Litetopi メールマガジン バックナンバー [2014]

>>最新の記事へ >>最新の記事へ
>>2013年の記事へ
>>2012年の記事へ
>>2011年の記事へ
>>2010年の記事へ
>>2009年の記事へ
>>2008年の記事へ
>>2007年の記事へ
>>2005-2006年の記事へ

2014/12/17 No.236

==============================================================
 ★【申込受付中】12/19(金) ※完全予約制 夜間ガイダンス
「論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks」 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“完全予約制 夜間ガイダンス”をご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

※夜間ガイダンスは完全予約制です。申込受付中です。

■12/19(金)18:30〜19:30(※完全予約制 夜間ガイダンス)
【論文準備のための文献管理:Web of Science&RefWorks】

論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。  
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。

(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
ただしCiNii Articles・TREEの講習を含みません。また、医中誌Web・PubMedの講習を含みません。)

※現時点で3名以上集まりましたので開催確定しています。
 引き続き申込受付中です。

●必ず下記ページをお読みください。
※申込方法・注意事項はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night


●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★ セミナー資料を掲載「英語論文はこわくない 〜書くためのポイント〜
 駒場ライターズスタジオ in 本郷 特別出張講座」(2014年11月・12月開催)★
==============================================================
2014年11月・12月に開催してご好評いただいた「英語論文はこわくない
〜書くためのポイント〜 駒場ライターズスタジオ in 本郷 特別出張講座」
のトム・ガリー教授、片山晶子特任講師の配布資料・スライドを
GACoSに掲載しました。参加できなかった方もどうぞご覧ください。

◆GACoS「講習会教材」ページ
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/text.html
⇒教材メニュー「英語論文執筆支援講座」

(受講者アンケートより)
・具体的な実例やアドバイス、また校正する立場に立った経験のお話を聞かせていただき、
とても参考になった。英語論文を書くハードルが下がった。
・近道がないことが分かりました。読む、書くしかありません。
・とにかく書いてみようと思いました!
・まだ論文執筆をはじめていない段階だったが、気をつけた方が良いことなど知ることができて良かった
・「気づき」がなければ文法は習得できない。精読の重要性を知ることができた。


==============================================================
 ★ 1月の講習会「RefWorksミニ講座」「卒業してからの文献検索・文献管理」他 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2015年):

■【RefWorksミニ講座】(予約不要・同内容で2回)
・1/15(木)12:20〜12:50
・1/23(金)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
参考文献リストの自動作成で、論文執筆時間を節約しましょう。
東大所属者だから無料で使えるツールです。

■【論文準備ここからスタート!(文献検索から文献リスト作成まで)】(予約不要)
・1/21(水)14:50〜16:20

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【卒業してからの文献検索・文献管理】(予約不要・同内容で2回)
・1/14(水)15:00〜16:00
・1/20(火)15:00〜16:00

卒業する前に知っておこう!東京大学を卒業・退職される方向けに、
卒業・退職してからも文献検索や文献管理に利用できる各種ツールを、
無料ツール中心に紹介します。
卒業等で東京大学を離れると東京大学が契約している電子ジャーナル・データベースは
利用できなくなりますが、所属に関わらず利用できるツールにはどんなものがあるかを知っておきましょう。

■【完全予約制 夜間ガイダンス:卒業してからの文献検索・文献管理】
・1/15(木)18:30〜19:30

上記の昼間のコースと同内容です。
 ※3名以上当日参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
  申込方法・注意事項はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★ 【申込受付中】好評につき1月・2月にも開催!
 無料の文献管理ツール「Mendeley」講習会(再掲) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、11月に好評だった
無料の文献管理ツール「Mendeley」講習会を、再度、1月・2月にも開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
前回参加できなかった方、ぜひこの機会にお申込みください。

■日時:(同内容で2回)
・1/23(金)16:40〜18:10
・2/19(木)14:50〜16:20

■会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(※備付PCでの実習となります。)
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

■参加費: 無料

■内容:
「Mendeley」は、所属に関係なく卒業しても使える無料の文献管理ツールです。
文献情報を保存・管理し、参考文献リストを自動作成できます。

他の文献管理ツールとの違いについては、
比較表(※学内者向け:学内アクセス限定)をご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/enw_refw.pdf

■講師: (提供元) エルゼビア・ジャパン株式会社

■申込方法・詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#mendeley1
※先着順で定員(各回17名)に達し次第受付終了いたします。

2014/12/2 No.235

☆☆今号では、著作権セミナーと、人気のMendeley講習会情報を
いち早くお知らせします!どうぞお申込みください☆☆

==============================================================
 ★ 【申込受付開始】これから博士論文を書く大学院生へ!
 1/29(木)「論文執筆と著作権〜知っておきたい基本の話〜」セミナー ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チームでは、本郷キャンパス総合図書館にて、特別企画
「論文執筆と著作権〜知っておきたい基本の話〜」セミナーを開催します。

■対象: 東京大学の学生(学部学生を含む)
(これから博士論文を書く大学院生向けの内容。文理問わず参加歓迎。)
※先着順で定員(80名)に達し次第受付終了いたします。

■申込方法: 下記のページをご参照ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#chosakuken

■日時: 2015年1月29日(木)15:00〜16:45(14:45受付開始)

■会場: 本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室
※総合図書館の利用者用の玄関からは会場へ行けません。
 事務用の「西口玄関」から3階へお越しください。
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/jimushitsumap.html
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

■参加費: 無料

■内容: 

15:00-15:30【博士論文を「東京大学学術機関リポジトリ」で公開することについて】

 平成25年4月1日から学位規則改正により博士論文はリポジトリで公開することになりました。
本学のリポジトリを担当している職員(情報基盤課学術情報チーム)が、
リポジトリでの博士論文公開について、規則・手順・よくある問合せ事例等を説明します。

15:30-16:45【学術論文執筆と著作権】

 生貝直人 特任講師が、著作権の基礎知識から、引用に関する注意点、契約の重要性や業界慣行など、
学術論文を執筆する際に気をつけるべきポイントについて講義します。

※受講者から事前に寄せられた質問への回答が講義内容に含まれます。
(時間の関係ですべての質問にお答えできない場合があります。)
※個別相談はございません。
※質疑応答・アンケートの時間を含みます。

■講師: 
生貝 直人(いけがい なおと)特任講師
(東京大学附属図書館新図書館計画推進室/大学院情報学環)
プロフィール:
博士(社会情報学)。慶應義塾大学総合政策学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。
専門分野は日米欧の情報政策(著作権、プライバシー、セキュリティ、表現の自由、イノベーション)、
文化芸術政策(デジタルアーカイブ、電子図書館)。

■申込方法・詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#chosakuken
※先着順で定員(80名)に達し次第受付終了いたします。


==============================================================
 ★ 【申込受付開始】好評につき1月・2月にも開催!
 無料の文献管理ツール「Mendeley」講習会 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、11月に好評だった
無料の文献管理ツール「Mendeley」講習会を、再度、1月・2月にも開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
前回参加できなかった方、ぜひこの機会にお申込みください。

■日時:(同内容で2回)
・1/23(金)16:40〜18:10
・2/19(木)14:50〜16:20

■会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(※備付PCでの実習となります。)
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

■参加費: 無料

■内容:
「Mendeley」は、所属に関係なく卒業しても使える無料の文献管理ツールです。
文献情報を保存・管理し、参考文献リストを自動作成できます。
他の文献管理ツールとの違いについては、
比較表(※学内者向け:学内アクセス限定)をご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/enw_refw.pdf

■講師: (提供元) エルゼビア・ジャパン株式会社

■申込方法・詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#mendeley1
※先着順で定員(各回17名)に達し次第受付終了いたします。


==============================================================
 ★ 本郷キャンパス本部棟1階ロビーにて「東京大学新図書館計画」の紹介を展示中! ★
==============================================================
現在、本郷キャンパス本部棟1階ロビーにて、
進行中の「東京大学新図書館計画」など、附属図書館の未来に向けての取り組みが
展示で紹介されています。もうご覧になりましたか?

