15:10 初めてのインパクトファクター(Journal Citation Reports)
16:00-16:40 初めての文献検索(Web of Science)
17:30-18:10 初めての文献管理ソフト(EndNote Web)
      
10/30(金)
14:30-15:10 EndNote Webで引用文献のフォーマット (EndNote Web)
16:00-16:40 検索結果のビジュアル化(Web of Sciecne)
17:30-18:30 EndNote X3(デスクトップ版)

■要事前登録(無料)(注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/ 
(トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆参加費:無料


2009/9/18 No.91

================================================================
 ★情報探索ガイダンス(10月)“Web of Science+EndNote Web”ほか ★
=================================================================
10月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●スケジュール:
・10/7  (水) 12:10-12:30 自宅から検索するには?
                          【20分のワンポイント講習会】
・10/9 (金)16:00-17:00 日本の論文を探すには?
・10/13(火)16:00-17:00 文献リストをサクっと作成 
                          〜RefWorksを使うには〜
・10/21 (水) 16:00-17:00 文献検索早わかり
・10/23 (金) 16:00-17:00 電子ジャーナルを利用するには?
・10/28(水)16:00-17:30 Webで文献の「検索」から「整理」まで
             〜Web of Science+EndNote Webコース〜
・10/29 (木) 16:00-17:00 文献リストをサクっと作成 
                          〜RefWorksを使うには〜

*RefWorksコースは同じ内容で2回開催。

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
 ★総合図書館停電に伴う各種サービスの一時停止★
=================================================================
総合図書館停電に伴い、
9/25(金)から9/28(月)にかけての一部の時間帯に、
東京大学OPACなど、各種サービスが停止いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

なお、サービスにより停止時間が異なります。
各サービスの停止時間帯についてはこちらをご覧ください。
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/news/stop_J_20090927.html

=================================================================
★停電に伴うSSL-VPN Gatewayサービスについて ★
=================================================================
  以下の日時の間、計画停電のため現行のSSL-VPNサーバを停止いたします。

停止期間:平成21年9月26日(土)21時〜9月28日(月)11時

停止期間中は旧SSL-VPNサーバをご利用ください。
(ただし、現行SSL-VPNサーバで利用可能なサービスのいくつかは
  利用できません)

旧SSL-VPNサーバはこちら
⇒ https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/

=================================================================
 ★ご注意。サービス一時停止情報(ScienceDirect, Wiley) ★
=================================================================
●ScienceDirectサービス一時停止

エルゼビア社のサーバー・メンテナンスのため、下記の時間帯で
ScienceDirect のサービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2009年9月19日(土) 午後9:00(日本時間)より 
                    約 13時間
[停止するサービス]  ScienceDirect

●Wiley Interscienceサービス一時停止
Wiley Interscienceでシステムメンテナンスが行われるため、
下記の時間帯で、電子ジャーナル等が一時的に利用できなくなります。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2009年9月21日(月) 17:00から約1時間(日本時間)
[停止するサービス] Wiley Interscience

=================================================================
★ 図書系職員の開発シリーズ【10】東京大学OPAC Plus "言選Web"★
=================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、本学の図書館職員を対象に、
「図書系のためのアプリケーション開発講習会」を開催しています。
シリーズで、この講習会の講師/受講生が開発し、公開されているアプリ
ケーションをご紹介しています

今回はシリーズ【5】(Litetopi No.65)でご紹介した、東京大学OPAC Plus
"言選Web"のバージョンアップについてのお知らせです

◆東京大学OPAC Plus "言選Web"とは?
「東京大学OPAC Plus "言選Web"」にアクセスして検索に使いたい言葉を
入力すると、その言葉の関連用語のリストが表示され、クリック1つで、
東京大学OPACや、雑誌記事索引(国立国会図書館)を検索できるという
ものです。

今回のバーションアップで、さらに以下のようなリソースを追加しました。

1)外部組織が提供する関連語データを組み込み
外部組織が提供する関連語辞書(シソーラス)を組み込みました。
 https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/UT_OPAC_Plus_gensenweb/

2)関連語を探索するための情報源を追加
関連語を探索するためのデフォルト情報源は、従来どおりYahoo! Web検索
(国内Webサイト限定)ですが、それに加え、検索エンジン"TSUBAKI"と、
日本の論文データベースCiNiiを選べるようにしました。

◆東京大学OPAC Plus "言選Web"へのアクセスはこちら(インストール不要!)
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/UT_OPAC_Plus_gensenweb/

◆お問い合わせは、「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果の
 ページの下にある「連絡用フォーム」へ
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/products.html

2009/9/4 No.90

=================================================================
★解放軍報トライアルサービス開始!★
==================================================================
「解放軍報」オンライン版のトライアルサービスを開始しました。

◆「解放軍報」オンライン版とは
 中国人民解放軍機関紙「解放軍報」の1956年創刊号から最新号までの記事
 (テキストデータ)が利用できます。

◆トライアル期間: 2009年9月30日(水)までの1ヶ月

■アクセスはこちら  *同時アクセス制限なし
 【学内のみ】
⇒http://133.11.199.17:8080/-_-http://dlib.eastview.com/sources/publication.jsp?id=2323

【注意】
 利用中、表示されたリンクをクリックして「解放軍報」以外のページに移動
 してしまった場合は、ブラウザの[戻る]ボタンで画面を戻り、画面上部の
 [search]または[browse titles]をクリックしてください。

◆お問い合わせはこちら
 ⇒東洋文化研究所図書室 資料受入担当  
    ukeire@ioc.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
 ★駒場図書館講習会(9/25, 9/28)のおしらせ ★
==================================================================
駒場図書館で、下記の講習会が開催されます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 駒場図書館
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
(先着24名。予約不要です。
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。)

◆スケジュール:
・9/25(金) 15:00-16:00 OPAC検索をマスターする!文献入手への近道
・9/28(月) 15:00-16:00 文献リストに載っている論文を探すには?

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0128

=================================================================
 ★情報探索ガイダンス(9月)“Westlaw International”ほか (再掲) ★
=================================================================

9月は、下記の日程で“情報探索ガイダンス”各種コースを実施します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
後期授業開始前の受講をお奨めします。

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
   (各回先着12名。予約不要です。)

●スケジュール:
・9/14(月)12:10-12:30 自宅から検索するには?
                          【20分のワンポイント講習会】
・9/15(火)15:00-16:00 文献リストをサクっと作成 RefWorksを使うには
・9/16(水)15:00-16:00 文献検索早わかり
・9/29(火)13:30-14:30 文献検索早わかり
・9/29(火)15:00-16:30 世界の判例・法令を探すには?【特別コース】
             Westlaw International/Westlaw Japan特別コース
・9/30(水)11:00-12:00 文献リストをサクっと作成 RefWorksを使うには

*RefWorksコース、文献検索早わかりコースはどちらも同じ内容で、
 2回ずつ開催します。

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
 ★ネットで受講!Web of Science, EndNote Web等 講習会 ★
=================================================================
9/14(月)、9/28(月)に、トムソン・ロイター社の主催のインターネットで
受講できるインパクトファクター、Web of Science、EndNote Webの講習会が
開催されます。
自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

◆日時・コース ※全てWindowsのみ
9/14(月)
14:30-15:10 初めての文献検索(Web of Science)
16:00-16:40 初めての文献管理ソフト(EndNote Web)
17:30-18:10 初めてのインパクトファクター

9/28(月)
14:30-15:10 EndNote Webで引用文献のフォーマット
16:00-16:40 著者名検索とResarcher ID (Web of Science)
17:30-18:10 検索履歴の保存とアラートの設定 (Web of Science)

■要事前登録(無料) (注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/
(トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場: なし(各自でインターネット受講)

●参加費:無料

=================================================================
★ 図書系職員の開発シリーズ【9】東大版LibXがバージョンアップ★
==================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、本学の図書館職員を対象に、
「図書系のためのアプリケーション開発講習会」を開催しています。
シリーズで、この講習会の講師/受講生が開発し、公開されているアプリ
ケーションをご紹介しています

今回はシリーズ【1】(Litetopi No.58)でご紹介した、東大版LibXのバージョン
アップについてのお知らせです。

◆東大版LibXとは?
Webブラウザ"FireFox"に図書館用の各種機能を付与するプラグインソフトです。
東大OPAC・電子ジャーナル検索のための検索窓や、Amazonを含むWebサイトから
の東大OPACへのリンクなどさまざまな機能があります。


FireFoxがver 3.5 にバージョンアップしたことに伴い、東大版LibXもバージョ
ンアップしました。
旧版の東大版LibXをお使いのかたは、、FireFoxを3.5にバージョンアップする
際、旧版の東大版LibXをアンインストールした上で、新版(以下)をインストー
ルしてください。

◆東大版LibXについての詳細、インストールはこちら
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/libx/

◆お問い合わせは、「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果の
ページの下にある「連絡用フォーム」へ
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/products.html


2009/8/17 No.89

=================================================================
★情報探索ガイダンス(9月)“Westlaw International”ほか ★
==================================================================
9月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(各回先着12名。予約不要です。)

●スケジュール:
・9/14(月)12:10-12:30 自宅から検索するには?
             【20分のワンポイント講習会】
・9/15(火)15:00-16:00 文献リストをサクっと作成 
              〜RefWorksを使うには〜
・9/16(水)15:00-16:00 文献検索早わかり
・9/29(火)13:30-14:30 文献検索早わかり
・9/29(火)15:00-16:30 世界の判例・法令を探すには?【特別コース】
              〜Westlaw International/Westlaw Japan〜
・9/30(水)11:00-12:00 文献リストをサクっと作成
              〜RefWorksを使うには〜

*RefWorksコース、早わかりコースはどちらも同じ内容で、2回ずつ開催。

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
 ★学外から利用可能なデータベースが増えました ★
==================================================================
国内の医学系文献の書誌的事項や抄録を検索できる「医中誌 Web」と、約700タ
イトルの国内医学関連学会誌・学術誌の全文を閲覧できる「メディカルオンライ
ンが、学外から利用できるようになりました。

教育用計算機システム(ECCS)のアカウントでログインすることにより、
SSL-VPN Gatewayサービスの対象となっているデータベースを、学外からも
利用できます。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面
   ( https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ )にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html

■SSL-VPN Gatewayサービスへのアクセスは、こちら
⇒https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

=================================================================
★ ご注意。サービス一時停止情報(JK+, J-STAGE, American Film Scripts) ★
==================================================================
システムメンテナンスのため、下記サービスが一時停止となります。
大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

●JapanKnowledge+
[サービス停止日時] 2009年8月19日(水)午前3:00〜午前6:00(予定)

[サービス停止内容]
・JapanKnowledge+「日国オンライン」(JapanKnowledge+より利用)
・「日本歴史地名大系」(JapanKnowledge+より利用)
・「Web版日本近代文学館」

●J-STAGE
[サービス停止日時]2009年8月29日(土)10:00〜8月30日(日)20:00(予定)

[サービス停止内容]
・J-STAGEJournal@rchiveAmerican Film Scripts
[サービス停止日時]2009年8月21日(金)10:00〜16:00(日本時間)

●Wiley Interscience
[サービス停止日時] 2009年8月17日(月) 17:00から約1時間(日本時間)


*サービス停止等各種ニュースは、GACoSの「NEWS」欄に掲載しています。
 随時ご確認ください。

⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/index.html


2009/7/31 No.88

=================================================================
 ★ AGU Digital Library サービス開始 ★
==================================================================
このたび、Journal of Geophysical Researchなど、
AGU(American Geophysical Union)発行の電子ジャーナルの
バックファイルが利用できるようになりました。

■アクセスはこちら (同時アクセス制限なし)
⇒http://www.agu.org/dl-contents.shtml

◆お問合せはこちら
地震研究所図書室
eri-lib@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
 ★学外から利用可能なデータベースが増えました ★
==================================================================
Early American Newspapers, Series Iが「SSL-VPN Gatewayサービス」経由で
学外から利用できるようになりました。

教育用計算機システム(ECCS)のアカウントでログインすることにより、
SSL-VPN Gatewayサービスの対象となっているデータベースを、学外
からも利用できます。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面
   ( https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ )にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

■SSL-VPN Gatewayサービスへのアクセスは、こちら
⇒https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

◆SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
(学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html

=================================================================
 ★ネットで受講!Web of Science応用シリーズ講習会 ★
==================================================================
8/4(火)に、トムソン・ロイター社の日本人トレーナーによる、
Web of Science応用シリーズのインターネット講習会が開かれます。

自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

■要事前登録(無料) (注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/ 
(トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆スケジュール: ※上記サイトで事前登録が必要です。
・8/4(火)16:00-16:40
【応用シリーズ2 Researcher ID:業績を世界に発信】

・8/4(火)17:00-17:40
【応用シリーズ Web of Scienceでの著者名検索の方法】
※今回はWindowsのみ

=================================================================
 ★仕事に活かす! 8月限定。事務職員のための情報探索ガイダンス (再掲)★
==================================================================
8月限定で、本学の事務職員(短時間勤務有期雇用職員含む)を対象とした、
「事務職員のための情報探索ガイダンス」を開催します。

実際にパソコンを使いながら、知っておくと便利なツールをご紹介します。
この機会に参加して、ぜひ業務で活用してください。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html

◆スケジュール
・第1回: 8/ 5(水) 16:00-17:00
・第2回: 8/11(火) 11:00-12:00
同じ内容で2回開催。都合の良い回にご参加ください。

●内 容:
 ・事典・辞書ツールで調べる
 ・新聞・雑誌記事・論文を探す
 ・官報を探す
 ・統計データを探す
 ・企業情報を探す
 ・図書館サービスの紹介 等

●予約不要、各回先着12名
 直接ご来場ください。
 
●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
 ★ SSL-VPN Gatewayサービスメンテナンスのお知らせ ★
==================================================================
8月10日〜14日の間、SSL-VPNサーバのメンテナンスを行います。
SSL-VPNサービスは止めませんが、利用できないデータベースや
電子ジャーナルが発生するかもしれません。予めご承知置きください。

=================================================================
 ★ご注意。サービス一時停止情報(E-JOURNAL PORTAL, JK+, Taylorなど) ★
==================================================================
●E-JOURNAL PORTALなど
Serials Solutionsのシステムアップグレード作業に伴い、
下記の時間帯で全てのサービスが一時休止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス休止期間] 2009年8月1日(土)10:00〜16:00(日本時間)

[対象サービス]
・E-Journal Portal
・UT Article Link
・UT Article SearchUlrich's Web

●JapanKnowledge+
定期システムメンテナンスのため、下記の日程でジャパンナレッジの
全サービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2009年8月19日(水)午前3:00〜午前6:00(予定)

[サービス停止内容]
・JapanKnowledge+「日国オンライン」(JapanKnowledge+より利用)
・「日本歴史地名大系」(JapanKnowledge+より利用)
・「Web版日本近代文学館」

●Taylor & Francis社 
Taylor & Francis社でサイトメンテナンスが行われるため、
以下の期間アクセス障害が出る可能性があります。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[日時] 2009年8月1日(土)19:00〜21:00(日本時間)

*サービス停止等各種ニュースは、GACoSの「NEWS」欄に掲載しています。
 随時ご確認ください。

⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/index.html

2009/7/15 No.87

================================================================
 ★ ケータイでどこでも日本の論文検索。携帯向けCiNiiの公開 ★
==================================================================
国立情報学研究所では、6月より携帯向けCiNiiの公開を開始しました。
どこからでも気軽に検索できますので、ぜひお試しください。
ブラウザの文字サイズを小にすると、見やすくなります。
なお、一部のキャリア、機種で正常に動作しない場合もありますので、
ご注意ください。

■携帯向けCiNiiへのアクセスはこちら
 ⇒http://ci.nii.ac.jp/m/

■QRコードはこちら
⇒http://ci.nii.ac.jp/info/ja/index.html#20090612

=================================================================
 ★InfoTrac CustomとGVRLの横断検索が可能に★
==================================================================
このたび、人文社会系学術雑誌250タイトルを収録するフルテキストデータ
ベース、「InfoTrac Custom」の画面がリニューアルしました。

このリニューアルにより、各分野の著名な事典が横断検索可能なGVRL
(Gale Virtual Reference Library)とInfoTrac Customを横断検索できる
ようになりました。
必要に応じ、画面上部のメニューバー「CHANGE DATABASE」で横断検索の
設定を切り替えることもできます。

■アクセスはこちら
【学内から】⇒http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo?db=SP01
【学外から】⇒https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

■InfoTrac Customの収録雑誌タイトルを確認するなら、こちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/infotraclist.pdf

