Litetopi メールマガジン バックナンバー [2010]

>>最新の記事へ >>最新の記事へ
>>2009年の記事へ
>>2008年の記事へ
>>2007年の記事へ
>>2005-2006年の記事へ

2010/12/24 No.136

=================================================================
 ★ ECCS端末にRefWorksのプラグインツールをインストール可能になりました ★
=================================================================
日頃、ECCS端末をご利用の皆様に朗報です。

文献管理ツール「RefWorks」は、RefWorksのプラグインツール「Write-N-Cite」を使うと
Wordファイルで作成している論文原稿の中で、
文献リストの自動作成を簡単にすることができます。

このたび、本学キャンパス内の各所に設置されている
情報基盤センターのECCS端末で、
RefWorksのプラグインツール「Write-N-Cite」を
インストールすることが可能になりました。

【手順】
1) ECCSアカウントでECCS端末にログインする。
2) RefWorksにアクセス ⇒ http://www.refworks.com/refworks
3) RefWorksにログインする。(要ユーザ登録)
4) RefWorks画面上部のメニューバー「ツール」⇒「Write-N-Cite」を選択し、ダウンロード。

WordファイルとRefWorksの「Write-N-Cite」を連携させて
文献リストを自動作成する方法は、
以下のテキストを参照してください。

◆情報探索ガイダンス「RefWorksを使うには?」コーステキスト
p.9「【参考文献リストの作成】−原稿ファイルから生成する方法A
〜Write-N-Cite を利用した場合〜」
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/guidance10_refworks.pdf

【予告 次のRefWorks講習会】
・1/28(金)15:00-16:00 「RefWorksを使うには?」
 会場:総合図書館 予約不要 無料


=================================================================
 ★ [知って使ってシリーズ]
   CiNiiよりも古い年代をカバーする「雑誌記事索引集成データベース」 ★
=================================================================
日頃は「CiNii」を講習会で扱うことが多いですが、
日本語の雑誌記事データベースはCiNiiだけではありません。
たとえば
「明治期に夏目漱石が書いた記事を調べたい」
そんなとき役立つのが、「雑誌記事索引集成データベース」(皓星社提供)です。

雑誌記事索引集成データベースは、
『明治・大正・昭和前期 雑誌記事索引集成』(120巻)をもとに作成され、
日本(旧植民地なども対象)で発行された日本語の雑誌記事が検索できます。

国立国会図書館の「雑誌記事索引」(昭和23年以降収録)
のデータも搭載されており、明治から現在までの雑誌記事を検索できます。
地方誌の記事も検索可能です。

また、検索画面で
「CiNii連携を利用する」にチェックを入れるとCiNiiのデータも検索でき、
検索結果からCiNiiの画面に飛ぶことができます。
重複するデータ(国立国会図書館の雑誌記事索引)を、検索対象からはずして検索
するので検索結果が重複しません。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー:20人)

【学内から】http://zassaku-plus.com/

【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
        https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
 
      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
        ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

※本文は収録していません。読みたい記事が見つかったら、
掲載誌・巻号・ページを手がかりに、図書館の所蔵を調べて入手してください。


=================================================================
 ★ [知って使ってシリーズ] 日本最大の図書館蔵書検索サイト「カーリル」 ★
=================================================================
「Library of the Year 2010」の大賞を受賞した、
図書館蔵書検索サイト「カーリル」を使ったことはありますか?

「カーリル」は、全国5000館以上の図書館の蔵書・貸出状況を
簡単に検索できるサービスです。

自分の地域か、よく行く図書館を選択・設定すれば、
各図書館の蔵書を一括検索できます。(本学の図書館も選択可能。)

どこで借りられるかひとめで分かり、各図書館のOPAC予約画面に飛ぶこともできます。
各図書館のOPACを検索し直す手間が省けて便利。お試しください。
図書館に無い本も検索できます。

9月のLitetopiで補足として紹介済みですが、
帰省の際などに公立図書館を利用する機会もあると思い、あらためて紹介しました。

■アクセスはこちら(無料公開)
⇒http://calil.jp/


=================================================================
 ★ 年末年始のASKサービスの休止について ★
=================================================================
東京大学附属図書館のASKサービスは、
以下の期間は質問の受付を停止します。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

◆停止期間
 12月27日(月)17時〜1月5日(水)10時

2010/12/13 No.135

=================================================================
★【ご注意】来年1月SciFinderは、Web版に完全移行予定です ★
=================================================================
●SciFinder Web版への完全移行について
 6月より段階的にWeb版への切り替えを実施しておりますが、
2011年1月より、従来のクライアント版の利用を停止し、
Web版に完全に移行する予定です。
できるだけ早めにWeb版の利用へ切り替えていただきますよう
お願いします。

■Web版になって変わること・変わらないこと
 ・PCにクライアントソフトをインストールする必要がありません。
 ・バージョンアップの際の更新作業は不要です。
 ・クライアント版と検索機能等は変わりません。
 ・クライアント版と同時アクセス可能数(11)は変わりません。
 ・アクセスの際、個人認証が必要となりますので、自分で
  利用登録をしていただく必要があります。

○Web版利用のための登録
 以下のサイト(学内アクセス限定)で手順を確認し、個人で
 登録してください。利用登録を行ってID/Passwordを入手しないと、
 Web版の利用はできません。

  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/SFS/sfw_usreg.html
 
○Web版が利用できる地理的範囲
 ID/PWによる個人認証の他に、IPアドレスでもアクセスが制限されており、
 学内からの利用が基本です。
 
■注意事項
利用のためのID/Passwordは、登録者個人のみが使用を認め 
られているものです。必ず、利用する方が個人で登録してください。

■講習会の実施
 ご希望に応じてWeb版の講習会を行いますので、希望日の3週間前
 までにご連絡ください。
 講習会に関するお問合せはこちら
 学術情報リテラシー係
 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)

=================================================================
★ SciFinder (Web版) バージョンアップのお知らせ★
=================================================================
SciFinder(Web版)がこのたびバージョンアップしました。

今回のリリースで新しく搭載された機能は下記のとおりです.

(1) 反応検索結果での実験項情報の表示
(2) 反応検索結果表示の改善
・ 関連性に基づいたソート
・ 反応検索の回答表示が簡略化
・ 物質のポップアップメニューの改善
(3) SMILES 形式および InChI 形式による構造作図
(4) ACS Publication ウェブサイトとの連携強化 (近日リリース予定)

新機能の詳細につきましては,以下の資料をご参照ください.
http://www.jaici.or.jp/sci/ref/sfweb_201012.pdf

推奨システム環境は,以下のサイトをご覧ください.
http://www.jaici.or.jp/sci/SCIFINDER/require.html

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)

=================================================================
★「山一證券資料目録データベース」公開  ★
=================================================================
 経済学図書館では、経済学研究科が所蔵する企業資料中最大のコレクション
である山一證券資料の目録データベースを公開しました。

今回、公開の対象となったデータは1998年寄贈分(第1次寄贈資料)6,790件
になります。

目録記載資料の大半は、マイクロフィルムおよびDVDにより経済学図書館で
閲覧可能です。

「山一證券資料目録データベース」は、次のURLからアクセスできます。
http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/shiryo/yamaichi/yamaichidb.html

◆ データベース・資料の利用に関するお問い合わせ先
 経済学図書館 図書運用係 
  unyo*e.u-tokyo.ac.jp  (*を@にして送信)

=================================================================
★ 12月の情報探索ガイダンス “知っておきたい検索のコツ” ほか ★
=================================================================
情報基盤センター学術情報リテラシー係が実施する
12月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・12/15(水)16:00-17:00 文献検索早わかり
・12/17(金)15:00-16:00 RefWorks じっくりコース
・12/21(火)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文入手
・12/21(火)15:00-16:00 はじめての論文の探し方
・12/22(水)15:00-16:00 【新コース】知っておきたい検索のコツ

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター http://twitter.com/gacos_todai

=================================================================
 ★ 駒場図書館 12月講習会のお知らせ ★
=================================================================
12月の駒場図書館講習会は、お待ちかねのRefWorksコース登場です。
ぜひご参加ください。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・12/14(火)15:00-16:00 電子ジャーナルで論文入手
・12/16(木)15:00-16:00 はじめてのRefWorks

●会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
  (各回先着24名。予約不要。)
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0184#p0.1

=================================================================
 ★ 総合図書館停電およびサーバメンテナンスに伴う各種サービスの停止 ★
=================================================================
総合図書館の停電のため、下記のとおり東京大学OPACなど、各種サービスが
停止いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

なお、サービスにより停止時間が異なります。
各サービスの停止時間帯についてはこちらをご覧ください。

http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/news/stop_J_20101216.html

※E-JOURNAL PORTALはサービス停止期間中も利用可能です。

2010/12/1 No.134

=================================================================
★ 12月の情報探索ガイダンス “知っておきたい検索のコツ” ほか ★
=================================================================
情報基盤センター学術情報リテラシー係が実施する
12月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・12/9(木)12:10-12:30 自宅から検索するには?
・12/15(水)16:00-17:00 文献検索早わかり
・12/17(金)15:00-16:00 RefWorksじっくりコース
・12/21(火)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文入手
・12/21(火)15:00-16:00 はじめての論文の探し方
・12/22(水)15:00-16:00 【新コース】知っておきたい検索のコツ

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター http://twitter.com/gacos_todai

=================================================================
 ★ ミニ冊子「これを使えば探せます」「参考文献リストの見かた」 ★
=================================================================
文献収集の初心者の方向けに、必要な情報がコンパクトに詰まった
ミニ冊子2種、「これを使えば探せます」、「参考文献リストの見かた」が出来ました。

ご自分でミニ冊子の形に作ってご利用ください。
出来上がりは、携帯に便利なA6判サイズ、24ページ。

以下のページで「作り方」をよく読んでから作成して下さい。
(図書館のカウンターにも置いてあります。)

●ミニ冊子作成キット
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/minibook.html


=================================================================
 ★ ProQuest Historical Annual Reports(北米主要企業年次報告書集成)
   トライアルサービス実施中! ★
=================================================================
経済学図書館では、
ProQuest Historical Annual Reports(北米主要企業年次報告書集成)の
トライアルサービスを実施中です。
どうぞご利用ください。12月24日まで。

◆ProQuest Historical Annual Reports(北米主要企業年次報告書集成)とは

北米の各業界における主要企業800以上(「フォーチュン500」掲載企業の75%以上)
の1844年以降現在までの年次報告書を収録しており、
定期的に新しい報告書、企業のものが追加されます。
財務実績、主な役員、競合他社、市場の動向など企業に関する
主要な情報を提供しています。

■トライアルサービス期間:2010年11月24日 〜 2010年12月24日

■アクセスはこちら (同時アクセス数制限なし)
【学内限定】http://proquest.umi.com/login?COPT=REJTPTQwMzkmSU5UPTAmVkVSPTI=&clientId=56608
 ※最初のデータベース選択画面で下の方にある「ProQuest Historical Annual Reports」を
  クリックして利用を開始してください。

◆お問い合わせ先(*を@にして送信)
  ・(利用方法) : 経済学図書館図書運用係
      unyo*e.u-tokyo.ac.jp
  ・(その他) : 経済学図書館図書受入係
       ukeire*e.u-tokyo.ac.jp


=================================================================
 ★ どこからでもネットで無料受講できる、各種オンライン講習会 ★
=================================================================
学術出版社やデータベース会社が、自社の電子ジャーナルや
文献データベース、文献管理ツールについて、
無料でオンライン講習会を実施しています。

どなたでも無料で参加できます。
学内でも、自宅からでも、ネットで受講できます。
日本語による講習です。

参加するには各サイトで事前登録が必要です。

●スケジュールと事前登録サイト:
・12/6(月)14:30 [トムソン・ロイター社] 「検索履歴の保存とアラート設定(Web of Science)」
 ⇒ http://bit.ly/cG2toI

・12/6(月)16:00 [トムソン・ロイター社] 「初めての文献管理ソフト(EndNote Web)」
 ⇒ http://bit.ly/a5KOh8

・12/2(木)16:00-16:30 [エルゼビア社] 「SciVerse ScienceDirect 30分でわかる入門編」
 ⇒ http://bit.ly/dhCeET
 (※定員に達したため受付終了。後日録音版が同サイトに載るようです。)

●会場: なし(各自でネットで受講)

●参加費: 無料


=================================================================
 ★ 12/12「ヨミダス歴史館」サービス一時停止 ★
=================================================================
読売新聞社の法定点検作業に伴うサーバ電源停止のため、
「ヨミダス歴史館」の検索サービスが一時停止となります。

【サービス停止日時】
・2010年12月12日(日)午前3:00〜午後7:00(※予定)

【サービス停止内容】
・ヨミダス歴史館

作業終了時刻は進捗状況により前後する場合がございます。
予めご了承ください。

2010/11/15 No.133

==============================================================
 ★ 臨床医薬品情報ツール「Lexi-Comp ONLINE」トライアル実施中 ★
==============================================================
薬学図書館では、臨床医薬品情報ツール「Lexi-Comp ONLINE」のトライアルを開始しました。
どうぞご利用ください。

◆Lexi-Comp ONLINEとは
医薬品情報を直感的に検索できるプラットフォームの総称で、
臨床医薬品情報データベース“Lexi-Drugs”をはじめとした十数種類の
データベースが含まれています。
医師・薬剤師・看護師など、医療現場に携わる全ての医療従事者に最適な
臨床医薬品情報ツールです。
(コンテンツはすべて英文です)

◆特徴
 ・ データは毎日更新
 ・ エビデンスに基づく医薬情報の提供
 ・ 製薬会社からの介入のない、信頼性の高いコンテンツ
 ・ PDA,スマートフォン,iPhoneなど携帯端末での利用も可能

■トライアルサービス期間:2010年11月1日〜12月31日
     *正式サービスの導入については今のところありません。
     *モバイル版はトライアル期間中、登録後30日間のみ利用可。

■アクセスはこちら
【学内から】http://online.lexi.com

【学外から】下記の【学内専用ページ】のID パスワードをご利用ください。
    http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/libstaff/yakugaku_10_11_02-2.html

【モバイル版(Lexi-Comp OnHand)登録方法】
    1)http://online.lexi.com にアクセス。
    2)画面下にある「PDA&Smartphone Software」をクリック。
    3)利用者自身のメールアドレスを入力。
    4)表示された画面に従い、お手持ちのモバイル機器の種類を選択。
    5)クリック後、それぞれの機器のインストール方法が下部に表示されるので、
        案内に従って設定を完了。

◆お問い合わせ先(*を@にして送信)
  薬学図書館 tosho*mol.f.u-tokyo.ac.jp


=================================================================
 ★ 11月の情報探索ガイダンス
  “CiNiiで国内の論文検索 & RefWorksですっきり整理” ほか ★
=================================================================
11月後半の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・11/18(木)15:00-16:00 【新コース】CiNiiで国内の論文検索 & RefWorksですっきり整理
・11/19(金)15:00-16:00 【新コース】eol企業情報データベース
・11/26(金)15:00-16:00 文献検索早わかり(←「はじめての論文の探し方」受講者は参加不要)
・11/30(火)16:00-17:00  電子ジャーナルで論文入手& RefWorksですっきり整理

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


=================================================================
 ★ どこからでもネットで無料受講できる、各種オンライン講習会 ★
=================================================================
学術出版社やデータベース会社が、それぞれ自社の電子ジャーナルや
文献データベース、文献管理ツールについてのオンライン講習会を実施しています。

どなたでも無料で参加できます。
学内でも、自宅からでも、ネットで受講できます。
日本語による講習です。

参加するには各サイトで事前登録が必要です。

●スケジュールと事前登録サイト:
・11/15(月)14:30 [トムソン・ロイター社] 「インパクトファクターの簡単比較方法」
 ⇒http://bit.ly/95WQxk

・11/15(月)16:00 [トムソン・ロイター社] 「初めての文献検索(Web of Science)」
 ⇒http://bit.ly/cG2toI

・11/17(水)15:00-16:00 [エブスコ社] 「EBSCOhostでの検索方法(応用編)」
 ⇒http://goo.gl/BwEOd

・11/25(木)14:30 [トムソン・ロイター社] 「初めての文献管理ソフト(EndNote Web)」
 ⇒http://bit.ly/a5KOh8

・11/25(木)16:00 [トムソン・ロイター社] 「キーワードではできない検索(Web of Science)」
 ⇒http://bit.ly/cG2toI

・11/29(月)14:30 [トムソン・ロイター社] 「初めての文献検索(Web of Science)」
 ⇒http://bit.ly/cG2toI

・11/29(月)16:00 [トムソン・ロイター社] 「インパクトファクターの簡単比較方法」
 ⇒http://bit.ly/95WQxk

・11/30(火)14:00-14:30 [エルゼビア社] 「SciVerse ScienceDirect 30分でわかる入門編」
 ⇒http://bit.ly/dhCeET

・12/2(木)16:00-16:30 [エルゼビア社] 「SciVerse ScienceDirect 30分でわかる入門編」
 ⇒http://bit.ly/dhCeET

●会場: なし(各自でネットで受講)

●参加費: 無料


=================================================================
 ★ RefWorksのWEBマニュアルができました ★
=================================================================
文献管理ツール「RefWorks」のWEBマニュアルができました。
(作成:サンメディア社)

以下のURLでご覧いただけます。

「RefWorks WEBマニュアル」
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/manual/index.html

RefWorksログイン画面右側の「RefWorksを使うには?」のページからも
WEBマニュアルへのリンクを貼ってあります。
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/refw.html

どうぞご利用ください。

2010/11/2 No.132

==============================================================
★ 【明日まで!】ProQuest Dissertations & Theses Full Text トライアル ★
==============================================================
ProQuest Dissertations & Theses Full Text のトライアル期間が
明日(11/3)までに延長されました。
世界の学位論文フルテキストデータベースのトライアルです。

今日と明日で、必要な文献を検索してください。
このLitetopiをお読みでない方にも是非お知らせください。

◆「ProQuest Dissertations & Theses Full Text」概要
・北米を中心に、世界1,700以上の大学・全分野の学位論文を提供。
・博士論文/修士論文約270万件を収録、うち120万件以上にフルテキストを搭載。
・他のProQuestデータベースとの横断検索も可能。

■トライアルサービス期間: 2010年10月18日〜11月3日

■アクセスはこちら

【学内から】http://proquest.umi.com/login
 ⇒データベース一覧から「Dissertations & Theses: Full Text」をクリックし
て利用を始めてください。
 画面左上に「Databases selected: Dissertations & Theses: Full Text」または
 「選択したデータベース: Dissertations & Theses: Full Text」と表示され
ます。

【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
        https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
 
      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
        ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

※一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)


==============================================================
★ 世界の主要公式統計集「キャンパス・ソリューション
  (DSI’s Campus Solution Statistics)」トライアル開始 ★
==============================================================
経済学図書館では、主要公式統計集の統合サービス「キャンパス・ソリューション」
(DSI’s Campus Solution Statistics)のトライアルサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

◆「DSI’s Campus Solution Statistics」とは
DSI社が提供する、世界主要国のWeb英語版統計集セット。
世界の経済・産業・金融および環境統計を、統合ポータル上で利用可能。
OECD Statistics、EU Statistics、NIDO's Industrial Statistics、
International Financial Statistics (IMF)、GED、National Statistical Sources
 (German & US) など、世界と各国公式統計データを収録。
最新数値を入手可能な、統合型の国際統計データベースです。

詳細はこちら
⇒http://n-online.jp/cat/CampusSolution.html

■トライアルサービス期間:2010年11月1日〜12月31日

■アクセスはこちら (同時アクセス数制限なし)
【学内限定】http://n-online.jp/DSI-Campus-Solution/
  ・利用の詳細については、選択したデータベースに記載されている
      User manual(英文)をご覧下さい。

◆お問い合わせ先(*を@にして送信)
  ・(ご利用方法) : 経済学図書館図書運用係
      unyo*e.u-tokyo.ac.jp
  ・(その他) : 経済学部資料室
       shiryo*e.u-tokyo.ac.jp


=================================================================
★ 『新編日本古典文学全集』Web公開!JapanKnowledge+で ★
=================================================================
「JapanKnowledge+」で、『新編日本古典文学全集』(小学館)がWeb公開
されました(第二期)。

既に公開済みの「源氏物語(全6巻)」に加えて、
次の12作品が公開されました。全文まで検索・表示可能となっています。

・中古
「竹取物語」「伊勢物語」「大和物語」「平中物語」「土佐日記」「蜻蛉日記」「枕草子」「狭衣物語」
・中世
「方丈記」「徒然草」「正法眼蔵随聞記」「歎異抄」

【検索クイズ】枕草子の「秋は夕暮」で登場する鳥は、烏と、あと何でしょう??
たとえば・・・「秋は」と入力して検索すると、
枕草子の「秋は夕暮」など、各作品中の「秋は」の箇所がヒットし、全文を読めます。

なお、『新編日本古典文学全集』の書籍にルビが振ってあるものについては、
ルビでの検索も可能となっています。
古典本文だけでなく、現代語訳、頭注に付いているルビも検索できます。

■「JapanKnowledge+」へのアクセスはこちら

【学内から】http://www.jkn21.com/
 ⇒まず右端の「ログイン/Enter」ボタンをクリックしてご利用ください。
 「新編日本古典文学全集」だけを検索するには、画面右のコンテンツ一覧で、
 [個別]ボタンをクリックしてください。
 利用後は、[ログアウト]を押して終了してください。
 
【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
          https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