先日見てきましたが、パネル、映像、模型などでわかりやすく楽しめる展示となっています。
大型モニターでは、「あなたにとって未来の東大新図書館とは?」というテーマで、
学生や、図書館員、教員などからのビデオメッセージが放映されていました。

どなたでも自由にご覧いただけます。ぜひお立ち寄りください。

◆開催期間: 〜2015年1月9日(金)まで(予定)

◆開催時間: 平日9時〜17時
※土日祝日及び本部棟が閉鎖する期間は見学できません。

◆会場: 東京大学本部棟1階ロビー(本郷キャンパス)

◆主催: 東京大学附属図書館 新図書館計画推進室

◆詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/2309https://www.facebook.com/UTokyoNewLibrary/posts/748684661892662

2014/11/26 No.234

==============================================================
 ★ 12月の講習会「RefWorksミニ講座」「卒業してからの文献検索・文献管理」他 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■【就活の味方「eol」ミニ講座】(予約不要・同内容で2回)
 12/2(火)12:20〜12:40
 12/17(水)12:20〜12:40

昼休み20分のミニ講座で、国内の企業情報データベース
「eol」(イーオーエル)を、就活の強い味方にしてください。
企業名やキーワード、条件指定で企業を探す実習をします。
「eol」を使えば、財務状況や事業のリスクなども含めた企業情報がわかるほか、
同業他社をまとめて比較したり、ランキングも見られます。
東大所属者だから無料で使えるツールです。

■【RefWorksミニ講座】(予約不要・同内容で2回)
 12/3(水)12:20〜12:50
 12/12(金)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
参考文献リストの自動作成で、論文執筆時間を節約しましょう。
東大所属者だから無料で使えるツールです。

■【卒業してからの文献検索・文献管理】(予約不要・同内容で2回)
 12/5(金)15:00〜16:00
 12/17(水)15:00〜16:00

東京大学を卒業・退職される方向けに、卒業・退職してからも
文献検索や文献管理に利用できる各種ツールを、無料ツール中心に紹介します。
卒業等で東京大学を離れると東京大学が契約している電子ジャーナル・データベースは
利用できなくなりますが、所属に関わらず利用できるツールにはどんなものがあるかを
知っておきましょう。

■12/19(金)18:30〜19:30(※完全予約制 夜間ガイダンス)
【論文準備のための文献管理:Web of Science&RefWorks】

論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。  
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。
(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
ただしCiNii Articles・TREEの講習を含みません。また、医中誌Web・PubMedの講習を含みません。)
 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
 申込方法・注意事項はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night


●会場:総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★ 12/9「時間を節約!RefWorksミニ講座」「Google Scholar活用法」
  駒場図書館で開催する講習会のお知らせ  ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
駒場図書館との共催による講習会を12月に開催します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■12/9(火)12:20〜12:50【時間を節約!RefWorksミニ講座】(予約不要)

東大所属者が無料で利用できるWeb版の文献管理ツール「RefWorks」の使い方を説明します。
代表的なデータベースからのデータの取り込み方と、
参考文献リストの自動作成方法を実習します。


■12/9(火) 13:45〜14:30【Google Scholar活用法】(予約不要)

Google Scholarの検索のコツや、検索結果画面の見方、Google Scholarで
見つけた論文の入手方法を説明。知らないと損する東大ならではの使い方を教えます。

●会場:駒場図書館 各回先着24名(予約不要)備付PC(Windows) を使って実習。
 ※駒場図書館カウンター前集合。
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0363
ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★「Artemis Primary Sources」サービス開始 ★
==============================================================
Galeのアーカイブ型データベースを横断検索できる「Artemis Primary Sources」が
利用可能となりました。どうぞご利用ください。

※Galeの文学系データベース「Artemis Literary Sources」とは別物です。

現在本学では下記データベースの横断検索が可能です。
・17th and 18th Century Burney Collection
・19th Century British Newspapers
・Eighteenth Century Collections Online
・The Making of the Modern World
・Nineteenth Century Collections Online
・Times Digital Archive(2014年12月追加予定)

■アクセスはこちら
【学内から】http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo?db=GDC

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービスまたは認証GWサービスによる学外からの利用方法」を参照
  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

◆お問い合わせ先
総合図書館資料契約係
zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp (*は@に置き換えてください)


==============================================================
 ★「日本近代文学館所蔵 オンライン版 太宰治自筆資料集」サービス開始 ★
==============================================================
J-DAC(ジャパンデジタルアーカイブセンター)のデータベースコンテンツ
「日本近代文学館所蔵 オンライン版 太宰治自筆資料集」が利用可能となりました。

日本近代文学館が所蔵する、太宰治の直筆原稿・草稿と
旧制青森中学・弘前高校在学中の日記やノート・教科書類、
旧制中学・高校時代に太宰治が主宰した同人雑誌「蜃気楼」「細胞文芸」を収録しています。
どうぞご利用ください。

■アクセスはこちら
【学内限定】http://j-dac.jp/dazai

 ※資料一覧画面に「凡例」「使用方法」があります。
 ※利用後はログアウトを押して終了してください。

◆お問い合わせ先
文学部図書室 受入担当
ukeire*l.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えてください)


==============================================================
 ★ Wiley電子ブック トライアル実施中!全文利用可能(2015年2月末まで)★
==============================================================
Wileyの電子ブックのトライアルサービスを実施中です。
トライアル期間中、Wiley Online Books収録の電子ブック、
約15,000タイトルの全文が利用可能です。

※ただしWiley Reference Worksは対象外です。

■トライアル期間: 2015年2月末まで

■アクセスはこちら

【学内から】Wiley Online Booksの一覧
    http://olabout.wiley.com/WileyCDA/Section/id-816126.html
(Wiley Online Libraryから検索しての利用も可能です。)

東京大学で契約済みのタイトルはアクセスマーク(鍵が開いた南京錠マーク)が付いています。
トライアル期間中は、アクセスマークがないものも全文利用可能です。
※ただしWiley Reference Worksは対象外です。

【学外から】
「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」による学外からの利用方法を参照
  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

◆お問い合わせ先
総合図書館資料契約係
zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えてください)



2014/11/10 No.233

==============================================================
 ★【柏図書館で開催】11/19「論文準備ここからスタート!」
  11/26「研究戦略:研究力の測り方、伸ばし方」分析ツールSciVal講習会 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
柏図書館との共催による講習会を11月に開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

【論文準備ここからスタート! in 柏】
日時:11/19(水)14:50〜16:20
会場:柏図書館1階 ラーニングサポートサービス
定員:12名。 予約優先

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

★申込方法・詳細はこちら
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/news/news_seminar.html#n20141106_1



【「研究戦略:研究力の測り方、伸ばし方」分析ツールSciVal講習会】
日時:11/26(水)14:50〜16:20
会場:柏図書館1階 コンファレンスルーム(utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
定員:25名。 予約優先

「自分の研究力はどうやって評価されるの?」
「この研究分野のトレンドは今後どうなっていくのだろうか?」
若手研究者ならだれもが気になることを「SciVal」で分析してみませんか?
「SciVal」とは、世界の研究機関の研究パフォーマンスに関する客観的データを取得できるツールです。
研究チームや研究領域を自分で設定でき、ニーズにあわせた分析が可能です。
この講習会では具体的な例題に沿って「SciVal」の利用方法を学ぶことができます。

★申込方法・詳細はこちら
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/news/news_seminar.html#n20141106_2


●参加費:無料


==============================================================
 ★ 【残席わずか】卒業しても使える無料の文献管理ツール「Mendeley」
 11/13(木)エルゼビア社から講師を招いて無料講習会を開催! ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
「文献管理ツール クローズアップDays」の「Mendeley」講習会は
残席わずかです。どうぞお申込みください。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

11/13(木)
<Mendeley 講習会> 13:30〜14:30 備付PCで実習形式
<Mendeley トークセッション> 14:50〜15:50

●講師: (提供元) エルゼビア・ジャパン株式会社

●参加費:無料

●会場:(本郷)総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名(予約優先)
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html