==================================================================
 ★ 業務に活かす! 8月限定事務職員のための情報探索ガイダンス ★
==================================================================
ご存知ですか?事務職員の方々も知っておくと便利なデータベースが、
東京大学ではたくさん使えます。
8月限定で、本学の事務職員(短時間勤務有期雇用職員含む)を対象とした、
「事務職員のための情報探索ガイダンス」を開催します。

実際にパソコンを使いながら、知っておくと便利なツールをご紹介します。
この機会に参加して、ぜひ業務で活用してください。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html

◆スケジュール
・第1回: 8/ 5(水) 16:00-17:00
・第2回: 8/11(火) 11:00-12:00
同じ内容で2回開催。都合の良い回にご参加ください。

●内 容:
 ・事典・辞書ツールで調べる
 ・新聞・雑誌記事・論文を探す
 ・官報を探す
 ・統計データを探す
 ・企業情報を探す
 ・図書館サービスの紹介 等

●予約不要、各回先着12名
 直接ご来場ください。
 
●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ 夏に差がつく! 7月情報探索ガイダンス(再掲) ★
==================================================================
7月は、下記の日程で“情報探索ガイダンス”各種コースを実施します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html

  7/30 AGRICOLAコースの会場:農学生命科学図書館 3F PC端末室
 *農学生命科学図書館は7/13リニューアルオープン!
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_07_07_j.html

◆スケジュール
・ 7/15(水)15:00-16:00 電子ジャーナルを利用するには?
・ 7/24(金)11:00-12:00 文献検索早わかり
・ 7/28(火)15:00-16:00 文献リストをサクっと作成
             〜RefWorksを使うには〜
・ 7/30(木) 15:00-16:30 農学分野の論文を探すには?
             〜AGRICOLA〜【会場:農学生命科学図書館】

●各コース予約不要、先着12名
 直接ご来場ください。
 
●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ ご注意。サービス一時停止情報(JK+, Taylor) ★
 ==================================================================
●JapanKnowledge+サービス一時停止

定期システムメンテナンスのため、下記の日程でジャパンナレッジの
全サービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2009年7月22日(水)午前3:00〜午前6:00(予定)

[サービス停止内容]
・ジャパンナレッジ・プラス「日国オンライン」(ジャパンナレッジ・プラスより利用)「日本歴史地名大系」(ジャパンナレッジ・プラスより利用)「Web版日本近代文学館」

●Taylor & Francis社 一時アクセス障害
サイトメンテナンスが行われるため、以下の期間アクセス障害が出る
可能性があります。
大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[日時] 2009年7月18日(土) 16:00 〜 18:00 (日本時間)




2009/6/29 No.86

=================================================================
 ★ 情報探索ガイダンス(7月)のご案内“論文リストをサクっと作成”ほか ★
==================================================================
7月は、下記の日程で“情報探索ガイダンス”各種コースを実施します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(各回先着12名。予約不要です。)

*駒場図書館、農学生命科学図書館が会場の場合については、
 以下を参照してください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

●スケジュール:
・ 7/1(水) 13:30-14:30 毎日Newsパック【会場:駒場図書館】
・ 7/1(水) 14:45-15:45 聞蔵IIビジュアル【会場:駒場図書館】
・ 7/3(金) 15:00-16:00 文献リストをサクっと作成
             〜RefWorksを使うには〜
・ 7/10(金)15:00-16:00 日本の論文を探すには?
・ 7/15(水)15:00-16:00 電子ジャーナルを利用するには?
・ 7/24(金)11:00-12:00 文献検索早わかり
・ 7/28(火)15:00-16:00 文献リストをサクっと作成
             〜RefWorksを使うには〜
・ 7/30(木) 15:00-16:30 農学分野の論文を探すには?
             〜AGRICOLA〜【会場:農学部図書館】
*7/3,7/28のRefWorksコースは同じ内容です。
 
●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

==================================================================
 ★Nature Chemistry トライアルサービスのお知らせ★
==================================================================
Nature Publishing Groupから今年4月に創刊されたNature Chemistryの
オンライン版について、トライアルサービスを開始しました。

◆特徴
フルテキストからのPubChem、ChemSpider へのリンク機能や、化学構造式の
表示機能など、Nature Chemistry オンライン版に採用された様々な機能も
通常購読の場合と同様に確認できます。

◆利用可能期間:2009年8月25日(火)まで

■アクセスはこちら ※同時アクセス数の制限はありません。
【学内から】http://www.nature.com/nchem/
【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要

◆お問い合わせ
薬学図書館(tosho@mol.f.u-tokyo.ac.jp)
(@は半角に書き換えてください)

==================================================================
 ★ RefWorks Q&A集をアップしました★
==================================================================
5月に開催した文献管理ツール「RefWorks説明会」で出された質問とその
回答をGACoSに掲載しました。ご利用の際の参考にしてください。

⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/refwQ&A.html  
(学内限定)

==================================================================
★ ネットで受講!Web of Science、JCR、EndNote Web講習会 ★
==================================================================
7/16(木)、7/22(水)に、トムソン・ロイター社の主催のインターネットで
受講できるインパクトファクター、Web of Science、EndNote Webの講習会が
開催されます。
自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

◆日時・コース
7/16(木)
14:30-15:10 初めてのインパクトファクター(Journal Citation Reports)
      ※Windowsのみ
16:00-16:40 初めての文献検索(Web of Science)※Windowsのみ
17:30-18:10 初めての文献管理ソフト(EndNote Web)
      ※ Windows & Macintosh

7/22(水)
15:30-16:10 最新情報をメールで入手するアラートの設定方法
      (Web of Science) :※Windowsのみ
16:45-17:25 EndNote Webで引用文献のフォーマット(EndNote Web)
      ※Windowsのみ
18:00-18:40 ケーススタディー:具体的な検索テーマでデータを
      読み込んでいきます。(Web of Science):※今回はWindowsのみ

■要事前登録(無料) (注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/ 
(トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場: なし(各自でインターネット受講)

●参加費:無料

2009/6/16 No.85

==================================================================
 ★  6/30 医学図書館 「東大だから使える医学・看護学系データベース
    講習会/説明会」 ★
==================================================================
医学図書館主催で、「東大だから使える医学・看護学系データベース講習会/
説明会」が開催されます。

各データベースの提供元から講師を招き、実際にパソコンを使いながら学ぶ
講習会です。
本学にご所属であれば、医学部に限らず、学生・教職員を問わず、どなたでも
参加できます。

◆会場: 医学図書館 マルチメディアコーナー
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html

◆日時:
 6/30(火)
   13:30-15:00 「CINAHL, MEDLINE」説明会   
   15:30-17:00 「MEDLINE, EMB Reviews(OVID) 

◆お申込みはこちら
 医学図書館 情報サービス係
 medlibs@m.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)
 ・件名: (希望する講習会名)参加希望
  ・本文:  (1)講習会名・時間 (2)氏名  (3)身分・学年  (4)所属  
             (5)講師への質問  (6)当日キャンセル待ち、聴講、または
                Mac端末のいずれかを希望して記入

 (電話03-5841-3667/3669または医学図書館カウンターでも申込み可能)

●参加費: 無料

●Windowsパソコンは事前予約で満席となりました。当日キャンセル待ち、
  聴講、またはMac端末(5台)のご利用となります。

■詳細はこちら (医学図書館ホームページ)
 ⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/news/news.html#20090406

==================================================================
 ★ 人文社会科学系、心理学分野の論文を探すには?  ★
==================================================================
人文社会科学系データベース紹介の第3弾。
今回は人文社会学系の3つのデータベースを紹介します。

◆JSTOR
⇒http://133.11.199.16:8080/-_-http://www.jstor.org/
人文科学、社会科学を中心とする代表的な学術雑誌のバックナンバーを集積
したデータベース。本学では、Arts & Sciences I Collection(175誌)と、
Arts &Sciences III Collection(222誌)の創刊号から全文を閲覧可能。

【JSTOR 講習会のご案内】
  6/22(月)15:00-16:00 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】

◆PsycARTICLES
⇒http://search.ebscohost.com/login.aspx?authtype=ip&group=psyc
American Psychological Association (APA) 作成の心理学分野の全文データ
ベース。APAおよび関連機関発行の50誌以上の雑誌から40,000件以上の論文・記
事の全文(1985年以降)を収録。

◆PsycINFO
⇒http://search.ebscohost.com/login.aspx?authtype=ip&group=psyc
APA作成。1800年以降の心理学全分野の学術論文・記事、書籍、学位論文の索引
と抄録を200万件以上収録。対象雑誌は1887年から現在まで。

【PsycINFO/PsycARTICLES 講習会のご案内】
  6/23(火)15:00-16:00 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】

予約優先ですが、当日参加でもOK!
データベースの提供元から講師を招き、実際にパソコンを使いながら学ぶ
講習会です。普段使い方で困っていることを聞くチャンスです。お見逃しなく!

各コースの詳細については、以下のページをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

==================================================================
 ★ 中国の論文を探すには?  ★
==================================================================
中国の論文を探せるデータベースもご紹介します。

◆CNKI
⇒http://cnki.toho-shoten.co.jp/kns50/   ※同時アクセス数5
中国学術雑誌全文データベース(CJFD:旧称CAJ)の文学・歴史・哲学/
政治・軍事・法律/教育・社会科学総合/経済・管理の4分野など、
フルテキストの閲覧が可能。

【CNKI 講習会のご案内】
  6/24(水)15:00-16:30 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】
  日本語による講習会です。

予約優先ですが、当日参加でもOK!
詳細については、以下のページをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

==================================================================
 ★ 本郷だけじゃない。駒場、柏でも開催!Web of Science 講習会★
==================================================================
引用情報をキーとした検索が可能なWeb of Scieceと、生命科学分野の
包括的なデータベースであるBIOSIS Previews、Web版の文献管理ツール
EndNote Webの講習会が各キャンパスで開催されます。

【Web of Science, BIOSIS , EndNote Web講習会のご案内】
●駒場キャンパス
  Web of Science  人文科学編 6/19(金)13:00-14:30 
    Web of Science  自然科学編  6/19(金)14:45-16:15 
会場:【駒場図書館カウンター前集合(定員24名)】

●本郷キャンパス
    Web of Science  人文科学編 6/26(金)10:30-12:00 
    Web of Science  自然科学編  6/26(金)13:30-15:00 *残席わずか 
    BIOSIS Previews             6/26(金)15:15-16:15 
会場:【総合図書館 1階 講習会コーナー(定員12名)】
*柏キャンパス(柏図書館セミナー室2)へ中継あり。

●柏キャンパス
    Web of Science  自然科学編  6/30(金)13:30-15:00 
    BIOSIS Previews             6/30(金)15:15-16:15 
    EndNote Web                 6/30(金)16:30-17:30 *PC席残席わずか
会場:【柏図書館コンファレンスルーム(定員24名)】

予約優先ですが、席に余裕があれば当日参加でもOK!
各コースの詳細については、以下のページをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

==================================================================
 ★WorldTradeLaw.net's Dispute Settlement Commentary (DSC)
 Serviceサービス開始★
==================================================================
以下の、サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆WorldTradeLaw.net's Dispute Settlement Commentary (DSC) Serviceとは
WTO紛争解決事例(パネル報告、上級委員会報告)の判例解説データベースです。

◆利用可能期間:2010年年5月31日まで

■アクセスはこちら ※同時アクセス数の制限はありません。
⇒http://www.worldtradelaw.net/dsc/main.htm からアクセスしてください。
【学内限定】

◆お問い合わせ
社会科学研究所図書室 counter@iss.u-tokyo.ac.jp
          (@は半角に置き換えてください)

==================================================================
★ ご注意ください。「JapanKnowledge」の名称・URL変更 (再掲) ★
==================================================================
「日本大百科全書」などの国内の百科事典・辞事典をWebで一括検索
できることで好評の「JapanKnowledge」(ジャパンナレッジ)が、
4月から、「JapanKnowledge +」(ジャパンナレッジ プラス)として
大幅にリニューアルされ、URLも変更になりました。

※従来のURLではアクセスできません。ご注意ください!
「お気に入り」等に登録されている方は、新URLに変更してください。

URL: (旧)http://na.jkn21.com/ ⇒ (新)http://www.jkn21.com/



2009/6/5 No.84

==================================================================
 ★ まだまだあります。新聞記事を検索するには?★
==================================================================
前号に引き継き、東京大学だからこそ使える新聞記事データベースを紹介します。

◆聞蔵ビジュアルII
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/goasahi.html
朝日新聞社の新聞記事データベースです。
1945年から当日までの朝日新聞、創刊号からのAERA(アエラ)、2000年4月号から
の週刊朝日、「知恵蔵」の全文記事を検索できます。
*同時アクセス制限:4まで

【講習会スケジュール】
  6/8(月)15:00-16:00 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】
  7/1(水)14:45-15:45 【駒場図書館(定員24名)】
             ※駒場図書館カウンター前集合

予約優先ですが、当日参加でもOK!
年に一度のこの機会をお見逃しなく。面白い記事を発見するヒントが
見つかるかもしれません。

◆毎日Newsパック
⇒https://db.g-search.or.jp/wdbs10/WMNP/WMNP_ipcu_login.html
毎日新聞社の新聞記事データベースです。
毎日新聞本社版記事 (1987年1月-)、地域版記事、MAINICHI Daily News 
(2008年6月-)、週刊エコノミスト(2001年1月-)を収録しています。
*同時アクセス制限:2まで

自宅からもご利用いただけます。
【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要

【講習会スケジュール】
  6/10(水)13:45-14:45 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】
  7/ 1(水)13:30-14:30  【駒場図書館(定員24名)】
              ※駒場図書館カウンター前集合

予約優先ですが、当日参加でもOK!
年に一度のこの機会をお見逃しなく。面白い記事を発見するヒントが
見つかるかもしれません。

◆LexisNexis Academic
⇒http://www.lexisnexis.com/us/lnacademic
News(世界各国の新聞、雑誌、通信記事、ニュースレター、テレビ放送内容)、
Business(ビジネス誌、企業情報、産業ニュース、SEC 関連書類)などを
収録した総合データベースです。

自宅からもご利用いただけます。
【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要

【講習会スケジュール】
  6/12(金)15:00-16:30 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】
  残席わずかです。お早めに。

==================================================================
 ★ 応用社会学、言語学分野の論文を探すには? ★
==================================================================
自分の研究にあった論文を探すのに悩まれている方も多いはず。
今回は人文社会学系の2つのデータベースを紹介します。

◆ASSIA(Applied Social Science Index and Abstracts)
⇒http://www.csa.com/htbin/dbrng.cgi?username=anul07&access=anul0707&cat=default&lang=jp
健康・社会福祉・心理学・社会学・経済学・政治学・人種問題・教育など、
応用社会科学全般の論文情報を収録した索引・抄録データベース。

◆LLBA(Linguistics and Language Behavior Abstracts)
⇒http://www.csa.com/htbin/dbrng.cgi?username=anul07&access=anul0707&cat=default&lang=jp
言語学と言語行動に関する文献データベースです。

【ASSIA/LLBA 講習会スケジュール】
  6/10(水)15:00-16:30 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】

予約優先ですが、当日参加でもOK!
提供元から講師をお招きしますので、使い方で普段困っていることを
聞ける、年に一度のチャンスです。ぜひご参加ください。

どちらのデータベースも、自宅からもご利用いただけます。
【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★「人民日報」および中国政治関係データベースのトライアル
    サービス開始! ★
==================================================================
以下の、トライアルサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆対象データベース
●人民日報
⇒http://www.oriprobe.com/peoplesdaily_ja.html
  中国国内版
  収録範囲:1946年〜

●中国人民政治協商会議資料庫
⇒http://www.oriprobe.com/cppcc_ja.html
  各回会議のスケジュール、議題、決議などの内容及びその報道
  収録範囲:第一会議〜

●全国人民代表大会資料庫
⇒http://www.oriprobe.com/npc_ja.html
  各回大会のスケジュール、議題、決議などの内容及びその報道
  収録範囲:第一回一次〜

●中国共産党資料庫
⇒http://www.oriprobe.com/cpc_ja.html
  共産党と国家の重要文献・書類
  ・領導人活動報導
  ・中共歴次党代会資料
  ・中国共産党档案和重要文献
  ・中国共産党重大事件・人物資訊

●中国政府資料庫
⇒http://www.oriprobe.com/document_ja.html
  中央政府、地方政府等が発布した重要情報・書類
  収録範囲:2001年〜
  ・国家政策資訊
  ・地方政策資訊
  ・省部長言論
  ・政府工作報告
  ・外交部発言人言論