※一度に大量のデータをダウンロードすることは、
  出版社、ベンダーの規約上禁止されています。利用にあたってはご留意ください。


=================================================================
 ★ 駒場図書館 11月の講習会のお知らせ ★
=================================================================
11月の駒場図書館講習会は、初心者におすすめの2コース!
ぜひご参加ください。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・11/10(水)15:00-16:00 文献の探し方・入門 【学部1〜2年生におすすめ】
・11/11(木)15:00-16:00 電子ジャーナルで論文入手 【学部生から院生まで初心者にオススメ】

●会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
  (各回先着24名。予約不要。)
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0181


=================================================================
★ 11/7・11/13 ScienceDirect サービス一時停止 ★
=================================================================
エルゼビア社のScienceDirectは、
米国夏時間より標準時間への変更対応およびシステムメンテナンスのため、
下記の時間帯にサービスが一時停止します。

大変ご不便をおかけいたしますがご了承のほどお願い申し上げます。

◆停止予定期間
 ・2010年11月7日(日)15:00〜22:00(約7時間)
 ・2010年11月13日(土)21:30〜11月14日(日)6:30(約9時間)

2010/11/1 No.131

=================================================================
★ 柏で開催!「はじめての論文の探し方」ほか各種コースのお知らせ ★
=================================================================
柏キャンパスの皆様、ぜひご参加ください!
「はじめての論文の探し方」など4つの講習会を柏図書館との共催で実施します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

この講習会は予約優先です。お早めにお申込みください。

●スケジュール:
・11/5(金)15:00-16:00 はじめての論文の探し方
・11/9(火)15:00-16:00 【新コース】eol企業情報データベース
・11/11(木)15:00-16:00 はじめてのWeb of Science
・11/17(水)15:00-16:00 Web of Science応用編 & インパクトファクターミニ講座

●会場: 柏キャンパス 柏図書館1階 ラーニングサポートサービス
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html
  (先着22名 事前予約の方優先)
  ※希望者12名まで備付PC利用可
  ※持込PC利用可(無線LAN利用可能なもの)

●参加費: 無料

■お申込みはこちら
⇒学術情報リテラシー係 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*を@に書き換えて送信)
※以下のメールをお送りください。
  件名: 柏ガイダンス参加希望
  本文: (1)参加希望講座  (2)氏名  (3)身分  (4)所属  (5)講師への質問
            (6)PC持込みの可否  (7)ECCSアカウントの有無

空席があれば当日参加もOKです。

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#kashiwa11


=================================================================
★ 11月の情報探索ガイダンス“はじめてのCNKI〜中国語論文を探すには〜”ほか ★
=================================================================
11月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・11/10(水)16:00-17:00 Web of Science応用編 & インパクトファクターミニ講座
・11/12(金)15:00-16:00 【新コース】はじめてのCNKI〜中国語論文を探すには〜(※日本語で講習)
・11/18(木)15:00-16:00 【新コース】CiNiiで国内の論文検索 & RefWorksですっきり整理
・11/19(金)15:00-16:00 【新コース】eol企業情報データベース
・11/26(金)15:00-16:00 文献検索早わかり
・11/30(火)16:00-17:00  電子ジャーナルで論文入手& RefWorksですっきり整理

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


=================================================================
★ 11/12限定「国際連合と情報/資料:調査・検索に役立つガイダンス」 ★
=================================================================
総合図書館国際資料室との共催で、国連広報センターから講師をお招きして
「国際連合と情報/資料:調査・検索に役立つガイダンス」を開催します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

この講習会は予約優先です。お早めにお申込みください。

●日時: 11/12(金)13:15-14:45

●講師: 国連広報センター 千葉潔 氏

●内容:
 ・国連資料インターネット検索ツールの使い方
 ・国連/国連文書に関する基礎知識

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html

●参加費: 無料

■お申込みはこちら
⇒学術情報リテラシー係 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*を@に書き換えて送信)
※以下のメールをお送りください。
 件名:国連ガイダンス参加希望
 本文:(1)氏名 (2)身分 (3)所属 (4)講師への質問

空席があれば当日参加もOKです。

■詳細はこちら 
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#kokuren


=================================================================
 ★ 文献検索や文献管理ツール(RefWorks, EndNote Web)の
   出張講習会・オーダーメイド講習、お申込みください ★
=================================================================
情報基盤センター学術情報リテラシー係では、文献検索に関する
出張講習会・オーダーメイド講習を、随時行っています。

授業やゼミへの出張講習はもちろんのこと、学生だけのグループでも利用できます。
文献管理ツール(RefWorks, EndNote Web)の講習もいたします。

東京大学にご所属の方なら学生・教員・職員どなたでもお申込み可能。無料。
どうぞお気軽にご相談ください。

■申込み・ご相談 以下の内容をメールにてお問い合わせください。

・希望日時(第3希望まで 平日の月〜金、9:00-17:00の間)
・講習場所(総合図書館講習会コーナーでもOK)
・希望講習内容
・参加予定人数
・連絡先(メールアドレス、電話番号)

■お申込みはこちら
⇒学術情報リテラシー係 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*を@に書き換えて送信)

■講習内容・実施状況など詳細はこちらをご覧ください。
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


==============================================================
★ 11/14まで「総合図書館貴重書展」開催中 ★
==============================================================
総合図書館で、平成22年度東京大学附属図書館特別展示
「総合図書館貴重書展−原資料の保存と電子化による情報発信−」
が開催中です。

附属図書館ホームページで公開している貴重書を中心に、
55点の資料を展示しています。

この機会に、日頃は電子版でしか見ることができない貴重書の
原資料をどうぞご覧ください。

※一般の方も観覧できます。入場無料・参加申込不要。

●開催期間: 2010年10月29日(金)〜11月14日(日)
         ※土、日、祝日も開催

●時間: 9:00-17:00 ※11/13(土)は18:00まで

◆場所: 総合図書館 3階ロビー
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html

■詳細はこちら(総合図書館ニュース)
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/news.html


==================================================================
★ 「CiNii」本文の利用条件表示が変わりました ★
==================================================================
国内雑誌論文のデータベース「CiNii」(サイニィ)に収録されている本文について、
このたび、本文の利用条件が検索結果一覧画面と論文詳細表示画面でも表示されるようになりました。

以前は [CiNii PDF] という表示だけでしたが、
現在は [CiNii PDF - オープンアクセス] のように、利用条件が付記され、
クリックする前に、「本文が見られるかどうか」が一目で分かるようになりました。

<本文利用条件の説明>
・「オープンアクセス」⇒だれでも無料で利用可能。
・「定額アクセス可能」⇒東京大学は定額制機関なので無料で利用可能(個人で定額を払う意味ではない)。
・「有料」⇒クレジットカードで購入可能。
・「未公開」⇒学協会の意向で一定期間は利用不可。

■詳細はこちら(CiNii お知らせ)
⇒http://ci.nii.ac.jp/info/ja/index.html#20101018-2

■CiNiiへのアクセスはこちら

【学内から】http://ci.nii.ac.jp/
※「CiNiiのサイトライセンス個人ID」をお持ちの方は学外からも上記URLでログインすればOK

【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
        https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
 
      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
        ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

2010/10/18 No.130

==============================================================
 ★ 【2週間限定・今だけ!】ProQuest Dissertations & Theses Full Text トライアル開始 ★
==============================================================
ProQuest Dissertations & Theses Full Text のトライアルを開始しました。
どうぞご試用ください。

2週間限定、今だけチャンス!
世界の学位論文フルテキストデータベースのトライアルです。
短期間のトライアルですので、このLitetopiをお読みでない方にも是非お知らせ
ください。

◆「ProQuest Dissertations & Theses Full Text」の概要
・北米を中心に、世界1,700以上の大学・全分野の学位論文を提供。
・博士論文/修士論文約270万件を収録、うち120万件以上にフルテキストを搭載。
・他のProQuestデータベースとの横断検索も可能。

■トライアルサービス期間: 2010年10月18日(月)〜10月31日(日)

■アクセスはこちら

【学内から】http://proquest.umi.com/login
 ⇒データベース一覧から「Dissertations & Theses: Full Text」をクリックし
て利用を始めてください。
 画面左上に「Databases selected: Dissertations & Theses: Full Text」または
 「選択したデータベース: Dissertations & Theses: Full Text」と表示され
ます。

【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
        https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
 
      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
        ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

※一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
 トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)


==============================================================
 ★ [予約不要] 10/26 「第2弾!! レポート&論文作成対策講習会
   〜日本語文献の探し方+EndNote Web〜」のお知らせ ★
==============================================================
農学生命科学図書館との共催で、
好評を博した6月の前回に引き続き、第2弾開催決定!
「レポート&論文作成対策講習会」を行います。

今回は、日本語論文の探し方(CiNii)と、文献管理ツール「EndNote Web」
の講習会です。

農学部以外の方もご参加いただけます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆日時・内容:(第1部または第2部のみの参加も可能)
10/26(火)
第1部:16:30-17:15 日本語論文の探し方(CiNii、東京大学OPAC)他
第2部:17:15-18:00 Web版の文献管理ツールEndNote Web

 ☆講習終了後、「カフェ&トーク」開催!(18:00-)
 お茶とお菓子を囲みながら、「図書館がもっとこうなったらいいな」について
 ざっくばらんにお話ししませんか?
 (前回の「カフェ&トーク」で頂いたご意見のいくつかは
   実際に農学生命科学図書館の運営に活かされています。)

◆会場: 農学生命科学図書館本館3F PC端末室
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_07_07_j.html
 (各回先着12名。予約不要。当日直接会場にお越し下さい。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら (農学生命科学図書館ニュース)
⇒http://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/lib/newsdetails.php?id=48

◆お問い合わせ先
 農学生命科学図書館 情報サービス担当
 Tel: 03-5841-5425 (平日9:00-12:00, 13:00-17:00) 
 service*lib.a.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)


==============================================================
 ★ [予約不要] 10/28 「“はじめての論文の探し方”ガイダンス
   in 駒場Uキャンパス」のお知らせ ★
==============================================================
生産技術研究所図書室・先端科学技術研究センター図書室との共催で、
新企画、「“はじめての論文の探し方”ガイダンス in 駒場Uキャンパス」
を開催します。

新しく本学に入学された方や、「文献検索は初めて」という初心者の方におすす
めです。

生産技術研究所図書室・先端科学技術研究センター以外の方も
ご参加いただけます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆日時:10/28(木)15:00-16:00

◆内容
 ・図書を探す(図書館の所蔵を調べる)
 ・雑誌を探す(電子ジャーナルで論文を入手)
 ・テーマや著者名から論文を探す(日本語論文 CiNii・英語論文 Web of
    Science)
 ・自宅からデータベースや電子ジャーナルを使う方法

◆会場: 駒場Uキャンパス 生産技術研究所 An棟4F 小セミナー室1(An403)
⇒http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html

※当日先着20名 予約不要
※無線LAN対応のノートパソコンをお持ちいただくと、実習可能です。

●参加費: 無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#hajimete-koma2
(10/27に総合図書館、11/5に柏図書館でも開催)

◆お問い合わせ先
 情報基盤センター 学術情報リテラシー係
 Tel: 03-5841-2649 (平日9:00-12:00, 13:00-17:00) 
 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)


==============================================================
 ★ [予約受付中!] 10/29 「医者なら誰でも知っている!?
   〜医学系文献検索入門〜」のお知らせ ★
==============================================================
医学図書館との共催で、秋の恒例企画、医学系文献検索講習会2010
「医者なら誰でも知っている!?〜医学系文献検索入門〜」を開催します。

PubMed、医中誌Webなど医学系データベースの実習形式での講習会です。
医学部以外の方も、ご参加いただけます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

この講習会は予約優先です。お早めにお申込みください。

◆日時: 同じ内容で2回開催します。
10/29(金)
1回目:15:30-16:30
2回目:17:30-18:30(夜間開催)

◆内容: パソコンでの実習形式
 ・電子ジャーナルで論文を読む
 ・日本語の医学系論文を探す(医中誌Web)
 ・英語の医学系論文を探す(PubMed)
 ・東京大学にない雑誌論文や図書を入手する(Webリクエスト)

◆会場: 医学図書館1階マルチメディアコーナー
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html

●定員: Windows端末14名、Mac端末5名 ※予約優先 
     (講師はWindows端末を利用)

●参加費: 無料

■詳細はこちら
⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20101004

■申込方法
・【希望時間・端末、氏名、所属、身分、メールアドレス、電話番号】を
 メールで下記までお知らせください。
・一週間以上受付完了メールがこない場合はお問い合わせください。
・定員に達しましたら受付を締切ります。

◆お問い合わせ先
 医学図書館 情報サービス係
 Tel: 03-5841-3667 (平日9:00-12:00, 13:00-17:00) 
 medlibs*m.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)


==============================================================
 ★ 文学部所蔵資料デジタル公開のお知らせ ★
==============================================================
このたび文学部図書室では、文学部所蔵資料の電子版公開を開始しました。

今回は、国文学研究室所蔵の「芝居番付」画像データベースです。

今後、他資料についても順次追加していく予定です。

■アクセスはこちらから
⇒http://library.l.u-tokyo.ac.jp/lib/digitalarchive2.html

2010/10/8 No.129

=================================================================
 ★ 中国語で講習!「留学生のためのはじめての論文の探し方」 ★
=================================================================
中国語で講習する「留学生のためのはじめての論文の探し方ガイダンス」
を開催します。
留学生の方が周りにいらっしゃいましたら、ぜひこのガイダンスのことをお知らせください。

内容は、レポート・論文作成に役立つ、データベースを使った
図書や雑誌論文の検索実習です。
実際にパソコンを操作しながら実習します。

入門的な内容ですので、新入学の留学生に限らず、
中国語での講習を希望する初心者の方の参加も歓迎します。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

●講習内容
・図書の探し方(東京大学OPAC、Webcat)
・雑誌論文の探し方(電子ジャーナル、東京大学OPAC)
・あるテーマに関する論文の探し方
  中国語論文:CNKI
  日本語論文:CiNii
  英語論文:Web of Science
・自宅からデータベースや電子ジャーナルを使う方法

●日時:10/20(水)15:00-16:00

●会場:本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら (中国語のページ)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/c/training-c.html


=================================================================
 ★ 駒場図書館 10月の講習会のお知らせ ★
=================================================================
10月の駒場図書館講習会は、初心者におすすめの3コース!
ぜひご参加ください。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・10/13(水)15:00-16:00 電子ジャーナルで論文入手【電子ジャーナル初心者にオススメ】
・10/14(木)15:00-16:00 日本の論文を探すには?【学部1〜3年生にオススメ】
・10/19(火)15:00-16:00 Web of Scienceを使おう!【学部1〜3年生にオススメ】

●会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
  (各回先着24名。予約不要。)
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0179


=================================================================
 ★ 工学系・情報理工学系向け 情報探索ガイダンス 予約受付中! ★
=================================================================
工学・情報理工学図書館との共催で、
工学系・情報理工学系に所属している方向けの情報探索ガイダンスを開催します。

このガイダンスでは、図書や雑誌論文の基本的な探索方法を、
工学系・情報理工学系分野を例に解説します。
検索方法を実習形式で身につけることができ、
レポート・論文作成にすぐに役立つ内容となっています。
また、今回はご要望にお応えして、文献管理ツールの
RefWorks、EndNote Webのコースもご用意しました。

●対象: 工学系・情報理工学系所属者
 学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
 お早めにお申込みください!

●参加方法: 予約優先・先着順(各回8名)
予約・詳細はこちら
⇒http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/cllib/news/20100917_guidance.html

●会場: 工2号館図書室 グループ学習室 (工2号館5階)
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html

●スケジュール:
【文献検索早わかりコース】(全6回、内容同じ)
・10/18, 19, 20, 21, 22(月〜金):各日12:00-12:50
・10/22(金):15:00-15:50

【文献管理ツールコース】(全2回)
・10/19(火):13:00-14:00 RefWorks
・10/21(木):13:00-14:00 EndNote Web

●参加費: 無料

■詳細はこちら (工学・情報理工学図書館ニュース)
⇒http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/cllib/news/20100917_guidance.html

◆お問い合わせ先
 工学・情報理工学図書館情報総務チーム
 メール: t-staff*lib.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)
 電話: 03-5841-2606 (内線6016)


=================================================================
 ★ 秋の総合図書館オリエンテーションに参加しよう(日本語&English)
   "General Library library tour" ★
=================================================================
“総合図書館オリエンテーション”を、総合図書館と情報基盤センター
図書館電子化部門の共催で実施します。

※英語コースと日本語コースあり。

初めて総合図書館を利用される方はもちろん、これまで利用したことの
ある方も、この機会にオリエンテーションに参加して、ぜひ総合図書館を
使いこなしてください。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
The courses are restricted to University of Tokyo members only.
Both students and employees are welcome.

◆集合場所:
本郷キャンパス 総合図書館1階 総合案内カウンター(各回先着12名。予約不要)
Please come to the General Information Desk of the General Library (Hongo campus)
before the scheduled time. No advance reservation is required.
⇒地図 Map http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_e.html    

●スケジュール:
 All students can join each tour/course!
 It is not necessary to attend all 2 courses.
 Participants can join each course of 30 minutes.

・10/21(Thu.) [English]
 16:00-17:00 OPAC Course / General Library Library tour

・10/27(水)[日本語]
 17:00-18:00 OPAC入門 / 総合図書館ライブラリーツアー

●参加費: 無料  Free of Charge.

■詳細はこちら (English)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html

2010/10/1 No.128

=================================================================
 ★ 10月の情報探索ガイダンス“はじめての論文の探し方”ほか ★
=================================================================
レポート・論文・ゼミ発表で、文献探しや文献整理に困っていませんか?
10月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・10/6(水)12:10-12:30 自宅から検索するには?
・10/8(金)16:00-17:00 はじめての論文の探し方【新コース】
・10/12(火)16:00-17:00 EndNote Webを使うには?
・10/14(木)11:00-12:00 RefWorksを使うには?
・10/15(金)12:10-12:40 日本の論文を探すには?
・10/27(水)15:00-16:00(10/8と同内容)はじめての論文の探し方【新コース】
・10/29(金)15:00-16:00 留学生向け「OECD iLibrary」講習会(英語で講習)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


=================================================================
 ★ 「D1-Law.com (第一法規 法情報総合データベース)」、学外アクセス可能に! ★
=================================================================
「D1-Law.com (第一法規 法情報総合データベース)」がSSL-VPN Gatewayサービス経由で
学外から利用できるようになりました。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面
  ( https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/)にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.htm
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html


=================================================================
 ★ 「RefWorks」参考文献フォーマットの希望が反映されました ★
=================================================================
Litetopiメールマガジン 2010/8/25 No.124で、
( http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/litetopi.html#124)
文献管理ツール「RefWorks」の参考文献の出力フォーマットに
追加してほしい投稿規程を募集したところ、
3名の方から以下のリクエストをいただき、いずれも追加されました。

・「社会学評論」
・「Journal of Adolescent Health」
・「文化人類学」(←依頼者本人のみ使用可となっております)

RefWorksにどんなフォーマットが用意されているかは
以下の手順で確認し、活用できます。

RefWorksにログイン
⇒メニューバーの「ツール」をクリック
⇒「出力フォーマット管理ツール」をクリック
⇒左側の出力フォーマット一覧から使用するフォーマットを選び「お気に入りへ追加」ボタンをクリック
⇒メニューバーの「参考文献」をクリックすると、
出力フォーマットの選択肢に今選んだフォーマットが加わったことが確認できます。

引き続き、RefWorksの出力フォーマットのご希望を承ります。

RefWorksにあらかじめ用意されているフォーマットでは、自分の作りたいものが
見当たらない、この学会の投稿規程を追加してほしい、などご希望がございましたら、
下記まで、投稿規程のURL、あるいは印刷したもののコピーなどをお寄せください。

<Webサイトや電子ファイルの場合>
情報基盤センター 学術情報リテラシー係
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp (*を@にして送信)

<紙媒体の場合>
学内便にて
「総合図書館内3階 情報基盤センター学術情報リテラシー係 宛て」
あるいは、上記宛先を書いた封筒に入れた上で、
最寄の図書館・図書室カウンターにお預けください。


=================================================================
 ★ 10/3 Factiva.com サーバーメンテナンス ★
=================================================================
Factiva.com のサーバーメンテナンスが下記時間帯に予定されています。

同メンテナンスにより、Factiva.comがご利用いただけない時間帯、
及び動作が不安定になることが予測される時間帯があります。

ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

◆メンテナンス時間
 ・ご利用いただけない時間帯
 日本時間 :10月3日(日)9:00-13:00(4時間)

 ・動作が不安定になることが予測される時間帯
 日本時間 :10月3日(日)13:00-21:00(8時間)


=================================================================
 ★ ツイッター始めました! ★
=================================================================
情報基盤センター学術情報リテラシー係では、
ツイッターで、講習会のお知らせを始めました。

ユーザ名はgacos_todaiです。ぜひ「フォロー」をよろしくお願いします。

http://twitter.com/gacos_todai

掲示してあるポスターやチラシには載らないような、
追加開催や臨時開催などのホットなニュースも、ツイッターでお知らせしていきます。

また、皆さまから「こんな講習会をしてほしい」などのご意見や、
講習会に参加してみた方のご感想などもお気軽にお寄せいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

2010/9/21 No.127

=================================================================
 ★ Web of ScienceからRefWorksへの保存がボタン1つで可能に! ★
=================================================================
データベースで論文を探して、検索結果をぱぱっと保存・整理したい方に、
朗報です!

このたび、「Web of Science」の検索結果画面に、
「RefWorks」へのデータ保存が簡単にできる、便利なボタンが付きました!