 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込方法:
学術情報リテラシー担当( literacy*lib.u-tokyo.ac.jp )へ
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)

メールのタイトル:文献管理ツール・クローズアップデー参加希望
メールの本文 :
(1) 参加希望コース名(コース名と、講習会かトークセッションか等すべて記載(複数可)
(2) 氏名
(3) 身分
(4) 所属
(5) 講師への質問
(6) 利用経験のある文献管理ツールの名称 (利用経験の無い場合は「なし」)

◎そもそも、文献管理ツールとは?
レポート・論文執筆に必要な文献情報を蓄積・管理し、
参考文献リストを自動作成できるツールです。
今年の「文献管理ツール クローズアップDays」では、
4種類の文献管理ツールを扱います。興味のあるコマにご参加ください。

◎参加コースに迷ったら・・・
文献管理ツールについてよく聞かれる点をまとめた、
各ツールの比較表をご覧ください。(※学内者向け:学内アクセス限定)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/enw_refw.pdf

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★ 【11/26まで開催中】東京大学附属図書館特別展示
 「総合図書館 コレクションへの招待状−世界中から集まった貴重な資料たち−」★
==============================================================
東京大学附属図書館では、毎年、全学で所蔵する貴重な資料の特別展示を行っています。

今年度は、関東大震災への復興支援を始めとして、附属図書館の歴史の過程で収集された蔵書から、
南葵文庫、鴎外文庫、英国書史関係集書など、特に選りすぐった
総合図書館の11の文庫、コレクションを展示しています。

一般の方も観覧できます。入場無料です。ぜひこの機会にご覧ください。

◆開催期間:2014年10月16日(木)〜11月26日(水)
 9時〜17時(土・日・祝日を含む)

◆開催場所:(本郷キャンパス)総合図書館3階ロビー

◆詳細はこちら
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/news.php?datetime=20141015120000


==============================================================
 ★ 「Encyclopaedia of Islam Online」サービス開始 ★
==============================================================
このたび、イスラム文明の人物・民族・地理・歴史・宗教・文化・科学・政治・美術等の
包括的な参考図書「イスラーム百科事典」のオンライン版
「Encyclopaedia of Islam Online (including Second Edition, Three, Atlas, Glossary)」
が利用可能となりました。どうぞご利用ください。

詳細は、U-PARL(アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門)のサイトをご参照ください。
http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/archives/japanese/encyclopaedia-of-islam-online
■アクセスはこちら
【学内から】http://referenceworks.brillonline.com/browse/encyclopaedia-of-islam-2

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービスまたは認証GWサービスによる学外からの利用方法」を参照
  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp (*は@に置き換えてください)


==============================================================
 ★ Galeの文学系データベースLRC、MLAが
 「Artemis Literary Sources」にプラットフォーム変更 ★
==============================================================
このたび、Galeの文学系データベース、
「Literature Resource Center」と「MLA International Bibliography」が
新プラットフォーム「Artemis Literary Sources」で利用可能になりました。
どうぞご利用ください。

◆「Artemis Literary Sources」とは
Galeが長年刊行し続けている文学資料や文芸批評を、
一つのプラットフォームに統合した文学データベースです。
MLA International Bibliography以外にも、文学系の一次資料、
批評、分析、伝記などの資料を利用できます。

■アクセスはこちら
【学内から】http://infotrac.galegroup.com/itweb/unitokyo?db=GLS

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービスまたは認証GWサービスによる学外からの利用方法」を参照
  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp (*は@に置き換えてください)


==============================================================
 ★【重要】「RefWorks」の使われていない個人アカウントの削除について ★
==============================================================
RefWorksにユーザ登録をしたことのある方はご注意ください!
-------
※11月上旬に「その時点で6ヶ月以上RefWorksにログインしていないユーザー」
のRefWorks登録メールアドレス宛てに下記と同内容のメールをお送りしました。
しばらく使っていないにも関わらずそのメールが届かない場合は、
RefWorksに登録したアドレスが有効でないと思われます。
ログイン後の「プロフィール更新」で確認して適宜アドレス変更を行ってください。
メールアドレスとログイン名を同じものにしておくことをお奨めします。
-------

昨年同様、2ヶ月程度の周知期間を経た後、
「過去1年間RefWorksにログインしていない」個人アカウントについて、
アカウントの削除をすることになりました。

◆削除日: 平成27年1月22日(木)(予定)
◆削除対象: 削除日時点で「過去1年間RefWorksにログインしていないユーザー」

※削除後は、それまで当該アカウントでRefWorksにインポートしたデータ等は
 アカウントと共に全て完全に消去されます。(復元できません。)

「自分はしばらくRefWorksを使っていない」と思われる方で、
アカウントが削除されることを避けたい場合は、
必ず、「上記の削除日の前日までに、1度RefWorksにログイン」をしてください。

削除日の前日までに1度ログインしていただければ、
「過去1年間RefWorksにログインしていないユーザー」の対象から除外されます。

アカウント削除後に再度RefWorksを利用する場合は、
新規にアカウント取得が必要となります。
※卒業等で東大所属でなくなった方は、サービス対象外です。

■RefWorksへのアクセス方法はこちら
GACoS>FAQ「RefWorksを使うには?」ページ
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/refw.html#access

ご不明な点等ございましたら、当部署へメールにてご連絡ください。

-------(参考情報)----------
「しばらく使っていなかったからRefWorksを復習したい」
「卒業しても使える、無料の文献管理ツールのMendeleyを使ってみようか」
という方におすすめの講習会のお知らせです。

11/13(木)<RefWorks 講習会> 9:20〜10:20 備付PCで実習形式
11/13(木)<RefWorks トークセッション> 10:40〜11:40(トークセッションのみ参加も歓迎)
11/13(木)<Mendeley 講習会> 13:30〜14:30 備付PCで実習形式
11/13(木)<Mendeley トークセッション> 14:50〜15:50(トークセッションのみ参加も歓迎)
【会場】(本郷)総合図書館1階講習会コーナー

いずれも予約優先です。東京大学にご所属の方なら参加できます。(無料)
★申込方法・詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

2014/10/27 No.232

☆☆☆
東京大学附属図書館の新しい研究部門、“U-PARL”(ユーパール)
(アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門)を知っていますか?
このたび、No.230でお知らせした新規導入データベース「中国基本古籍庫」について、
U-PARLの村上正和先生に書いていただきました!ぜひお読みください。
☆☆☆

==============================================================
 ★ 【特別寄稿】「中国基本古籍庫」と歴史研究 ★
==============================================================
中国基本古籍庫(以下、古籍庫)は中国企業の愛如生が製作した大型データベースであり、
先秦から民国までの約1万種にのぼる資料が収録されています。
18世紀に清朝が総力を挙げて編纂した『四庫全書』の約3倍に相当し、
思想、文学、言語、歴史、美術、宗教等々、中国に関するあらゆる分野の
知識へのアクセスを提供するものです。

簡単な紹介文をアジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門のウェブサイト
( http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/ )に掲載してあります。
また国内代理店の東方書店ウェブサイト( http://www.toho-shoten.co.jp/er07/187286.html )には、
紹介文に加えて、収録書目リストも公開されておりますので、そちらもあわせてご覧下さい。

この中国基本古籍庫には、多種多様な資料が収められています。
歴史、哲学、文学といった固い本から、武術書、占い、恋愛歌曲といった柔らかい本、
果てはお粥の解説書といった柔らかすぎる本まで、実にバリエーションに富んでいます。
個人的には、この収録資料の豊富さが古籍庫の最大の特色と思っています。

多くの研究者は、研究を深めていくには多様な資料を見たほうがよい、と頭ではわかっています。
しかし実際には時間的な余裕がとれなかったり、普段読んでいるのとは違う文体だと
しり込みしてしまったりで、他分野の資料まで調査するにはそれなりの思い切りが必要になります。
法制史の人が小説資料を使う、演劇史の人が行政文書を使うというのは、やはり難しいものです。