◆【アクセス手順】
 上記の各データベース名をクリックしてください。
 学内からのみ利用できます。

◆【トライアルサービス期間】
 平成21年8月31日(月)まで 

◆【同時アクセス数】 制限なし

◆【検索上の注意点】(重要)
 AND検索は *(半角アスタリスク)、OR検索は +(半角プラス)を
 使用してください。
  (例)日本*首相 北京+上海
 ※ヘルプ(使用幇助)では「OR検索は空白を使う」となっていますが、
  空白ではOR検索になりません。

◆お問い合わせ
東洋文化研究所図書室 資料受入担当 
zasshi@ioc.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください。)

==================================================================
 ★SSL-VPN GatewayサービスのURLが変更になりました ★
==================================================================

ご自宅からデータベースや電子ジャーナルが利用できる
「SSL-VPN Gatewayサービス」のURLが以下のように変更に
なりました。

   旧URL https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/
                 ↓
   新URL https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/


2009/5/29 No.83

==================================================================
 ★ 15-18世紀の英語書籍を検索するには? ★
==================================================================
東京大学では、以下の2つのデータベースを契約していて、
15-18世紀の英語書籍を検索し、全文まで見ることができます。

英文学だけでなく、宗教、歴史、政治、経済、社会、科学、芸術、言語学など、
西欧の様々な学問分野の研究に有用な、専門的な文献資料です。

ぜひ研究にお役立てください。

来週、これら2つのデータベースの提供元から講師を招いて、
検索方法の講習会を実施します!ぜひご参加ください。

◆Eighteenth Century Collections Online (ECCO)
⇒http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo?db=ECCO
1701年-1800年までの100年間に英語であるいは英国で出版された書籍を、
全文検索することができます。
1982年から継続して刊行されているマイクロフィルムシリーズ
「The Eighteenth Century」をデジタル化し、インターネットで利用できるようにしたものです。

◆Early English Books Online (EEBO)
⇒http://eebo.chadwyck.com/home
1475年-1700年の間に英語であるいは英国で出版された書籍を、
デジタル化して提供する、初期英語書籍集成データベースです。

【講習会スケジュール】
6/1(月)13:30-14:30 ECCO 【会場:駒場図書館(定員24名)】
6/1(月)14:45-15:45 EEBO 【会場:駒場図書館(定員24名)】
※駒場図書館カウンター前集合

予約優先ですが、当日参加でもOK!
ぜひ、この年に一度の機会に、ご参加ください。

どちらのデータベースも、
学外から利用できるSSL-VPN Gatewayサービスの対象に入っています。
自宅からもご利用いただけます。
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 調べ物や、レポートのテーマ探しをするときは? ★
==================================================================
調べ物や、レポートのテーマ探しなどに便利な、
東京大学で契約している2つのデータベースを紹介します。

普段Googleだけに頼っていませんか?知らない人はもったいない!
講習会で紹介すると、いつもご好評いただいています。
ぜひ日常的に、信頼性のある情報源をご活用ください。

来週、これら2つのデータベースの提供元から講師を招いて、
検索方法の講習会を実施します!ぜひご参加ください。

◆JapanKnowledge+ (今年4月リニューアル!)
⇒/http://www.jkn21.com/
日本最大の知識データベース。日本大百科全書、日本国語大辞典、imidas(イミダス)、
現代用語の基礎知識、会社四季報、大辞泉、ランダムハウス英和大辞典、字通
などの一括検索ができます。

◆Littel Navigator
⇒http://u-tokyo.navi.littel.jp/
Web上の情報と図書館の情報を、統合的に探索できるナビゲーションシステム。
入力したキーワードの関連分野や関連項目を提示し、
「東京大学OPAC」などのデータを探すことができます。
漠然とした思いつきから、テーマを絞っていったり、有用な情報源にたどりつけます。

【講習会スケジュール】
JapanKnowledge+
  6/2(火)15:00-16:00 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】
  6/11(木)13:30-14:30【駒場図書館(定員24名)】※駒場図書館カウンター前集合
Littel Navigator
  6/2(火)16:15-17:15 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】

予約優先ですが、当日参加でもOK!
ぜひ、この年に一度の機会に、ご参加ください。

Littel Navigatorは、
学外から利用できるSSL-VPN Gatewayサービスの対象に入っています。
自宅からもご利用いただけます。
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 新聞記事を検索するには? ★
==================================================================
東京大学では、全学で利用できる新聞記事データベースがいくつかあります。
今日はその中から、読売新聞のデータベースを紹介します。

ネットで無料で見られるニュースや新聞記事は、時間が経つと見られなくなりますが、
これは大学が契約している新聞記事データベースですので、
過去の古い記事も検索可能です。
ぜひご活用ください。

来週、検索方法の講習会を実施します!ぜひご参加ください。

◆ヨミダス歴史館
⇒https://database.yomiuri.co.jp/rekishikan/
読売新聞社の新聞記事を収録したデータベースです。
1986年以降の記事テキストのほかに、これまでCD-ROM、DVDで提供されていた、
明治7(1874)年の創刊〜昭和64(1989)年までの読売新聞紙面イメージが収録され、
オンラインで利用可能になりました 。

【講習会スケジュール】
  6/3(水)15:00-16:00 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】
  6/11(木)14:45-15:45 【駒場図書館(定員24名)】※駒場図書館カウンター前集合

予約優先ですが、当日参加でもOK!
ぜひ、この年に一度の機会に、ご参加ください。

ヨミダス歴史館は、
学外から利用できるSSL-VPN Gatewayサービスの対象に入っています。
自宅からもご利用いただけます。
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 人文社会系の電子ジャーナル(雑誌論文の全文DB)を利用するには? ★
==================================================================
人文社会系の電子ジャーナル(雑誌論文の全文データベース)もいくつかありますが、
今日はその中から、2つのデータベースを紹介します。

論文の入手にかかっていた時間とコピー代を節約できます。ぜひご活用ください。

来週、検索方法の講習会を実施します!ぜひご参加ください。

◆PIO(Periodicals Index Online)+PAO(Periodicals Archive Online)
⇒http://pio.chadwyck.co.uk/home.dohttp://pao.chadwyck.co.uk/home.do
PIO:人文社会系の雑誌(約5,000誌以上)に掲載された論文の書誌情報データベース。
PAO:人文社会系の雑誌アーカイブ。約300誌の論文全文が見られます。

◆InfoTrac Custom
⇒http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo?db=SP01
人文社会科学系学術雑誌250タイトルの全文を収録しています。

【講習会スケジュール】
  6/5(金)15:00-16:00 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】

予約優先ですが、当日参加でもOK!
ぜひ、この年に一度の機会に、ご参加ください。

どちらのデータベースも、
学外から利用できるSSL-VPN Gatewayサービスの対象に入っています。
自宅からもご利用いただけます。
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 有価証券報告書や企業情報を検索するには? ★
==================================================================
東京大学では、以下のデータベースを契約していて、
有価証券報告書などを検索し、全文まで見ることができます。

キーワード検索もできますので、企業がどんな研究開発活動をしているかを調べたり、
会社情報を調べたりもできます。ぜひご活用ください。

来週、検索方法の講習会を実施します!ぜひご参加ください。

◆eol(イーオーエル)
⇒http://db2.eol.co.jp/EolDb/
全国証券取引所およびJASDAQ上場企業の有価証券報告書・半期報告書など
各種財務資料を、全文検索・閲覧できます。
また、条件指定による企業検索や、会社情報、企業ランキング、株価情報なども見られます。

【講習会スケジュール】
  6/4(木)15:00-16:00 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】

予約優先ですが、当日参加でもOK!
ぜひ、この年に一度の機会に、ご参加ください。


==================================================================
 ★ 文学作品の評論を探したり、作家に関して調べるには? ★
==================================================================
東京大学では、以下のデータベースを契約していて、
作家名や作品名、キーワードなどから検索し、全文まで見ることができます。

来週、検索方法の講習会を実施します!ぜひご参加ください。

◆LRC with MLA (Literature Resource Center with MLA International Bibliography)
⇒http://go.galegroup.com/ps/start.do?p=LitRG&u=unitokyo&authCount=1
作家の評伝(作品一覧)、文芸評論、作品情報などを収録したデータベースです。
本学では、MLA International Bibliography(言語学、文学に関する雑誌論文情報データベース)と
同時検索が可能になっています。

【講習会スケジュール】
  6/5(金)16:15-17:15 【総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)】

予約優先ですが、当日参加でもOK!
ぜひ、この年に一度の機会に、ご参加ください。

こちらも学外から利用できるSSL-VPN Gatewayサービスの対象に入っています。
自宅からもご利用いただけます。
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 6月、7月のECCSアカウント「新規利用者向け講習会」スケジュール ★
==================================================================
教育用計算機システム(Educational Campuswide Computing System:ECCS)は、
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも利用できます。

ECCSアカウントは、ECCSの端末を利用する際だけでなく、
自宅から、学内限定の電子ジャーナルやデータベースを利用する際の、
「SSL-VPN Gatewayサービス」の認証にも使用します。

◆ECCSアカウントを取得するには?
・教養学部前期課程1年生
 新入生ガイダンスで説明が行われ、アカウントが配布されます。

・その他の方
 ECCSの「新規利用者向け講習会」に出席し、
 申込書等を提出するとアカウントを取得することができます。

※アカウントは年度毎に更新手続きが必要です。お忘れなく、ご注意ください。

◆新規アカウントの発行について
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/doc/announce/newuser.html
 ※アカウント更新手続き(継続利用の手続き)についても、こちらからご覧ください。
 ※教職員の方は、学生と異なる手続きになります。上記サイトの説明をご覧ください。

◆「新規利用者向け講習会」スケジュール(2009年6月、7月)
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2009/05/15_1187.html
 本郷、駒場キャンパスで開催。(30分程度)

■ECCSアカウントに関する問い合わせ
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/question.html



2009/5/15 No.82

==================================================================
 ★ 5/29 医学図書館 「東大だから使える医学・看護学系データベース講習会/説明会」  ★
==================================================================
5/29(金)に、医学図書館主催で、
「東大だから使える医学・看護学系データベース講習会/説明会」が開催されます。

各データベースの提供元から講師を招いて実施します。
本学にご所属であれば、医学部に限らず、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひ、この機会をお見逃し無く!

◆会場: 医学図書館 マルチメディアコーナー
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html

◆日時:
5/29(金)
 15:00-15:45 「Up To Date online」説明会
 16:00-17:00 「医中誌Web」講習会 *先着14名
 17:30-18:30 「医中誌Web」講習会 *先着14名 【←夜間開催!】

◆お申込みはこちら (事前予約優先。席に余裕がある場合、当日参加もOK。)
医学図書館 情報サービス係
medlibs@m.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)
 ・件名: (希望する講習会名)参加希望
 ・本文: (1)講習会名・時間 (2)氏名  (3)身分・学年  (4)所属  (5)講師への質問
(電話03-5841-3667/3669または医学図書館カウンターでも申込み可能)

●参加費: 無料

●パソコンはWindowsです。(希望者はMacも可能。予約の際お伝えください。)

■詳細はこちら (医学図書館ホームページ)
⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/news/news.html#20090406


==================================================================
 ★ ネットで受講!インパクトファクター、Web of Science、EndNote Webの講習会  ★
==================================================================
5/25(月)に、トムソン・ロイター社の日本人トレーナーによる、インターネットで受講できる
インパクトファクター、Web of Science、EndNote Webの講習会が開かれます。

今回は、初級者向けに、「初めてシリーズ」と題して、
「初めてのインパクトファクター」、「初めての文献検索(Web of Science)」、「初めての文献管理ソフト(EndNote Web)」
の3コースが開催されます。

自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

■要事前登録(無料) (注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/ (トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場: なし(各自でインターネット受講)

◆日時・コース: 上記のサイトでご確認ください。

●参加費:無料


==================================================================
 ★ お待たせしました! 6月開催 「分野別 文献の探し方ガイダンス」、予約開始!  ★
==================================================================
6月は、総合・自然科学・人文社会科学の各分野の主なデータベースについて、
データベース提供元から講師を招いて、パソコンを使った実習形式の講習を行います。
本学にご所属であればどなたでも参加できます。

年に一度の機会です。お見逃し無く!

◆申込方法:
予約優先です。先着順ですので、お早めに、下記のサイトからお申し込みください。
(席に余裕があれば、当日の参加もOK!)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

◆会 場: コースによって会場が異なります。下記のスケジュールをご覧ください。
【本郷】総合図書館 1階 講習会コーナー(定員12名)

【駒場】駒場図書館 地下1階 会議室(定員24名)※6/1、6/11、6/19、7/1のみ。
 駒場図書館カウンター前に集合

【柏】柏図書館1階 (6/25はセミナー室2 定員8名)
(6/30はコンファレンスルーム 定員24名 希望者先着8名まで備付PC利用可、PC持込も可)
※6/9はメディアホール(定員144名)に中継あり
※6/26はセミナー室2(定員16名 希望者先着8名まで備付PC利用可、PC持込も可)に中継あり

【数理研】数理科学研究科棟2階 計算機室(定員20名)※6/15、16のみ。

●参加費:無料

●コース内容とスケジュール:
◆ 総合分野
(1) JapanKnowledge+ (百科事典、辞書、日本歴史地名体系など)
  6/2(火)15:00-16:00【会場:本郷】
   6/11(木)13:30-14:30【会場:駒場】
(2) Littel Navigator(Web情報資源と図書館情報資源の統合検索)
   6/2 (火)16:15-17:15【会場:本郷】
(3) ヨミダス歴史館(読売新聞記事)
 6/3 (水)15:00-16:00【会場:本郷】
 6/11(木)14:45-15:45【会場:駒場】
(4) 朝日新聞記事データベース 「聞蔵IIビジュアル」 (朝日新聞、AERA、週刊朝日、知恵蔵)
 6/8(月)15:00-16:00【会場:本郷】
 7/1(水)14:45-15:45【会場:駒場】
(5) 毎日Newsパック(毎日新聞記事)
 6/10(水)13:45-14:45【会場:本郷】
 7/1(水)13:30-14:30【会場:駒場】
(6) LexisNexis Academic (世界の新聞、企業情報など)
  6/12(金)15:00-16:30【会場:本郷】
(7) EndNote Web(文献管理・論文執筆支援ツール)
  6/26(金)16:30-17:30【会場:本郷】(※柏図書館セミナー室2に中継あり )
  6/30(火)16:30-17:30【会場:柏】

◆ 自然科学分野
(1) Engineering Village(理工学分野)
  6/9(火)15:00-16:30【会場:本郷】(※柏図書館メディアホールに中継あり)
(2) MathSciNet(数学分野)(※理学部数学科、数理科学研究科所属者優先)
 6/15(月)16:00-17:00【会場:数理研】
 6/16(火)15:00-16:00【会場:数理研】
(3) SciFinder Scholar (化学・薬学分野)
  6/17(水)15:00-16:30【会場:本郷】
  6/25(木)15:00-16:30【会場:柏】
(4) Web of Science自然科学系
  6/19(金)14:45-16:15【会場:駒場】
  6/26(金)13:30-15:00【会場:本郷】(※柏図書館セミナー室2に中継あり)
  6/30(火)13:30-15:00【会場:柏】
(5) BIOSIS Previews(生命科学分野)
  6/26(金)15:15-16:15【会場:本郷】(※柏図書館セミナー室2に中継あり)
  6/30(火)15:15-16:15【会場:柏】

◆ 人文社会科学分野
(1) Eighteenth Century Collections Online+GVRL(18世紀英語圏刊行物)
  6/1(月)13:30-14:30【会場:駒場】
(2) Eary English Books Online(15-17世紀英語圏刊行物)
  6/1(月)14:45-15:45【会場:駒場】
(3) PIO/PAO(人文社会系雑誌記事)
 6/3(水)16:15-17:15【会場:本郷】
(4) eol(有価証券報告書、企業情報)
 6/4(木)15:00-16:00【会場:本郷】
(5) InfoTrac Custom(人文社会系学術雑誌)
  6/5(金)15:00-16:00【会場:本郷】
(6) Literature Resource Center with MLA+GVRL(文学に関わる人物、作品情報など)
 6/5(金)16:15-17:15【会場:本郷】
(7) ASSIA / LLBA(応用社会科学・言語学分野)
  6/10(水)15:00-16:30【会場:本郷】
(8) Lexis.com(世界各国の法令・判例など)
  6/12(金)13:15-14:45【会場:本郷】
(9) Business Source Elite/SocIndex(ビジネス・社会学分野)
  6/18(木)15:00-16:30【会場:本郷】
(10) Web of Science人文社会科学系
  6/19(金)13:00-14:30【会場:駒場】
  6/26(金)10:30-12:00【会場:本郷】
(11) JSTOR(社会科学を中心とする学術雑誌)
  6/22(月)15:00-16:00【会場:本郷】
(12) PsycINFO / PsycARTICLES   (心理学分野)
  6/23(火)15:00-16:00【会場:本郷】
(13) CNKI(中国学術雑誌全文データベース)
  6/24(水)15:00-16:30【会場:本郷】