※「Web of Science」は全分野の主要な学術誌に掲載された論文のデータベース。
 「RefWorks」は文献情報をWeb上に保存し、文献リストを自動で作れるツール。

これまでは、
Web of Scienceの検索結果で保存したいものを「マークリスト」に入れてから自分のPCに保存
⇒RefWorksの画面を立ち上げて、ファイルを取り込む、
といった面倒な手順が必要でした。

この作業がボタン1つで簡単に、Web上でできるようになりました!
どうぞお試しください。

■Web of Science
【学内から】http://isiknowledge.com/WOS

【学外から】SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
         https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

■RefWorks
http://www.refworks.com/refworks
<FAQ>RefWorksを使うには?
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/refw.html

●講習会で、Web of ScienceからRefWorksへの保存も実習します!
・9/22(水)16:00-17:00【文献リストをサクっと作成〜RefWorksを使うには〜】
・会場:本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー(先着12名 予約不要)
 (地図 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html )
・参加費:無料
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


=================================================================
 ★ RefWorksの新インターフェイス「RefWorks 2.0」、ベータ版公開! ★
=================================================================
文献管理ツール「RefWorks」の新しいインターフェース「RefWorks 2.0」が、
今年末にリリースされる予定です。
その正式版リリースに先立ち、ベータ版がご利用いただけます。

新インターフェースはカラーイメージも一新、
操作性が向上しています。どうぞお試しください。

■アクセスはこちら(現行版と同じURL)
⇒http://www.refworks.com/refworks
 >画面上の「RefWorks 2.0」のリンクをクリックすれば画面が切り替わります。
 >現行版に戻すには「RefWorks Classic」のリンクをクリック。

◆機能面について
今回のリニューアルは操作性向上が主な目的です。
機能面の大きな変更点は特にありません。

◆「RefWorks 2.0」ベータ版についてご了解いただきたい事項
・出力フォーマット編集機能が利用できません。
・「RefWorks 2.0」を利用していてもRefShareで共有されたページは、
 現行版で表示されます。
・「RefWorks 2.0」に切り替えた後もWrite-N-Cite、RefGrab-Itは、従来どおりです。
・ベータ版のため不具合のある可能性もあります。見つけた方はお知らせください。

※「RefWorks2.0」は、2010年末に正式版がリリース予定です。
 現行インターフェースも並存して2011年7月末まで利用可能です。

●RefWorks講習会があります!
・9/22(水)16:00-17:00【文献リストをサクっと作成〜RefWorksを使うには〜】
・会場:本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー(先着12名 予約不要)
 (地図 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html )
・参加費:無料
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

「RefWorks 2.0」の講習会は、正式版がリリースされてから実施予定です。
ご希望がありましたらお知らせください。


=================================================================
 ★ 総合図書館停電に伴う各種サービスの一時停止(9/24〜9/27) ★
=================================================================
総合図書館の停電に伴い、9/24(金)から9/27(月)にかけての一部の時間帯に、
東京大学OPACなど、各種サービスが停止いたします。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

なお、サービスにより停止時間が異なります。
各サービスの停止時間帯についてはこちらをご覧ください。
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/news/stop_J_20100926.html

(英語ページ)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/news/stop_E_20100926.html


=================================================================
 ★ 教育用計算機システム(ECCS)に関するアンケート実施中 ★
=================================================================
情報基盤センターでは、2012年3月に教育用計算機システム(ECCS)の
更新を予定しています。

次期システムの参考にするために、教育用計算機システム(ECCS)の
利用状況や、次期システムの要望などのWebアンケートを実施中です。

アンケートは10/31(日)まで実施予定です。どうぞご協力ください。

■アンケート回答はこちらから
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2010/07/27_1337.html

※アンケートページは学習管理システムCFIVE上にあります。
 CFIVEにログインするにはECCSアカウントが必要です。


=================================================================
 ★ 10/22 「国立国会図書館データベースフォーラム さがす、しらべる、よむ。」 ★
=================================================================
「国立国会図書館データベースフォーラム さがす、しらべる、よむ。」
というイベントが開催されます。

国立国会図書館といえば、国立国会図書館法により
国内で発行されたすべての出版物の納入が義務づけられている日本で唯一の
納本図書館、膨大な蔵書を誇る図書館ですが、紙の本の収集だけでなく、
デジタル化にも力を入れていることはご存知でしょうか。
調べ物に役立つデータベースも、無料でたくさん提供されています。

このフォーラムでは、
国立国会図書館の大規模デジタル化事業や、
国立国会図書館が公開しているデータベースなど豊富な情報源について、
デモンストレーションを見ながら効率よく知ることができます。

今まで知らなかった便利なデータベースに出会えるかもしれません。
この機会に、参加してみては?

※参加対象者: 国民読書年関連行事として、広く一般向けに開催。
 希望者には、館内見学もあり。(要事前申込み)

●日時: 10/22(金) 13:00-16:30

●会場: 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/route.html

●定員: 先着300名 定員になり次第受付終了

●参加費: 無料

■参加申込み・プログラム詳細はこちら
⇒http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/dbf2010.html


2010/9/10 No.126

=================================================================
 ★ 9月の情報探索ガイダンス 新コースあり 予約不要!
  “国内の法令・判例を検索するには? D1-Law.com講習会” ほか ★
=================================================================
論文探しも論文整理も9月中にマスター!
9月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・9/14(火)13:30-14:30 電子ジャーナルで論文入手 &
                                      RefWorksですっきり整理【新コース】

・9/15(水)15:00-16:00 国内の法令・判例を探すには?
                                      D1-Law.com講習会 【9月限定】

・9/17(金)15:00-16:00 文献検索早わかり

・9/22(水)16:00-17:00 文献リストをサクっと作成〜RefWorksを使うには〜

・9/28(火)15:00-16:00 Web of Science応用編 &
                                     インパクトファクターミニ講座【新コース】

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


=================================================================
 ★ 9/24 セミナー開催 「日本の学術情報流通 10年後を見据えて」 ★
=================================================================
現在論文を発表している研究者の方や、
10年後に論文を書いている可能性のある皆さま、
学術情報の10年後について、考えてみませんか?

下記の日程で、駒場キャンパスにて、
“10年後の日本の学術情報流通”を考えるセミナーが
開催されます。
(主催:日本動物学会、国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)
 後援:日本学術会議(予定))

論文の著者⇒学術出版社・学会⇒図書館⇒読者、という
学術情報の流通のあり方は、電子化の流れの中で、10年後、どのように
変化しているでしょうか。今後、進むべき方向性は?

駒場キャンパスが会場となっているこの機会に、参加されてはいかがでしょうか。

※参加対象者: 研究者、図書館員、学術出版職にある方
 (日本動物学会所属の方に限りません。)

●日時: 9/24(金) 9:00-11:30

●会場: 駒場キャンパス 5号館 2階 523講義室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_04_j.html

●定員: 100名

●参加費: 無料

■参加申込み・プログラム詳細はこちら(当日参加でもOK)
⇒http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2010/20100924.html


=================================================================
 ★ 10/5  セミナー開催 「手軽にスライドショーとBGMを作ろう」 ★
=================================================================
情報基盤センターでは、「Digital Contents Creation - 手軽にスライドショーと
BGMを作ろう -」と題して、【第72回コンピュータ・ネットワーク利用セミナー】を
開催します。

本学の教職員、学生等を対象とした講習会です。 ぜひご参加ください。

●日時: 10/5(火) 14:00-16:00

●会場: 駒場キャンパス 情報教育棟 3階 中演習室3 (E38)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_24_j.html

●定員: 約50名

●概要:
 ECCS2008のiMac端末に標準でインストールされているアプリケーション
“iPhoto”と“GarageBand”を利用して、スライドショーとBGMをハンズオン
形式で制作します。
 複数のスタッフがサポートしますので、初めての方も安心して参加できます。
 当日は、思い出の写真などを入れたUSBメモリを持参してください。
 
※ECCS端末を使用しますので、ログインできることを事前に確認してください。

●講師: アップルジャパン株式会社 文教営業本部 澤 綾子 氏

●参加費: 無料

■参加申込み・詳細はこちら
⇒http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/Seminar/072_20101005/


=================================================================
 ★ [知って使ってシリーズ]  キャンパス間の図書取り寄せサービス
   〜駒場に居ながらにして柏図書館の本を借りられます〜 ★
=================================================================
今回は、データベースの紹介ではなく、便利なサービスの紹介です。

たとえば、こんなケースはないでしょうか?
・本郷の学生: 読みたい本が、本郷のどの図書館にも無い。駒場にあるが行くのは面倒だ。
・駒場の院生: 読みたい本が、駒場図書館で貸出中。柏にあるが、あきらめた。
・柏の教員: 読みたい本が、柏図書館で貸出中。予約して待つか、本郷に用のあるとき総合図書館で借りる。

いずれの場合も、他キャンパスから、その本を取り寄せて借りられますよ!

あらためて紹介します。

■キャンパス間の図書取り寄せサービス(キャンパスローン)

学部学生・大学院生・教職員の方は、ご所属学部の図書館・図書室に、
他キャンパスにある図書館から図書を取寄せることができます。(無料)

※ご所属学部と同じキャンパス内にある図書館からは、取寄せできません。

◆お問い合わせ
⇒ご所属学部の図書館 またはお近くの図書館へお尋ねください。
  http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/guide/liblist.html

◆参 考:キャンパスローン(資料取り寄せ)サービス対象拡大のお知らせ(附属図書館ニュース)
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/fuzokuto_10_05_10.html

●補 足:公共図書館も含めて、身近で借りられるところを探すなら
⇒「カーリル」(Nota, Inc運営。無料公開) http://calil.jp/

「カーリル」は、全国の図書館の蔵書・貸出状況を簡単に検索できるサービス。
自分の地域か、よく行く図書館を選択・設定すれば、各図書館の蔵書を一括検索。(本学の図書館も選択可能。)
どこで借りられるかひとめで分かり、各図書館のOPAC予約画面に飛ぶこともできます。
各図書館のOPACを検索し直す手間が省けて便利。お試しください。

2010/9/2 No.125

=================================================================
 ★ 駒場図書館 9月の講習会(9/28, 9/29)のお知らせ ★
=================================================================
9月の駒場図書館講習会は、文献収集の基本を学ぶ2コース!
ぜひご参加ください。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・9/28(火)15:00-16:00 文献リストの論文を探す

・9/29(水)15:00-16:00 Web of Scienceを使おう!【学部1〜3年生にオススメ】

●会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
  (各回先着24名。予約不要。)
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0176


=================================================================
 ★ 経済学図書館 e-DDSサービス開始! ★
=================================================================
経済学図書館では、9月1日(水)より、経済学図書館所蔵の雑誌について
e-DDSサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆対象資料: 経済学図書館所蔵の雑誌
 (OPACで所在が「経図」と表示される雑誌)
  ※資料の状態や貸出状況等により対応できない場合があります。

◆申し込みできる方:
 全学の学内者で事前にe-DDSサービス利用申請を済ませた方
 (本郷・弥生・浅野キャンパスの方も含む)

◆料金: 1枚20円(白黒・カラー)

◆受付時間帯・所要時間: 平日 9:00〜17:00
  おおむね2〜3日以内にメールでご連絡します。
  お急ぎの場合はご来館ください。

◆問い合わせ先
 経済学図書館 図書運用係 unyo@e.u-tokyo.ac.jp
(@は半角に置き換えてください)

【参考】
 e-DDSサービス受付館一覧
 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/service-html/webreq/edds/accept_lib.html


=================================================================
 ★ 9/5 RefWorks サービス一時停止 ★
=================================================================
RefWorks ( http://www.refworks.com/refworks)は、
サーバーメンテナンスに伴い、下記の日程で最大4時間ご利用いただけなくなります。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご了承ください。

 [日時] :2010年9月5日(日) 14:00-18:00 (*日本時間)


=================================================================
 ★ 9/12 CiNiiなど国立情報学研究所各種サービス一時停止 ★
=================================================================
国立情報学研究所のCiNii(サイニィ)など各種サービスは、
電気設備の法定点検による停電に伴い、下記のとおりサービスを停止する予定です。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご了承ください。

■停止日:平成22年9月12日(日)

(1)0:00から22:00まで
   ・ NII論文情報ナビゲータ(CiNii)
   ・ NII電子ジャーナルリポジトリ(NII-REO)
   ・ 科学研究費補助金データベース(KAKEN)
   ・ 学術研究データベース・リポジトリ(NII-DBR)
   ・ GeNii統合検索
   ・ Webcat Plus
   ・ Webcat 他

(2)7:00から21:00まで
   ・ 学術機関リポジトリポータル(JAIRO) 他

■システムメンテナンス情報
  http://www.nii.ac.jp/syskan/maintenance.html


=================================================================
 ★ 9/22 JapanKnowledge+ サービス一時停止 ★
=================================================================
JapanKnowledge+ は、定期システムメンテナンスのため、下記の日程で
全サービスが一時停止となります。

【サービス停止日時】
・2010年9月22日(水)午前3:00〜午前6:00(※予定)

【サービス停止内容】
・JapanKnowledge+ :http://www.jkn21.com/
 -JKセレクトシリーズ「日国オンライン」
 -JKセレクトシリーズ「日本歴史地名大系」
 -JKセレクトシリーズ「国史大辞典WEB」
・JKセレクトシリーズ「Web版日本近代文学館」:http://yagi.jkn21.com/

※作業の進捗状況により、サービス再開時刻は多少前後する場合がございます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご了承ください。

2010/8/25 No.124

=================================================================
 ★ 文献管理ツール「RefWorks」で文献リストを作りたい方へ!
  〜参考文献のフォーマット(リストの書式)のご希望をお寄せください〜 ★
=================================================================
Web版の文献管理ツール「RefWorks」を使って、論文作成に必須の
引用文献・参考文献リストを作りたい、あるいは既にご使用中の皆様に、
お知らせです。

現在、「RefWorks」の参考文献の出力フォーマット(リストの書式)について、
追加してほしい投稿規程などございましたら、ご希望を承っております。

「RefWorks」にあらかじめ用意されているフォーマットでは、自分の作りたいものが
見当たらない、この学会の投稿規程を追加してほしい、などご希望がございましたら、
下記まで、投稿規程のURL、あるいは印刷したもののコピーなどをお寄せください。

<Webサイトや電子ファイルの場合>
情報基盤センター 学術情報リテラシー係
literacy@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角にして送信)

<紙媒体の場合>
学内便にて
「総合図書館内3階 情報基盤センター学術情報リテラシー係 宛て」
あるいは、上記宛先を書いた封筒に入れた上で、
最寄の図書館・図書室カウンターにお預けください。


=================================================================
 ★ 8/28 ScienceDirect サービス一時停止 ★
=================================================================
Elsevier社の電子コンテンツプラットフォーム「ScienceDirect」が、
バージョンアップおよび新プラットフォーム「SciVerse」リリースのため、
以下のとおりサービスが一時停止となります。

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

[停止予定期間]
 2010年8月28日(土)日本時間 午後8:30より約9時間

[新プラットフォームSciVerseのご案内]
 フルテキストデータベース、書誌・引用データベース、ウェブ情報を統合して
 新プラットフォーム「SciVerse」(サイバース)がリリースされます。

 ・ScienceDirect、Scopusは、SciVerseプラットフォーム上に統合され、
  それぞれ「SciVerse ScienceDirect」、「SciVerse Scopus」となります。

 ・新たにリリースされる「SciVerse Hub」(サイバース・ハブ)によって、
  「SciVerse ScienceDirect」、「SciVerse Scopus」、ウェブ情報の3つの
  重複除去された統合検索を可能になります。
  (※本学はScopusを契約していないため、Scopusの検索結果は表示されません。)

 ・研究者それぞれのニーズを満たし、研究効率を向上させる各種アプリケーションが
  「SciVerse Hub」で利用できるようになります。

 ・各製品のURLは以下のようになります。
  - SciVerse Hub
    http://www.sciverse.com
  - SciVerse ScienceDirect
    http://www.sciencedirect.sciverse.com
    → 現在のURL http://www.sciencedirect.com にリダイレクトされます。
  - SciVerse Scopus(※本学は契約していません。)
    http://www.scopus.sciverse.com
    → 現在のURL http://www.scopus.com  にリダイレクトされます。

※本学ではScopusは契約していないため、従来どおり「ScienceDirect」を現在のURL
http://www.sciencedirect.com
でお使いいただいても大きな違いはございません。


=================================================================
 ★ [知って使ってシリーズ] パソコンスキルアップに、「日経BP記事検索サービス」 ★
=================================================================
前号から、[知って使ってシリーズ] として、「あまり知られていないけど、せっかく
東大で使えるので、ぜひ知って、使ってほしい」というものを紹介しています。

第2弾は、「日経BP記事検索サービス」です。

Word、Excel、PowerPointを上手に使いこなしたいとき、
レベルに合った解説書を1冊手元に置くこともおすすめしますが、
「日経BP記事検索サービス」にアクセスすれば、
『日経パソコン』など日経BP社発行の雑誌+書籍の本文を、
必要な記事だけダウンロードできます。

トップ画面の「パソコン スキルアップ講座」コーナーでは、
パソコン関連雑誌の連載記事が、「Word」「Excel」などで分類されていて、
気になる項目ごとに読めます。

トップ画面の「特選ブックス」コーナーでは、パソコン関係の書籍
『バリバリ活用教室!!エクセル&ワード』や、『ワードのイライラ解決大事典115』
などを、目次から選んで本文まで見られます。

パソコン雑誌だけでなく、ビジネス、サービス、科学、医療関連の雑誌もあり、
フリーワード・会社名での検索、業種を指定して検索もできます。
会社名での検索は、単純に会社名が出てくる記事がすべて表示されるのではなく、
その企業に関連の深い記事を選んで表示されます。

パソコンのスキルアップや、就職活動などにご活用ください。

■アクセスはこちら

【学内限定】http://bizboard.nikkeibp.co.jp/daigaku/
 
【注意】 クリックする前に・・・その記事、本当に必要ですか?
必要な記事のみ選んで、本文表示をしてください!
月間利用上限(全学合計2,500回)に達すると本文が表示できません。
記事タイトル、[テキスト]ボタン、[PDF]ボタンのいずれをクリックしても「1回」となり、
その分、全学で利用できる回数が減ります。ご注意ください。

2010/8/17 No.123

=================================================================
 ★ 9月の情報探索ガイダンス 新コースあり 予約不要!
  “国内の法令・判例を検索するには? D1-Law.com講習会” ほか ★
=================================================================
論文探しも論文整理も9月中にマスター!
9月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・9/14(火)13:30-14:30 電子ジャーナルで論文入手 &
                                      RefWorksですっきり整理【新コース】

・9/15(水)15:00-16:00 国内の法令・判例を探すには?
                                      D1-Law.com講習会 【9月限定】

・9/17(金)15:00-16:00 文献検索早わかり

・9/22(水)16:00-17:00 文献リストをサクっと作成〜RefWorksを使うには〜

・9/28(火)15:00-16:00 Web of Science応用編 &
                                     インパクトファクターミニ講座【新コース】

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


=================================================================
 ★ 「Oxford Dictionary of National Biography」、「Oxford English Dictionary」が
     学外アクセス可能に! ★
=================================================================
Oxford University Pressの2つのオンライン辞典
・「Oxford Dictionary of National Biography」http://www.oxforddnb.com/
・「Oxford English Dictionary」http://www.oed.com/
がSSL-VPN Gatewayサービス経由で学外から利用できるようになりました。

なお、「Oxford Reference Online」
http://www.oxfordreference.com/
は既に学外アクセス可能となっています。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスのサインイン画面にアクセス
     https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html


=================================================================
 ★ 診療サポートツール「DynaMed」トライアル開始 ★
=================================================================
医学図書館では、診療サポートツール「DynaMed」のトライアルを開始しました。
どうぞご利用ください。

◆DynaMed 概要
 主に臨床現場で使用するために医師が医師、医療従事者のために開発した
 診療サポートツールです。3,000以上のクリニカルトピックは、
 診断・治療・予後などの項目別に有用度の高いエビデンスが箇条書きで
 簡潔にまとめられており、ほとんどの臨床上の疑問をより短時間で解決できる、
 「EBM(科学的根拠に基づく医療)」実践ツールとして国内外の医療機関から
 高い評価を受けています。(コンテンツはすべて英文です。)

◆特徴
 * 収録データは毎日更新
 * 対象は全診療科
 * 単純明快な画面構成&操作性
 * 短くて簡潔な分かりやすい記述
 * 信用度の高いエビデンスを簡潔にまとめたEBMツール

◆こんな場面で役立ちます
 * 疾病・治療について手早く調べる診療サポートツールとして
 * 日常の診療における診断・治療の判断材料に
 * 治療のエビデンス調査に
 * カンファレンス時の治療法比較検討資料として
 * エビデンスの元となる臨床試験論文・抄録・書誌情報の参照に

■トライアルサービス期間: 2011年3月31日(木)まで

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザ数の制限なし)

【学内から】http://search.ebscohost.com/login.aspx?authtype=ip,uid&group=dynamed&profile=dynamed
 ・詳しくは日本語サポートサイト http://www.ebsco.co.jp/medical/dynamed/index.html  をご参照ください。
   操作法のチュートリアル動画もあります。

■注意
 正式サービス導入予定については今のところありません。
 モバイル機器での利用はトライアルではできません。
 
◆お問い合わせ先
 医学図書館 図書受入係 acq@m.u-tokyo.ac.jp
(@は半角に置き換えてください)


=================================================================
 ★ EndNote Webへのインポート方法一覧を作成しました ★
=================================================================
「Amazonで見つけた本のデータをEndNote Webに取り込む方法は?」
「CiNiiからEndNote Webにデータを取り込むには?」
などの疑問にお応えして、このたび、
「各データベースからEndNote Webへのインポート方法」
というページを作成しました。

これまでご質問いただいたデータベースや主なデータベースごとに、
EndNote Webへのデータ取り込みの手順をまとめてあります。

文献管理にEndNote Webをご利用の方は、どうぞご活用ください。

■EndNote Webへのインポート方法一覧はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/enw_import.html

◆GACoS 「FAQ: EndNote Webを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/enw.html


=================================================================
 ★ ネットで受講!Web of Science と EndNote Webの講習会 ★
=================================================================
8月27日に、トムソン・ロイター社の日本人トレーナーによる、
Web of ScienceとEndNote Webのインターネット講習会が開かれます。

自宅からも、研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。

事前登録をしてご参加ください。

◆日時・コース 
・8/27(金)13:00-14:30  初めての文献検索(Web of Science)
  【夏休特集】Web of Scienceの便利な活用法
 1.手元の文献から、関係論文を探し出す!
 2.検索してもヒットしない場合の対応方法!
 3.自分の文献を探し出す検索式の作成方法!
 4.引用マップの本当に使える使い方!
 5.逆引きの本当に使える使い方!(引用文献検索)

・8/27(金)15:00-16:30 初めての文献管理ソフト(EndNote Web)
  【夏休特集】EndNote Webの便利な活用方法
 1.家からアクセスする!
 2.電子ジャーナルのレコードを簡単に保存する!
 3.プラグインを使った簡単・引用文献作成手順!
 4.日本語の文献をどう変換するか!
 5.文献リストを公開するResearchIDホームページの作成!