しかし古籍庫があると、検索するだけで各分野の資料が調べられるので、
敷居はずっと低くなります。
これから先、ジャンルの垣根を越えた研究も増えてくるかもしれません。

また多様な資料が収録されているということは、固有名詞を調べるときに
非常に便利でもあります。私もよく、人の経歴を調べるのに使っています。

通常、人の経歴を調べる場合、地方志や個人の文集に収録されている
墓誌銘、伝記をあたることになります。有名人ならすぐに見つかるので良いのですが、
無名の人の場合だと地方志を探しても見つからない、墓誌銘や伝記もない
という場合が多々あります。

加えて前近代の中国の知識人は、姓名の他に字(あざな)と号を持っています。
たとえば18世紀に地方の行政長官をしていた陳淮という人の場合、
名字が陳、名前が淮、字が望之、号が薬洲となり、
文献には陳淮、陳望之、陳薬洲などと記されることになります。

この人の経歴を調べるためには、まずどういった字、号を持っているかを確認します。
その後、伝記が載っていそうな本の中から、目を皿のようにして
陳淮、陳望之、陳薬洲という字句を探していきます。
彼の場合は幸いにして字、号が1つずつでしたが、中には3つ4つ持つ人も珍しくはありません。

在野の無名知識人で、しかも字や号を複数持つ人物の経歴を調べるのは、
非常に時間がかかります。また著名な人物であっても姓を省略して、
字だけ、号だけ書かれる場合もあって、誰のことを言っているのか
よくわからないことも多々あります。

こういう時に、古籍庫が非常に役立ちます。

それまで1人の経歴を調べるのに1時間以上かかっていたのが、
わずか数十秒で、しかも数倍の情報量が入手できることになるからです。

修士論文を書いていた頃、私は160人以上の経歴を日々調べ続けていました。
正直に言ってつらい作業で、どれだけ調べても誰だかわからない人もいました。
締め切りを破って留年するわけにはいかないし、歴史学というのは限界のある学問で、
すべての事柄を明らかにできるわけではないからと諦めたのですが、
後に古籍庫を使うと簡単に調べることができました。
私が全く調べていなかった(想定していなかった)本に名前が載っていたのです。

あの頃は、およそ160人分の経歴を調べるのに2ヶ月以上費やしましたが、
最初から古籍庫が使えていればおそらく1週間もかからなかったでしょう。

人の経歴を調べる、というのは非常に地味な作業です。
経歴がわかったからといって、それで論文は書けません。
しかしそもそも歴史研究というのは、こうした凡打、進塁打のような作業を
積み重ねて進めていくものだと、個人的には考えています。

もちろん人によっては、古籍庫で検索して何か定説を覆すような大発見があるかもしれません。
しかし私にとって古籍庫というのは、大発見を期待して使うというよりは、
地味だけれども歴史研究にとって必要不可欠な作業を助けてくれる
かけがえのないデータベースといえます。

(文: 村上正和 アジア研究図書館特任研究員)
※無断転載禁止

==============================================================
 ★ 11月の講習会「論文準備ここからスタート!」「国連情報の探し方入門」 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■11/18(火)14:50〜16:20
【論文準備ここからスタート!】(文献検索から文献リスト作成まで)(予約不要)

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。


■11/20(木)13:30〜14:30
【国連情報の探し方入門】(予約不要)

国連機関の会議資料・プレスリリースなどWeb上にある国連情報の探し方や、
総合図書館国際資料室にある紙の国連資料の探し方を解説する、
初心者向けのコースです。


■11/14(金)18:30〜19:30(※完全予約制 夜間ガイダンス)
【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】

執筆中のその論文、投稿先はどうやって決めますか? 雑誌によって異なる
参考文献リストの書き方、大変だと思っていませんか?
雑誌の「インパクトファクター」が、投稿先を決める手がかりのひとつになるかもしれません。
参考文献リストの作成にはWeb版の文献管理ツール「RefWorks」を活用してみましょう。
文献データの整理〜投稿誌の選定〜投稿規定に沿った文献リスト自動作成の流れを、
2つのツールを使った実習でシミュレーション。
(講習内容の一部が、他のRefWorks講習会と重複します。) 
 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
 申込方法・注意事項はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night


●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★ 11/10「就活の味方eolミニ講座」12/9「Google Scholar活用法」他
  駒場図書館で開催する講習会のお知らせ  ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
駒場図書館との共催による講習会を11月、12月に開催します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■11/10 (月)12:20〜12:40【就活の味方「eol」ミニ講座】(国内の企業情報データベース検索)
(予約不要)※この日だけ「駒場図書館入口」に集合(休館日のため)。

昼休み20分のミニ講座で、国内の企業情報データベース「eol」
(イーオーエル)を、就活の強い味方にしてください。
企業名やキーワード、条件指定で企業を探す実習をします。
「eol」を使えば、財務状況や事業のリスクなども含めた企業情報がわかるほか、
同業他社をまとめて比較したり、ランキングも見られます。
東大所属者だから無料で使えるツールです。


■12/9(火)12:20〜12:50【時間を節約!RefWorksミニ講座】(予約不要)

東大所属者が無料で利用できるWeb版の文献管理ツール「RefWorks」の使い方を説明します。
代表的なデータベースからのデータの取り込み方と、
参考文献リストの自動作成方法を実習します。


■12/9(火)13:45〜14:30【Google Scholar活用法】(予約不要)

Google Scholarの検索のコツや、検索結果画面の見方、Google Scholarで
見つけた論文の入手方法を説明。知らないと損する東大ならではの使い方を教えます。


●会場:駒場図書館 各回先着24名(予約不要)備付PC(Windows) を使って実習。
 ※駒場図書館カウンター前集合。11/10 (月)だけ「駒場図書館入口」に集合(休館日のため)。
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0362
http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0363
ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo



2014/10/14 No.231

==============================================================
 ★ 【申込受付開始】11/21「英語論文はこわくない!〜書くためのポイント〜」
 “駒場ライターズスタジオ in 本郷”特別出張講座 ★
==============================================================
※Litetopi購読者のみなさまにいち早くお知らせいたします!どうぞお申込みください。
--------------------------------------------------------------

情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
本郷キャンパス総合図書館にて、新企画
「英語論文はこわくない!〜書くためのポイント〜」講座を開催します。

普段は「駒場ライターズスタジオ」で英語ライティングを指導している先生を
本郷に特別にお招きします。

英語でレポート・論文を書く学部生・大学院生を対象として、文理問わず、
幅広い分野からのご参加を歓迎します。

東京大学にご所属であればどなたでも参加できます。

※予約優先です。先着順で定員(50名)に達し次第、受付終了いたします。

■日 時: 2014年11月21日(金)14:00〜16:00(13:45受付開始)

■会 場: 本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室
※建物の場所⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/jimushitsumap.html
 (総合図書館の利用者用の玄関ではなく、事務用の「西口玄関」から3階へ)
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

■参加費: 無料

■講師: 
トム・ガリー教授(大学院総合文化研究科・教養学部グローバルコミュニケーション研究センター)
片山晶子特任講師(駒場ライターズスタジオ)

■内容: 
この講座では、英語でレポート・論文を書く学部生・大学院生を対象として、
執筆上の様々な問題をどうやって解決したらよいかを考えます。
前半は、片山晶子特任講師が、英語論文作成の一般的なプロセスと、
学生同士で相互にアドバイスしあう方法について講義します。
後半は、トム・ガリー教授が、ネイティブでない人が英語で論文を書くときに
直面するよくある問題と解決のヒントについて解説します。

※講義はすべて日本語で行います。

※受講者から事前に寄せられた質問への回答が講義内容に含まれます。
(時間の関係ですべての質問にお答えできない場合があります。)

※論文添削等、個別指導・個別相談はございません。

■申込方法: 
学術情報リテラシー担当( literacy*lib.u-tokyo.ac.jp )へ
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)
(東京大学所属者限定)