■詳細・お申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==================================================================
 ★ 文献管理ツールRefWorksに、モバイル用バージョン「RefMobile」登場!  ★
==================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、4月から、
Web上で使える文献管理ツール「RefWorks」(レフワークス)のサービスを開始しました。
(参考)サービス開始のニュース http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20090401_2.html

このたび、RefWorksのアップデートにより、
携帯情報端末から利用できる、「RefMobile」機能がリリースされましたのでお知らせします。

RefMobileはRefWorksのモバイルPC, 携帯電話、PDA用バージョンです。
日本製の携帯電話機器からも利用可能です。*フルブラウザ機能対応機種に限る

RefMobileでは、レコードの閲覧、フォルダの管理とNotesフィールドへデータを追加することができます。
レコードにアクセス、管理するだけでなく、RefMobileではSmartAdd機能を利用できます。
SmartAdd機能とは、PubMed ID、著者名、出版年、表題の一部などの情報をもとに
Webを検索して文献情報を入手する機能です。
SmartAddによって見つかった文献情報は、RefMobileを通じて
自分のRefWorksアカウントにインポートすることができます。

■RefWorksへのアクセスはこちら
⇒http://www.refworks.com/refworks
自宅など学外からは、東京大学専用のグループコードでアクセス可能です。
または、SSL-VPN Gatewayサービス(   https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ )でも利用可能です。

■RefMobileについて詳細はこちら
⇒http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/refworks/refmobile/
※RefMobileへのアクセスには、東京大学専用のグループコードが必要となります。
グループコードは下記ページでご確認ください。<東京大学学内者限定>
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/refworks_gakugai.html


==================================================================
 ★ 学外から利用可能なデータベースが増えました  ★
==================================================================
このたび、「SSL-VPN Gatewayサービス」経由で
学外から利用できるデータベースが、増えました。
教育用計算機システム(ECCS)のアカウントでログインすることにより、
SSL-VPN Gatewayサービスの対象となっているデータベースを、学外からも利用できます。

※新たに対象に加わったのは、以下のデータベースです。
 ・「聞蔵II ビジュアル」(朝日新聞記事データベース)
  (↑不具合のため「縮刷版」と「歴史写真」の画像は表示できません。)

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSのアカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面(  https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ )にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html

■SSL-VPN Gatewayサービスへのアクセスは、こちら
⇒https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/


==================================================================
 ★ 5/16 ScienceDirect一部機能が一時停止 ★
==================================================================
エルゼビア社サーバー・データベースのアップデート作業のため、
下記の時間帯で、ScienceDirect一部機能のサービスが一時停止いたしますので
お知らせいたします。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[停止予定期間] 2009年 5月16日(土) 21:00(日本時間)より 約 9.5時間

[対象サービス] ScienceDirect(サイエンス・ダイレクト)の一部機能
          (横断検索システムによる検索のみ利用不可)


==================================================================
 ★ 総合図書館停電に伴う各種サービスの一時停止 ★
==================================================================
総合図書館停電に伴い、
5/22(金)から5/25(月)にかけての一部の時間帯に、
東京大学OPACなど、各種サービスが停止いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

なお、サービスにより停止時間が異なります。
各サービスの停止時間帯についてはこちらをご覧ください。
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/news/stop_J_20090524.html
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/news/stop_E_20090524.html




2009/5/7 No.81

==================================================================
 ★ 情報探索ガイダンス(5月)“文献検索早わかり”他  ★
==================================================================
5月は、下記の日程で“情報探索ガイダンス”各種コースを実施します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(各回先着12名。予約不要です。)

◆スケジュール:
・ 5/8(金) 13:30-14:30 文献検索早わかり
・ 5/18(月)12:00-13:00 日本の論文を探すには?【昼休み開催】
・ 5/19(火)13:30-14:30 電子ジャーナルを利用するには?
・ 5/21(木)15:00-16:00 文献検索早わかり
・ 5/22(金)15:00-16:00 Webで文献の「検索」から「整理」まで
             〜RefWorksを使うには〜 【New!】
・ 5/26(火)15:00-16:00 日本の論文を探すには?
・ 5/29(金)15:00-16:00 電子ジャーナルを利用するには?
※各コース同じ内容で2回ずつ開催します。
※どのコースも、自宅からの利用方法の説明を含みます。

5月は本学でサービスの提供を開始したばかりのWeb版の文献管理ツール
「RefWorks」(レフワークス)のコースを新設しました。
論文執筆のための文献リスト作成などにぜひご活用ください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

==================================================================
 ★工学系・情報理工学系向けガイダンスのお知らせ★
==================================================================
下記の日程で、“工学系・情報理工学系向け・文献検索早わかりコース”
を実施します。

このコースは、全学の方を対象に実施している通常のコースとは異なり、
工学・情報理工学図書館との共催で、工学系の方に合った講習内容となっていま
す。OPACや電子ジャーナルをはじめ、工学分野の専門データベースも紹介します。

工学系・情報理工学系にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参
加できます。ぜひご参加ください。

◆会場: 工学部3号館3階 プロジェクトルーム3C
(先着18名。予約不要です。直接ご来場ください。)

◆スケジュール:(同じ内容で3回開催します)
5/12(火) 15:00-16:00 
5/18(月) 15:00-16:00 
5/20 (水) 15:00-16:00

●参加費: 無料

■詳細はこちら (工学・情報理工学図書館ニュース)
⇒http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/cllib/news/20090424_johotansaku.html

==================================================================
 ★ Early American Newspapers, Series Iサービス開始 ★
==================================================================
Early American Newspapers, Series Iのサービスを開始しました。

◆Early American Newspapers, Series Iとは
Clarence S. Brighamの「History and Bibliography of American
Newspapers(1690-1820)」を初めとする書誌に基づき、 1690-1876年の間の、700
タイトル以上、100ページ以上の新聞記事を収録しています。

*収録タイトルは、以下のサイトでご覧ください。
http://www.readex.com/readex/titlelists/ahn1.cfm

◆アクセスはこちら ※同時アクセス制限なし
【学内から】http://infoweb.newsbank.com/?db=EANX
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要
      *学外からのアクセスについては、ただ今設定中ですので、少々お待ちください。

■提供元
大学院総合文化研究科附属アメリカ太平洋地域研究センター

◆お問い合わせはこちら
⇒総合図書館資料契約係
  zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

==================================================================
 ★ 韓国学術雑誌データベース2種(KISS.DBpia)トライアル開始! ★
==================================================================
KISS(韓国学術情報原文データベース)と
DBpia(韓国学術雑誌電子ジャーナルサービス)のトライアルサービスを
開始しました。

◆内容
○KISS(韓国学術情報原文データベース)とは、韓国国内最大の学術論文の電子
ジャーナルデータベースです。 (約1350タイトルを収録)

○DBpia(韓国学術雑誌電子ジャーナルサービス)とは、韓国の学協会、出版社
で刊行されている定期刊行物のデータベースです。(約1180タイトルを収録)

◆トライアル実施期間
 平成21年8月31日(月)まで 4ヶ月間

■アクセスはこちら ※同時アクセス制限なし
○KISS
【学内から】http://133.11.199.17:8080/-_-http://kiss.kstudy.com/
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要

○DBpia
http://www.dbpia.co.kr/ 【学内限定】

■ご利用上の注意
ご利用PCのブラウザがIE ver.7の場合は、本文PDFの表示がスムーズにできない
ことがあるようです。
ブラウザの[インターネットオプション] - [セキュリティ] の
「信用済みサイト」に上記のURLを登録して、再度お試しください。

◆お問い合わせはこちら
⇒総合図書館資料契約係 
 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ (当日参加OK!) 5/13 セミナー「学術雑誌の評価指標を考える:
      インパクトファクターと・・・」開催! ★
==================================================================
下記の日程で、無料セミナー
「学術雑誌の評価指標を考える:インパクトファクターと新指標アイゲン
 ファクター」を開催します。ぜひご参加ください。 

今年2月、トムソン・ロイター社の学術誌評価分析データベース
「Journal Citation Reports(JCR)」に、従来のインパクトファクター
(Impact Factor)に加え、
雑誌の評価や影響度を表す新たな指標として、アイゲンファクター
(Eigenfactor)が導入されました。

このセミナーでは、インパクトファクターや新導入のアイゲンファクターなど、
学術雑誌評価指標について、その意味や有効な活用法、留意点を解説します。

研究者の方々をはじめ、論文引用データに基づく学術雑誌や論文評価の
新しい動向に関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●参加費: 無料

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室
          ・中継会場: 柏図書館1階 メディアホール
             
 ※両会場とも当日参加OKです。

◆日時: 5/13(水)15:00-16:30

◆講師:トムソン・ロイター・グループ トムソンコーポレーション株式会社
     シニアインフォメーションアナリスト 宮入暢子氏

●広報ページはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20090410.html

==================================================================
 ★ (当日参加OK!)「RefWorks」利用説明会(5/14、5/15、5/20)
      開催! ★
==================================================================
下記の日程で、文献管理ツール「RefWorks」の利用方法の説明会を開催します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
スライドとデモンストレーションによる説明です。実習はありません。

●参加費: 無料

◆日程・会場:

【RefWorks説明会 in 本郷】

特に分野を問わず、RefWorks利用方法全般について説明します。
柏図書館にて中継を視聴可能です。
 日時: 5/14(木)15:30-17:00
 会場: 本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室 
     中継会場: 柏図書館1階 メディアホール 
    
【医学系向けRefWorks説明会】

PubMed、医中誌WebからRefWorksへデータを取り込む方法など、
特に医学系研究者を対象とした内容です。5/14(木)と重複する内容も含まれます。
 日時: 5/15(金)15:30-17:00
 会場: 医学図書館3階333会議室 
    
【RefWorks説明会 in 駒場】

特に分野を問わず、RefWorks利用方法全般について説明します。5/14(木)と同内容です。
 日時: 5/20(水)15:30-17:00
 会場: 駒場図書館会議室(カウンター集合) 
    
 ※どの会場も当日参加OKです。

◆講師:株式会社サンメディア e-Port・横川奈美子氏/e-Portマネージャー・馬淵沙織氏

●広報ページはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20090403.html

2009/4/13 No.80

==================================================================
 ★ 5/13 セミナー「学術雑誌の評価指標を考える:インパクトファクターと・・・」開催! ★
==================================================================
下記の日程で、無料セミナー
「学術雑誌の評価指標を考える:インパクトファクターと新指標アイゲンファクター」
を開催します。ぜひご参加ください。 ※事前申込みの受付開始しました!

今年2月、トムソン・ロイター社の学術誌評価分析データベース
「Journal Citation Reports(JCR)」に、従来のインパクトファクター(Impact Factor)に加え、
雑誌の評価や影響度を表す新たな指標として、アイゲンファクター(Eigenfactor)が導入されました。

このセミナーでは、インパクトファクターや新導入のアイゲンファクターなど、
学術雑誌評価指標について、その意味や有効な活用法、留意点を解説します。

研究者の方々をはじめ、論文引用データに基づく学術雑誌や論文評価の
新しい動向に関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●参加費: 無料

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室 (先着100名 事前申込みの方優先)
 ・中継会場: 柏図書館1階 メディアホール (先着144名 事前申込みの方優先)
     
 ※両会場とも座席に余裕があれば当日参加もOKです。

◆日時: 5/13(水)15:00-16:30

◆講師:トムソン・ロイター・グループ トムソンコーポレーション株式会社
     シニアインフォメーションアナリスト 宮入暢子氏

■申込方法: 学術情報リテラシー係(literacy@lib.u-tokyo.ac.jp)宛てに
 以下のメールにてお申込みください。(※アドレス中の@を半角に書き換えた上で送信してください)
 ・件名:5/13セミナー参加希望
 ・本文:
  (1)参加会場(※総合図書館、柏図書館のいずれか記入)
  (2)氏名  (3)身分/学年  (4)所属  (5)講師への質問

●広報ページはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20090410.html


==================================================================
 ★ 「RefWorks」利用説明会(5/14、5/15、5/20)開催! ★
==================================================================
下記の日程で、文献管理ツール「RefWorks」の利用方法の説明会を開催します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
スライドとデモンストレーションによる説明です。実習はありません。

●参加費: 無料

◆日程・会場:

【RefWorks説明会 in 本郷】

特に分野を問わず、RefWorks利用方法全般について説明します。
柏図書館にて中継を視聴可能です。
 日時: 5/14(木)15:30-17:00
 会場: 本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室 (先着100名 事前申込みの方優先)
 中継会場: 柏図書館1階 メディアホール (先着144名 事前申込みの方優先)
    
【医学系向けRefWorks説明会】

PubMed、医中誌WebからRefWorksへデータを取り込む方法など、
特に医学系研究者を対象とした内容です。5/14(木)と重複する内容も含まれます。
 日時: 5/15(金)15:30-17:00
 会場: 医学図書館3階333会議室 (先着150名 事前申込みの方優先)
    
【RefWorks説明会 in 駒場】

特に分野を問わず、RefWorks利用方法全般について説明します。5/14(木)と同内容です。
 日時: 5/20(水)15:30-17:00
 会場: 駒場図書館会議室(カウンター集合) (先着24名 事前申込みの方優先)
    
 ※どの会場も座席に余裕があれば当日参加もOKです。

◆講師:株式会社サンメディア e-Port・横川奈美子氏/e-Portマネージャー・馬淵沙織氏

■申込方法: 学術情報リテラシー係(literacy@lib.u-tokyo.ac.jp)宛てに
 以下のメールにてお申込みください。(※アドレス中の@を半角に書き換えた上で送信してください)
 ・件名: RefWorks説明会参加希望
 ・本文: (1)参加会場(※総合図書館、柏図書館、医学図書館、駒場図書館のいずれか記入)
       (2)氏名  (3)身分/学年  (4)所属  (5)講師への質問

●広報ページはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20090403.html


==================================================================
 ★ Times Digital Archive、サービス開始! ★
==================================================================
情報学環附属「社会情報研究資料センター」では、
「Times Digital Archive 1785-1985」のサービスを開始しました。

「Times Digital Archive 1785-1985」とは、
The Timesの創刊号(1785年)から1985年まで、200年分の全文テキストと紙面イメージを
収録したデータベースです。
記事だけでなく、広告や図表も検索・閲覧できます。

■利用方法 (※同時アクセス数:2 )
<情報学環・学際情報学府にご所属の方>
 学環ネットワークに接続したパソコンから、
 http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitoiii にアクセスしてください。

<情報学環・学際情報学府以外の方>
 情報学環附属「社会情報研究資料センター」閲覧室内の端末で、利用できます。
 詳しくは来室時にカウンターでお尋ねください。
 ⇒地図 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_01_j.html

◆お問い合わせはこちら
⇒情報学環附属「社会情報研究資料センター」
  tosyo@iii.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ 日経テレコン21、サービス開始! ★
==================================================================
情報学環附属「社会情報研究資料センター」では、
「日経テレコン21」のサービスを開始しました。

日経テレコン21とは、日経4紙(日本経済新聞・日経産業新聞・日経流通新聞(MJ)・日経金融新聞)
及び速報ニュースを収録したデータベースです。

◆収録内容
(1)日本経済新聞 朝夕刊
  創刊号(1876年12月)〜1956年(昭和31年)の紙面イメージ
  1975年4月〜1981年9月の記事見出し(一部抄録付き)
  1981年10月〜現在の記事全文テキスト
  1988年6月〜現在の記事イメージ

(2)日経産業新聞
  1975年4月〜1981年9月の記事見出し(一部抄録付き)
  1981年10月〜現在の記事全文テキスト
  1988年6月〜現在の記事イメージ

(3)日経流通新聞(MJ)
  1975年1月〜1985年9月の記事見出し(一部抄録付き)
  1985年10月〜現在の記事全文テキスト
  1990年4月〜現在の記事イメージ

(4)日経金融新聞(休刊中)
  1987年10月〜2008年1月31日の記事全文テキスト
  1990年4月〜2008年1月31日の記事イメージ

(5)日本経済新聞 地方経済面
  1976年1月〜1982年10月の記事見出し(一部抄録付き)
  1982年11月〜現在の記事全文テキスト
  1993年1月〜現在の記事イメージ

■利用方法
 情報学環附属「社会情報研究資料センター」閲覧室内の端末で、利用できます。
 詳しくは来室時にカウンターでお尋ねください。
 ⇒地図 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_01_j.htm

◆お問い合わせはこちら
⇒情報学環附属「社会情報研究資料センター」
  tosyo@iii.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ 「Science」バックファイルのサービス開始! ★
==================================================================
総合図書館では、4月から、「Science Classic」(「Science Online」バックファイル)
のサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