*詳細は以下のページをご覧ください。
過去の講習会のビデオも公開されています。

■要事前登録(無料)(注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/
(トムソン・ロイター社のページ)

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆参加費:無料


=================================================================
 ★ [知って使ってシリーズ] 就活に、「会社四季報」をJapanKnowledge+で! ★
=================================================================
今回から、GACoS(=東大で使えるデータベースを探すサイト)に
登録されているデータベースの中で、
「あまり知られていないけど、せっかく東大で使えるので、
ぜひ知って、使ってほしい」というものを、
[知って使ってシリーズ] と題して紹介していきます。

第1弾は、「会社四季報」です。

「会社四季報」(東洋経済新報社)は、日本国内の全上場企業について、
財務内容、株価動向などをコンパクトに網羅した企業データブックです。

じつは、事典・辞書を一括検索する「JapanKnowledge+」(ジャパンナレッジプラス)で、
「会社四季報」も検索対象になっています。

就職活動で、就職情報サイトや会社のホームページだけでなく、
「会社四季報」も検索して、情報収集に活用してください。

「JapanKnowledge+」でなら、「情報・知識imidas(イミダス)」、「現代用語の基礎知識」
との一括検索もできます。

※「JapanKnowledge+」で検索できる「会社四季報」のデータは、書籍版刊行時のものです。
データ更新は書籍発売から約2か月後になります。ご注意ください。(データ更新頻度:年4回)

■アクセスはこちら

【学内から】http://www.jkn21.com/
 ⇒まず右端の「ログイン/Enter」ボタンをクリックしてご利用ください。
 「会社四季報」だけを検索するには、右の事典一覧の中から
 「会社四季報」の右にある[個別]ボタンをクリックしてください。
 利用後は、[ログアウト]を押して終了してください。
 
【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
          https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

※一度に大量のデータをダウンロードすることは、
  出版社、ベンダーの規約上禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

2010/7/30 No.122

=================================================================
 ★ 「国史大辞典WEB」、トライアル開始! ★
=================================================================
JapanKnowledge+ のオプションコンテンツ「国史大辞典WEB」の
トライアルを開始しました。どうぞご利用ください。

◆「国史大辞典WEB」とは
 吉川弘文館刊行の「国史大辞典(全15巻)」をデータベース化したものです。

 JapanKnowledge+ に収録されている「日本国語大辞典」「日本歴史地名体系」
  等との横断検索が可能です。

■トライアルサービス期間: 2010年9月30日(木)まで

■アクセスはこちら

【学内から】http://www.jkn21.com/
 ⇒まず右端の[ログイン]を押してください。
 ログインして最初に表示される画面では、
 「国史大辞典WEB」は一括検索の対象となっています。
 「国史大辞典WEB」だけを検索したいときは、右のOneLookコンテンツの中から
 「国史大辞典WEB」の右にある[個別]ボタンをクリックしてください。
 利用後は、[ログアウト]を押して終了してください。
 
【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
          https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
 
      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

※一度に大量のデータをダウンロードすることは、
  出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
  トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
 (@は半角に置き換えてください)


=================================================================
 ★ 「Wiley InterScience」リニューアルに伴うサービス一時停止 ★
=================================================================
Wiley社の電子ジャーナル・電子ブックのプラットフォーム
(現「Wiley Interscience」)はリニューアルにより、以下のとおり
新プラットフォーム「Wiley Online Library」に移行します。

このリニューアルに伴い、サービスが一時停止となります。

新「Wiley Online Library」( http://onlinelibrary.wiley.com )
のサービス開始日時および移行時のサービス停止期間は
以下の通りです。

A. 現行プラットフォーム「Wiley InterScience」サービス終了

  日本時間 2010年8月7日(土)午後5時

B. 新プラットフォーム「Wiley Online Library」サービス開始

  日本時間 2010年8月9日(月)午前1時

◆サービス一時停止期間: 上記AからBまでの期間

なお、サービス開始時期がずれこむ可能性もあります。
サービス停止期間中は、Wiley InterScience および Wiley Online Libraryに、
サービス一時停止の理由を説明するメッセージが表示されます。

サービス中断によりご不便をおかけいたしますが、
ご理解のほどお願い申し上げます。

【注意】「Wiley InterScience」の個人アカウントをお持ちの方へ

 「Wiley InterScience」で個人アカウントを作って、
・検索式の保存(saved searches)
・保存した検索条件に一致する新着論文のEメールアラート配信
をご利用中の場合、
保存していた検索式は、新プラットフォーム「Wiley Online Library」に
引き継がれません。
 そのため、現在保存している検索式を、
8月7日のWiley InterScienceサービス終了前に画面コピー等で記録しておき、
8月9日のWiley Online Libraryサービス開始後に、
再保存していただく必要がありますので、ご注意ください。

【参考】新プラットフォーム情報サイト
⇒http://www.wileyonlinelibrary.com/info
 利用ガイド(Training and Tutorials)、FAQ等をご参照下さい。


=================================================================
 ★ 8、9月のECCSアカウント新規取得講習会スケジュールはこちら ★
=================================================================
教育用計算機システム(Educational Campuswide Computing System:ECCS)
のアカウント取得に必要な「新規利用者向け講習会」の
8、9月のスケジュールは下記をご覧ください。

◆「新規利用者向け講習会」スケジュール(2010年8月、9月)
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2010/07/15_1333.html

■ECCSアカウントに関する問い合わせ
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/question.html


=================================================================
 ★ 8/4 「Informaworld」電子ジャーナル一時停止 ★
=================================================================
Taylor & Francis、Routledge、Informa Healthcare のタイトルが提供されている
電子ジャーナルサイト 「Informaworld」 は、メンテナンスのため、
下記の時間帯で、一時的に利用できなくなります。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

[サービス停止日時]  2010年8月4日(水) 16:00〜18:00(日本時間)

2010/7/22 No.121

=================================================================
 ★ 8月限定!秘書さん向け“はじめての論文の探し方” in 本郷キャンパス ★
=================================================================
8月限定で、「秘書さん向け“はじめての論文の探し方”ガイダンス」を
本郷キャンパスにて開催します。

先生に頼まれた論文の検索で困っていませんか?
この機会に、論文の探し方の基本をマスターしましょう!

「文献検索は初めて」という初心者の方向けに、文献リストの読み取り方から、
電子ジャーナルで論文を入手する方法、各種文献データベースの使い方など、
実際にパソコンを操作しながら実習します。

インターネット初心者の方も歓迎です。
この機会に参加して、ぜひ業務にお役立てください。

このコースは予約優先です。席に余裕があれば当日参加もOKです。

●対 象:
 本学にご所属の、研究補助を担当されている教職員
 (短時間勤務有期雇用職員含む)が主な対象です。

●日 程:
 ・第1回: 8/5(木) 16:00-17:00
 ・第2回: 8/10(火) 11:00-12:00
   同じ内容で2回開催します。

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。事前予約の方優先。)

●参加費: 無料

●内 容:
 ・参考文献リストの読み取り方
 ・図書を探す(図書館での所蔵の有無を調べる)
 ・雑誌を探す(電子ジャーナルで論文を入手)
 ・ある著者の論文を探す(日本語論文・英語論文)
 ・論文の被引用回数の調べ方
 その他、リクエストに応じて説明します。

■お申込みはこちら
⇒学術情報リテラシー係 literacy@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角にして送信)
 ※以下のメールをお送りください。
   Subject(件名): 秘書向けガイダンス参加希望
   本文: (1)参加希望日 (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問


=================================================================
 ★ 9月限定!秘書さん向け“はじめての論文の探し方” in 柏キャンパス ★
=================================================================
9月限定で、「秘書さん向け“はじめての論文の探し方”ガイダンス」を
柏キャンパスにて開催します。

先生に頼まれた論文の検索で困っていませんか?
この機会に、論文の探し方の基本をマスターしましょう!

「文献検索は初めて」という初心者の方向けに、文献リストの読み取り方から、
電子ジャーナルで論文を入手する方法、各種文献データベースの使い方など、
実際にパソコンを操作しながら実習します。

インターネット初心者の方も歓迎です。
この機会に参加して、ぜひ業務にお役立てください。

このコースは予約優先です。席に余裕があれば当日参加もOKです。

●対 象:
 本学にご所属の、研究補助を担当されている教職員
 (短時間勤務有期雇用職員含む)が主な対象です。

●日 程:
 ・第1回: 9/21(火) 13:00-14:00
 ・第2回: 9/21(火) 14:30-15:30
   同じ内容で2回開催します。

●会 場:
 柏キャンパス 柏図書館1階 ラーニングサポートサービス
 (先着24名 事前予約の方優先)
 地図⇒ http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html
 ※希望者先着12名まで備付PC利用可
 ※持込PC利用可(無線LAN利用可能なもの)

●参加費: 無料

●内 容:
 ・参考文献リストの読み取り方
 ・図書を探す(図書館での所蔵の有無を調べる)
 ・雑誌を探す(電子ジャーナルで論文を入手)
 ・ある著者の論文を探す(日本語論文・英語論文)
 ・論文の被引用回数の調べ方
 その他、リクエストに応じて説明します。

■お申込みはこちら
⇒学術情報リテラシー係 literacy@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角にして送信)
 ※以下のメールをお送りください。
  Subject(件名): 柏秘書向けガイダンス参加希望
  本文: (1)参加希望時間 (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問 (6)PC持込みする/しない


=================================================================
 ★ 農学生命科学図書館 e-DDSサービス開始!★
=================================================================
農学生命科学図書館で、雑誌のe-DDSサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

◆対象資料:
 農学生命科学図書館所蔵の雑誌(OPACで所在が「農図・雑誌」と表示される雑誌)
 ※資料の状態や貸出状況によっては対応できない場合もあります。

◆申し込みできる方:
 学内者で事前にe-DDSサービス利用申請を済ませた方
 本郷・弥生・浅野キャンパス所属の方もお申し込みいただけます。

 ※所属部局の図書館・室がこのサービスに参加していない場合は利用できません。
  サービス参加図書室一覧でご確認ください。

◆受付時間帯・所要時間(目安):
 e-DDSの受付作業は、平日の9:00から17:00に行います。
 おおむね翌業務日中にはメールでご連絡します。

◆料金:
 モノクロ・カラーとも、1ページ20円
(見開きでA3までは1ページとします)


【参考】
 e-DDS受付館一覧
 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/service-html/webreq/edds/accept_lib.html

 農学生命科学図書館ホームページ ニュース
 http://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/lib/index.php


=================================================================
 ★ 大気海洋研究所図書室 e-DDSサービス開始!★
=================================================================
大気海洋研究所図書室で、雑誌のe-DDSサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

◆対象資料:
 大気海洋研究所図書室所蔵の雑誌
 (OPACで所在が「大海研」と表示される雑誌。資料の状態や貸出状況等
 により、一部対応できない場合があります)

◆申し込みできる方:
 柏キャンパスを除く全学の方
 柏キャンパス所属の方は、お手数ですが来室でのご利用をお願いします。

 ※所属部局の図書館・室がこのサービスに参加していない場合は利用できません。
 サービス参加図書室一覧でご確認ください。

◆料金:
 1枚20円(見開きA3まで可能)

◆受付時間帯・所要時間
 平日 9:00〜17:00
 おおむね翌業務日中にはメールでご連絡します。

【参考】
 e-DDS受付館一覧
 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/service-html/webreq/edds/accept_lib.html


=================================================================
 ★ 「Zentralblatt Math」学外アクセスが可能に!★
=================================================================
数学研究に役立つデータベース「Zentralblatt Math」(ツェントラルブラットマス)
http://www.zentralblatt-math.org/zmath/en/
がSSL-VPN Gatewayサービス経由で学外から利用できるようになりました。
どうぞご活用ください。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面
  ( https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ )にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html


=================================================================
 ★ 夏季期間中の図書館の開館予定はこちら ★
=================================================================
夏季期間中の、学内の図書館・図書室の
開館予定は下記の一覧表をご覧ください。

■夏季期間中の開館・開室予定 一覧表(附属図書館 ニュース)
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/fuzokuto_10_07_21.html



2010/7/12 No.120

=================================================================
 ★ 「DNSA アメリカ外交政策極秘文書シリーズ」新コレクション追加 ★
=================================================================
法学部研究室図書室では、「Digital National Security Archive
アメリカ外交政策極秘文書シリーズ」に1コレクションを追加しました。

◆新しく利用できるコレクション
・The United States and the Two Koreas (1969-2000)

◆サービス期間  2015年3月まで

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限はありません。)

  【学内から】 http://nsarchive.chadwyck.com/home.do

   【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
          https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

        *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆お問い合せ先
 法学部研究室図書室 図書受入係
 ltosho@j.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

(参考)サービス開始のニュース(2010.4.2)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20100402.html


=================================================================
 ★ コース選びの目安にどうぞ!ひとめで分かる講習内容一覧 ★
=================================================================
情報基盤センター学術情報リテラシー係では、「テーマ別ガイダンス」として、
各種コースを開催しています。

「コースがいろいろあって、どれを受講したらいいのかわからない」
「今日これを受講したけど、こっちのコースも参加すべき?」
・・・との声にお応えして、ひとめで分かる講習内容一覧を作成しました。

「情報探索ガイダンス」のページに、各コースで主に扱う内容を
◎×で示した、講習内容の一覧表を掲載しています。

どのコースで何を教えているかが、ひとめで分かるようになっています。
参加するコース選びの目安にどうぞご利用ください。

なお、講習内容のレベルは、どのコースも初心者から経験者までOKです。
お気軽にご参加ください。

■情報探索ガイダンスのページはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


=================================================================
 ★ 文献検索のオーダーメイド講習(出張も)承ります!
         夏休みに友達やゼミ仲間とグループでご利用ください ★
=================================================================
情報基盤センター学術情報リテラシー係では、文献検索に関する
オーダーメイド講習(出張講習会)を行っています。

年間を通して、随時お申込みを承っております。
授業やゼミへの出張講習はもちろんのこと、学生だけのグループでも利用できます。

定期開催のコースは秋まで実施予定がありませんので、
この機会に、ぜひ、オーダーメイド講習をご利用ください。

たとえば、「文献管理ツールRefWorksの使い方を1時間で詳しく教えて」など。
ご希望の日時、場所、内容で承ります。ゼミ仲間など学生だけでもOKです。

東京大学にご所属の方なら学生・教員・職員どなたでもお申込み可能です。
無料です。
 
どうぞお気軽にご相談ください。

■申込み・ご相談 以下の内容をメールにてお問い合わせください。

・希望日時(第3希望まで 平日月〜金、9:00-17:00の間)
・講習場所(総合図書館講習会コーナーでもOK)
・希望講習内容
・参加予定人数(概ね4名以上で)
・連絡先(メールアドレス、電話番号)

■申込み・問い合わせ先

情報基盤センター 学術情報リテラシー係
literacy@lib.u-tokyo.ac.jp
※アドレス中の@を半角に書き換えた上で送信してください。
内線: 22649

■講習内容・実施状況など詳細はこちらをご覧ください。
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


=================================================================
 ★ 「こんな講習会を開いて欲しい」リクエストをお寄せください ★
=================================================================
上記のオーダーメイド講習・出張講習のお申込みとは別に、
定期的に開催する自由参加形式の講習会として、
「こんな講習会を開いて欲しい」というリクエストも、お待ちしております。

どしどしお寄せください。

具体的に「データベース名」を挙げていただいてもいいですし、
「あれとこれをセットで教えて」、「○○に関するデータベース」、
「駒場で○○の講習を」、「柏で○○の講習を」、というリクエストでも構いません。

「これっていわゆる文献データベースとは違うかな?」と迷っても、
ひとまずリクエストしてみてください。

■講習会のリクエストはこちらまで
⇒情報基盤センター 学術情報リテラシー係
literacy@lib.u-tokyo.ac.jp
※アドレス中の@を半角に書き換えた上で送信してください。
内線: 22649

◆開催中のガイダンス
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
(過去のガイダンス)
 ⇒(2010年度)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/2010training_archive.html
 ⇒(2009年度)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/2009training_archive.html


=================================================================
 ★ セミナー「手軽にスライドショーとBGMを作ろう」参加受付開始!★
=================================================================
情報基盤センターでは、「Digital Contents Creation - 手軽にスライドショーと
BGMを作ろう -」と題して、【第72回コンピュータ・ネットワーク利用セミナー】を
開催します。

本学の教職員、学生等を対象とした講習会です。 ぜひご参加ください。

●日時: 10/5(火) 14:00-16:00

●会場: 駒場キャンパス 情報教育棟 3F 中演習室3 (E38)

●定員: 約50名

●概要:
 ECCS2008のiMac端末に標準でインストールされているアプリケーション
“iPhoto”と“GarageBand”を利用して、スライドショーとBGMをハンズオン
形式で制作します。
 複数のスタッフがサポートしますので、初めての方も安心して参加できます。
 当日は、思い出の写真などを入れたUSBメモリを持参してください。
 
※ECCS端末を使用しますので、ログインできることを事前に確認してください。

●講師: アップルジャパン株式会社 文教営業本部 澤 綾子 氏

●参加費: 無料

■参加申込み・詳細はこちら
⇒http://www.itc.u-tokyo.ac.jp/Seminar/072_20101005/


=================================================================
 ★ 7/25〜26「ヨミダス歴史館」検索一時停止 ★
=================================================================
読売新聞社の社屋建て替えに伴い、検索サービスのサーバ移設作業が
実施されるため、「ヨミダス歴史館」が、一時利用できなくなります。

大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時]:2010年7月25日(日)23時頃〜7月26日(月)午後

[対象データベース]:ヨミダス歴史館 https://database.yomiuri.co.jp/rekishikan/




2010/7/1 No.119

=================================================================
 ★ 7月の情報探索ガイダンス 予約不要!
   “Web of Science 30分コース、RefWorks 60分コース ほか” ★
=================================================================
夏休み前に、論文探しの困ったを解決!
7月の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・7/7(水)12:10-12:30 自宅から検索するには?
                    【20分のワンポイント講習 / 昼休み開催】
・7/8(木)12:10-12:40 日本の論文を探すには?
                    【30分のクイック講習 / 昼休み開催】
・7/9(金)12:10-12:40 Web of Scienceを使うには?
                    【30分のクイック講習 / 昼休み開催】
・7/20(火)16:00-17:00 EndNote Webを使うには?