メールのタイトル: 「英語論文はこわくない」参加希望
メールの本文: 
(1) 氏名
(2) 身分
(3) 所属
(4) 専攻分野
(5) 講師への質問(質問のある方はできるだけ具体例を挙げて書いてください)


■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★ 【予約不要】10/23、24 工学系・情報理工学系向け「文献検索早わかり」
 「文献管理ツール RefWorksコース」in 工2号館図書室 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
工学・情報理工学図書館との共催による
工学系・情報理工学系向け講習会「文献検索早わかり」と
「文献管理ツール RefWorksコース」を開催します。

工学系・情報理工学系に研究室がある新領域や情報学環の方もぜひどうぞ!
(講習会終了後の「質問受付Days」だけの参加も歓迎 *下記の別記事参照)

●日時:
文献検索早わかり・日本語コース(全2回、内容同一)
10/23(木), 10/24(金):各日 12:15-12:50

文献管理ツール RefWorksコース(全2回、内容同一)
10/23(木), 10/24(金):各日 12:50-13:15

●会場:
工2号館図書室 閲覧室 (工2号館 5階)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

※講義形式の講習会ですが、あらかじめ学内の無線LANに接続したPCをお持ちいただくと、
実際に操作しながら受講できます(工学部共通無線LAN、 utroam 利用可能)

●参加費:無料

●予約不要

■詳細はこちら
⇒http://library.t.u-tokyo.ac.jp/news/20141002_guidance.html


==============================================================
 ★ 【予約不要】10/23、24「質問受付Days in 工学系」(文献管理ツールや文献検索の個別相談) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
工学・情報理工学図書館との共催による
「質問受付Days in 工学系」(文献管理ツールや文献検索の個別相談) を開催します。

文献管理ツールや文献検索でお困りの方を対象に、講習会ではなく、
短時間でご質問に個別にお答えする企画です。

「電話やメールだと説明がむずかしい」、
「オーダーメイド講習を申し込むほどではないけれどちょっと教えてほしいことがある」
という方などにおすすめです。お気軽にご利用ください。
お1人はもちろん、グループも歓迎します!

●日時:
10/23(木), 10/24(金):各日 13:15-17:00 (一人30分程度)

●会場:
工2号館図書室 グループ学習室 (工2号館 5階)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

●予約不要

■詳細はこちら
⇒http://library.t.u-tokyo.ac.jp/news/20141002_guidance.html


2014/10/9 No.230

==============================================================
 ★ 「中国基本古籍庫」サービス開始 ★
==============================================================
「中国基本古籍庫」が利用可能になりました。
どうぞご利用ください。

◆「中国基本古籍庫」とは
中国基本古籍庫は中国企業の愛如生が製作した大型データベースであり、
先秦から民国までの約1万種にのぼる資料が収録されています。
18世紀に清朝が総力を挙げて編纂した『四庫全書』の約3倍に相当し、
思想、文学、言語、歴史、美術、宗教等々、中国に関するあらゆる分野の知識への
アクセスを提供するものです。

詳細は、U-PARL(アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門)のサイトをご参照ください。
http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/archives/japanese/kosekiko

■アクセスはこちら

【学内限定】http://server.wenzibase.com/loginUser.action
  「中国基本古籍庫」にチェックを入れてLoginボタンをクリックしてください。

【注意】同時アクセス数は5です。
   終了時はログアウト(データベース画面の×ボタンまたはホームボタンをクリック)してください。

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係
 zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp (*は@に置き換えてください)


==============================================================
 ★ 「Web版 群書類従(正・続・続々)」サービス開始 ★
==============================================================
「Web版 群書類従(正・続・続々)」が「JapanKnowledge Lib」で利用可能になりました。
どうぞご利用ください。

◆「Web版 群書類従(正・続・続々)」とは
『群書類従』(30冊)、『続群書類従』(86冊)、『続々群書類従』(17冊)の
全文をデータベース化したものです。
JapanKnowledge Libに収録されている、国史大辞典、日本国語大辞典、
新編日本古典文学全集、日本歴史地名大系などと一括検索できます。
JapanKnowledge Libログイン後、「群書類従(正・続・続々)」のみ個別検索も可能です。

■アクセスはこちら

【学内から】http://japanknowledge.com/library/
  ※ログインして最初に表示されるJapanKnowledge Lib基本検索画面で
「群書類従(正・続・続々)」も検索対象となっています。
「群書類従(正・続・続々)」のみ検索する際は、ログイン後、個別検索画面をご利用ください。

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」による学外からの利用方法を参照
   http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html
   *学外アクセスサービスログイン後、データベースリストからJapanKnowledge Libを選択してください。

◆お問い合わせ先
 文学部図書室 受入担当 
 ukeire*l.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えてください)


==============================================================
 ★ 【申込受付中】「論文準備ここからスタート! in 駒場II」 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
生産技術研究所図書室・先端科学技術研究センター図書室との共催による
講習会「論文準備ここからスタート! in 駒場II」を開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
駒場IIキャンパス以外の方も参加歓迎です。

●日時: (予約優先・同内容2回)
10/17(金)15:00〜16:30
10/28(火)10:30〜12:00

●内容:
論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」と「Engineering Village」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
いずれも東大所属者だから無料で使えるツールです。
自宅からデータベースや電子ジャーナルを利用する方法も説明します。

●会場:
駒場IIキャンパス 生産技術研究所As棟3F中セミナー室5
各回先着30名
(アクセス)http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html
(キャンパスマップ)http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

※PC持込による実習形式(無線LAN利用)
・生研所属者は生研の無線LANサービスが使用可能なので、事前に、
持参するPCのネットワーク接続申請、設定を行っておくこと。
・その他の学内者は、utroamでの接続になるので、事前に、
utroamアカウントを取得し、持参するPCの設定を行っておくこと。
・PC持込ができない、または当日LAN設定が済んでいない場合は、
講習会を聴講する形でのご参加となります。

●参加費:無料

■申込方法: 生産技術研究所図書室 tosho*iis.u-tokyo.ac.jp (*は@に置き換えてください)宛てに、
以下のメールをお送りください。(東京大学所属者限定)

 メールのタイトル: 駒場II講習会(17日か28日か参加日を明記)
 メールの本文: (1) 参加日 (2) 氏名(3)身分(4)所属 (5) 講師への質問 (6) 利用経験
 (7) PC 持込の有無 (8) 利用する無線LAN

PC持込みや無線LAN設定についてご質問のある方も、生産技術研究所図書室宛てにお問い合わせください。

■詳細はこちら
⇒http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/~tosho/index.html


==============================================================
 ★ 【申込受付中】「論文準備ここからスタート!in 農学生命科学図書館」 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
農学生命科学図書館との共催による講習会
「論文準備ここからスタート! in 農学生命科学図書館」を開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
農学部/農学生命科学研究科以外の方も参加歓迎です。

●日時:
10月22日(水)14:50−16:20

●内容:
論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得な講習会です。
本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、
英語論文検索ツール「PubMed」と「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を講義形式で学びます。
PubMed以外は東大所属者だから無料で使えるツールです。
自宅からデータベースや電子ジャーナルを利用する方法も説明します。

●会場:
農学生命科学図書館本館3階 ゼミナール室2
先着14名
(アクセス)http://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/lib/about.php
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

※講義形式の講習会ですが、ノートPCの持込みも可能です。
持ち込む方は、事前にutroam無線LANを設定のうえ、お持ちください。

●参加費:無料

■申込方法: 農学生命科学図書館 service*lib.a.u-tokyo.ac.jp (*は@に置き換えてください)宛てに、
以下のメールをお送りください。(東京大学所属者限定)

メールのタイトル:10月ガイダンス参加希望
メールの本文:(1)氏名 (2)身分 (3)所属(学部・専攻、研究室など)
     (4)講師への質問 (5)データベースの利用経験
     (6)ノートPC持込みの有無

■詳細はこちら
⇒http://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/html/news/2014/20140909_koshukai.html


==============================================================
 ★【申込受付中】10/16 ※完全予約制 夜間ガイダンス
「論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks」(再掲)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“完全予約制 夜間ガイダンス”をご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