「Science Classic」は「Science」の電子ジャーナルの、バックファイルアーカイブです。
Science誌の1880年の創刊号から、1996年刊行号まで収録しています。

◆アクセスの手順
1)E-JOURNAL PORTALにアクセス。
2)「Find e-journals by title or ISSN」の欄で、Title equals: Science で検索、
  または、ISSN equals : 0036-8075 で検索。
3)検索結果に「Science (New York, N.Y.) (0036-8075)」が表示され、
  いくつかリンクが表示される中に「Science Classic」があります。これをクリック。
  (「Science Magazine」のリンクから、"Previous Issues" を経由してたどることも可能。)

■アクセスはこちら  ※同時アクセス制限なし
【学内から】E-JOURNAL PORTAL で検索して利用
  ⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/ejportal/https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 学外から利用可能なデータベースが増えました ★
==================================================================
このたび、「SSL-VPN Gatewayサービス」経由で
学外から利用できるデータベースが、増えました。
教育用計算機システム(ECCS)のアカウントでログインすることにより、
SSL-VPN Gatewayサービスの対象となっているデータベースを、学外からも利用できます。

※新たに対象に加わったのは、以下のデータベース、電子ジャーナルです。
 ・LexisNexis Congressional
 ・LexisNexis Statistical
 ・Ovid SP
 ・ACM(Association for Computing Machinery)の電子ジャーナル
 ・「今日の診療」

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSのアカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面(  https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/)にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html

■SSL-VPN Gatewayサービスへのアクセスは、こちら
⇒https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/

2009/4/7 No.79

==================================================================
 ★ 韓国語による“留学生向け 情報探索ガイダンス”のお知らせ ★
==================================================================
5/14(木)に、韓国語で行う「留学生向け 情報探索ガイダンス」を開催します。

内容は、レポート・論文作成に役立つ、データベースを使った図書や雑誌論文の検索実習です。
入門的な内容ですので、新入学の留学生に限らず、初心者の方の参加も歓迎します。
ぜひ、お知り合いの留学生の方にお声をかけてください。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 (先着12名 予約不要)

◆日時: 5/14(木) 13:30-14:30

●参加費:無料

■詳細はこちら (韓国語)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/k/training-k.html


==================================================================
 ★ 「JapanKnowledge」(ジャパンナレッジ)リニューアル、名称・URL変更 ★
==================================================================
No.76でお知らせしましたとおり、
「日本大百科全書」をはじめとする国内の百科事典・辞事典を
Webで一括検索できることで好評の「JapanKnowledge」(ジャパンナレッジ)が、
4月から、「JapanKnowledge +」(ジャパンナレッジ プラス)として
大幅にリニューアルされ、URLも変更になりました。

※従来のURLではアクセスできません。ご注意ください!
「お気に入り」等に登録されている方は、新URLに変更してください。

URL: (旧)http://na.jkn21.com/ ⇒ (新)http://www.jkn21.com/

新しい「ジャパンナレッジ プラス」では、
従来4つに独立していたサイトが統合され、一括検索可能になります。

 ・従来の「ジャパンナレッジ」
 ・「字通」(←これまで契約外でしたが4月から利用可能!)
 ・「日本国語大辞典(日国オンライン)」
 ・「日本歴史地名大系」

今後も順次、事典・辞書コンテンツが追加されていく予定です。

■アクセスはこちら
⇒http://www.jkn21.com/ 【学内限定】※画面右上「ログイン」をクリックしてください。


==================================================================
 ★ 「CiNii」(サイニイ)、リニューアル ★
==================================================================
No.75でお知らせしましたとおり、
国内雑誌論文のデータベース「CiNii」(サイニイ)(国立情報学研究所提供)が、
4月から大幅にリニューアルされました。名称・URLの変更はありません。
引き続き、どうぞご利用ください。

なお、サイトライセンス個人IDを取得している方は、
年度が替わり、継続手続きが必要です。お忘れないようご注意ください。

【手続き期間】
平成21年4月1日(水)〜平成21年5月31日(日)
※ 上記期間以外は継続手続きができません。 学内の端末からCiNiiにログインして行ってください。

なお、CiNiiの方針により、今年度から
サイトライセンス個人IDの支払方法がクレジットカード決済のみとなりましたのでご注意ください。

※支払が必要なのは、CiNii収録の本文のうち有料の本文を利用した場合だけですが、
「無料の本文しか見ない」という方でも、サイトライセンス個人ID登録の際には
クレジットカード情報の入力が必要となります。

※サイトライセンス個人IDの必要性について
・有料の本文を利用したい人 ⇒CiNiiのサイトライセンス個人IDが必要。(学内外問わず)
・無料の本文しか見ない人 ⇒学内で利用するならサイトライセンス個人ID不要。
  学外からはSSL-VPN Gatewayサービスで利用するならサイトライセンス個人ID不要。

【参考】CiNiiヘルプ「サイトライセンス個人IDについて」
⇒http://ci.nii.ac.jp/info/ja/service_siteprsn.html

■アクセスはこちら
【学内から】http://ci.nii.ac.jp/ ※CiNiiの「サイトライセンス個人ID」があれば学外からもOK
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要(SSL-VPN Gatewayサービス)


==================================================================
 ★ JSTOR、Arts & Sciences III Collection も利用可能に ★
==================================================================
4月から、JSTORの、Arts & Sciences III Collection のサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

◆JSTOR  とは
・人文科学、社会科学を中心とする代表的な学術雑誌のバックナンバーを集積したデータベースです。
・本学では、これまで
 「Arts & Sciences I Collection(175誌)」をご利用いただいていましたが、このたび
 「Arts & Sciences III Collection(222誌)」のサービスも、開始します。

*収録タイトル
・Arts & Sciences I Collection タイトルリスト
 http://133.11.199.16:8080/-_-http://www.jstor.org/action/collectionInfoPage?selectCollection=as
・Arts & Sciences III Collection タイトルリスト
 http://133.11.199.16:8080/-_-http://www.jstor.org/action/collectionInfoPage?selectCollection=asiii

■アクセスはこちら  ※同時アクセス制限なし
【学内から】http://133.11.199.16:8080/-_-http://www.jstor.org/
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要(SSL-VPN Gatewayサービス)

◆お問い合わせはこちら
⇒総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ 第一高等学校旧蔵資料『教育用掛図』電子版の公開 ★
==================================================================
駒場図書館と情報基盤センターでは、このたび、
第一高等学校旧蔵資料のうち、駒場図書館が所蔵する「教育用掛図」の
電子版の公開を始めました。

今回は、修復とデジタル化の完了した掛図のみを公開しております。
今後も順次、公開する予定です。

No.72で紹介した、スタニスラス・プチ『産業実務家』
(PETIT, Stanislas.Le Praticien Industriel.)とあわせてご利用ください。

●「第一高等学校旧蔵資料」
⇒http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/ichiko/index.html

●「教育用掛図」
⇒http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/ichiko/kakezu/index.html

●スタニスラス・プチ『産業実務家』
⇒http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/petit/index.html


==================================================================
 ★ 『直江状』電子版の公開 ★
==================================================================
附属図書館と情報基盤センターでは、このたび
総合図書館が所蔵する『直江状』の電子版を公開しました。

『直江状』は、安土桃山時代から江戸時代前期の大名
上杉景勝に仕えた重臣直江兼続(1560-1619)が記したとされる書状です。

総合図書館所蔵本は、承応3年(1654)の刊本で、往来物とよばれる
書簡文体の初等教科書類を集めた岡村文庫の中の1点です。
どうぞご覧ください。

●電子版『直江状』
⇒http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/naoe/

2009/4/1 No.78

=================================================================
 ★ “総合図書館オリエンテーション”(4月)にご参加ください ★
==================================================================
下記の日程で、“総合図書館オリエンテーション”を、
総合図書館と情報基盤センター図書館電子化部門の共催で実施します。

初めて総合図書館を利用される方はもちろん、これまで利用したことのある方も、
この機会にオリエンテーションに参加して、ぜひ総合図書館を使いこなしてください。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
※英語コースもあります。留学生のみなさんのご参加も、お待ちしています。

◆集合場所:
 本郷キャンパス総合図書館1階 総合案内カウンター (予約不要)

◆内容: 各コマ30分(1コマだけでも参加OK)
 ・「利用案内」: 総合図書館の利用案内
 ・「書庫案内」: 総合図書館書庫の案内、利用法
 ・「OPAC入門」: 東京大学OPACの使い方(蔵書検索)
 ・「国際資料室案内」: 国際資料室の案内とインターネットによる検索

◆参加費:無料

◆日程の概要
・4/8(水)〜4/17(金) 利用案内・書庫案内・OPAC入門 【英語コースもあり】
・4/20(月)〜4/22(水) 国際資料室案内

■日程の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==================================================================
 ★ ネットで受講!Web of Science、EndNote Web、インパクトファクターの講習会 ★
==================================================================
4/8(水)、4/24(金)に、
トムソン・ロイター社による、インターネットで受講できる
Web of Science、EndNote Web、インパクトファクターの講習会が開かれます。

自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

■要事前登録(無料) (注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/ (トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場: なし(各自でインターネット受講)

◆日程・コース: 上記のサイトでご確認ください。
 トムソン・ロイター社の日本人トレーナーによる、Web of Science、EndNote Web、
 インパクトファクターの解説です。各コース40分です。

●参加費:無料


==================================================================
 ★ ECCSアカウントを取得する方は「新規利用者向け講習会」へ ★
==================================================================
教育用計算機システム(Educational Campuswide Computing System:ECCS)は、
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも利用できます。

ECCSアカウントは、ECCSの端末を利用する際だけでなく、
自宅から、学内限定の電子ジャーナルやデータベースを利用する際の、
「SSL-VPN Gatewayサービス」の認証にも使用します。

◆ECCSアカウントを取得するには?
・教養学部前期課程1年生
 新入生ガイダンスで説明が行われ、アカウントが配布されます。

・その他の方
 ECCSの「新規利用者向け講習会」に出席し、
 申込書等を提出するとアカウントを取得することができます。

※アカウントは年度毎に更新手続きが必要です。お忘れなく、ご注意ください。

◆新規アカウントの発行について
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/doc/announce/newuser.html
 ※アカウント更新手続き(継続利用の手続き)についても、こちらからご覧ください。
 ※教職員の方は、学生と異なる手続きになります。上記サイトの説明をご覧ください。

◆「新規利用者向け講習会」スケジュール(2009年4月、5月)
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2009/03/23_1166.html
 本郷、駒場、柏キャンパスで開催。(30分程度)

■ECCSアカウントに関する問い合わせ
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/question.html


==================================================================
 ★ 学外から利用可能なデータベースが増えました ★
==================================================================
このたび、「SSL-VPN Gatewayサービス」経由で
学外から利用できるデータベースが、増えました。
教育用計算機システム(ECCS)のアカウントでログインすることにより、
SSL-VPN Gatewayサービスの対象となっているデータベースを、学外からも利用できます。

※新たに対象に加わったのは、Gale Cengage Learningの4つのデータベースです。
 ・Gale Virtual Reference Library (著名な各分野の事典をオンラインで提供するe-Bookデータベース)
 ・InfoTrac (人文社会科学系学術雑誌250タイトルの全文データベース)
 ・Literature Resource Center(LRC) (作家の評伝、文芸評論、作品情報などを収録したデータベース)
 ・MLA International Bibliography (文学・言語学・民俗学の論文、書籍、雑誌記事の書誌情報データベース)

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSのアカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面(  https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/)にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html

■SSL-VPN Gatewayサービスへのアクセスは、こちら
⇒https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/

2009/4/1 No.77

==================================================================
 ★ Web版の文献管理ツール「RefWorks」(レフワークス)、サービス開始! ★
==================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、4月から、
Web上で使える文献管理ツール「RefWorks」のサービスを開始しました。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも利用できます。
研究・教育・業務の様々な場面で多様な用途があります。どうぞご利用ください。

※利用説明会を開催します。ご参加ください!⇒次の記事参照

◆RefWorksを使うと、こんなことができます
1) 自分用の文献データベースをWeb上に作成
各種文献データベースやWebサイトから必要なデータをRefWorksへ取り込み、
自分用の文献リストとして保存・整理できます。データ保存件数は無制限です。
保存したデータは、Web上にあるのでログインすればどこからでも参照できます。

2) 参考文献リストの自動作成
RefWorksに保存したデータは、論文執筆中に検索して呼び出し、
文中の引用番号と末尾の参考文献リストを自動作成することができます。

3) 文献フォルダの共有・公開
RefWorksで作成した文献リストは、授業やゼミで、あるいは研究グループなど
特定のメンバーとWeb上で共有することができます。
共有する相手がRefWorksユーザでなくても可能です。
RefWorks契約機関に所属していない人に文献リストを公開することもできますので、
研究業績リストのWeb上での公開にも使えます。

◆ユーザ登録・利用マニュアル
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/refw.html
まず、学内の端末からRefWorksにアクセスし、画面上でユーザ登録(個人アカウントの作成)が必要です。
登録方法やマニュアルは、上記のサイトをご参照ください。

■アクセスはこちら
⇒http://www.refworks.com/refworks
自宅からも、ユーザ登録時にメールで通知される方法でアクセス可能です。


==================================================================
 ★ 「RefWorks」利用説明会(5/14、5/15、5/20)開催! ★
==================================================================
下記の日程で、文献管理ツール「RefWorks」の利用方法の説明会を開催します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
スライドとデモンストレーションによる説明です。実習はありません。

●参加費: 無料

◆日程・会場:

【RefWorks説明会 in 本郷】

特に分野を問わず、RefWorks利用方法全般について説明します。
柏図書館にて中継を視聴可能です。
 日時: 5/14(木)15:30-17:00
 会場: 本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室 (先着100名 事前申込みの方優先)
 中継会場: 柏図書館1階 メディアホール (先着144名 事前申込みの方優先)
    
【医学系向けRefWorks説明会】

PubMed、医中誌WebからRefWorksへデータを取り込む方法など、
特に医学系研究者を対象とした内容です。5/14(木)と重複する内容も含まれます。
 日時: 5/15(金)15:30-17:00
 会場: 医学図書館3階333会議室 (先着150名 事前申込みの方優先)
    
【RefWorks説明会 in 駒場】

特に分野を問わず、RefWorks利用方法全般について説明します。5/14(木)と同内容です。
 日時: 5/20(水)15:30-17:00
 会場: 駒場図書館会議室(カウンター集合) (先着24名 事前申込みの方優先)
    
 ※どの会場も座席に余裕があれば当日参加もOKです。

◆講師:株式会社サンメディア e-Port・横川奈美子氏/e-Portマネージャー・馬淵沙織氏

■申込方法: 学術情報リテラシー係(literacy@lib.u-tokyo.ac.jp)宛てに
 以下のメールにてお申込みください。(※アドレス中の@を半角に書き換えた上で送信してください)
 ・件名: RefWorks説明会参加希望
 ・本文: (1)参加会場(※総合図書館、柏図書館、医学図書館、駒場図書館のいずれか記入)
       (2)氏名  (3)身分/学年  (4)所属  (5)講師への質問


==================================================================
 ★ 「毎日Newsパック」、サービス開始! ★
==================================================================
2009年3月末までトライアルを実施した、
毎日新聞社の新聞記事データベース、「毎日Newsパック」の
正式サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆収録内容
 ・毎日新聞本社版記事 (1987年1月-)
 ・地域版記事 (収録範囲は地域によって異なる)
 ・MAINICHI Daily News (2008年6月-)
 ・週刊エコノミスト (2001年1月-)
 詳細はこちら(毎日Newsパック「サービス詳細」ページ)
   ⇒http://mainichi.jp/contents/edu/01-2.html

■アクセスはこちら  ※同時アクセス数:2
【学内から】https://db.g-search.or.jp/wdbs10/WMNP/WMNP_ipcu_login.html
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 「ヨミダス歴史館」、サービス開始! ★
==================================================================
2009年3月末までトライアルを実施した、
読売新聞社の新聞記事データベース、「ヨミダス歴史館」の
正式サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆収録内容
 ・明治・大正・昭和の読売新聞紙面(1874年-1989年)
 ・読売新聞本版記事 (1986年9月-)
 ・地域版記事 (収録内容は地域によって異なる)
 ・よみうり人物データベース (約26,000人収録)
 ・THE DAILY YOMIURI (1989年9月-)