・7/23(金)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文入手
                    【30分のクイック講習 / 昼休み開催】
・7/27(火)12:00-13:00 文献リストをサクッと作成〜RefWorksを使うには〜
                    【昼休み開催】
・7/29(木)15:00-16:00 文献検索早わかり

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


=================================================================
 ★ 駒場図書館講習会(7/6、7/7、7/8)のお知らせ ★
=================================================================
7月の駒場図書館講習会は、レポート作成のための文献収集に役立つ3コース!
ぜひご参加ください。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

予約不要です。お気軽にご参加ください。

●スケジュール:
・7/6(火)15:00-16:00 OPAC検索をマスターする!【学部1・2年生におすすめ】
・7/7(水)15:00-16:00 日本の論文を探すには?【学部1〜3年生におすすめ】
・7/8(木)15:00-16:00 電子ジャーナルで論文を入手【学部生から院生までおすすめ】

●会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
  (各回先着24名。予約不要。)
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0164


===============================================================
 ★ 学外から利用可能なデータベースが増えました(SciFinder) ★
===============================================================
このたび、SciFinder Web版( https://scifinder.cas.org/  )が、
SSL-VPN Gatewayサービス経由で学外から利用できるようになりました。

どうぞご活用ください。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面
  ( https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/ )にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html


==============================================================
 ★ 最新のインパクトファクターがわかる
    Journal Citation Reports(JCR) 2009年版リリース!★
==============================================================
Journal Citation Reports(JCR)2009年版がリリースされました。
最新のインパクトファクターを調べることができます。

◆Journal Citation Reports(JCR)とは?
学術雑誌の重要度や影響度を計る評価指標を提供するデータベース。
引用データに基づき算出された年間統計を提供する雑誌評価ツールです。

JCRでは、学術雑誌の評価指標の1つである「インパクトファクター」など
各種の指標を調べることができ、論文の投稿先を決める際など、
同じ分野の複数の雑誌を比較する判断材料にすることができます。

◆インパクトファクターとは
ある雑誌に掲載された論文が特定の1年間に平均的にどれくらい頻繁に
引用されているかを示す尺度。雑誌の影響度を表す1つの指標。
毎年更新され、JCRで過去の推移を見ることもできます。

■アクセスはこちら
 【学内から】http://isiknowledge.com/JCR

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
        https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆「インパクトファクターの調べ方」などJCRのサポートページ(トムソン・ロイター社)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/products/jcr/support/index.shtml


===============================================================
 ★ Webcat Plus、リニューアル! ★
===============================================================
連想検索機能で自分の関心に合った本探しができる「Webcat Plus」が、
このたび、全面的にリニューアルしました。

全国の大学図書館の所蔵目録、古書在庫目録、ウィキペディア日本語版の
人物情報など、様々な情報源を統合し、本・作品・人物についての情報を
提供するデータベースとなっています。

今回のリニューアルでは検索結果で気に入った本を自分用の「書棚」に
並べる機能も追加され、「書棚」の連想ボタンを押すとさらに関連する本が
次々と表示されます。
OPACとは違う、「連想検索」によって広がる本探しの楽しさをどうぞお試しください。

■アクセスはこちら(学内・学外OK)
⇒http://webcatplus.nii.ac.jp/ 

◆Webcat Plusに関する詳細はこちら
⇒http://webcatplus.nii.ac.jp/faq_001.html


2010/6/17 No.118

===============================================================
 ★ 学外から利用可能なデータベースが増えました(eol) ★
===============================================================
このたび、有価証券報告書や企業情報、企業ランキングなどが見られる
データベース「eol」(イーオーエル)http://db2.eol.co.jp/index_db.html
が、SSL-VPN Gatewayサービス経由で学外から利用できるようになりました。

どうぞご活用ください。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面
  ( https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/)にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html


==============================================================
 ★ BDL Biological Sciences Research collection
  (生命科学分野の電子ジャーナル)トライアル開始!★
==============================================================
農学生命科学図書館では、「BDL Biological Sciences Research collection」
のトライアルサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆BDL Biological Sciences Research collection について
 ・「BDL Biological Sciences Research collection」は、Begell House社が
  発行する、生命科学分野の電子ジャーナルコレクションです。
 ・ 主に2000年以降発行の14タイトルがご利用いただけます。

■トライアルサービス期間:2010年6月14日(月)-2010年8月14日(土)
  ※正式サービスは未定です。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限なし)

【学内限定】https://www.dl.begellhouse.com/login/
 ・学外からはご利用いただけません。
 ・一日あたりのダウンロード制限があります。適正なご利用をお願いします。

◆お問い合わせ先
 農学生命科学図書館 雑誌情報担当
  serials@lib.a.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==============================================================
 ★ 6/22 柏図書館で、BIOSIS Previews 講習会開催!★
==============================================================
生命科学分野の包括的なデータベース、「BIOSIS Previews」の
講習会を、来週、柏図書館で開催します。

「BIOSIS Previews」は、雑誌、国際会議、レビュー、単行本、米国特許の
情報を収録しています。

データベース提供元のトムソン・ロイター社から講師をお招きします。(日本語)
この機会をお見逃しなく!

◆BIOSIS Previews
⇒http://isiknowledge.com/BIOSIS

【講習会スケジュール】
 6/22(火)15:00-16:00
  会場:柏図書館ラーニングサポートサービス(定員26名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

※希望者先着14名まで備付PC利用可(ただしECCSアカウント必要)
※持込PC利用可(無線LAN利用可能なもの)

●参加費: 無料

■参加申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!


==============================================================
 ★ [予約不要] 6/18, 6/24 「レポート&論文作成対策講習会
   〜これだけは押さえておきたいポイント教えます〜」 開催!★
==============================================================
農学生命科学図書館で、「レポート&論文作成対策講習会」を行います。

レポート・論文に必要な文献を確実に収集するにはどうしたらいいの?
収集した論文を整理したい!というお悩みをお持ちの皆様、是非ご参加下さい。

農学部以外の方もご参加いただけます。ご所属の学部・身分は問いません。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆スケジュール:
 6/18(金)第1部 16:30-17:15 第2部 17:15-18:00
 6/24(木)第1部 16:30-17:15 第2部 17:15-18:00

※第1部、または第2部のみの参加も可能です。

☆講習会終了後「カフェ&トーク」開催!(18:00-)
 お茶とお菓子を囲みながら、図書館に関して参加者の皆さんと職員とで
 ざっくばらんにお話してみてはいかがでしょうか。

◆内容
 第1部: 文献の探し方(図書、雑誌、電子ジャーナル、Web of Scienceなど)[両日とも同じ内容]
 第2部: Web版の文献管理ツール [EndNote Web(6/18)、RefWorks(6/24)]
 カフェ&トーク: 図書館の「こうなったらいいな」についてお話しする会

◆会場: 農学生命科学図書館本館3F PC端末室
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_07_07_j.html
 (各回先着12名。予約不要。当日直接会場にお越し下さい。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら (農学生命科学図書館ニュース)
⇒http://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/lib/LightNEasy.php?page=newsdetails&id=18

◆お問い合わせ先
 農学生命科学図書館 情報サービス担当
 Tel: 03-5841-5425 (月-金 9:00-12:00, 13:00-17:00) 
 service@lib.a.u-tokyo.ac.jp (@は半角に書き換えて下さい)


==============================================================
 ★ [予約不要] 6/25 in 駒場「Web of Science + EndNote Web」講習会 ★
==============================================================
ご好評いただいている、「Web of Science(初級編)+EndNote Web」の
講習会を、来週、駒場図書館で、「自然科学分野」と「人文社会科学分野」
に分けて開催します!

予約不要です。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
初めての方も、お気軽にご参加ください。

全分野の主要学術雑誌に掲載された文献のデータベース「Web of Science」の
検索方法から、検索結果をWeb上の文献管理ツール「EndNote Web」に取込み、
参考文献リストを自動作成するところまで実習します。

◆Web of Science
⇒http://isiknowledge.com/WOS

◆EndNote Web
⇒http://www.myendnoteweb.com/

【講習会スケジュール】
 6/25(金)13:00-14:30 自然科学分野
 6/25(金)14:40-16:10 人文社会科学分野
  会場:駒場図書館地下1階会議室(定員24名)駒場図書館カウンター前集合 
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html

●参加費: 無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==============================================================
 ★ ECCSアカウント、2010年度継続利用の手続きはお早めに ★
==============================================================
ECCSアカウント(教職員、研究員等ユーザ)の継続手続きはお済みでしょうか?

6/21までに継続利用申込書が未提出のアカウント(教職員、研究員等ユーザ)
については、6/22に停止されます。

継続利用ご希望で、継続利用申込書未提出の方は、6/21までに
情報基盤センター情報教育支援係宛にご提出下さい。

■2010年度継続利用の手続き(教職員、研究員等ユーザ向け)
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2010/03/cont.html

2010/6/11 No.117

==============================================================
 ★ [予約不要] 6/14 Springer Materials 講習会(英語・日本語)★
==============================================================
「Springer Materials」は、物理科学や工学のあらゆる分野の
高品質なデータを集めた「Landolt-Bornstein」の、評価、精選されたデータを
系統的・包括的に収録しています。

来週、柏図書館で、日本語と英語による講習会を開催します。
予約不要です。ぜひご参加ください。

◆Springer Materials
⇒http://www.springermaterials.com/

【講習会スケジュール】
 6/14(月)13:30-14:30 英語
 6/14(月)15:00-16:00 日本語
  会場:柏図書館メディアホール(定員144名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

●要持込PC(無線LAN利用可能なもの)

●参加費: 無料


==============================================================
 ★ 6/15 柏図書館で、PubMed+RefWorks 講習会開催!★
==============================================================
いつも本郷で実施している「PubMed+RefWorks」の講習会を、
好評につき、来週、柏図書館でも行います!

ぜひこの機会にご参加ください。

医学系文献データベース「PubMed」の検索方法から、検索結果を
Web上の文献管理ツール「RefWorks」に取込み、文献リストを自動作成
するところまでを実習します。

◆PubMed
⇒http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?otool=ijputmlib

◆RefWorks
⇒http://www.refworks.com/refworks

【講習会スケジュール】
 6/15(火)15:00-16:30
  会場:柏図書館コンファレンスルーム(定員24名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

●希望者先着8名まで備付PC利用可。持込PC利用可(無線LAN利用可能なもの)

●参加費: 無料

■参加申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!


==============================================================
 ★ Web版登場のSciFinder、6/16に講習会開催!★
==============================================================
Web版のサービスが開始したSciFinderの講習会を、
来週、本郷で開催します。

柏会場で受講した皆さんからは、
 ・Web版移行は非常に嬉しい
 ・構造式からの検索しか利用したことがなかったため、
  トピックでの検索法など知ることが出来て良かった
 ・反応検索、物質検索は便利ですね
など、ご好評をいただいています。

ぜひ講習会に参加して、Web版のSciFinderを体験してください。

◆Web版のSciFinderサービス開始に関するニュースはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20100603.html

【講習会スケジュール】
 6/16(水)15:00-16:30
  会場:総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html

●参加費: 無料

■参加申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!


==============================================================
 ★ [予約不要] 6/16 数理研で、Zentralblatt Math 講習会 ★
==============================================================
「Zentralblatt Math」は、European Mathematical Societyが提供する
1868年〜現在までの2,300誌以上の雑誌から収録された論文、会議録、
図書等の抄録・レビューのデータベースです。

代数学、トポロジー、幾何学、解析学等の純粋数学から、確率論、統計学、
物理学、情報科学、制御科学、経済学、生物学、化学等への応用数学も
カバーしています。

来週、数理科学研究科棟で、講習会を開催します。
予約不要です。ぜひご参加ください。

◆Zentralblatt Math
⇒http://www.emis.de/ZMATH/

【講習会スケジュール】
 6/16(水)15:00-16:00
  会場:数理科学研究科棟2階計算機室(定員20名)
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_27_j.html

●参加費: 無料


==============================================================
 ★ [予約不要] 6/17「電子ジャーナルで論文を入手」講習会 ★
==============================================================
読みたい論文を電子ジャーナルで入手する方法や、ScienceDirectなどの
電子ジャーナルサイトを例にとって実際の利用方法を解説します。
(30分のクイック講習会です。)

予約不要です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
お気軽にご参加ください。

【講習会スケジュール】
  6/17(木)12:10-12:40 (昼休み!)
  会場:総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html

●参加費: 無料


2010/6/10 No.116

==============================================================
 ★ [予約不要] 6/18, 6/24 「レポート&論文作成対策講習会
   〜これだけは押さえておきたいポイント教えます〜」 開催!★
==============================================================
農学生命科学図書館で、「レポート&論文作成対策講習会」を行います。

レポート・論文に必要な文献を確実に収集するにはどうしたらいいの?
収集した論文を整理したい!というお悩みをお持ちの皆様、是非ご参加下さい。

農学部以外の方もご参加いただけます。ご所属の学部・身分は問いません。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆スケジュール:
 6/18(金)第1部 16:30-17:15 第2部 17:15-18:00
 6/24(木)第1部 16:30-17:15 第2部 17:15-18:00

※第1部、または第2部のみの参加も可能です。

☆講習会終了後「カフェ&トーク」開催!(18:00-)
 お茶とお菓子を囲みながら、図書館に関して参加者の皆さんと職員とで
 ざっくばらんにお話してみてはいかがでしょうか。

◆内容
 第1部: 文献の探し方(図書、雑誌、電子ジャーナル、Web of Scienceなど)[両日とも同じ内容]
 第2部: Web版の文献管理ツール[EndNote Web(6/18)、RefWorks(6/24)]
 カフェ&トーク: 図書館の「こうなったらいいな」についてお話しする会

◆会場: 農学生命科学図書館本館3F PC端末室
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_07_07_j.html
 (各回先着12名。予約不要。当日直接会場にお越し下さい。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら (農学生命科学図書館ニュース)
⇒http://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/lib/LightNEasy.php?page=newsdetails&id=18

◆お問い合わせ先
 農学生命科学図書館 情報サービス担当
 Tel: 03-5841-5425 (月-金 9:00-12:00, 13:00-17:00) 
 service@lib.a.u-tokyo.ac.jp (@は半角に書き換えて下さい)


==============================================================
 ★ 追加開催決定!6/22 Web of Science+EndNote Web講習会 ★
==============================================================
ご希望の多かった、「Web of Science(初級編)+EndNote Web」の
講習会を追加開催します!

どうぞお早めにお申込みください。

Web of Scienceは全分野の主要な学術雑誌(約10,500誌)に掲載された
論文のデータベースです。 通常のキーワードによる検索に加え、
引用文献からの検索も可能です。

EndNote WebはWeb版の文献管理ツールです。各種の文献データベースの
検索結果を取り込み、参考文献リストを自動作成できます。

【講習会スケジュール】
  6/22(火)16:00-17:30
  会場:総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html

●参加費: 無料

■参加申込みはこちら(柏会場・駒場会場もあり)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先!残席があれば当日参加もOK


==============================================================
 ★ 電子版『三十六歌選』絵巻、公開! ★
==============================================================
附属図書館と情報基盤センターでは、このたび『三十六歌選』絵巻の
電子版を公開しました。

総合図書館所蔵の『三十六歌選』絵巻は、藤原公任の「三十六人選」に
選ばれている歌人の和歌から、一人一首ずつを選び、歌人名と和歌を
大田南畝が染筆した絵巻です。ぜひご覧ください。

■アクセスはこちら
⇒http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/kasen/index.html

■附属図書館ホームページ「電子化コレクション」
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/guide/coll/index.html


==============================================================
 ★ 6/16 JapanKnowledge+ 一時停止 ★
==============================================================
ジャパンナレッジ・プラスは定期システムメンテナンスのため下記の日程で
全サービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 6/16(水)午前3:00-午前6:00

[サービス停止内容]
・ジャパンナレッジ・プラス http://www.jkn21.com/
・「日国オンライン」(ジャパンナレッジ・プラスより利用)
・「日本歴史地名大系」(ジャパンナレッジ・プラスより利用)
・「Web版日本近代文学館」 http://yagi.jkn21.com/


==============================================================
 ★ 6/21 UT Repository 一時停止 ★
==============================================================
UT Repository(東京大学学術機関リポジトリ)は、メンテナンスのため
下記の期間中ご利用いただけませんので、予めご承知置きください。

なお、作業の進捗によっては、サービス再開が前後することもあります。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 6/21(月)8:30〜 6/24(木)18:00

[対象データベース]
UT Repository http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/


================================================================
 ★ 図書系職員の開発シリーズ【15】 国会図書館件名標目連想検索 ★
================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、本学の図書館職員を対象に、
「図書系職員のためのアプリケーション開発講習会」を開催しています。
シリーズで、この講習会の受講生が開発し、公開されているアプリケーションを
ご紹介しています。

今回は、「国会図書館件名標目連想検索」 のご紹介です。
これは、文章やキーワードを入力すると、システムがそこから連想をして、
国立国会図書館件名標目が表示されるというものです。

「件名標目」とは、本の主題を、統制されたキーワードで表したものです。

自分の興味のあることが書いてある文章を「国会図書館件名標目連想検索」
に入力すると、どんなキーワードが「件名」として使えるのかを教えてくれます。
OPACで「こういうテーマを扱った本を探したい」というときに、件名で検索すると便利です。

たとえば『漱石のリアル 測量としての文学』というタイトルの本の場合、
東京大学OPAC検索結果を見ると「件名」欄に「NDLSH:風景論」とあります。
これにより、「風景論」で検索したときに、書名には全くその言葉が入っていなくても、
『漱石のリアル 測量としての文学』がヒットするというわけです。

どうぞお試しください。

◆ご利用はこちら
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/NDLSH_assoc/

◆お問い合わせは、「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果のページの
下にある「連絡用フォーム」へ
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/products.html


2010/6/3 No.115

==============================================================
 ★ 6/7から、Web版のSciFinder、サービス開始! ★
==============================================================
SciFinderデータベースの、「Web版」の提供が開始されました。
本学では、6/7(月)より、Web版のサービスを開始します。

2010年12月末までは移行期間として従来のクライアント版とWeb版の
両方が使えますが、お早めにWeb版の利用へ切り替えていただきますようお願いします。

◆Web版になって変わること・変わらないこと
 ・PCにクライアントソフトをインストールする必要がありません。
 ・バージョンアップの際の更新作業は不要です。
 ・クライアント版と検索機能等は変わりません。
 ・クライアント版と同時アクセス可能数(11)は変わりません。
 ・アクセスの際、個人認証が必要となるため、自分で利用登録をする必要があります。

◆移行スケジュール
Web版への完全切り替えは2011年1月から。
クライアント版の利用を停止し、Web版のみが使えるようになります。

■SciFinder(Web版)利用登録はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/SFS/sfw_usreg.html 【学内限定】

■SciFinder(Web版)アクセスはこちら ※6/7(月)よりアクセス可能
⇒https://scifinder.cas.org/ 

■注意事項
1.Web版へのアクセスがうまくいかない場合は、クライアント版への
  アクセスをお試し下さい。(この逆の場合もあります。)
  どちらもBusyの場合は、少し時間をおいてから再度お試し下さい。

2.利用のためのID/Passwordは、登録者個人のみが使用を認め 
  られているものです。必ず、利用する方が個人で登録してください。


■6/4(金)、6/16(水)SciFinder(Web版)講習会やります!
お申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!

◆オーダーメイド講習のお申込み先(希望日の3週間前まで)
 情報基盤センター学術情報リテラシー係
 literacy@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に書き換えてください)

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に書き換えてください)


==============================================================
 ★ 6/10 Business Source Complete 講習会 ★
==============================================================
今年4月からサービス開始した Business Source Complete は、
学究的なビジネス関連出版物のインデックス・抄録情報と
全文情報を網羅する、経済学・経営学、また国際ビジネス研究において
最も有益なデータベースです。

来週、講習会があります。残席僅か、お早めにお申込みください。

◆Business Source Complete [EBSCOhostから利用]
⇒http://search.ebscohost.com/login.aspx?authtype=ip

【講習会スケジュール】
  6/10(木)15:00-16:00
  会場:総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html
●参加費: 無料

■参加申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!


==============================================================
 ★ [予約不要] 6/10 国内の新聞記事を探すには?講習会  ★
==============================================================
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の記事データベースを使って、
新聞記事の探し方を30分でコンパクトにご紹介します。

予約不要です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
お気軽にご参加ください。

【講習会スケジュール】
  6/10(木)12:10-12:40 (昼休み30分のクイック講習会!)
  会場:総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html

●参加費: 無料


==============================================================
 ★ 6/11 Lexis.com 講習会 ★
==============================================================
Lexis.com は、海外法・ビジネスデータベースです。
判例・法令・二次文献(法律論文や解説書)をはじめ、特許・知的財産情報、
企業情報などを収録しています。

来週、講習会があります。ぜひご参加ください。

◆Lexis.com
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/golexis.html

【講習会スケジュール】
  6/11(金)13:30-15:00
  会場:総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html
●参加費: 無料

■参加申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!


==============================================================
 ★ 6/11 LexisNexis Academic 講習会 ★
==============================================================
LexisNexis Academic は、世界各国の、新聞、雑誌、通信記事、ニュースレター、
テレビ放送内容、ビジネス誌、企業情報、産業ニュース、米国判例、法律、
ローレビュー、 リーガルニュース、米国特許、EU法規などを収録した
総合データベースです。

来週、講習会があります。ぜひご参加ください。

◆LexisNexis Academic
⇒http://www.lexisnexis.com/ap/academic/?lang=ja

【講習会スケジュール】
  6/11(金)15:15-16:15
  会場:総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html
●参加費: 無料

■参加申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!


==============================================================
★ 「The Making of Modern World (MOMW) データベース」サービス開始 ★
==============================================================
「The Making of Modern World (MOMW) データベース」
(ゴールドスミス・クレス文庫所蔵社会科学系学術図書データベース)
の正式サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆The Making of Modern World (MOMW) とは

・15世紀半ばから1850年までの経済史・経営史・社会思想史を
 中心とする社会科学関係の書籍61,000点、および同年代に創刊された
 定期刊行物466点を収録し、フルテキスト検索が可能なデータベースです。

・収録資料はロンドン大学ゴールドスミス文庫(Goldsmiths' Library of  
 Economic Literature, University of London)とハーバード大学
 経営大学院クレス文庫(Kress Library of Business and Economics,
 Harvard Business School)の蔵書を原本としており、総ページ数は
 1200万ページにおよびます。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限なし)
⇒http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo?db=MOME 【学内限定】
 ※学外利用のための「SSL-VPN Gatewayサービス」については動作確認中

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==============================================================
 ★ 「Manson Publishing E-Book」 トライアル開始!  ★
==============================================================
農学生命科学図書館では、「Manson Publishing E-Book」の
トライアルサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

「Manson Publishing E-Book」とは、イギリスの学術出版社Manson Publishing
の発行する、医学・獣医学・科学の電子ブックコレクションです。
  
1995年-2009年に発行された84タイトルがご利用いただけます。
 
■トライアルサービス期間:2010年6月1日(火)-2010年7月31日(土)
  ※正式サービスは未定です。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限なし)

【学内から】http://manson.igpublish.com/

【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
          https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
 
      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆お問い合わせ先
 農学生命科学図書館 雑誌情報担当
  serials@lib.a.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


==============================================================
 ★ 「JoVE」 トライアル開始! ★
==============================================================
農学生命科学図書館では、「JoVE」のトライアルサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

「JoVE」は、生物学/医学研究分野のビデオジャーナルで、
実験プロトコール等が、動画でご覧いただけます。

Springer protocols, Current protocols. Annual Reviewに収録の
ビデオ論文も一部収録されています。
 
■トライアルサービス期間:2010年6月1日(火)-2010年7月31日(土)
  ※正式サービスは未定です。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限なし)
⇒http://www.myjove.com/ 【学内限定】

◆お問い合わせ先
 農学生命科学図書館 雑誌情報担当
  serials@lib.a.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

2010/6/1 No.114

==================================================================
 ★ 学部学生(1-4年生)もキャンパスローン(資料取り寄せ)利用可能に! ★
==================================================================
これまでOPACを検索して「なんだ、本郷に行かないと借りられないのか」
「柏でしか所蔵してないの・・・」とがっかりしていた方に、朗報です!