※夜間ガイダンスは完全予約制です。申込受付中です。

●日時: 10/16(木)18:30〜19:30

●内容: 
 論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から
文献リスト作成までが、一度にわかるお得なコースです。
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。

(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
 ただしCiNii Articles・TREEの講習を含みません。
 また、医中誌Web・PubMedの講習も含みません。)

※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
(1人では申し込めないという意味ではありません。)

●必ず下記ページをお読みください。
夜間ガイダンス申込方法・注意事項はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★ 東大新図書館トークイベントに行こう! 10/18(土)講演会
 「東大新図書館計画と次世代アーカイブ:東大版ヨーロピアナをいかにつくるのか?」★
==============================================================
東京大学附属図書館では、現在進行中の新図書館計画に関連する
トークイベントをシリーズで開催しています。第10回目となる今回は、
第13回東京大学ホームカミングデイに合わせ、
高野明彦教授、福井健策氏の講演会が開催されます。

卒業生に限らず、学生、教職員、一般の方も参加可能です。

【講演会「東大新図書館計画と次世代アーカイブ:東大版ヨーロピアナをいかにつくるのか?」】
(東大新図書館トークイベント10) 

●日時: 2014年10月18日(土) 13:00〜15:00(12:30受付開始)

●講師:
 高野明彦(国立情報学研究所コンテンツ科学研究系教授/東京大学大学院コンピュータ科学専攻教授)

 福井健策(弁護士・骨董通り法律事務所/日本大学芸術学部客員教授)

 司会: 生貝直人(東京大学附属図書館新図書館計画推進室/大学院情報学環特任講師)

●会場: 東京大学総合図書館1F 洋雑誌閲覧室
 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/access.html

●対象: 学生・教職員・一般の方

●定員100名(無料) 事前申込は不要、当日参加歓迎
*10月16日(木)まで、以下の申込フォームから事前にお名前・ご所属をご登録いただきますと、
当日の受付がスムーズです。
→https://webform.adm.u-tokyo.ac.jp/Forms/event10/

●詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/2176

【東京大学新図書館計画とは?】
「石田英敬副館長に聞く 新図書館計画」
学生ボランティアACSのインタビューをお読みください。
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/post_acs/1887


2014/9/26 No.229

==============================================================
 ★ 【申込受付開始】「文献管理ツール クローズアップDays」
 (11/5)EndNote basic/EndNote、(11/13)RefWorks/Mendeley ★
==============================================================
※年に一度の人気企画を、Litetopi購読者のみなさまに
いち早くお知らせいたします。どうぞお申込みください。
----------------------------------------------------
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
「文献管理ツール クローズアップDays」の申込受付を開始しました。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◎今年は新コーナー <トークセッション> もあります!
「トークセッション」は、既にそのツールを使っている人同士や講師との、
情報交換の場です。「トークセッション」のみの参加も歓迎です。
たとえば、こんな方のご参加をお待ちしています。
 ・過去に講習会を受講済みで、基本的な使い方は知っている人
 ・自分なりに使っていてよくわからないことがある人
 ・他の人が実際にどんな使い方をしているかを知りたい人
(文献管理ツールを一度も使ったことのない方は「講習会」のほうにご参加ください)


【文献管理ツール クローズアップDays】(各コース 先着17名・予約優先)

●スケジュール(2014年):

■11/5(水)
【EndNote basic】無料ツール
<講習会> 9:20〜10:20 備付PCで実習形式
<トークセッション> 10:40〜11:40

【EndNote】(自分で買うソフト)有料ツール
 講師: (販売代理店)ユサコ株式会社
<講習会> 13:30〜14:30 実習なし、PC持込も可
<トークセッション> 14:50〜15:50

 ※「EndNote basic」と「Endnote」は別商品で機能は異なります。
 (「EndNote basic」は「EndNote」基礎編という意味ではありません。)

■11/13(木)
【RefWorks】無料ツール ☆文献管理ツールが初めての方はこのコースへ☆
<講習会> 9:20〜10:20 備付PCで実習形式
<トークセッション> 10:40〜11:40

【Mendeley】無料ツール
 講師: (提供元) エルゼビア・ジャパン株式会社
<講習会> 13:30〜14:30 備付PCで実習形式
<トークセッション> 14:50〜15:50

●会場:(本郷)総合図書館1階講習会コーナー 先着17名(予約優先)
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

●申込方法:
学術情報リテラシー担当( literacy*lib.u-tokyo.ac.jp )へ
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)

メールのタイトル:文献管理ツール・クローズアップデー参加希望
メールの本文 :
(1) 参加希望コース名(コース名と、講習会かトークセッションか等すべて記載(複数可)
(2) 氏名
(3) 身分
(4) 所属
(5) 講師への質問
(6) 利用経験のある文献管理ツールの名称 (利用経験の無い場合は「なし」)
(7) [EndNote参加者のみ] PC持込の有無
(※持込PCはEndNoteをインストール済み、かつutroam無線LAN設定済みのPC限定)


◎そもそも、文献管理ツールとは?
レポート・論文執筆に必要な文献情報を蓄積・管理し、
参考文献リストを自動作成できるツールです。
今年の「文献管理ツール クローズアップDays」では、
4種類の文献管理ツールを扱います。興味のあるコマにご参加ください。

◎参加コースに迷ったら・・・
文献管理ツールについてよく聞かれる点をまとめた、
各ツールの比較表をご覧ください。(※学内者向け:学内アクセス限定)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/enw_refw.pdf

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★ 10月の講習会「論文準備ここからスタート!」「就活の味方eolミニ講座」(再掲) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■【論文準備ここからスタート!】(予約不要・同内容で2回)
10/3(金)14:50〜16:20
10/15(水)14:50〜16:20

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、英語論文検索ツール
「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを自動作成できる
文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【就活の味方eolミニ講座】(予約不要・同内容で3回)
10/10(金)12:20〜12:40
10/15(水)12:20〜12:40
10/20(月)12:20〜12:40

昼休み20分のミニ講座で、国内の企業情報データベース「eol」(イーオーエル)を、
就活の強い味方にしてください。企業名やキーワード、条件指定で
企業を探す実習をします。「eol」を使えば、財務状況や事業のリスクなども
含めた企業情報がわかるほか、同業他社をまとめて比較したり、
ランキングも見られます。東大所属者だから無料で使えるツールです。
(※9/17〜9/19 キャリアサポート室主催「博士・ポスドク向けキャリアセミナー」
の中でもほぼ同内容を紹介しましたが、講習会では実習形式になります。)

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★【申込受付中】10/16 ※完全予約制 夜間ガイダンス
「論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks」★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“完全予約制 夜間ガイダンス”をご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

※夜間ガイダンスは完全予約制です。申込受付中です。

●日時: 10/16(木)18:30〜19:30 

●内容: 
 論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から
文献リスト作成までが、一度にわかるお得なコースです。
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。

(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
 ただしCiNii Articles・TREEの講習を含みません。
 また、医中誌Web・PubMedの講習も含みません。)

※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
(1人では申し込めないという意味ではありません。) 

●必ず下記ページをお読みください。
夜間ガイダンス申込方法・注意事項はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★ General Library(Hongo Campus) Library Tour in English
 英語による「総合図書館オリエンテーション」実施のお知らせ ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
10月に下記の日程で、英語による「総合図書館オリエンテーション」を
総合図書館との共催で実施します。

留学生のみなさんに是非お知らせください。
入門的な内容ですので、新入学の留学生に限らず、初心者の方の参加も歓迎します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

"General Library(Hongo Campus) Library Tour in English"

October 8 (Wed.)
  15:00-15:30 Searching for books and papers
  15:30-16:00 Library Tour
  16:00-16:30 Guide to the Stacks

October 20 (Mon.)
  15:00-15:30 Searching for books and papers
  15:30-16:00 Library Tour
    16:00-16:30 Guide to the Stacks

It is not necessary to attend all 3 courses.
Participants can join each course of 30 minutes.