■アクセスはこちら  ※同時アクセス数:4
⇒https://database.yomiuri.co.jp/rekishikan/ 【学内限定】


==================================================================
 ★ 「Web版 日本近代文学館」、サービス開始! ★
==================================================================
2009年3月末までトライアルを実施した、
Web版 日本近代文学館(文芸倶楽部 明治篇)の
正式サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆Web版 日本近代文学館(文芸倶楽部 明治篇)とは
・本学では、「Web版日本近代文学館」のうち「文芸倶楽部 明治篇」がサービス対象です。
 (「太陽」「第一高等学校 校友会雑誌」はご利用いただけません。)
・「文芸倶楽部 明治篇」は、一葉、鏡花、紅葉など文壇の重要人物が多数執筆し、
 多くの人々に読まれた文芸雑誌です。近代文学研究をはじめ、美術・演劇・落語・風俗等、
 近代日本文化研究の一級資料です。
  博文館発行、全284冊、10万8070ページ
  刊行年:明治28年〜大正元年

■アクセスはこちら ※同時アクセス数:4
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/go-kindai.html 【学内限定】


==================================================================
 ★ 「Gale Virtual Reference Library」、サービス開始! ★
==================================================================
2008年12月末までトライアルを実施した、
「Gale Virtual Reference Library(GVRL)」(著名な事典の電子版)の
正式サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆Gale Virtual Reference Library (GVRL) とは
・印刷版でも刊行されている著名な各分野の事典を、オンラインで提供するe-Bookデータベースです。
・パソコン上で事典を検索、閲覧することができ、24時間いつでも利用できます。収録タイトル間の横断検索も可能です。
・GVRL収録の文献を引用する際の文献情報を作成するツールが搭載されています。
  また、HTML/PDFいずれの原文にも印刷版と同じページ付けが振られています。
 *収録タイトルは、22です。
  例えば...
  Complete Dictionary of Scientific Biography
  Encyclopedia of Bioethics , 3rd ed.
  Encyclopedia of Global Warming and Climate Change
  Encyclopaedia Judaica , 2nd ed
  など

■アクセスはこちら
【学内から】http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo?db=GVRL
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 「Oxford Dictionary of National Biography」、サービス開始! ★
==================================================================
2009年3月末までトライアルを実施した、
「Oxford Dictionary of National Biography」
(オックスフォード英国人名辞典のオンライン版)
の正式サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆収録内容
・収録人名数 約57,000人(英国籍の人物だけではなく、英国の歴史と文化に深く関与した人も収録)
 およそ32,000の肖像画像(ナショナル・ポートレート・ギャラリー所蔵)にリンクされています。

■アクセスはこちら
⇒http://www.oxforddnb.com/ 【学内限定】


==================================================================
 ★ 「Early English Books Online(EEBO)」、サービス開始! ★
==================================================================
2009年3月末までトライアルを実施した、
「Early English Books Online(EEBO)」の
正式サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆Early English Books Online (EEBO) とは
・1475年から1700年の間に英語で出版された書籍、あるいは英国で出版された
 書籍をデジタル化して提供する、初期英語書籍集成データベースです。
・英文学だけでなく、宗教、歴史、政治、経済、社会、科学、芸術、言語学
 など、西欧の様々な学問分野に携わる研究者に、多彩で専門的な文献資料を
 提供します。
・10万件以上の書籍から、約2,300万ページのイメージデータを収録。書誌には
 著者、書名、印刷者、出版年に加え、図版の種類(地図、プレート、紋章など)
 や、LCの件名標目なども索引付けされています。

■アクセスはこちら
【学内から】http://eebo.chadwyck.com/home
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 「LexisNexis Congressional Research Digital Collection」、サービス開始! ★
==================================================================
2009年3月末までトライアルを実施した、
「LexisNexis Congressional Research Digital Collection」の
正式サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆LexisNexis Congressional Research Digital Collection(CRDC) とは
・米国議会委員会の配布資料(Congressional Committee Prints)と
 議会調査局(Congressional Research Service-CRS)の報告書を網羅した
 コレクションです。
・収録範囲は以下のとおりです。
  Committee Prints & Misc. Publications(1830-present)
  CRS Reports(1916-present)
・本学で既に導入済みの「LexisNexis Congressional」データベース上で、
 既存のコンテンツとあわせた横断検索が可能です。

■アクセスはこちら
⇒http://web.lexis-nexis.com/congcomp 【学内限定】

2009/3/16 No.76

==================================================================
 ★ LexisNexis Congressional Research Digital Collection、トライアル開始! ★
==================================================================
「LexisNexis Congressional Research Digital Collection」のトライアル
を開始しました。どうぞご利用ください。

◆LexisNexis Congressional Research Digital Collection(CRDC) とは
・米国議会委員会の配布資料(Congressional Committee Prints)と
 議会調査局(Congressional Research Service-CRS)の報告書を網羅した
 コレクションです。
・収録範囲は以下のとおりです。
  Committee Prints & Misc. Publications(1830-present)
  CRS Reports(1916-present)
・本学でサービス中の「LexisNexis Congressional」データベース上で、
 既存のコンテンツとあわせた横断検索が可能です。

◆トライアル実施期間: 2009年3月31日(火)まで

■アクセスはこちら  ※同時アクセス制限なし
⇒http://web.lexis-nexis.com/congcomp 【学内限定】

◆アクセスの手順
 1)デフォルト(初期設定)では、下記のコンテンツが検索対象となっています。
  (検索対象は、Advanced Searchで確認できます)
  検索対象:
  Committee Prints & Misc. Publications(1970-present)
  House & Senate Reports(1970-present)
  Hearings(1970-present)
  Legislative Histories(1969-present)
  House & Senate Documents(1970-present)

 2)画面左端にある「Search for Other Information」で
 「Congressional」 をクリックすると、上記検索対象に
  今回トライアルのコンテンツが追加されます。
  追加:
  Committee Prints & Misc. Publications(1830-present)
  CRS Reports(1916-present)

 *4月以降は、デフォルトで全てのコンテンツが検索対象となる予定です。

◆お問い合わせはこちら
⇒総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ EEBO、ECCOが横断検索可能に! ★
==================================================================
英語(英国出版物)書籍集成データベース、
・「Early English Books Online (EEBO)」(1475-1700年収録)
・「Eighteenth Century Collections Online (ECCO)」(1701-1800年収録)
の横断検索が可能になりました。

◆横断検索をするには

<EEBO>
【学内から】http://eebo.chadwyck.com/home
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要
 「Search」画面内上部に以下の表示があります。
  □ Include records from ECCO in your search
 チェックボックスにチェックをいれると横断検索となります。

<ECCO>
【学内から】http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo?db=ECCO
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要
 トップ画面の「Search the site」に以下の表示があります。
  □ include Early English Books Online (EEBO) documents
 チェックボックスにチェックをいれると横断検索となります。

*検索結果に、別データベースのレコードが含まれていると、
 そのレコード内にデータベースのアイコンが表示されます。

◆お問い合わせはこちら
⇒総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ リーフレット新版「文献探しのヒント」シリーズができました! ★
==================================================================
新しいリーフレット「文献探しのヒント」シリーズができました。
これは、本学で利用できる基本的なデータベース・サービスの概要や、
文献入手の基本的な流れを、簡潔に紹介したものです。

日本語版・英語版があります。

文献探しのヒント[1] 目的に合ったデータベースを探すには? (A4・1頁)
文献探しのヒント[2] 複数のデータベースを横断検索するには? (A4・1頁)
文献探しのヒント[3] 図書館の本や雑誌を検索するには? (A4・2頁)
文献探しのヒント[4] 自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには? (A4・2頁)
文献探しのヒント[5] 雑誌論文を入手するには? (A3両面2つ折・4頁)

今回新たに、[4] [5] がシリーズに加わりました。
[5]は、雑誌論文の入手に必要な手順の流れと各サービスを、まとめて紹介したものです。

各図書館・室にて配布しています。
お気軽に手にとってご利用ください。

■PDF版はこちら
(日本語版) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/literacy.html
(英語版) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/literacy-e.html


==================================================================
 ★ 『ネットでアカデミック』各国語版の改訂版発行! ★
==================================================================
『ネットでアカデミック』は、本学の学生・教職員の方を対象に、
学習・研究に必要な文献や情報をインターネットで収集するために
役立つ知識や、効率よく探すためのポイントをまとめた小冊子です。

このたび、東京大学で新しく利用できるようになったサービスに
ついての解説を加える改訂を行ないました。

学術情報へのアクセスガイドとして、ぜひお役立てください。

[冊子版]
各図書館・室を通して全学にお配りしています。
ご希望の方は、お近くの図書館・室にお尋ねいただくか、
当係 literacy@lib.u-tokyo.ac.jp まで「必要部数(何語版)・学内便送付先」を
お知らせください。(@を半角に書き換えてください。)

■PDF版はこちら
(日本語版)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/net.html
(英語版) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/net-e.html
(中国語版)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/c/net-c.html
(韓国語版)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/k/net-k.html


==================================================================
 ★ 4月リニューアルの「ジャパンナレッジ プラス」、ベータ版公開 ★
==================================================================
「日本大百科全書」をはじめとする国内の百科事典・辞事典を
Webで一括検索できることで好評の、「JapanKnowledge」(ジャパンナレッジ)が、
4月から、「JapanKnowledge +」(ジャパンナレッジ プラス)として
大幅にリニューアルされ、より検索しやすく、利用できるコンテンツも増えます。

現在、そのベータ版が利用可能になっています。
一足早く検索してみたい方は、どうぞお試しください。

新しい「ジャパンナレッジ プラス」では、
4つに独立していたサイトが統合され、一括検索可能になります。

 ・従来の「ジャパンナレッジ」(※)
 ・「字通」(←これまで契約外でしたが4月から利用可能!)
 ・「日本国語大辞典(日国オンライン)」
 ・「日本歴史地名大系」

(※)従来の「ジャパンナレッジ」で一括検索できる辞書・事典
  日本大百科全書(ニッポニカ) 、デジタル大辞泉、数え方の辞典
  情報・知識 imidas、現代用語の基礎知識、亀井肇の新語探検
  JK Who's Who、日本人名大辞典
  会社四季報、科学技術略語大辞典
  ランダムハウス英和大辞典、プログレッシブ英和/和英 中辞典、
  Web版・最新英語情報辞典、Encyclopedia of Japan
  COBUILD英英辞典、CAMBRIDGE英英辞典


また、検索機能が一新されるほか、
「本文コピー時の引用元挿入機能」という新機能も加わります。
これは、昨今話題になっている、インターネットからの無断借用・剽窃(「コピペ」問題)
を減じるために、引用情報を自動的に挿入する機能です。

その他、今後順次、事典・辞書コンテンツが追加されていく予定です。

■アクセスはこちら
 ↓いずれも画面右上「ログイン」をクリックしてください。

<ベータ版「JapanKnowledge +」>
【学内限定】http://www.jkn21.com/ ※4月以降こちらが正式URL
     (ベータ版は一部機能制限あり。トップページ参照。)
<現行版「JapanKnowledge」>
【学内から】http://na.jkn21.com/
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要

2009/3/6 No.75

==================================================================
 ★ 「Film Indexes Online」サービス開始! ★
==================================================================
Film Indexes Onlineのサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

【Film Indexes Onlineとは】
映画に関連した下記3種類のデータベースを横断検索できるプラットフォームです。

1. American Film Institute Catalog (AFI Catalog)
 1893-1972年にアメリカで制作、もしくはアメリカの制作会社が
 制作費を提供した、長編映画作品の情報を収録。
 俳優・ディレクター・作家等の人物情報、プロット、ジャンル、
 映画技術等が含まれます。
 収録データ数:約46,000作品

2. FIAF International Index to Film Periodicals Plus
 1972年以降の世界の映画とテレビに関する文献データベース。
 併せて各国の主要な映画雑誌の全文も収録されています。
 収録データ数:学術・一般誌約330誌の記事索引約35万件

3. Film Index International
 1900年以降、170ヶ国超の映画に関する情報を包括的に収録。
 映画情報の他、映画関係者の経歴情報、映画や映画製作者に
 関する雑誌記事などの情報を検索できます。
 収録データ数:約121,000作品

■アクセスはこちら  ※同時アクセス制限なし
⇒http://film.chadwyck.com/fiaf/home 【学内限定】

◆お問い合わせはこちら
⇒情報学環附属社会情報研究資料センター
  tosyo@iii.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ 「EEBO」、「ヨミダス歴史館」、学外からも利用可能に ★
==================================================================
前号でトライアルサービス開始のニュースをお知らせした、
・「Early English Books Online (EEBO)」(1475-1700年の英語書籍データベース)
・「ヨミダス歴史館」(読売新聞社の新聞記事データベース)
の2つのデータベースが、「SSL-VPN Gatewayサービス 試行版」の
サービス対象に加わりました。
教育用計算機システム(ECCS)のアカウントでログインすることにより、
学外からも利用できます。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSのアカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスのサインイン画面(  https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ )にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、サインアウト

◆利用の手順を見る(クイックガイド)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

■SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

■ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html

●SSL-VPN Gatewayサービスへのアクセスは、こちら
⇒https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/


==================================================================
 ★ 3/8 ScienceDirect サービス一時停止 ★
==================================================================
エルゼビア社における冬時間から夏時間への切り替えに伴うサーバー・メンテナンスのため、
下記の時間帯で、ScienceDirect のサービスが一時停止いたします。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[停止予定期間] 3月8日(日) 8:00AM (日本時間)より 約12.5時間

[対象サービス] ScienceDirect(サイエンス・ダイレクト)


==================================================================
 ★ 4月リニューアルの新CiNii、3/9から試験公開! ★
==================================================================
前号でお知らせしましたとおり、
国内雑誌論文のデータベース「CiNii」(サイニイ)(国立情報学研究所提供)が、
平成21年4月に、大幅にリニューアルされます。

その新CiNiiの検索画面が、3月9日(月)10:00より、
試験公開されます。実際に検索してみることができます。どうぞお試しください。

■試験公開版の新CiNiiへのアクセスはこちら
⇒http://ciexam.nii.ac.jp/ (3月9日10:00より)

なお、試験公開版のCiNiiでは、以下の制約があります。
あらかじめご承知おきください。

・機関定額・ユーザ認証機能や本文提供機能とは連携せず、
 検索システム単体の公開になるため、本文の閲覧、
 引用/被引用文献の表示、東大が設定しているリンクリゾルバ(UT Article Link)、
 OPACへのリンクはできません。
・予告なく、サービスが停止する場合があります。
・データは平成20年12月時点のものです。


【現行版のCiNiiのサービス一時停止について】

現行版のCiNiiはネットワークメンテナンスやシステム移行のため、
下記の期間サービスを停止する予定です。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

■システム停止日時
・平成21年3月10日(火)  21:00-22:00 すべてのサービス(*)が停止
・平成21年3月20日(金・祝) 9:00-11:00 すべてのサービス(*)が停止
・平成21年3月29日(日)9:00 - 4月1日(水)9:00 CiNiiとNII-REOのみ停止

 (*)すべてのサービス
  ・ GeNii: 学術コンテンツ・ポータル(CiNii, Webcat Plus, KAKEN, NII-DBR)
  ・ NII電子ジャーナルリポジトリ(NII-REO)
  ・ Webcat
  ・ 学術機関リポジトリポータル(JAIRO)
  ・ IRDBコンテンツ分析システム
  ・ 学協会情報発信サービス
  ・ Sciterm(オンライン学術用語集)
  ・ 学術コンテンツ登録システム(紀要登録システム)
  ・ 文化遺産オンライン
  ・ NIIホームページ

■システムメンテナンス情報 http://www.nii.ac.jp/syskan/maintenance.html

■現行版のCiNiiへのアクセスはこちら
【学内から】http://ci.nii.ac.jp/ (CiNiiの「サイトライセンス個人ID」があれば学外からもOK)
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ EBSCOhostから、EndNote Webに直接Export可能に ★
==================================================================
このたび、各種文献データベースの「EBSCOhost」(エブスコホスト)に、
新たな機能として、検索結果のデータを
文献管理ツール「EndNote Web」に直接取り込める、
Direct Export機能が追加されました。

これまでは、EBSCOhostからEndNote Webへのデータの保存は、
PC上に一旦ファイルを保存した上で、改めてEndNote Web側から
取り込み作業をする必要がありましたが、このDirect Export機能追加により、
簡単に直接Exportすることが可能になりました。

文献検索にEBSCOhostをご利用の方で、EndNote Webにデータを保存したい場合は、
以下の手順でDirect Export機能をお使い下さい。

1. 検索結果詳細画面、もしくはフォルダ内から、エクスポートのアイコン(紙に右矢印の図)をクリック。
2. 画面右側の「Direct Export to EndNote Web」を選択し、左側にある「保存」ボタンを押す。
3. 自動的にEndNote Web が立ち上がる。(EndNote Webにログインしていなければログインする。)
4. EBSCOhostから文献データが取り込まれる。
取り込んだデータは、EndNote WebのMy Referencesの[Unfiled]に蓄積されます。