2010年5月より、学部学生(1-4年生)のみなさんも、
キャンパスローンサービスを利用して、資料を取り寄せることができるようになりました。

【キャンパスローンサービスとは】
 所属学部の図書館(室)を通じて、学内の他キャンパスにある図書館(室)の資料を
取り寄せて借りることができるサービスです。

料金はかかりません。

取り寄せの申込み・お問い合わせは、ご所属の学部の図書館(室)までどうぞ。

なお、取り寄せができる場合とできない場合があります。

■取り寄せ可否や条件詳細についてはこちら
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/guide/campus-loan.html
同一キャンパス内の場合は取り寄せできません。直接行ってご利用ください。

※ご所属の学部や専攻によっては、一部取り寄せできない場合があります。
詳しくは、ご所属の学部の図書館(室)でお尋ねください。


=================================================================
 ★ 駒場図書館講習会(6/4、6/8、6/16)のお知らせ ★
=================================================================
駒場図書館で、下記の講習会が開催されます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆スケジュール:
6/4(金)11:00-12:00 OPAC検索をマスターする!文献入手への近道
6/8(火)13:00-14:00 OPAC検索をマスターする!文献入手への近道
6/16(水)15:00-16:00 電子ジャーナルで論文を利用するには?

◆会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
  各回先着24名。予約不要です。
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0160


==================================================================
 ★ 有価証券報告書や企業情報を検索するには? ★
==================================================================
本学ではeol(イーオーエル)というデータベースを契約しており、
有価証券報告書を検索し、全文まで見ることができます。

キーワード検索もできますので、
企業がどんな研究開発活動をしているかを調べたり、
会社情報を調べたりもできます。ぜひご活用ください。

今週、検索方法の講習会があります!

◆eol(イーオーエル)
⇒http://db2.eol.co.jp/EolDb/
全国証券取引所およびJASDAQ上場企業の有価証券報告書・半期報告書など
各種財務資料を、全文検索・閲覧できます。
また、条件指定による企業検索や、会社情報、企業ランキング、株価情報なども見られます。

【講習会スケジュール】
  6/2(水)15:00-16:30
  会場:総合図書館1階講習会コーナー(定員12名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html

■参加申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!


==================================================================
 ★ 数学分野の文献を探すには? ★
==================================================================
本学ではMathSciNetというデータベースを契約しており、
世界の数学文献を検索できます。ぜひご利用ください。

数理研で、検索方法の講習会があります!

◆MathSciNet
⇒http://www.ams.org/mathscinet/
1940年以降の世界の数学分野学術文献を網羅するデータベース。
雑誌・会議録・数学研究図書をカバーし、書誌情報・レビューを提供しています。

【講習会スケジュール】(理学部数学科・数理科学研究科 所属者優先)
  6/2(水)15:00-16:00
  6/3(木)15:00-16:00
  会場:数理科学研究科棟2階計算機室(定員20名)
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_27_j.html

■参加申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!


==================================================================
 ★ Webで文献管理ツールを使うには? ★
==================================================================
本学ではRefWorks(レフワークス)というWeb版の文献管理ツールを契約しており、
参考文献リストの自動作成などができます。ぜひご利用ください。

使い方は思ったより簡単!
今週、駒場図書館で講習会があります。ご参加ください。

◆RefWorks
⇒http://www.refworks.com/refworks
各種の文献データベースの検索結果を取り込み、
参考文献リストとして自動作成する事ができます。

【講習会スケジュール】
  6/3(木) 13:00-14:00
  会場:駒場図書館地下1階会議室(定員24名)カウンター前集合
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html

■参加申込みはこちら(本郷会場もあり)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!


==================================================================
 ★ SciFinder Scholar、柏図書館で講習会を実施! ★
==================================================================
SciFinder Scholarは、化学物質情報、科学技術文献、有機化学反応情報、
試薬・化成品のカタログ情報などを収録しています。

従来はPCに専用のソフトをインストールする必要がありましたが、
まもなく、インストール不要なWeb版のSciFinderのトライアルが始まります。
(詳細についてはトライアル開始の広報をお待ちください。)

講習会ではWeb版のSciFinderを使って実習します。ぜひご参加ください。

【講習会スケジュール】
  6/4(金) 13:00-14:30
  会場:柏図書館1階セミナー室2(定員8名)備付PC使用
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

■参加申込みはこちら(本郷会場もあり)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
予約優先ですが、当日参加もOK!

2010/5/14 No.113

================================================================
★ 「大日本海志編纂資料」 電子版公開!★
================================================================
「大日本海志編纂資料」電子版を附属図書館webページの
「電子化コレクション」に追加し、公開を開始しました。
ぜひご利用ください。

■「大日本海志編纂資料」とは
戦前、海軍省が日本海志を編纂するために収集した資料で、
戦後、駒場図書館に移されました。特に水軍書と造船関係
資料が充実しています。

■アクセスはこちら
    http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/kaishi/


================================================================
★ 朝日新聞オンライン記事「聞蔵U」明治・大正・昭和(戦前)トライアル開始!★
================================================================
「聞蔵U」(朝日新聞オンライン記事データベース)収録の
オプションコンテンツ3種のトライアルを開始しました。どうぞご利用ください。

1)明治・大正紙面データベース
 1879年の大阪朝日新聞の創刊から1926年までの
 紙面イメージ12万3000ページをオンライン化したもの。

2) 昭和(戦前)紙面データベース
 1926年から1945年までの8万8000ページの紙面イメージを
 オンライン化したもの。

3)歴史写真アーカイブ
 「富士倉庫資料」と呼ばれる約7万枚の写真資料から、
 特に資料的価値の高い1 万枚をデータベース化したもの。

■トライアルサービス期間: 平成22年6月30日(水)まで

■アクセスはこちら 同時アクセスユーザー数:4(「聞蔵U」全体へのアクセス数です)

【学内から】http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/goasahi.html

       ログインした後、各サービスのタブをクリックしてください。

【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
        https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。トライアルであっても、利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
   (@は半角に置き換えてください)

================================================================
★ ProQuest Central サービス開始!★
================================================================
ProQuest Central のサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

・ProQuest社が提供する分野別データベースのほとんどを包括するものです。

・学術誌、新聞などの逐次刊行物12600誌以上の情報や、
 学位論文の書誌情報、業界の報告書、企業情報などのコンテンツを収録しています。

・逐次刊行物の内、9700誌以上のフルテキストを利用できます。

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー制限なし)
 【学内から】http://proquest.umi.com/login?COPT=

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
        https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
  (@は半角に置き換えてください)

================================================================
★ EBSCOhost Complete  サービス開始!★
================================================================
EBSCOhost Complete  のサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

・EBSCO社が提供する、以下4つのデータベースのパッケージです。
 Academic Search Complete / Business Source Complete
 MasterFILE Premier / Newspaper Source Plus

・学術誌、新聞を約12000誌、その他、書籍や産業調査レポートなどのコンテンツを収録しています。

・逐次刊行物の内、10700誌以上のフルテキストを利用できます。

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー制限なし)
 【学内から】http://search.ebscohost.com/login.aspx?authtype=ip

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
        https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
 総合図書館資料契約係 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp
  (@は半角に置き換えてください)


================================================================
★ 図書系職員の開発シリーズ【14】 論文情報をツイッターへ! ★
================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、本学の図書館職員を対象に、
「図書系職員のためのアプリケーション開発講習会」を開催しています。
シリーズで、この講習会の受講生が開発し、公開されているアプリケーションを
ご紹介しています。

今回は、「つぶやけ!CiNii」 のご紹介です。
これは、論文情報データベース「CiNii(サイニイ)」(http://ci.nii.ac.jp/)
の検索結果から、ボタン1つで、論文タイトル・論文URLをツイッターの画面へ
貼り付けることができるようにするものです。

ツイッターで、論文に関するコメントをやりとりできます。
「こんな論文を見つけました」「いま、この論文を読んでます」など。
どうぞお試しください。

◆インストール方法など、詳細はこちら
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/tsubuyake_CiNii/

◆お問い合わせは、「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果のページの
下にある「連絡用フォーム」へ
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/products.html


==================================================================
★ 6月開催 「分野別 文献の探し方ガイダンス」、予約開始! ★
==================================================================
6月は、各分野の主なデータベースについて、パソコンを使った実習形式の講習を行います。

本学にご所属であればどなたでも参加できます。

年に一度の機会です。お見逃し無く!

◆申込方法:
予約優先です。先着順ですので、お早めに、下記のサイトから
[参加申込み]の赤いボタンをクリックしてお申し込みください。
(席に余裕があれば、当日の参加もOK!)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

●参加費: 無料

●コース内容とスケジュール:

■eol (有価証券報告書、企業情報)
6/2(水)15:00-16:30【会場:本郷】

■Business Source Complete(経済・経営、ビジネス)
6/10(木)15:00-16:00【会場:本郷】

■MathSciNet(数学分野)(※)
6/2(水)15:00-16:00【会場:数理研】
6/3(木)15:00-16:00【会場:数理研】
 ※理学部数学科、数理科学研究科所属者優先

■Zentrablatt Math(数学分野)(※)
6/16(水)15:00-16:00【会場:数理研】
 ※理学部数学科、数理科学研究科所属者優先

■SpringerMaterials (物理科学・工学分野)
6/14(月)13:30-14:30【会場:柏】英語
6/14(月)15:00-16:00【会場:柏】日本語

■SciFinder Scholar (化学・薬学分野)
6/4(金)13:00-14:30【会場:柏】
6/16(水)15:00-16:30【会場:本郷】

■Lexis.com(世界各国の法令・判例)
6/11(金)13:30-15:00【会場:本郷】

■LexisNexis Academic (世界の新聞、企業情報)
6/11(金)15:15-16:15【会場:本郷】

■PubMed(医学)+RefWorks(文献管理ツール)
6/15(火)15:00-16:30【会場:柏】

■RefWorks(文献管理ツール)
6/3(木)13:00-14:00【会場:駒場】
6/29(火)16:00-17:00【会場:本郷】

■OECD iLibrary(OECD統計)
6/17(木)15:00-16:00【会場:本郷】

■BIOSIS Previews(生命科学分野)
6/22(火)15:00-16:00【会場:柏】

■Web of Science(全分野) + EndNote Web(文献管理ツール)
6/8(火)16:00-17:30【会場:本郷】
6/23(水)13:30-15:00【会場:柏】
6/25(金)13:00-14:30【会場:駒場】自然科学向け
6/25(金)14:40-16:10【会場:駒場】人社科学向け

■Web of Science 応用編
6/30(水)15:00-16:00【会場:柏】

■国内の新聞記事を探すには?
6/10(木)12:10-12:40【会場:本郷】
 *このコースは予約不要です。

■電子ジャーナルで論文を入手
6/17(木)12:10-12:40【会場:本郷】
 *このコースは予約不要です。

■レポート&論文作成対策講習会
〜これだけは押さえておきたいポイント教えます〜
(基本的な文献の探し方 + 文献管理ツール)
 6/18(金)16:30-18:00【会場:農図】
 6/24(木)16:30-18:00【会場:農図】
 *このコースは予約不要です。

●会 場:
【本郷】総合図書館 1階 講習会コーナー 定員12名

【駒場】駒場図書館 地下1階 会議室 定員24名(駒場図書館カウンター前に集合)
※6/3、6/25のみ

【柏】柏図書館 1階
6/4(金):セミナー室2 定員8名(備付PC使用)
6/14(月):メディアホール 定員144名 要持込PC(無線LAN利用可能なもの)
6/15(火):コンファレンスルーム 定員24名
     希望者先着8名まで備付PC利用可
     持込PC利用可(無線LAN利用可能なもの)
6/22(火):ラーニングサポートサービス 定員26名
     希望者先着14名まで備付PC利用可
     持込PC利用可(無線LAN利用可能なもの)
6/23(水):コンファレンスルーム 定員24名
     希望者先着8名まで備付PC利用可
     持込PC利用可(無線LAN利用可能なもの)
6/30(水):ラーニングサポートサービス 定員26名
     希望者先着14名まで備付PC利用可
     持込PC利用可(無線LAN利用可能なもの)

【数理研】数理科学研究科棟2階 計算機室 定員20名
※6/2、6/3、6/16のみ

【農学】農学生命科学図書館 本館3階PC端末室  定員12名
※6/18、6/24のみ


■詳細・お申込みはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

2010/5/10 No.112

================================================================
★ 医学図書館の講習会に行こう!(PubMed、医中誌など)★
================================================================
医学図書館で、PubMed、医中誌、CINAHL、MEDLINEなど
医学系・看護系で必須のデータベースについて
講習会が開催されます。

ご所属の学部・身分は問いません。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひお申込みください。

◆スケジュール:
 5/31(月)14:00-15:00 「医学系英語論文を探す〜初めてのPubMed講習会」
 5/31(月)15:30-16:30 「医学系日本語論文を探す〜医中誌Web 講習会」
 6/30(水)14:00-15:00  「CINAHL, MEDLINE (EBSCOhost) 講習会」
  6/30(水)15:30-16:30  「OVID SP(MEDLINE) 講習会」
 

◆会場: 医学図書館 1Fマルチメディアコーナー
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
 (予約優先 Windows端末14名。Mac端末5名。 ※席に余裕があれば当日参加も可能)

●参加費: 無料

■詳細はこちら (医学図書館ホームページ)
⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/index.html

◆お申込み先
医学図書館情報サービス係 (medlibs@m.u-tokyo.ac.jp) 宛に
以下のメールをお送りください。@は半角に置き換えてください。

Subject(件名): (希望する講習会名)参加希望
本文: (1)希望する講習会名 (2)氏名  (3)身分・学年  (4)所属 (5)利用希望端末


================================================================
★ Safari Tech Books Online サービス開始!★
================================================================
駒場図書館では、Safari Tech Books Online のサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

・O'reilly、Person Technology、John Wiley、Microsoft Press、
 IBM など、IT関係書籍で定評のある出版社から刊行された書籍の
 電子版が搭載されています。

■アクセスはこちら(同時アクセス数3)
 【学内から】http://proquestbus.safaribooksonline.com/?uicode=u-tokyo

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
         https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)

================================================================
★ ブリタニカ・オンライン・ジャパン  サービス開始!★
================================================================
駒場図書館では、ブリタニカ・オンライン・ジャパン のサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

・日本語の「ブリタニカ国際大百科事典」、英語の「Encyclopedia Britannica」
  の両方を利用できます。

・中国語、韓国語、スペイン語、フランス語の4つの言語の
 ブリタニカ百科事典データベース(Global Reference Center)
 もあわせてご利用いただけます。

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー制限なし)
 【学内限定】http://japan.eb.com/ 

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)

================================================================
★ Cambridge eBook Collection, Politics 1&2  サービス開始!★
================================================================
駒場図書館では、Cambridge eBook Collection, Politics 1&2
のサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

・ケンブリッジ大学出版局の電子ブックのコレクションのうち、
 政治理論・国際関係のコレクション231タイトル、および、
 比較政治学のコレクション283タイトルです。

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー制限なし)
 【学内限定】http://u-tokyo.cambridge.patron.eb20.com

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)

================================================================
★ Economist Historical Archive 1843-2003  サービス開始!★
================================================================
駒場図書館では、Economist Historical Archive 1843-2003
のサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

・1843年から2003年のEconomist誌の紙面約600万ページ以上のテキストや
 記事などを検索することができます。年代別や収録された写真・地図・
 グラフなどのイメージ画像からの検索もできます。

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー制限なし)
 【学内限定】 http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo?db=ECON

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)

================================================================
★ 図書系職員の開発シリーズ【13】 iPhoneでOPAC! ★
================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、本学の図書館職員を対象に、
「図書系職員のためのアプリケーション開発講習会」を開催しています。
シリーズで、この講習会の受講生が開発し、公開されているアプリケーションを
ご紹介しています。

今回は、「東京大学OPAC (iPhone用暫定版)」のご紹介です。
これは、東京大学OPACをiPhoneもしくはiPod touch上から利用しやすいように、
画面デザインを変えたものです。

iPhone、iPod touchをお持ちでしたら、どうぞお試しください。

まだ暫定版ですので、機能の不備や仕様変更があるかもしれません。ご了承ください。

■アクセスはこちら
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/iPhoneOPAC/

◆詳細はこちら
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/iPhoneOPAC/about.html

◆お問い合わせは、「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果のページの
下にある「連絡用フォーム」へ
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/products.html

2010/5/7 No.111

=================================================================
★ 文献管理ツール「RefWorks」 医学系向け講習会 【申込受付中!】 ★
=================================================================
Web上で使える文献管理ツール「RefWorks」の使い方について、
PubMedや医中誌Webからのデータ取り込みなど、医学系研究者向けの内容で説明します。

ご所属の学部・身分は問いません。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

<実習を希望される方>
充電済みの無線LAN接続可能なPC(暗号化形式WEP形式に対応したもの)をお持ちください。
無線LAN設定が必要になりますので、少し早目にお越しください。

◆スケジュール: 5/18(火)15:00-16:00

◆会場: 医学図書館(総合中央館) 3階333会議室
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
 (先着150名 ※当日参加も可能です)

●参加費: 無料

■詳細はこちら (医学図書館ホームページ)
⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20100420

◆お申込み先
情報基盤センター学術情報リテラシー係 (literacy@lib.u-tokyo.ac.jp) 宛に
以下のメールをお送りください。@は半角に置き換えてください。

  Subject(件名): RefWorks講習会参加希望
  本文: (1)氏名 (2)身分・学年 (3)所属 (4)講師への質問


=================================================================
★ 工学系・情報理工学系向け 情報探索ガイダンス 【申込不要】 ★
=================================================================
工学系・情報理工学系に所属している方向けの、
情報探索ガイダンス(文献検索早わかりコース)を開催します。

このガイダンスでは、図書や雑誌論文の基本的な探索方法を、
工学系・情報理工学系分野を例に解説します。

検索方法を実習形式で身につけることができ、
レポート・論文作成にすぐに役立つ内容となっています。

工学系・情報理工学系にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参
加できます。ぜひご参加ください。

◆スケジュール:(同じ内容で5回開催します)
 第1回: 5/11(火) 15:00-16:00
 第2回: 5/12(水) 11:00-12:00
 第3回: 5/14(金) 12:00-13:00
 第4回: 5/19(水) 12:00-13:00
 第5回: 5/21(金) 15:00-16:00

◆会場: 工2号館図書室グループ学習室(工2号館5階)
⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
 (各回先着8名。予約不要。直接ご来場ください。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら (工学・情報理工学図書館ニュース)
⇒http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/cllib/news/20100421_guidance.html

◆お問い合わせ先
 工学・情報理工学図書館 情報総務チーム
 TEL: 03-5841-6016 (内線:26016) 
 t-staff@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に書き換えて下さい)

=================================================================
★ NewsPaperDirect サービス開始!★
=================================================================
駒場図書館では、NewsPaperDirect のサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

・世界約75カ国、700紙以上の新聞を、紙面イメージそのままの状態で
 閲覧できるデータベースです。どの新聞も60日分の記事を収録して
 います。

■アクセスはこちら (同時アクセス数20)
 【学内から】 http://library.pressdisplay.com

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
         https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)

================================================================
★ Oxford Reference Online(ORO) サービス開始!★
=================================================================
駒場図書館では、Oxford Reference Online(ORO)のサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

・オックスフォード大学出版局が刊行している定評ある辞書やコンパニオン
 などのレファレンス書100タイトルが収録されているデータベースです。

■アクセスはこちら 同時アクセスユーザー制限なし)
 【学内から】 http://www.oxfordreference.com

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
         https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)


================================================================
★ Factiva.com サービス開始!★
=================================================================
駒場図書館では、Factiva.com のサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

・ビジネス情報の総合的データベースです。新聞2500紙以上、
 雑誌4200誌以上、会社情報32000社以上、マーケット情報
 (主要市場)過去5年分などを収録しています。

・日本語を含む22ヶ国語のコンテンツを含み、9ヶ国語のインター
 フェイスを備えています。

■アクセスはこちら(同時アクセス数3)
 【学内から】http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/trial/factiva/

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
         https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)

2010/5/6 No.110

=================================================================
★ Nature誌アーカイブ、Web of Scienceバックファイルの利用範囲拡大! ★
=================================================================
Nature誌のアーカイブ、Web of Scienceバックファイルの
利用可能範囲が拡大しました。
どうぞご利用ください。

■Nature Archive 1974-1996
これまで、Nature誌のフルテキストは1997年以降のもののみ利用できましたが、
このたび、1974-1996年の号もフルテキストが利用できるようになりました。

・アクセスはこちらから
 【学内から】http://www.nature.com/nature/archive/

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
         https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

■Web of Science (Century of Science, Century of Social Science)
Web of Scienceの自然科学分野および社会科学分野の
1900年以降の過去データが利用できるようになりました。

・アクセスはこちらから
 【学内から】http://isiknowledge.com/WOS

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
         https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)


=================================================================
★ Latin American Newsstand サービス開始!★
=================================================================
駒場図書館では、Latin American Newsstandのサービスを
開始しました。どうぞご利用ください。

・中南米・メキシコで刊行されているスペイン語とポルトガル語の
 新聞49誌のフルテキストを収録しています。

・インターフェースは、英語、スペイン語、ポルトガル語、に対応。
 収録記事はスペイン語から英語へ、英語からスペイン語へ翻訳(自動翻訳)が
 可能です。

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー制限なし)
 【学内から】http://proquest.umi.com/login

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
         https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ PRISMA サービス開始!★
=================================================================
駒場図書館では、PRISMA のサービスを開始しました。どうぞご利用ください。

・ヒスパニック研究分野で評価の高い索引誌 Hispanic American Periodicals
   Index(HAPI) が採録する重要誌から精選した、人文・社会科学の学術誌
 598タイトルを収録しています。そのうち、119タイトルのフルテキストを
 利用できます。

・画面インターフェースは英語、スペイン語、ポルトガル語のいずれかを
 選択できます。

■アクセスはこちら(同時アクセス数10)
 【学内から】http://prisma.chadwyck.com/

 【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
         https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、ベンダーの規約上
    禁止されています。利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
  駒場図書館 komabatr@lib.c.u-tokyo.ac.jp
      (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ お見のがしなく!特別コース 5/12(水)
   韓国語による “留学生向け 情報探索ガイダンス”★
=================================================================
韓国人講師による “留学生向け 情報探索ガイダンス”を開催します。

レポート・論文作成に役立つ、データベースを使った図書や雑誌論文の検索実習です。

入門的な内容ですので、新入学の留学生に限らず、初心者の方の参加も歓迎します。

ぜひ、お知り合いの留学生の方にお声をかけてください。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆日時: 5/12(水) 16:00-17:00

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (先着12名。予約不要です。)

●参加費:無料

■詳細はこちら (韓国語)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/k/training-k.html

=================================================================
★ 論文探しの困ったを解決!5月の情報探索ガイダンス  ★
=================================================================
パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
基本的な文献の探し方を知りたい方や、新しく東大に進学された方に
おススメです。

●スケジュール:
・5/7 (金)13:30-14:30 文献検索早わかり

・5/10(月)12:10-12:30 自宅から検索するには?