-“Searching for books and papers”:
an introductory course to search books and papers using a search tool “TREE”.
(This session offers a hands-on approach by using computers.)

-“The Library Tour” will show you not only its rich collections
but also materials and facilities provided for you, such as
foreign newspapers, foreign TV, and computers.

-“Guide to the Stacks”: Librarians take around the stack of
the General Library giving explanations about usage of the stack.

No advance reservation is required. Free of charge.

Please come to the Training Course Corner
of the General Library (Hongo Campus) before the scheduled time.

*These courses are restricted to the University of Tokyo members only.
Both students and employees are welcome.

http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html

==============================================================
★ 10/21 中国語で講習する 留学生のための講習会「はじめての論文の探し方」★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
10月に下記の日程で、中国人講師による、留学生のための講習会
「はじめての論文の探し方」を開催します。

留学生のみなさんに是非お知らせください。
入門的な内容ですので、新入学の留学生に限らず、初心者の方の参加も歓迎します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

(以下、原文では中国語で開催情報を記載)

*October 21(Tue.),2014. 13:10-14:10 / 15:00-16:00
*Textbook : http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/guidance14_Chinese.pdf
(Poster) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/201410_c.pdf

2014/9/10 No.228

==============================================================
 ★ 9月の講習会「論文準備ここからスタート!」他
 〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜(再掲) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■9/10(水)15:00〜16:30(※残席あり・予約なしで当日参加OK)
【論文準備ここからスタート! in 医科研】(PubMed等の講習会)

 医学系の論文検索(医中誌Web、PubMed)を中心に講習します。
持込PC(無線LAN利用)による実習形式の講習会です。
PCを持ち込めない場合でも、聴講できます。医科研以外の方も参加できます。
詳細はこちら(※残席あり・予約なしで当日参加OK)
⇒http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/Soshiki/tosho/news2014.html#2014.7.22

■9/17(水)15:00〜16:00(予約不要)
【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】

 執筆中のその論文、投稿先はどうやって決めますか? 雑誌によって
異なる参考文献リストの書き方、大変だと思っていませんか? 
雑誌の「インパクトファクター」が、投稿先を決める手がかりの
ひとつになるかもしれません。参考文献リストの作成にはWeb版の
文献管理ツール「RefWorks」を活用してみましょう。
文献データの整理〜投稿誌の選定〜投稿規定に沿った文献リスト自動作成の流れを、
2つのツールを使った実習でシミュレーション。
(講習内容の一部が他のRefWorks講習会と重複します。)
 ※下記の9/18夜間ガイダンス(完全予約制)と同内容です。

■9/18(木)18:30〜19:30(※完全予約制 夜間ガイダンス)
【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】
 ※上記の9/17の昼間のコースと同内容です。
 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
 申込方法・注意事項はこちら
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場(9/10以外):総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

【授業支援のご案内】
論文の探し方や文献管理ツールの出張講習を随時受付中です(無料)。
授業やゼミの内容に合わせて講習します。会場など、ご相談に応じます。
まずはお気軽にお問い合わせください。学生だけのグループでも承ります。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


==============================================================
 ★ 10月の講習会「論文準備ここからスタート!」「就活の味方eolミニ講座」 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■【論文準備ここからスタート!】(予約不要・同内容で2回)
10/3(金)14:50〜16:20
10/15(水)14:50〜16:20

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、英語論文検索ツール
「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを自動作成できる
文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【就活の味方eolミニ講座】(予約不要・同内容で3回)
10/10(金)12:20〜12:40
10/15(水)12:20〜12:40
10/20(月)12:20〜12:40

昼休み20分のミニ講座で、国内の企業情報データベース「eol」(イーオーエル)を、
就活の強い味方にしてください。企業名やキーワード、条件指定で
企業を探す実習をします。「eol」を使えば、財務状況や事業のリスクなども
含めた企業情報がわかるほか、同業他社をまとめて比較したり、
ランキングも見られます。東大所属者だから無料で使えるツールです。
(※9/17〜9/19 キャリアサポート室主催「博士・ポスドク向けキャリアセミナー」
の中でもほぼ同内容を紹介しますが、講習会では実習形式になります。)

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

==============================================================
 ★ 9/29「英語論文セミナー2014〜国際誌に投稿するために
 知っておきたいこと〜」Ustream中継会場のご案内 ★
==============================================================
9/29「英語論文セミナー2014〜国際誌に投稿するために知っておきたいこと〜」
Ustream中継会場のご案内です。

このセミナーはキャンセル待ち多数のため、本会場での受講のお申込みは
キャンセル待ちも含めて、現在お申込みを受け付けておりません。

中継を視聴する方は、申込不要です。

●日時: 2014年9月29日(月)13:30〜16:30(13:00受付開始)

★中継会場のご案内
(中継会場ではセミナー資料配布と視聴のみとなります。)

・農学生命科学図書館3階ゼミナール室1【予約不要・当日先着40名・13:00受付開始】
  http://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/html/news/2014/20140804_seminar.html

・柏図書館1階コンファレンスルーム【予約不要】
  http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

・駒場キャンパス 情報教育棟3階中演習室3【予約不要・当日先着90名・13:00受付開始】
  http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_24_j.html

◆セミナーの詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/2014seminar.html

●参加費: 無料

●プログラム:(詳細は上記セミナーのページ参照)
13:30〜13:45 無料の論文執筆支援ツールMendeleyのご紹介
13:45〜14:45 The peer-review process of scientific papers: tips & tricks for authors
       ※英語による講演(通訳なし)
14:45〜15:00 休憩
15:00〜15:30 国際的レベルの良い論文を書こう
              ○加藤 隆史(工学系研究科化学生命工学専攻教授、Polymer Journal Editor-in-Chief)
              ※日本語による講演
15:30〜16:30 Writing to Publish: Essential Elements
              ※英語による講演(通訳なし)※英文校正無料クーポンを配布

※キャンセル待ち多数のため、本会場での受講のお申込みは
キャンセル待ちも含めて、現在お申込みを受け付けておりません。
今後、キャンセル状況によっては受付再開の可能性もあります。
申込受付再開のお知らせはこのページに掲載します。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/2014seminar.html

※上記の「中継会場」で視聴する方は、申込不要です。


2014/8/22 No.227

==============================================================
 ★ 「オープンキャンパス」で高校生向けミニ展示をしました:
「大学で学ぶってどういうこと?」&「図書館の本があなたに届くまで」 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
8/6〜8/7に実施された総合図書館の「オープンキャンパス」に、
今年初めて参加しました。

当部署の活動範囲の中から、高校生にどのようなことを伝えられるかと考え、
大学での学びや、図書館の活用法をイメージしてもらう目的で、
「大学で学ぶってどういうこと?」と、
「図書館の本があなたに届くまで」という2つのテーマで、
写真や図をまじえ模造紙にまとめたものを掲示しました。

また、図書館でレポート作成に役立つ講習会が受けられることを
宣伝する趣旨で、これまでの講習会ポスターの数々をスライドショーで上映しました。

オープンキャンパス当日は多数の高校生や家族の皆様が総合図書館を訪れました。
上記の掲示やスライドショーの前で足を止めてご覧になったり、
東京大学OPAC検索コーナーでは実際に、思い思いのキーワードや著者名で
本の検索を体験していただきました。

検索結果の所蔵館情報を見て、総合図書館の他にも多数の図書館があることに感心したり、
なぜか「蜜柑」という言葉で検索して、「林檎は蜜柑ではない」という本がヒットして
こんな本があるのと驚いたりする姿も見られました。

高校生のみなさんが、和気あいあいと楽しそうに「こんな本があった!」と
次々キーワードを変えて検索を楽しんでいる姿から、
本を発見する喜び、学ぶことのおもしろさの原点を見たように思いました。

在学生のみなさんもぜひ初心に帰って、東京大学OPACで本探しを楽しんでみてください。
他キャンパスからの図書の取寄せサービスは無料です!(MyOPACログインが必要)