■EBSCOhostへのアクセスはこちら
【学内から】http://search.ebscohost.com/login.aspx?authtype=ip
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要

◆EndNote Webへのアクセスはこちら(*)
⇒http://www.myendnoteweb.com/
(*)Web of Knowledge共通のユーザ登録が必要。登録後は学外からも利用可。
(参考)EndNote Web クイック・レファレンス・カード
   ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/EndNoteWeb_QRC.pdf


==================================================================
 ★ Web of Science、EndNote Web、インパクトファクターの講習会をネットで受講! ★
==================================================================
3/9(月)、3/26(木)に、
トムソン・ロイター社による、インターネットで受講できる
Web of Science、EndNote Web、インパクトファクターの講習会が開かれます。

自宅や研究室からでも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

■要事前登録(無料) お申込みはこちら(注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/ (トムソン・ロイター社のページ)
※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が
必要と書かれていますが実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆スケジュール: ※上記サイトで事前登録が必要です。
・3/9(月)13:00-13:40【Web of Science基礎コース】
 Web of Scienceの基本的な検索の流れを説明するコースです。

・3/9(月)14:30-15:10【インパクトファクターコース】
 ジャーナルのインパクトファクターについて、どこで調べるのか、
 どのように比べるのかを説明するコースです。

・3/9(月)16:00-16:40【EndNote Web 基礎コース】
 EndNote Webのユーザ登録方法から、
 EndNote Webに各種データベースから保存する方法や、
 フォルダの作成、フォルダ共有機能について説明します。

・3/26(木)13:00-13:40【ケーススタディー Web of Science & MEDLINE 】
 東京大学医科学研究所・河岡義裕教授のH5N1に関する論文から、
 このテーマの関連情報をWeb of ScienceとMEDLINEで検索するケーススタディーです。

・3/26(木)14:30-15:10【EndNote Web 応用コース】
 EndNote Webに各種データベースから保存する方法や、
 引用文献を実際に作成するところまで説明します。

●参加費:無料

2009/2/27 No.74

==================================================================
 ★ 「American Film Scripts」(アメリカ映画脚本DB)サービス開始! ★
==================================================================
American Film Scripts のサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆American Film Scripts とは
・アメリカ映画の脚本全文データベースです。
 索引付けにより、本文検索以外に、シーンや登場人物の
 職業・性別・人種、俳優・監督など、さまざまな角度からの検索が可能です。
 全文はテキスト形式(一部はPDF版のみ。両形式を収録した作品もあり)で閲覧できます。

・収録データ数 :アメリカ映画の脚本1,009作品
・収録範囲 :アメリカ映画黎明期(20世紀初頭)から現在

■アクセスはこちら  ※同時アクセス制限なし
⇒http://solomon.afso.alexanderstreet.com/ 【学内限定】

◆お問い合わせはこちら
⇒情報学環附属社会情報研究資料センター
  tosyo@iii.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ 「Early English Books Online(EEBO)」、トライアル開始! ★
==================================================================
「Early English Books Online(EEBO)」のトライアルを開始しました。どうぞご利用ください。

◆Early English Books Online (EEBO) とは
・1475年から1700年の間に英語で出版された書籍、あるいは英国で出版された
 書籍をデジタル化して提供する、初期英語書籍集成データベースです。
・英文学だけでなく、宗教、歴史、政治、経済、社会、科学、芸術、言語学
 など、西欧の様々な学問分野に携わる研究者に、多彩で専門的な文献資料を
 提供します。
・10万件以上の書籍から、約2,300万ページのイメージデータを収録。書誌には
 著者、書名、印刷者、出版年に加え、図版の種類(地図、プレート、紋章など)
 や、LCの件名標目なども索引付けされています。

◆トライアル実施期間: 2009年3月31日(火)まで

■アクセスはこちら  ※同時アクセス制限なし
⇒http://eebo.chadwyck.com/home 【学内限定】

◆お問い合わせはこちら
⇒総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ 「ヨミダス歴史館」、トライアル開始! ★
==================================================================
「ヨミダス歴史館」のトライアルを開始しました。どうぞご利用ください。

◆「ヨミダス歴史館」とは
読売新聞社の新聞記事を収録したデータベースです。
1986年以降の記事テキストのほかに、これまでCD-ROM、DVDで提供されていた、
明治7(1874)年の創刊〜昭和64(1989)年までの読売新聞紙面イメージが
収録され、オンラインで利用可能になりました。

◆収録内容
・明治・大正・昭和の読売新聞紙面(1874年-1989年)
・読売新聞本版記事 (1986年9月-)
・地域版記事 (収録内容は地域によって異なる)
・よみうり人物データベース (約26,000人収録)
・THE DAILY YOMIURI (1989年9月-)

◆トライアル実施期間: 2009年3月31日(火)まで

■アクセスはこちら  ※同時アクセス数:4
【学内から】https://database.yomiuri.co.jp/rekishikan/
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要 ※近日中に利用可能

◆お問い合わせはこちら
⇒総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ CiNii(サイニイ)が4月にリニューアル! ★
==================================================================
国内雑誌論文のデータベース「CiNii」(国立情報学研究所提供)が、
2009年4月に、大幅にリニューアルされます。

新しいCiNiiでは、ブラウザの検索バーでCiNiiを検索したり、
RSSリーダーに登録して最新の検索結果をチェックできたり、
画面のデザインも、ガラリと変わります。

リニューアル後の新機能や新しい画面は、下記のページで公開されています。
一足早く、どんなCiNiiに変わるのかご覧になりたい方は、下記をご参照ください。

◆詳細はこちら(CiNii お知らせのページ)
⇒http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/index.html#20090217

■CiNiiへのアクセスはこちら
【学内から】http://ci.nii.ac.jp/ (CiNiiの「サイトライセンス個人ID」があれば学外からもOK)
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要


==================================================================
 ★ 3/8 Lexis.com, LexisNexis Academic サービス一時停止 ★
==================================================================
下記の日時に、Lexis.com、LexisNexis Academicのサービスが
米国本社におけるオンライン設備のシステム・メンテナンスのため一時停止になります。

大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

◆停止予定時間: 3月8日(日) 10:00-17:00 <日本時間>

◆対象サービス:Lexis.com, LexisNexis Academic


==================================================================
 ★ 図書系職員の開発シリーズ【8】iGoogleガジェット集 ★
==================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、本学の図書館職員を対象に、
「図書系のためのアプリケーション開発講習会」を開催しています。
シリーズで、この講習会の講師/受講生が開発し、公開されているアプリケーションを
ご紹介しています。

今回ご紹介するのは、
「iGoogle」(自分専用にカスタマイズできるGoogleホームページ)の中で使用可能な、
東大所属者向けの「iGoogleガジェット集」です。

※iGoogleは、Googleが提供しているサービスの1つです。
 iGoogleの利用には、Googleのアカウントを取得することが必要です。

以下の2つからお好きなものを、自分のiGoogleページに設定することで、
文献検索や図書館サービスの利用が容易になります。

1)ガジェット「東大図書館キット」 (UT LIBRARY KIT)
これは、東大図書館の各種サービスを集めたガジェットです。
東京大学OPACの検索窓や、電子ジャーナル検索などのリンク集が付いています。

2)ガジェット「CSLS Search」
これは、CSLS Searchの検索窓のガジェットです。 生命科学系のユーザにおすすめです。
CSLS Searchとは、東京大学大学院総合文化研究科生命科学構造化センター
が開発した、PubMed検索システムです。様々な便利な機能があります。

◆詳細・設定方法はこちら(ガジェットの設定はクリックだけで簡単!)
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/iGoogle/

◆お問い合わせは、「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果ページの
下にある「連絡用フォーム」へ
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/products.html


==================================================================
 ★ 情報探索ガイダンス(3月)“日本の論文を探すには?”他 ★
==================================================================
3月は、下記の日程で“情報探索ガイダンス”各種コースを実施します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(各回先着12名。予約不要です。)

◆スケジュール:
・3/3(火)11:00-12:00 日本の論文を探すには?【※】
・3/5(木)15:00-16:00 自宅から検索するには?
・3/6(金)15:00-16:00 電子ジャーナルを利用するには?
・3/11(水)11:00-12:00 文献検索早わかり
・3/12(木) 15:00-16:30 〜Webで文献の「検索」から「整理」まで〜
                   Web of Science + EndNote Web
・3/13(金)15:00-16:00 日本の論文を探すには?【※】
  *3/3、3/13は同内容です。

【※】FELIXは3月末でサービス終了し、今後、国内論文の検索には
CiNii(サイニイ)をご利用いただくことになります。
ぜひ「日本の論文を探すには?」コースでCiNiiの使い方をマスターしてください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

2009/2/16 No.73

==================================================================
 ★ 2/18「自宅から検索するには?」コースは予定通り実施! ★
==================================================================
2月18日(水)、総合図書館は、照明工事のため
一部の時間帯に臨時閉館となりますが、
「自宅から検索するには?」コース(12:00-13:00)は、
予定通り、総合図書館1階講習会コーナーにて実施します。

参加される方は、総合図書館正面玄関の右手に回り、
事務用玄関よりお入りください。
当日、開始時刻までは案内の職員がおりますので
お尋ねください。お待ちしております。

◆情報探索ガイダンス スケジュールはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==================================================================
 ★ ebrary(電子ブック)、トライアル開始! ★
==================================================================
数万タイトルの電子ブックが見られる「ebrary」(イーブラリー)の
トライアルを開始しました。

トライアル期間が短いですので、どうぞお早めにお試しください。

◆「ebrary」とは
電子ブックのプラットフォームです。
現時点で120,000タイトルを超える全文閲覧可能な書籍やレポートが
収録されており、さらに260社以上の大手の学術出版社、
STM(科学/技術/医学)出版社、専門書出版社が提供する、
信頼のある各種コンテンツも含まれています。

※今回のトライアルでは、「Academic Complete」パッケージ収録の
 約36,000タイトルをご利用いただけます。 

◆トライアル実施期間: 2009年3月6日(金)まで

■アクセスはこちら  ※同時アクセス制限なし
⇒http://site.ebrary.com/lib/utokyo 【学内限定】

※本文を参照するには「ebrary Reader」のインストールが必要です。
 下記URL(Helpサイト内)の 「Installing the ebrary Plug-in Reader」から
  ダウンロードして下さい。
⇒http://site.ebrary.com/lib/utokyo/help.action
 
◆ユーザーガイドはこちら
⇒http://www.ebrary.com/corp/collateral/ja/User_Guide/ebrary_Patron_User_Guide_JP.pdf

◆お問い合わせはこちら
⇒総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==================================================================
 ★ 情報探索ガイダンス(3月)“日本の論文を探すには?”他 ★
==================================================================
3月は、下記の日程で“情報探索ガイダンス”各種コースを実施します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(各回先着12名。予約不要です。)

◆スケジュール:
・3/3(火)11:00-12:00 日本の論文を探すには?【※】
・3/5(木)15:00-16:00 自宅から検索するには?
・3/6(金)15:00-16:00 電子ジャーナルを利用するには?
・3/11(水)11:00-12:00 文献検索早わかり
・3/12(木) 15:00-16:30 〜Webで文献の「検索」から「整理」まで〜
                   Web of Science + EndNote Web
・3/13(金)15:00-16:00 日本の論文を探すには?【※】
  *3/3、3/13は同内容です。

【※】FELIXは3月末でサービス終了し、今後、国内論文の検索には
CiNii(サイニイ)をご利用いただくことになります。
ぜひ「日本の論文を探すには?」コースでCiNiiの使い方をマスターしてください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (2月のコースもまだあります)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==================================================================
 ★ ケータイで、情報探索ガイダンスの日程が見られます! ★
==================================================================
ご存知ですか?情報探索ガイダンスのスケジュールを、
携帯電話で手軽にチェックできます。

情報探索ガイダンス(3月)のポスター・チラシ、または
情報探索ガイダンスのページ
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
にQRコードが付いていますので、携帯電話のカメラで読み取ってください。
下記のサイトで日程をご覧いただけます。
メモ代わりにどうぞご利用ください。

◆携帯電話用サイト 情報探索ガイダンスの日程
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/keitai.html


==================================================================
 ★ 「日経BP記事検索サービス」、利用再開! ★
==================================================================
今月初めから、「日経BP記事検索サービス」において、
記事本文が見られない状態となっていましたが、
2/13(金)より利用再開しました。

なお、今年度内(2009年2月、3月)は、
月間利用上限(記事本文の表示件数)が、全学の合計で2,500回となります。
来年度の利用については、あらためてお知らせします。

◆【重要】利用の際、ご注意ください!
記事本文を閲覧するには、 [テキスト]または[PDF]のボタン、または、記事タイトルのリンクをクリックしますが、
どれをクリックしても「1回」となり、その分、全学で利用できる回数が減ることになります。
節度を持った利用を心がけ、必要な記事のみを選んで本文表示をしてください。

■アクセスはGACoSから
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/index.html
 トップページ「データベース名の先頭文字」の【に】のボタンをクリック
  >「日経BP記事検索サービス」をクリック 【学内限定】


==================================================================
 ★ 福武ホール実習室の一時閉室について ★
==================================================================
2/24(火)終日、設備工事のため、福武ホールにある実習室の
教育用計算機システム(ECCS)端末が利用できなくなります。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

福武ホール実習室が閉室の場合、 総合図書館2階・3階メディアプラザをご利用願います。
教育用計算機システムは停止しません。

◆詳細はこちら (ECCSのページ)
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2009/02/10_1151.html

●福武ホールの地図
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_03_j.html
●総合図書館の地図
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html


==================================================================
 ★ 総合図書館メディアプラザの一時閉室について ★
==================================================================
下記の日程で、総合図書館閉館および設備工事のため、
総合図書館2階・3階にあるメディアプラザの
教育用計算機システム(ECCS)端末が利用できなくなります。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

・2/18(水)14:00まで閉館のため、2階・3階メディアプラザ利用不可
      ⇒14:00以後は、開館により利用できます。
・2/19(木)終日、設備工事のため、2階メディアプラザ2のみ、利用不可
・2/22(日)、25(水)、26(木)終日閉館のため、2階・3階メディアプラザ利用不可

総合図書館閉館の場合、 福武ホール実習室に端末20台・プリンタがありますので
そちらをご利用願います。
教育用計算機システムは停止しません。

◆詳細はこちら (ECCSのページ)
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2009/02/10_1150.html

●福武ホールの地図
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_03_j.html
●総合図書館の地図
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html

2009/2/5 No.72

==================================================================
 ★ スタニスラス・プチ『産業実務家』(建築・機械の図面集)電子版公開 ★
==================================================================
駒場図書館と情報基盤センターでは、このたび、
大学院総合文化研究科・教養学部 図形科学部会が所蔵する、
スタニスラス・プチ『産業実務家』(PETIT, Stanislas. Le Praticien Industriel.)の
電子版を公開しました。

教養学部 図形科学部会(旧図学教室)には、教養学部の前身である
第一高等学校の画学(図学)・測量関係の教育資料が、数多く今に伝えられており、
その一つが、機械製図の教材として用いられた
スタニスラス・プチ『産業実務家』(建築・機械などの図面集)です。

図面の画像が、分類やキーワード別に見られます。
どうぞお気軽にご覧ください。

●アクセスはこちら
⇒http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/petit/


==================================================================
 ★ ISI Web of Knowledge バージョンアップ ★
==================================================================
2009年2月1日、ISI Web of Knowledge に新しい機能が追加されました。

◆Web of Science
・資金提供情報とファンディングの交付状況が検索可能に
・検索結果の絞込み後の結果も検索履歴として保存可能に

◆Journal Citation Reports
・従来のインパクトファクター(2年間の論文データを基に計算)に加え、
 新たに5年分の論文数値で計算されたインパクトファクターを追加
・Eigenfactor(アイゲンファクター)を導入
 (ジャーナルの評価や引用による影響力を示す指標)
・自誌引用の数値を追加
など

■詳細はこちら(トムソン・ロイターのページ)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/products/wok/new/20090201/index.shtml

■今回のバージョンアップに関する資料(PDF 835KB)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/products/wok/new/20090201/WoK_update_Feb09JPN.pdf

◆アクセスはこちら
【学内から】Web of Science ⇒http://isiknowledge.com/WOS
       Journal Citation Reports ⇒ http://isiknowledge.com/JCR
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/    (ECCSアカウントでサインイン)


==================================================================
 ★ Web of Science、EndNote Web、インパクトファクターの講習会を
  ネットで受講できます! ★
==================================================================
2/9(月)、2/25(水)に、
トムソン・ロイター社による、インターネットで受講できる
Web of Science、EndNote Web、インパクトファクターの講習会が開かれます。