・5/13(木)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文入手

・5/14(金)15:00-16:00 文献リストをサクっと作成〜RefWorksを使うには〜

・5/20(木)12:10-12:40 日本の論文を探すには?

・5/21(金)12:10-12:30 自宅から検索するには?

・5/25(火)16:00-17:20 Webで文献の「検索」から「整理」まで
             [PubMed(30分) + RefWorks(50分)]【どちらか一方の参加もOK】

・5/26(水)15:00-16:00 文献検索早わかり

・5/28(金)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文入手

*5/7と5/26は同じ内容です。
*5/10と5/21は同じ内容です。
*5/13と5/28は同じ内容です。
 
●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

2010/4/7 No.109

=================================================================
★「アメリカ外交政策極秘文書シリーズ」のサービスを開始!★
=================================================================
法学部研究室図書室では、「Digital National Security Archive 
アメリカ外交政策極秘文書シリーズ」のうち3コレクションのサービスを
開始しました。どうぞご利用ください。

◆アメリカ外交政策極秘文書シリーズとは
  The National Security Archive(通称NSA)は1985年に設立された非営利団
体で、現代米国の国家安全保障に関する一次文献に関しては、米国政府に次ぐ最
大の所蔵機関であると言われています。「アメリカ外交政策極秘文書シリーズ」
は、NSAの所蔵文献の中から特に重要なテーマに関するものをデータベース化
したものです。

今回は以下の3コレクションのサービスを開始しました。

・China and the United States: From History to Engagement, 1960-1998
・Japan and the United States: Diplomatic, Security, and Economic
 Relations, 1960-1976
・Japan and the United States: Diplomatic, Security, and Economic
 Relations, 1977-1992

■サービス期間
      2010年4月〜2015年3月(5年間)

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)
【学内から】http://nsarchive.chadwyck.com/home.do

【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、出版社、
    ベンダーの規約上禁止されています。
    利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合せ先
法学部研究室図書室 図書受入係
      ltosho@j.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 日本の論文検索をクイック講習! 4月の情報探索ガイダンス  ★
=================================================================
パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
基本的な文献の探し方を知りたい方や、新しく東大に進学された方に
おススメです。

●スケジュール:
・4/12 (月)12:10-12:30 自宅から検索するには?
             【ワンポイント講習 / 昼休み開催】
・4/16 (金)16:00-17:00 文献検索早わかり
・4/26 (月)12:10-12:40 日本の論文を探すには?
             【30分のクイック講習 / 昼休み開催】
 
●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ 手っ取り早く知りたい方におススメ。「文献探しのクイックガイド」★
=================================================================
学術情報リテラシー係では、各種サービスの使い方が2分程度の
アニメーションでわかる、「文献探しのクイックガイドシリーズ」を
公開しています。このたび、新たに以下の3メニューを追加しました。

・電子ジャーナルで論文を入手するには?
・これを使えば探せます!
・参考文献リストの見かた

いずれもスライド説明+画面操作デモが、Webで無料で見られます。
(音声なし)

また、全シリーズの英語版もリリースしました。

利用はこちらから
【2分でわかる!文献探しのクイックガイド 日本語版】
⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/literacy.html

【Learn to use the "Quick Guide to Searching for Documents"
  in 2 minutes English Version】
⇒ http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/literacy-e.html

こんなメニューもほしい、というご要望がありましたら、下記までお寄せ
ください。

情報基盤センター 学術情報リテラシー係
 literacy@lib.u-tokyo.ac.jp(@を半角に書き換えて送信してください)

==================================================================
 ★ リーフレット「文献探しのヒントシリーズ」の改訂版できました ★
==================================================================
リーフレット「文献探しのヒントシリーズ」の2010年版ができました。
これは、本学で利用できる基本的なデータベース・サービスの概要や、
文献入手の基本的な流れを、簡潔に紹介したものです。
日本語版・英語版があります。

2010年版は、「@@するには?」というタイトルを大きくし、目にとまり
やすいよう改良しました。

リーフレットは各図書館・室にて配布しています。

■PDF版はこちら
(日本語版) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/literacy.html
(英語版)  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/literacy-e.html

==================================================================
 ★ 『ネットでアカデミック』各国語版の改訂版発行 ★
==================================================================
『ネットでアカデミック』は、本学の学生・教職員の方を対象に、
学習・研究に必要な文献や情報をインターネットで収集するために
役立つ知識や、効率よく探すためのポイントをまとめた小冊子です。

このたび、東京大学で新しく利用できるようになったサービスに
ついての解説を加える改訂を行ないました。

学術情報へのアクセスガイドとして、ぜひお役立てください。

[冊子版]
各図書館・室を通して全学にお配りしています。

■PDF版はこちら
(日本語版)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/net.html
(英語版) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/net-e.html
(中国語版)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/c/net-c.html
(韓国語版)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/k/net-k.html

==================================================================
★ ご注意。サービス一時停止情報 (ProQuest,CSA Illumina,RefWorks) ★
==================================================================
●ProQuest、CSA Illumina
定期システムメンテナンスのため、下記の日程でProQuest およびCSAの
プラットフォーム上で提供している全サービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時]
2010年4月11日(日)11:00 〜 23:00(12時間/日本時間)

[対象データベース]

1.ログインURLが http://proquest.umi.com/login となっているデータベース
  ・ProQuest Central、Academic Research Library、ABI/INFORM、
    Psychology Journalsなどの雑誌記事全文データベース
  ・Historical Newspapersを含む新聞記事データベース
  ・AGRICOLAなどの文献情報データベース
  ・ProQuest Dissertations and Theses (A&I,Fulltext)

2. CSA Illuminaプラットフォーム全商品
 (東大で利用できるもの)
  ・ASSIA: Applied Social Sciences Index and Abstracts
  ・LLBA: Linguistics and Language Behavior Abstracts
    ・GeoRef

●RefWorks
サーバーメンテナンスのため下記の時間RefWorksのサービスを最大2時間ご利用
いただけなくなります。大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願
い申し上げます。

[サービス停止日時]

日時:2010年4月11日(日)  12:00  〜 14:00 (2時間/日本時間)


2010/4/2 No.108

=================================================================
★「Handbook of Magnetic Materials」と「Handbook on the Physics
  Chemistry of Rare Earth」がオンラインで利用可能に!★
=================================================================
物性研究所図書室では、継続図書シリーズ
Handbook of Magnetic Materials(Elsevier)
Handbook on the Physics and Chemistry of Rare Earths(Elsevier)
のサービスを開始しました。
ともに創刊〜2010年12月まで利用可能です、どうぞご利用ください。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)

【学内から】http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/ejportal/
      *E-JOURNAL PORTALからご利用ください。

【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)
        
      *サインイン後はScienceDirectからご利用ください。

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、
    出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
    利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合せ先
物性研究所図書室 
  issp-lib@kj.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 総合図書館オリエンテーションに参加しよう ★
=================================================================
“総合図書館オリエンテーション”を、総合図書館と情報基盤センター
図書館電子化部門の共催で実施します。

初めて総合図書館を利用される方はもちろん、これまで利用したことの
ある方も、この機会にオリエンテーションに参加して、ぜひ総合図書館を
使いこなしてください。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
※英語コースもあります。留学生のみなさんのご参加も、お待ちしています。

◆集合場所:
 本郷キャンパス総合図書館1階 総合案内カウンター (予約不要)
⇒地図 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_01_j.html#

◆内容: 各コマ30分(1コマだけでも参加OK)
 ・「OPAC入門」: 東京大学OPACの使い方(蔵書検索、電子Jの探し方)
 ・「利用案内」: 総合図書館の利用案内
 ・「書庫案内」: 総合図書館書庫の案内、利用法
 ・「国際資料室案内」: 国際資料室の案内とインターネットによる検索

◆参加費:無料

◆日程の概要
・4/7(水)〜4/23(金)  OPAC入門・利用案内・書庫案内
             【英語コースもあり】
・4/19(月)〜4/21(水) 国際資料室案内

■日程の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ 4、5月は福武ホールで毎日開催! ECCSアカウント新規取得講習会★
=================================================================
教育用計算機システム(Educational Campuswide Computing System:ECCS)は、
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも利用できます。

ECCSアカウントがあれば、ECCSの端末が使えるだけではなく、
「SSL-VPN Gatewayサービス」で自宅から電子ジャーナルや
データベースが利用できます。

◆ECCSアカウントを取得するには?
・教養学部前期課程1年生
 新入生ガイダンスで説明が行われ、アカウントが配布されます。

・その他の方
 ECCSの「新規利用者向け講習会」に出席し、申込書等を提出すると
  アカウントを取得することができます。

※アカウントは年度毎に更新手続きが必要です。お忘れなく。

◆新規アカウントの発行について
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/doc/announce/newuser.html

◆「新規利用者向け講習会」スケジュール(2010年4月、5月)
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2010/03/19_1293.html
 本郷、駒場、柏キャンパスで開催。(30分程度)
 *会場に福武ホールが加わりました。

◆アカウントの更新手続きについて
 (教職員・研究員等ユーザ)
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2010/03/cont.html

 (学生ユーザ)
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2010/03/stuCont.html
 *更新手続き窓口に福武ホールが加わりました。

■ECCSアカウントに関する問い合わせ
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/question.html

==================================================================
★ 文学部図書室がe-DDSサービスを開始しました! ★
==================================================================
文学部図書室では、4月1日(木)より文学部図書室所蔵の雑誌
について、e-DDS サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆対象資料:
 文学部2号館図書室所蔵の雑誌
 (OPACで、所在が「文・図」と表示される雑誌)
 ※資料の状態によっては対応できない場合もあります。

◆申し込みできる方:
 全学(本郷・弥生・浅野キャンパスの方も可)

◆受付時間帯・所要時間(目安):
 平日 9:00〜17:00
 おおむね2〜3日以内にメールでご連絡します。
 お急ぎの場合は、来室にてご利用下さい。

◆料金:
 1ページ20円(モノクロ)、60円(カラー)

問合せ先:
文学部図書室サービス担当
tel    03-5841-3718(内線23718)
e-mail service@l.u-tokyo.ac.jp
   (@を半角に書き換えて送信してください)

==================================================================
 ★ 図書系職員の開発シリーズ【12】
     OPACから東大生協の在庫検索 アドオン版公開! ★
==================================================================
情報基盤センター図書館電子化部門では、本学の図書館職員を対象に、
「図書系のためのアプリケーション開発講習会」を開催しています。
シリーズで、この講習会の受講生が開発し、公開されているアプリケーションを
ご紹介しています。

今回はシリーズ【4】(Litetopi No.63)でご紹介した、東京大学OPACから
東大生協の在庫検索を行なうツールのアドオン版についてのお知らせです。

このツールがあれば、東京大学OPACの検索結果(詳細表示画面)から、
東大生協の在庫検索をシームレスに行えます。(和書限定)

<アドオン版のポイントはここ!>
今回のアドオン版により、OPACの書誌詳細画面で「東大生協に在庫がある
場合のみ」リンクボタンが表示されるようになりました。
いちいちリンクボタンをクリックしないと生協在庫にヒットするか
どうかわからないという面倒が、これでスッキリ解決されます。
 
このツールはIE(Internet Explorer)、Firefox、Opera、Google Chrome、
Safariブラウザで利用可能ですが、アドオン版はIE、Firefoxのみで利用
可能です。

◆詳細、インストールはこちら
アドオン版
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/UT-OPAC2COOP/OPAC2COOP_add-ons.html

従来版
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/UT-OPAC2COOP/

◆お問い合わせは、「図書系のためのアプリケーション開発講習会」成果のページの
下にある「連絡用フォーム」へ
⇒https://mbc.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/products.html



2010/3/19 No.107

=================================================================
★ Lecture Notes in Mathematics が初号から利用可能に!★
=================================================================
このたび、Springer Book Seriesの"Lecture Notes in Mathematics"の
1964年の初号から最新号までオンラインでご覧いただけるようになりました。
どうぞ、ご利用ください。
(*例外としてNo.820とNo.1046が電子化されないため、ご利用になれま
  せん。)

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)
【学内から】http://www.springerlink.com/content/110312/

【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、
    出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
    利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合せ先
数理科学研究科図書室 
  library@ms.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ OECDの出版物や統計なら、OECD iLibraryで ★
=================================================================
このたび、OECD iLibraryが利用できるようになりました。
どうぞご利用ください。

◆OECD iLibraryとは
OECDの出版物、データベースを全て収録したオンラインデータベースです。
キーワード検索で報告書からワーキングペーパー、統計データベースから
お探しの資料、データを見つけることができます。統計はエクセル形式で
ダウンロードして、独自の図表に加工することができます。

従来ご利用いただいておりますSourceOECDは、しばらくの間、並行して
ご利用いただけます。なお、ほぼすべてのコンテンツはOECD iLibraryでも
ご利用いただけます。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)
【学内から】http://www.oecdilibrary.org/

【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、
    出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
    利用にあたってはご留意ください。

=================================================================
★ 医学部図書館 RefWorks講習会のお知らせ ★
=================================================================
医学図書館では、Web上で使える文献管理ツール"RefWorks"の講習会を開催
いたします。PubMedからのデータ取り込みなど、医学系研究者向けの内容で
説明をします。提供元より講師を招いての講習会です。ぜひご参加ください。

【開催日時】3/31(水)14:00〜15:00 (60分間)
【開催場所】医学図書館 1Fマルチメディアコーナー
            地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html

【定 員】 Windows端末14名、Mac端末5名 予約優先 
      ※講師はWindows端末を利用します

予約方法や詳細については、こちら
http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20100302

==================================================================
★ ECCSアカウントについて、年度末のご注意 ★
==================================================================
教育用計算機システム(ECCS)は学内向けのサービスであるため、
卒業や転出等と同時に利用資格は失われます。
4月1日に直ちにアカウントが消去されるわけではありませんが、
4月以後しばらく経つと使用できなくなります。

詳細は以下をご覧ください。
http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2010/03/leave.html

=================================================================
★ ご注意。サービス一時停止情報 (CiNii, Littel Navigator)  ★
=================================================================
●CiNii
CiNiiはシステムメンテナンスのため、下記の時間帯でサービスが
一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げ
ます。

[サービス停止日時] 
2010年3月31日(水)13:00〜 4月1日(木)3:00(14時間)

[停止するサービス]
CiNii 
   http://ci.nii.ac.jp/
NII電子ジャーナルリポジトリ(NII-REO)
   http://reo.nii.ac.jp/journal/HtmlIndicate/html/index.html

●Littel Navigator
Littel Navigatorのメンテナンス作業のため、下記の日程で
サービスを一時的に停止いたしますので、お知らせします。

[サービス停止日時]
2010年3月20日(土)10:00〜18:00(8時間程度)

[停止するサービス]
Littel Navigator
   http://u-tokyo.navi.littel.jp/



2010/3/5 No.106

=================================================================
★  Science Translational Medicineのサービス開始! ★
=================================================================
医科学研究所図書室では、国内の所蔵館が極めて少ない雑誌「Science
Translational Medicine」のサービスを開始しました。
どうぞご利用ください。

■Science Translational Medicineとは
"Science"を発行するAAASが2009年10月に創刊した新雑誌です。
「Translational Medicine」は基礎研究の成果を臨床医療に
繋げる研究手法です。医学系だけでなく生命科学系の研究者の方に
幅広くご利用いただけます。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)
【学内から】 http://stm.sciencemag.org/

【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、
    出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
    利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合せ先
 医科学研究所図書室 
  u-tosho@adm.ims.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ Annual Reviewsシリーズのバックファイルが利用可能に!★
 =================================================================
このたび、生命科学、物理学、社会科学分野をカバーした定評あるReview誌
Annual Reviewsシリーズの32タイトル全てが創刊号から利用可能になりました。

■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数制限なし)
【学内から】http://arjournals.annualreviews.org/action/showJournals

【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
       ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

【注意】一度に大量のデータをダウンロードすることは、
    出版社、ベンダーの規約上禁止されています。
    利用にあたってはご留意ください。

◆お問い合わせ先
   医学図書館 図書受入係 acq@m.u-tokyo.ac.jp
  (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ Digital National Security Archive「アメリカ外交政策極秘文書シリーズ」
 トライアルサービスのお知らせ ★
=================================================================
法学部研究室図書室では、「Digital National Security Archive アメリカ外
交政策極秘文書シリーズ」のうち3コレクションのトライアルサービスを開始し
ました。どうぞご利用ください。

◆Digital National Security Archive「アメリカ外交政策極秘文書シリーズ」とは
  The National Security Archive(通称NSA)は1985年に設立された非営利団
体で、現代米国の国家安全保障に関する一次文献に関しては、米国政府に次ぐ最
大の所蔵先であると言われています。「アメリカ外交政策極秘文書シリーズ」
は、そのNSAの所蔵文献の中から特に重要なテーマに関するものをデータベー
ス化したものです。

◆利用できるコレクション
 ・China and the United States: From History to Engagement, 1960-1998
 ・Japan and the United States: Diplomatic, Security, and Economic
  Relations, 1960-1976
 ・Japan and the United States: Diplomatic, Security, and Economic
  Relations, 1977-1992

■トライアル期間
      2010年3月31日(水)まで
      *トライアル後、4月1日からは正式サービスとして継続予定です。
 
■アクセスはこちら (同時アクセスユーザー数の制限はありません。)
【学内から】 http://nsarchive.chadwyck.com/home.do

【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
              ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆お問い合せ先
    法学部研究室図書室 図書受入係
    ltosho@j.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 『新編 日本古典文学全集』がJapan Knowledge+から利用できます ★
=================================================================
このたび、「新編 日本古典文学全集」(小学館版)がJapan Konwledge+上で
利用可能となりました。全88巻を順次公開。第一弾は「源氏物語」です。

◆『新編 日本古典文学全集』とは
日本を代表する古典を網羅した、古典文学の決定版です。同一ページに、
頭注・古典本文・現代語訳を配し、自在に読み比べることができます
Japan Knowlege+のOneLook検索のほか、「個別検索」モードで、頭注・
古典本文・現代語訳にしぼった検索が可能です。
 
■アクセスはこちら 
【学内から】http://www.jkn21.com/

【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
      SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

      *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
             ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

=================================================================
★ 医学部図書館RefWorks講習会のお知らせ ★
=================================================================
医学図書館では、Web上で使える文献管理ツール"RefWorks"の講習会を開催
いたします。PubMedからのデータ取り込みなど、医学系研究者向けの内容で
説明をします。提供元より講師を招いての講習会です。
東京大学にご所属の方であれば、どなたでも無料でご利用いただけます。
ぜひご参加ください。

【開催日時】 3/31(水)14:00〜15:00 (60分間)
【開催場所】 医学図書館 1Fマルチメディアコーナー
            地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html

【定員】 Windows端末14名、Mac端末5名 予約優先 
     ※講師はWindows端末を利用します

◆予約方法や詳細については、こちら
http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20100302

==================================================================
★学外から利用可能なデータベースが増えました ★
==================================================================
このたび、「House of Commons Parliamentary Papers(HCPP) 」が
「SSL-VPN Gatewayサービス」経由で学外から利用できるようになりました。