初心者の方から、既に使っているユーザの方まで、おすすめできる内容です。
インターネットに接続しているパソコンがあれば、
自宅や研究室で受講できます。どうぞお申込みください。

■要事前登録(無料)お申込みはこちら
(注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos_schedule.shtml
(トムソン・ロイター社のページ)

※上記サイトに、「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が
必要と書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆スケジュール: ※上記サイトで事前登録が必要です。
・2/9(月)13:00-13:40【Web of Science基礎コース】
 Web of Scienceの基本的な検索の流れを説明するコースです。

・2/9(月)14:30-15:10【インパクトファクターコース】
 ジャーナルのインパクトファクターについて、どこで調べるのか、
 どのように比べるのかを説明するコースです。

・2/9(月)16:00-16:40【EndNote Web 基礎コース】
 EndNote Webのユーザ登録方法から、
 EndNote Webに各種データベースから保存する方法や、
 フォルダの作成、フォルダ共有機能について説明します。

・2/25(水)13:00-13:40【ケーススタディー Web of Science & BIOSIS コース】
 京都大学生態学研究センター高林純示教授の植物・昆虫の研究論文から、
 このテーマの関連情報をWeb of ScienceとBIOSISで検索するケーススタディーです。

・2/25(水)14:30-15:10【EndNote Web 応用コース】
 EndNote Webに各種データベースから保存する方法や、
 引用文献を実際に作成するところまで説明します。

●参加費:無料


==================================================================
 ★ 図書系職員の開発シリーズ【7】東京大学所蔵雑誌タイトル並列検索 ★
==================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、本学の図書館職員を対象に、
「図書系のためのアプリケーション開発講習会」を開催しています。
シリーズで、この講習会の講師/受講生が開発し、公開されているアプリケーションを
ご紹介しています。

今回ご紹介するのは、「東京大学所蔵雑誌タイトル並列検索」です。
これは、以下の3つのサイト
 ・E-JOURNAL PORTAL http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/ejportal/
 ・東京大学で利用できる電子ジャーナル検索 http://ejournal.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/
 ・東京大学OPAC https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/
を横断検索ならぬ「並列検索」するものです。

読みたい雑誌を探すとき、上記の3つの検索サイトを
個別に検索しなくても、1回の検索で、3つのサイト全部の検索結果が
並列して表示されるので便利です。(検索結果画面が3つ開きます。)

3つの検索結果画面を見て、
E-JOURNAL PORTAL、または 東京大学で利用できる電子ジャーナル検索
で見つかった場合は、電子ジャーナルですので、論文本文が
パソコンの画面上でそのまま読めます。
東京大学OPACで見つかった場合は、所蔵巻号に注意して、
所蔵している図書館に行ってください。

「東京大学所蔵雑誌タイトル並列検索」は以下のURLから、
特別なインストールは必要なく、すぐにご利用いただけます。
ご利用にはタブブラウザ(Internet Explorer 7, FireFoxなど)がお薦めです。

◆ご利用はこちらから
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/heiretsu

◆お問い合わせは、「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果のページの
下にある「連絡用フォーム」へ
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/products.html

2009/1/29 No.71

==================================================================
 ★ 学外から利用可能な電子ジャーナルが増えました ★
==================================================================
このたび、「SSL-VPN Gatewayサービス 試行版」経由で
学外から利用できる電子ジャーナルが、さらに増えました。
教育用計算機システム(ECCS)のアカウントでログインすることにより、
SSL-VPN Gatewayサービスの対象となっている電子ジャーナルを学外からも利用できます。

※新たに対象に加わったのは、以下のタイトルです。
 ・Journal of the Physical Society of Japan/日本物理学会
 ・Japanese Journal of Applied Physics/応用物理学会
 ・Applied Physics Express/応用物理学会
 ・Progress of Theoretical Physics/理論物理学刊行会
 ・Bulletin of the Chemical Society of Japan/日本化学会 = Chemical Society of Japan
 ・Chemistry Letters/日本化学会 = Chemical Society of Japan
 ・日本化学会誌 : 化学と工業化学/日本化学会 = Chemical Society of Japan

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSのアカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面( https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ )にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、サインアウト

◆利用の手順を見る(クイックガイド)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

■SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

■ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.htm

●SSL-VPN Gatewayサービスへのアクセスは、こちら
⇒https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/


==================================================================
 ★ 「朝日新聞歴史写真アーカイブ」モニター利用が可能に! ★
==================================================================
『聞蔵Uビジュアル』の中で、「朝日新聞歴史写真アーカイブ」の
モニター利用が可能になりました。どうぞご利用ください。

「朝日新聞歴史写真アーカイブ」は、
満州事変の前後から敗戦までの間、アジア各地へ派遣された
特派員や記者が撮影した写真約1万枚をデータベース化したものです。

朝日新聞大阪本社に保存されている「富士倉庫資料」と呼ばれる
7万枚の写真から、特に資料的価値の高い写真が収録されています。

◆モニター期間: 2010年3月末まで 【無料】

◆アクセスはこちら  ※同時アクセス数:4
『聞蔵Uビジュアル』 からアクセスしてください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/goasahi.html 【学内限定】

※朝日新聞記事データベース『聞蔵(きくぞう)U ビジュアル』の、
オプションコンテンツです。『聞蔵Uビジュアル』にアクセスした後、
右端の「歴史写真」タブをクリックして、ご利用ください。
「分類でさがす」「年表でさがす」などの検索方法があります。


==================================================================
 ★ FELIXデータベース 3月末サービス終了のお知らせ ★
==================================================================
雑誌記事索引等、国内外の主要学術雑誌の目次情報を
提供してきた情報基盤センター図書館電子化部門による
「FELIX」データベースは、機器類の老朽化と
インターネット上のデータベースが充実してきたことにより、
本年3月末をもってサービスを終了することとなりました。
これまで多くのご利用ありがとうございました。

◆FELIXに代わる検索手段については、こちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/felix_utas.pdf

国内雑誌論文の検索には、今後は国立情報学研究所提供の
CiNii(サイニイ)をご利用いただくことになります。
CiNiiには、雑誌記事索引のデータの他、学会誌や紀要の本文も収録されています。
【学内から】http://ci.nii.ac.jp/ (CiNiiの「サイトライセンス個人ID」があれば学外からもOK)
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要

CiNiiの詳しい使い方は、
情報探索ガイダンス「日本の論文を探すには?」コースで
説明しています。ぜひ、2月、3月の情報探索ガイダンス
「日本の論文を探すには?」コースでマスターしてください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==================================================================
 ★ 情報探索ガイダンス(2月)“日本の論文を探すには?”他 ★
==================================================================
2月は、下記の日程で“情報探索ガイダンス”各種コースを実施します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(各回先着12名。予約不要です。直接ご来場ください。)

◆スケジュール:
 ・2/3(火) 15:00-16:30 〜Webで文献の「検索」から「整理」まで〜
                  Web of Science + EndNote Web
 ・2/12(木) 15:00-16:00 日本の論文を探すには?
 ・2/16(月) 15:00-16:00 文献検索早わかり
 ・2/18(水) 12:00-13:00 自宅から検索するには? 【昼休み開催】
 ・2/24(火) 15:00-16:00 電子ジャーナルを利用するには?
 ・2/27(金) 15:00-16:30 〜Webで文献の「検索」から「整理」まで〜
                   Web of Science + EndNote Web
  ※2/3、2/27は同内容です。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (3月のコースも出ています)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==================================================================
 ★ 無料セミナー「iMacでつくる簡単スライドショーとBGM作成」へどうぞ ★
==================================================================
情報基盤センターでは、【第68回コンピュータ・ネットワーク利用セミナー】として、
無料セミナー「iMacでつくる簡単スライドショーとBGM作成」を開催します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
どうぞご参加ください。

◆会場: 駒場キャンパス 情報教育棟 中演習室3
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_24_j.html

◆定員: 約 50名

◆日時: 2/18(水) 13:00-14:30

●参加費: 無料

■お申込み・プログラム詳細はこちら ※参加申込みが必要です。
⇒http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/Seminar/068_20090218/index.html

2009/1/14 No.70

==================================================================
 ★ 医学図書館、e-DDSサービス開始! ★
==================================================================
1月15日より、医学図書館の所蔵雑誌について、
e-DDSでの文献提供サービスが開始されます。
来館せずに文献を入手することができます!どうぞご利用ください。
(料金:PDF1枚につき白黒20円、カラー60円。見開きでA3まで。)

【e-DDSサービスとは】
東京大学OPAC( https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/)の、
検索結果詳細画面にある「e-DDS」ボタンをクリックすると、
その画面から、必要なページの複写(電子コピー)を申込むことができて、
閲覧もWeb上でできるサービスです。

今回サービスを開始する医学図書館の所蔵雑誌のほかにも、
すでに、柏図書館、総合図書館、駒場図書館、数理科学研究科図書室の雑誌、
および工学・情報理工学図書館の図書・雑誌が、e-DDSで利用できます。
是非ご利用ください。

事前に、e-DDSサービス利用申請が必要です。
ご所属の学部によって、利用対象者が異なりますのでご注意ください。 
⇒(参考)e-DDSサービス ヘルプ
https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/service-html/webreq/edds/edds_help.html

◆詳細はこちら(医学図書館ホームページ)
http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/edds/edds.html


==================================================================
 ★ 毎日Newsパック、トライアル開始! ★
==================================================================
毎日新聞社の新聞記事を収録したデータベース、
「毎日Newsパック」のトライアルを開始しました。どうぞご利用ください。

◆主な収録内容
 ・毎日新聞本社版記事 (1987年1月-)
 ・地域版記事 (収録範囲は地域によって異なる)
 ・MAINICHI Daily News (2008年6月-)
 ・週刊エコノミスト (2001年1月-)
 詳細はこちら(毎日Newsパック「サービス詳細」ページ)
   ⇒http://mainichi.jp/contents/edu/01-2.html

◆トライアル実施期間: 2009年3月31日(火)まで

■アクセスはこちら  ※同時アクセス数:2
【学内から】https://db.g-search.or.jp/wdbs10/WMNP/WMNP_ipcu_login.html
 (毎日新聞社Webサイトを経由する場合は「IPアドレス制御型」ユーザ向け「Log In」をクリック)
【学外から】https://sslvpn.ecc.u-tokyo.ac.jp/ ※ECCSアカウント必要

■詳細・問い合わせ先はこちら (総合図書館からのお知らせ)
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/soto_09_01_09.html


==================================================================
 ★ 情報探索ガイダンス(2月)“Webで文献の「検索」から「整理」まで”他 ★
==================================================================
2月は、下記の日程で“情報探索ガイダンス”各種コースを実施します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(先着12名。予約不要です。直接ご来場ください。)

◆スケジュール:
 ・2/3(火) 15:00-16:30 〜Webで文献の「検索」から「整理」まで〜
                  Web of Science + EndNote Web
 ・2/12(木) 15:00-16:00 日本の論文を探すには?
 ・2/16(月) 15:00-16:00 文献検索早わかり
 ・2/18(水) 12:00-13:00 自宅から検索するには? 【昼休み開催】
 ・2/24(火) 15:00-16:00 電子ジャーナルを利用するには?
 ・2/27(金) 15:00-16:30 〜Webで文献の「検索」から「整理」まで〜
                   Web of Science + EndNote Web
  ※2/3、2/27は同内容です。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (1月のコースもまだあります)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==================================================================
 ★ 無料セミナー「iMacでつくる簡単スライドショーとBGM作成」へどうぞ ★
==================================================================
情報基盤センターでは、【第68回コンピュータ・ネットワーク利用セミナー】として、
無料セミナー「iMacでつくる簡単スライドショーとBGM作成」を開催します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
どうぞご参加ください。

◆会場: 駒場キャンパス 情報教育棟 中演習室3
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_24_j.html

◆定員: 約 50名

◆日時: 2/18(水) 13:00-14:30

●参加費: 無料

■お申込み・プログラム詳細はこちら ※参加申込みが必要です。
⇒http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/Seminar/068_20090113/index.html


==================================================================
 ★ 東京大学学位論文データベースに、平成18年度分追加 ★
==================================================================
東京大学で授与された新制の課程博士、論文博士の
論文書誌事項と要旨を収録した「東京大学学位論文データベース」に、
平成18年度分のデータが追加されました。

論文タイトル、著者名のほか、内容要旨、審査要旨に現れるキーワードから
検索することができます。ぜひご利用ください。

なお、論文本文の閲覧については、所蔵図書館(室)にお問い合わせください。
論文博士の論文は総合図書館、課程博士の論文は各学部学科の図書館(室)
となります。

また、「東京大学学術機関リポジトリ(UT Repository)」に登録された論文は、
電子的にも公開されています。学位論文データベース検索結果詳細表示画面
の論文URLをクリックするとアクセスできます。

■東京大学学位論文データベースはこちら
⇒http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/

◆東京大学学術機関リポジトリ(UT Repository)はこちら
⇒http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/


==================================================================
 ★ 2分で見られる、文献探しのクイックガイド(試行版)、公開! ★
==================================================================
このたび、各種サービスの使い方が2分程度でサッとわかる、
「文献探しのクイックガイドシリーズ」(試行版)を作成しました。
スライド説明+画面操作デモが、Webで無料で見られます。(音声なし)

現在、以下の3つのガイドを公開しています。

ぜひご覧いただき、今後に向けてのご意見・ご要望を
当係までお寄せいただけましたら幸いです。よろしくお願いします。

◆目的に合ったデータベースを探すには?
  〜GACoSでデータベースを探す方法〜
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/gacos/gacos.htm

◆自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?
  〜SSL-VPN Gatewayサービス(試行版)〜
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆UT Article Link はどう使うの?
  〜データベース検索結果からUT Article Linkで本文を入手する方法〜
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/utal/utal.htm

GACoSのトップページからも、ご覧いただけます。
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/index.html
  ・トップページのオレンジ色のバナーをクリック
  ・トップページ右側「学外からの利用」の「利用の手順を見る」をクリック

2009/1/8 No.69

==================================================================
 ★ 情報探索ガイダンス(1月)文献検索早わかり 【昼休み開催】他 ★
==================================================================
今年も、情報基盤センター学術情報リテラシー係では
年間を通して、“情報探索ガイダンス”各種コースを実施してまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

1月は、下記のコースを実施します。
今回は、初めての【昼休み開催】コースがあります。お見逃しなく!

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(先着12名。予約不要です。直接ご来場ください。)

◆スケジュール:
 ・1/16(金) 15:00-16:00 自宅から検索するには?
 ・1/20(火) 12:00-13:00 文献検索早わかり 【昼休み開催】
 ・1/26(月) 15:00-16:00 日本の論文を探すには?
 ・1/28(水) 15:00-16:00 電子ジャーナルを利用するには?

●参加費: 無料

■詳細はこちら (2月のコースも掲載しています)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==================================================================
 ★ 駒場図書館講習会(1/14水、1/22木)のお知らせ ★
==================================================================
駒場図書館で、下記の講習会が開催されます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆会場: 駒場図書館
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
(先着24名。予約不要です。
 当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。)

◆スケジュール:
・1/14(水) 15:00-16:00 文献検索早わかり
・1/22(木) 15:00-16:00 電子ジャーナルを利用するには?

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0104


==================================================================
 ★ 医中誌Web、バージョンアップ! ★
==================================================================
2008年12月27日に、医中誌Webのバージョンアップが行われました。

主なバージョンアップ内容は以下の通りです。
 ・検索結果の収載誌名から収載誌の詳細情報ページへリンク
 ・「メジャー統制語」(PubMedの"Major Term"に相当する特に重要なキーワード)による検索が可能
 ・発行元による検索が可能
 ・検索結果のダイレクトエクスポート先に「EndNote Web」が追加

◆詳細はこちら (医中誌Web(Ver.4) バージョンアップ情報)
⇒http://www.jamas.or.jp/news/ver.html


==================================================================
 ★ 電子版『地震火災版画張交帖』(石本コレクションI)公開 ★
==================================================================
附属図書館と情報基盤センターでは、このたび
『地震火災版画張交帖』の電子版を公開しました。

『地震火災版画張交帖』は、総合図書館の所蔵で、
本学地震研究所第2代所長・石本巳四雄氏(1893-1940)が収集した
かわら版・錦絵等約500点を11冊の折帖形式に仕立てたものです。

平成20年度の附属図書館特別展示
「かわら版・鯰絵にみる江戸・明治の災害情報−石本コレクションから」でも、
石本コレクションIとして出品されました。
どうぞご覧ください。

◆電子版『地震火災版画張交帖』はこちら
⇒http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/ishimoto/


Copyright(C)2005 東京大学本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当] All Rights Reserved
著作権・リンクについて