◆House of Commons Parliamentary Papers(HCPP) とは
Parliamentary Papersは、イギリスの議会の会期別議会文書の総称で、
Command Papers(政府が議会へ提出する文書)と、House of Commons Papers、
House of Lords Papers (委員会の報告書など各議員で作成された文書)に
分類されますが、本データベースはHouse of Commonsの法案(Bills)、
議員文書、コマンドペーパーが収録されています。

学外から利用する際は、下記の手順でご利用ください。

◆学外からの利用方法
1) 事前に、教育用計算機システム(ECCS)の利用申請を行い、ECCSの
    アカウントを取得する
2) SSL-VPN Gatewayサービスへのサインイン画面
  ( https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/)にアクセス
3) ECCSのアカウント(ユーザー名、パスワード)を入力して[Sign In]
    ボタンをクリック
4) サインイン後、利用可能なサービスのページが表示されるので、
    ご希望のサービスへのリンクをクリック
5) 利用終了後は、ブラウザ画面右上のドアのアイコンをクリックして、
    サインアウト

◆2分でわかる「自宅からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/guide/jitaku/jitaku.htm

◆SSL-VPN Gatewayサービス試行版の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html
 (学外からは上記手順でサインイン後に見られます)

◆ECCSアカウントの申請等はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/application.html

2010/2/22 No.105

=================================================================
★ 東京大学附属図書館新聞所蔵情報最新版リストの公開 ★
=================================================================
東京大学附属図書館では「東京大学附属図書館新聞所蔵情報最新版リスト」を
作成いたしました。

以下の附属図書館のホームーページより、
東京大学にある新聞を検索する⇒「東京大学附属図書館新聞所蔵リスト」(最新版)
よりご利用ください。

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/contents/bj.html

=================================================================
★ Web of Science, EndNote Webに日本語インターフェイス登場
=================================================================
このたび、Web of Science、EndNote Web等を搭載するプラットフォーム
「ISI Web of Knowledge」が日本語インターフェイスでご利用いただける
ようになりました。
お使いのPCが日本語環境ですと、自動的に日本語インターフェイスが立ち
上がります。

*コンテンツは英語です。検索は英語で行っていただくことになりますので、
ご注意ください

*詳細は以下のページをご覧ください。
 【Web of Science/EndNote Web 日本語インターフェースのご案内】
   http://www.thomsonscientific.jp/products/wok/new/20100221/

◆Web of Scieceとは
全分野の主要な学術雑誌に掲載された論文のデータベースです。
通常のキーワード検索に加え、引用文献をキーにした検索も可能です。
*利用講習会あります。(3/9(火)12:10-12:40)

◆EndNote Webとは
Web版の文献管理ツールです。データベースからデータを取り込み、
面倒な文献リストを自動作成することができます。
*利用講習会あります。(3/10(水)16:00-17:00)

■アクセスはこちら
(Web of Science)
  【学内から】 http://isiknowledge.com/WOS

  【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
              ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

(EndNote Web)
  【学内から】http://www.myendnoteweb.com/

  【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
              ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

=================================================================
★ 海外の新聞、EndNote Webも! 3月の情報探索ガイダンス ★
=================================================================
パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
新しく日本語インターフェイスが登場したWeb of Science,EndNote Webの
コースもあります。

●スケジュール:

・3/3 (水)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文を入手
              【30分のクイック講習/昼休み開催】
・3/4 (木)12:10-12:30 自宅から検索するには?
              【ワンポイント講習/昼休み開催】
・3/5 (金)12:10-12:40 海外の新聞記事を探すには?
              【30分のクイック講習/昼休み開催】
・3/9  (火) 12:10-12:40 Web of Scienceを使うには?
              【30分のクイック講習/昼休み開催】
・3/10 (水) 16:00-17:00 EndNote Webを使うには?
・3/12 (金) 16:00-17:00 RefWorksを使うには
 
●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ ネットで受講! Web of Science等講習会 ★
=================================================================
3/8,3/26に、トムソン・ロイター社の日本人トレーナーによる、
Web of Science等のインターネット講習会が開かれます。

自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

◆日時・コース 
3/8(月)
14:30-15:10 初めての文献検索(Web of Science)
16:00-16:40 初めての文献管理ソフト(EndNote Web)

3/26(金)
14:30-15:10 EndNote Webで引用文献のフォーマット
16:00-16:40 キーワードではできない検索(Web of Sciecne)
17:30-18:30 EndNote X3(CD版)基本操作

*このほか、英語によるコースも開催予定です。
 詳細は以下の登録ページをご覧ください。

■要事前登録(無料)(注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/
(トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆参加費:無料

=================================================================
★ ご注意。サービス一時停止情報 (CNKI) ★
=================================================================
●CNKI
日本サーバーのメンテナンスのため、下記の日程でCNKIのサービスが一時停止し
ます。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2010年2月27日(土)午後1:00より /予備日 28日(日)

メンテナンスは、およそ1時間程度の予定ですが、器機の
増設などを伴うため、作業完了時間を特定しておりません。
予備日とは、作業の持ち越しの可能性を考慮しての日程となります。

[サービス停止内容]
 CNKI http://cnki.toho-shoten.co.jp/kns50/

2010/2/5 No.104

=================================================================
★ 生物医学分野「Cold Spring Harbor Protocols」トライアル開始 ★
=================================================================
医科学研究所図書室では、生物医学分野のオンライン版プロトコル集
『Cold Spring Harbor Protocols』のトライアルを開始しました。
この機会にどうぞご利用ください。

◆Cold Spring Harbor Protocols とは
 Cold Spring Harbor Laboratory Pressが刊行する"Molecular
Cloning"を始めとした書籍のプロトコル集や、学術誌"CSHProtocols"
及び、同研究所の主催する講義やワークショップの内容などを
統合したデータベースです。

 ・合計900を超えるプロトコルを収録(2007年11月現在)。
 ・内容は随時追加・更新。

■トライアル期間:2010年3月31日(水)まで

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー数の制限はありません)
  【学内から】http://cshprotocols.cshlp.org/

  【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
        SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

         *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

■詳しい使い方はこちら
 ・http://cshprotocols.cshlp.org/help/search_help.dtl

◆お問い合せ先
  医科学研究所図書室 
  u-tosho@adm.ims.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★幹細胞生物学「Current Protocols in Stem Cell Biology」トライアル開始★
=================================================================
農学生命科学図書館では、『Current Protocols in Stem Cell Biology 』の
トライアルを開始しました。
この機会にどうぞご利用ください。

◆Current Protocols in Stem Cell Biology とは
Wiley社の実験マニュアルシリーズ「Current Protocols」の
"Stem Cell Biology(幹細胞生物学)"分野全文データベースで、
2007年の初号から利用できます。
3ヶ月ごとに新しく改良された実験法・機器の情報が追加されます。

東京大学では、既に "Cell Biology", "Molecular Biology", "Protein
Biology", "Immunology", "Neuroscience"の5分野が正式サービスされて
います。

■トライアル期間:2010年3月31日(水)まで
 *トライアル後、4月1日からは正式サービスとして継続予定です。 

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー数の制限はありません)

  【学内から】http://mrw.interscience.wiley.com/emrw/9780470151808/home/

  【学外から】https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
       SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

       *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
              ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

■日本語マニュアルはこちら
 ・http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/CP_User_Guide_Japanese.pdf

◆お問い合せ先
 農学生命科学図書館 雑誌情報担当
 serials@lib.a.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 地域情報がさらに拡大。朝日新聞「聞蔵Uビジュアル」★
=================================================================
2010年2月1日より、朝日新聞オンライン記事データベース「聞蔵Uビジュアル」
に各都道府県(除:北海道・沖縄県)の県庁所在地版以外の地域面記事が
新たに追加されました。

地域面の収録記事本数の拡大で、身近な地域情報がさらに検索しやすくなりまし
た。どうぞご利用ください。

地域面収録の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/kikuzo_chiiki.pdf

=================================================================
★ PubMed、海外の新聞も! 2月〜3月の情報探索ガイダンスのお知らせ ★
=================================================================
パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
春休み前の受講をおススメします。

●スケジュール:
・2/9 (火)16:00-17:10 PubMed(25分) + RefWorks(45分)
・2/10(水)12:10-12:30 自宅から検索するには?
              【20分のクイック講習/昼休み開催】
・2/12(金)16:00-17:00 文献検索早わかり
・2/18(木)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文を入手
              【30分のクイック講習/昼休み開催】
・2/24(水)16:00-17:00 RefWorksを使うには

*PubMed(25分) + RefWorks(45分)コースは、どちらか一方のみの受講でも
 OKです。

・3/3 (水)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文を入手
              【30分のクイック講習/昼休み開催】
・3/4 (木)12:10-12:30 自宅から検索するには?
              【ワンポイント講習/昼休み開催】
・3/5 (金)12:10-12:40 海外の新聞記事を探すには?
              【30分のクイック講習/昼休み開催】
・3/9  (火) 12:10-12:40 Web of Scienceを使うには?
              【30分のクイック講習/昼休み開催】
・3/10 (水) 16:00-17:00 EndNote Webを使うには?
・3/12 (金) 16:00-17:00 RefWorksを使うには

 
●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ ネットで受講! Web of Science等講習会 ★
=================================================================
2/25(木)に、トムソン・ロイター社の日本人トレーナーによる、
Web of Science等のインターネット講習会が開かれます。

自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

◆日時・コース 

2/25(木)
14:30-15:10 応用シリーズ2(Web of Science)
16:00-16:40 インパクトファクターの簡単比較方法
17:30-18:30 EndNote X3基本操作

*このほか、英語によるコースも開催予定です。
 詳細は以下の登録ページをご覧ください。

■要事前登録(無料)(注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/
(トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆参加費:無料

=================================================================
★ ご注意。サービス一時停止情報 (GACoS, JapanKnowledge+) ★
=================================================================
●GACoS
サーバ更新のため、下記の日程でGACoSの全サービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2010年2月22日(月) 12:00 〜 15:00 (予定)

[サービス停止内容]
・GACoS         http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/index.html

●JapanKnowledge+
定期システムメンテナンスのため、下記の日程でジャパンナレッジ・プラスの
全サービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 2010年2月17日(水) 午前3:00〜午前6:00(予定)

[サービス停止内容]
・ JapanKnowledge+    http://www.jkn21.com/

・「日国オンライン」     http://www.jkn21.com/
 (JapanKnowledge+より利用)

・「日本歴史地名大系」   http://www.jkn21.com/
 (JapanKnowledge+より利用)

・「Web版日本近代文学館」http://yagi.jkn21.com/


2010/1/22 No.103

=================================================================
★ SpringerMaterials サービス開始のお知らせ! ★
=================================================================
SpringerMaterials のサービスを開始しましたので、
どうぞご利用ください。

◆SpringerMaterials とは
・物理科学や工学のあらゆる分野の高品質なデータを集めた
 「Landolt-Bornstein」の、評価して精選されたデータを
 系統的・包括的に収録しています。
 
・Googleライクなキーワード検索の他に、巻号からたどる、
 周期表から元素をたどるようなナビゲーション機能があります。

・収録情報は定期的に更新されます。
  現在:60,000 のドキュメント、120,000 の図表、
     165,000 種類の化学物質、72,000 を超える元素系
     530,000 を超える物質とその性質、等

【注意】SpringerMaterialsのサービス開始に伴い、これまで
    SprinerLink上にあった「Landolt-Bornstein」の
    コンテンツは、SpringerMaterialsへ統合されました。
    SprinerLinkから「Landolt-Bornstein」は利用できま
    せんので、ご注意ください。

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー数の制限はありません)
 【学内から】http://www.springermaterials.com

 【学外から】SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

        *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

◆お問い合せ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi@lib.u-tokyo.ac.jp (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 医学・薬学文献データベース『EMBASE』のトライアル開始 ★
=================================================================
医学図書館で医学・薬学文献データベース『EMBASE』のトライアル
サービスを開始しました。どうぞご利用ください。

◆EMBASEとは
  70カ国で発行される7000誌を超える薬物情報を広範囲かつ迅速に提供する
 医学・薬学文献データベースです。
  1974年6月以降の検索が可能で、主要な雑誌の収載は20日程で収録される
 ため、最新の情報を得ることができます。

◆特徴
  EMBASEとMEDLINEのレコードを同時に、しかも重複することなく検索
 できます。
  EMBASEにはEMTREEというシソーラスが備わっており、より信頼性が高い
  検索が可能です。

■トライアルサービス期間
  2010年3月31日(水)まで

■アクセスはこちら(同時アクセスユーザー数の制限はありません)

  【学内から】 http://www.embase.com/

  【学外から】 SSL-VPN Gatewayサービス(ECCSアカウントでサインイン)

        *SSL-VPN Gatewayサービスの詳細はこちらをご覧ください。
         ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/sslvpn/service.html

■詳しい使い方こちら
  http://japan.elsevier.com/products/embase_com/embase_com_qrg.pdf
     

■EMBASEトライアル説明会
 日 時:2010年2月4日(木) 15時〜16時 
 場 所:医学総合中央館(医学図書館)333会議室 
 その他:実習を希望する方は、無線LAN接続可能なPCをお持ちください
        (暗号化形式WEP形式に対応したもの)
     無線LAN設定が必要なため、少し早目にお越しください。

  ※事前申し込みは不要です。当日直接会場へお越しください。
  
◆お問い合わせ先
   医学図書館 図書受入係 acq@m.u-tokyo.ac.jp
  (@は半角に置き換えてください)

=================================================================
★ 国内の新聞記事やPubMedも! 2月の情報探索ガイダンスのお知らせ ★
=================================================================
春休みに向け、2月の“情報探索ガイダンス”は新しいメニューを
ご用意しました。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:
・2/2  (火)16:00-17:30 Web of Science(45分) + EndNote Web(45分)
・2/4 (木)12:10-12:40 国内の新聞記事を探すには?
               【30分のクイック講習 / 昼休み開催】
・2/5 (金)13:30-14:30 日本の論文を探すには?
・2/9 (火)16:00-17:10 PubMed(25分) + RefWorks(45分)
・2/10(水)12:10-12:30 自宅から検索するには?
              【20分のクイック講習 / 昼休み開催】
・2/12(金)16:00-17:00 文献検索早わかり
・2/18(木)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文を入手
              【30分のクイック講習 / 昼休み開催】
・2/24(水)16:00-17:00 RefWorksを使うには

*Web of Science(45分) + EndNote Web(45分)コースは、どちらか一方
 のみの受講でもOKです。
*PubMed(25分) + RefWorks(45分)コースも、どちらか一方のみの受講
 でもOKです。
 
●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ ネットで受講!Web of Science、EndNote Web講習会 ★
=================================================================
1/27(水)に、トムソン・ロイター社の日本人トレーナーによる、
Web of Science、EndNote Webインターネット講習会が開かれます。

自宅や研究室からも、インターネットに接続しているパソコンがあれば、
どこでも受講できます。どうぞお申込みください。

◆日時・コース ※すべてWindowsのみ

1/27(水)
14:30-15:10 初めての文献検索(Web of Science)
16:00-16:40 初めての文献管理ソフト(EndNote Web)

*このほか、英語によるコースも開催予定です。
 詳細は以下の登録ページをご覧ください。

■要事前登録(無料)(注:参加する方は必ずお読みください)
⇒http://www.thomsonscientific.jp/training/web/wos/
(トムソン・ロイター社のページ)

※「インターネットフォン用のヘッドセット/スピーカーフォン」が必要と
 書かれていますが、実際は不要です。パソコンの音声機能で十分聞こえます。

◆会場:なし(各自でインターネット受講)

◆参加費:無料

=================================================================
★ ご注意。サービス一時停止情報 (1/23 ScienceDirect) ★
=================================================================
●ScienceDirectサービスの一時停止

エルゼビア社のサーバー・メンテナンスのため、下記の時間帯で
ScienceDirect のサービスが一時停止します。
大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

[サービス停止日時] 
2010年1月23日(土)午後22:00(日本時間)より 約 12時間

[停止するサービス]
ScienceDirect http://www.sciencedirect.com/

2010/1/12 No.102

=================================================================
★ Lexis.com リニューアル!★
=================================================================
海外法・ビジネスデータベース「Lexis.com」のユーザーインターフェースが
全面リニューアルされました。

どうぞご利用ください。
新画面から従来の画面(英語版)へのリンクも設けられています。

■アクセスはこちら

【学内限定】
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/golexis.html
 (新インターフェース)

■新インターフェースの特長

・日本語のインターフェース
 新インターフェースでは、検索フォームが日本語で表記されています。
 英語が苦手な方でも、以前より大幅に検索がしやすくなり、検索に費やす
 時間の短縮にも繋がります。

・ソースへのアクセスが簡単に
 Lexis.comに収録されている膨大なデータベースより、利用頻度の高い
  ソースが抜粋されています。

・カテゴリー別の専門検索フォーム
 判例・法令・ローレビュー・ニュース・ビジネス情報検索用にそれぞれ
  専門の検索フォームが用意されています。

・日本式の日付指定
 アメリカ式の日付指定は慣れないという方も、日本式に日付の指定が
 できるようになりました。

・従来のインターフェースへのリンク
 応用編の検索を希望される方向けに、新画面から従来の画面へのリンクも
 設けられています。
(Lexis.comのタブをクリックしてください。)

=================================================================
★ LexisNexis Academic リニューアル! ★
=================================================================
海外法・ニュース・ビジネスデータベース「LexisNexis Academic」の
ユーザーインターフェースが全面リニューアルされました。

新インターフェースでは、英語版のインターフェースに加え、
日本語・中国語・韓国語対応の多言語インターフェースも登場し、
検索の利便性が向上しました。
どうぞご利用ください。

■アクセスはこちら

【学内から】http://www.lexisnexis.com/ap/academic/?lang=ja
           (日本語デフォルトの多言語対応インターフェース)
            http://www.lexisnexis.com/us/lnacademic
           (従来のインターフェース)

■機能等の変更点

・多言語対応インターフェース
 英語版のインターフェースに加えて、日本語・中国語・韓国語の
 インターフェースも完成しました。

・Easy Searchフォームの変更
 ホーム画面に、ニュース情報・企業情報・法律情報・国情報・
 人物情報等の各カテゴリー別の簡易検索画面が用意されました。
 それに伴い、皆様がよく利用されるソースへのアクセスがより
 一層簡単になりました。

・ナビゲーションメニューの変更
 ナビゲーションが画面左側に集約して一層使いやすくなりました。

・目次検索メニューの追加
 米国連邦・州の法令が目次より検索できるようになりました。

■サポート情報

日本語サイト
http://www.lexisnexis.jp/support/lexisnexis-academic.aspx
※日本語情報は今後随時、上記のサイトにアップデートされる予定です。

英語サイト
http://wiki.lexisnexis.com/academic/index.php?title=Academic_Help:_Overview

=================================================================
★ 駒場図書館講習会(1/13、14)のお知らせ ★
=================================================================
駒場図書館で、下記の講習会が開催されます。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください。

◆スケジュール:
  1月13日(水) 11:30-12:00 自宅から検索するには?コース(ミニ)
 1月14日(木) 15:00-16:00 文献検索早わかりコース

◆会場: 駒場図書館
 ⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_25_j.html
  各回先着24名。予約不要です。
  当日、駒場図書館の参考調査・相互利用カウンター前にお集まりください。

●参加費: 無料

■詳細はこちら (駒場図書館News)
 ⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0146

=================================================================
★ 新春の情報探索ガイダンスのお知らせ「電子ジャーナルで論文を入手」ほか
                              (再掲)★
=================================================================
2010年新春の“情報探索ガイダンス”各種コースをご案内します。

パソコンを使った実習形式です。
本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:
・1/15  (金)13:30-14:30 文献リストをサクッと作成 RefWorksを使うには?
・1/20 (水)12:10-12:40 電子ジャーナルで論文を入手
               (30分のクイック講習/昼休み開催)
・1/21 (木)15:00-16:00 日本の論文を探すには?
・1/26 (火)16:00-17:00 文献検索早わかり
・1/29 (金)12:10-12:30 自宅から検索するには?
               (20分のワンポイント講習/昼休み開催)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 (各回先着12名。予約不要です。)

●参加費: 無料

■詳細はこちら 
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

=================================================================
★ 文献検索のオーダーメイド講習(出張も)承ります!
         春休み前の今こそ卒論・修論の準備を!!★
=================================================================
情報基盤センター学術情報リテラシー係では、文献検索に関する
オーダーメイド講習(出張講習会)を行っています。
授業やゼミなどで、ご活用ください。

ご希望の日時、場所、内容で承ります。ゼミ仲間など学生だけでもOKです。

*東京大学にご所属の方ならどなたでもお申込み可能です。
 無料。
 
どうぞお気軽にご相談ください。

■お申込み・ご相談 下記内容をメールにてお問い合わせください。

・希望日時(可能なら第3希望まで 平日月〜金 9:00〜17:00の間で)
・講習場所(総合図書館講習会コーナーを使用することも出来ます。
      PC端末14台、プロジェクター有 *総合図書館開館日)
・希望講習内容
・参加予定人数(概ね4名以上でお願いします。)
・連絡先(メールアドレス、電話番号)

■お問い合わせ先

情報基盤センター 学術情報リテラシー係
Email: literacy@lib.u-tokyo.ac.jp
※アドレス中の@を半角に書き換えた上で送信してください。
内線: 22649

■講習内容・実施状況など詳細はこちらをご覧ください。
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


Copyright(C)2005 東京大学本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当] All Rights Reserved
著作権・リンクについて