◆当部署のオープンキャンパス当日のつぶやきで、掲示物の写真をご覧になれます。
https://twitter.com/gacos_utokyo/status/496853449145716736

◆講習会テキスト「はじめての本や論文の探し方@東京大学」もご参照ください。
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/text.html


==============================================================
 ★ 8/25(月)〜8/29(金)「質問受付ウィーク」
(文献管理ツールや文献検索の個別相談)実施のお知らせ(再掲) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
文献管理ツールや文献検索でお困りの方を対象に、講習会ではなく、
短時間でご質問に個別にお答えする「質問受付ウィーク」を開催します。

「電話やメールだと説明がむずかしい」、
「オーダーメイド講習を申し込むほどではないけれどちょっと教えてほしいことがある」
という方などにおすすめです。お気軽にご利用ください。

●「質問受付ウィーク」開催期間: 2014/8/25(月)〜8/29(金)

●時間帯: 9:30〜12:00, 13:00〜16:30の間で、お一人30分から1時間程度

●参加費:無料

●対象:東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも利用できます。

●会場:【本郷】総合図書館1階講習会コーナー
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PC17台あり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)

●予約不要 当日先着順

予約不要ですが、あらかじめご質問の概要をお知らせいただける場合は
学術情報リテラシー担当までご連絡ください。

●詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shitsumon.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo)

【質問受付ウィーク以外の質問窓口について】
この「質問受付ウィーク」は、通常は講習会を担当している職員が実施する、
講習会のアフターサービスとしての企画です。
(講習会を受講したことが無い方も、もちろん利用できます。)
「質問受付ウィーク」に限らず、日頃から図書館のカウンターや
オンラインの「ASKサービス」( https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/ask/ )では
資料の探し方や入手方法、図書館サービスの利用方法について、
職員に質問することができます。お気軽にご質問ください。


==============================================================
 ★ 9月の講習会「論文準備ここからスタート!」他
 〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜(再掲) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■9/2(火)15:00〜16:30(予約不要)
【論文準備ここからスタート!】(文献検索から文献リスト作成まで)

 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■9/10(水)15:00〜16:30(※予約優先)
【論文準備ここからスタート! in 医科研】(PubMed等の講習会)

 9/2の回と内容が異なり、医学系の論文検索(医中誌Web、PubMed)を
中心に講習します。持込PC(無線LAN利用)による実習形式の講習会です。
PCを持ち込めない場合でも、聴講できます。医科研以外の方も参加できます。
医科学研究所図書室(白金キャンパス)へメールでお申込みください。
 申込方法・詳細はこちら
⇒http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/Soshiki/tosho/news2014.html#2014.7.22

■9/17(水)15:00〜16:00(予約不要)
【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】

 執筆中のその論文、投稿先はどうやって決めますか? 雑誌によって
異なる参考文献リストの書き方、大変だと思っていませんか? 
雑誌の「インパクトファクター」が、投稿先を決める手がかりの
ひとつになるかもしれません。参考文献リストの作成にはWeb版の
文献管理ツール「RefWorks」を活用してみましょう。
文献データの整理〜投稿誌の選定〜投稿規定に沿った文献リスト自動作成の流れを、
2つのツールを使った実習でシミュレーション。
(講習内容の一部が他のRefWorks講習会と重複します。)
 ※下記の9/18夜間ガイダンス(完全予約制)と同内容です。

■9/18(木)18:30〜19:30(※完全予約制 夜間ガイダンス)
【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】

 ※上記の9/17の昼間のコースと同内容です。
 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
 申込方法・注意事項はこちら
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場(9/10以外):総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

【授業支援のご案内】
論文の探し方や文献管理ツールの出張講習を随時受付中です(無料)。
授業やゼミの内容に合わせて講習します。会場など、ご相談に応じます。
まずはお気軽にお問い合わせください。学生だけのグループでも承ります。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html

2014/8/5 No.226

==============================================================
 ★ 最新のインパクトファクター(Journal Citation Reports 2013年版)リリース ★
==============================================================
トムソン・ロイター社から、Journal Citation Reports(JCR)2013年版
がリリースされました。
最新のインパクトファクターを調べることができます。

◆Journal Citation Reports(JCR)とは?
学術雑誌の重要度や影響度を計る評価指標を提供するデータベース。
引用データに基づき算出された年間統計を提供する雑誌評価ツールです。

JCRでは、学術雑誌の評価指標の1つである「インパクトファクター」など
各種の指標を調べることができ、論文の投稿先を決める際など、
同じ分野の複数の雑誌を比較する判断材料にすることができます。

◆インパクトファクターとは
ある雑誌に掲載された論文が特定の1年間に平均的にどれくらい頻繁に
引用されているかを示す尺度。雑誌の影響度を表す1つの指標。
毎年更新され、JCRで過去の推移を見ることもできます。

■アクセスはこちら
【学内から】http://webofknowledge.com/JCR

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」
     http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

◎インパクトファクターの調べ方を含む講習会のお知らせ:
【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って 】会場:総合図書館
 9/17(水)15:00〜16:00 予約不要
 9/18(木)18:30〜19:30 ※完全予約制
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

◎レポート・論文支援ブック:ここから始めよう【Web版】
「投稿先を決める」の項
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/supportbook/14.html


==============================================================
 ★【申込受付中】8/8 ※完全予約制 夜間ガイダンス
「論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks」★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“完全予約制 夜間ガイダンス”をご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

※夜間ガイダンスは完全予約制です。
予約者3名を超えましたので現時点で開催確定です。引き続きお申込み受付中です。

●日時: 8/8(金)18:30〜19:30

●内容: 
 論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。英語論文検索ツール「Web of Science
コアコレクション」(全分野)、文献リストを自動作成できる文献管理ツール
「RefWorks」を実習します。いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。

●必ず下記ページをお読みください。
夜間ガイダンス申込方法・注意事項はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★ 東大新図書館トークイベントに行こう! 8/27 講演会
「伝統と変革:デンマーク王立図書館/コペンハーゲン大学図書館の事例から」★
==============================================================
東京大学附属図書館では、現在進行中の新図書館計画に関連する
トークイベントをシリーズで開催しています。第9回目となる今回は、
デンマーク王立図書館館長顧問(Advisor to the University Librarian)
のCharlotte Rohde氏をお招きしての講演会です。

コペンハーゲンの水辺に臨んで圧倒的な存在感を放つデンマーク王立図書館は
その美しさで世界的に名を知られています。磨き上げられた黒色花崗岩と
ガラスで覆われ、ブラック・ダイヤモンドと呼ばれるこの建物は、
100年以上の伝統を持つ旧館に接続して、1999年に建てられました。

【講演会「伝統と変革:デンマーク王立図書館/コペンハーゲン大学図書館の事例から」】
(東大新図書館トークイベント9) 

トークイベントでは、講演に先立ち、東大附属図書館職員によるプレゼンテーション
「職員から見る東大図書館の現状と課題」もあります。ぜひご参加ください。

●日時: 2014年8月27日(水) 18:00〜20:00(17:30受付開始)

●講師: Charlotte Rohde 氏 (デンマーク王立図書館館長顧問) ※逐次通訳付き

●会場: 東京大学総合図書館1F 洋雑誌閲覧室
 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/access.html

●対象: 学生・教職員・一般の方

●事前申込制(先着順) 定員100名(無料)
申込締切 8月25日(月) *定員に達し次第締切
ただし、締め切り後も残席がある場合は当日参加も可能

●申込方法など詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/2083

【東京大学新図書館計画とは?】
「石田英敬副館長に聞く 新図書館計画」学生ボランティアACSのインタビューをお読みください。
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/post_acs/1887


==============================================================
 ★ 9月の講習会「論文準備ここからスタート!」他
 〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■9/2(火)15:00〜16:30(予約不要)
【論文準備ここからスタート!】(文献検索から文献リスト作成まで)

 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■9/10(水)15:00〜16:30(※予約優先)
【論文準備ここからスタート! in 医科研】(PubMed等の講習会)

 9/2の回と内容が異なり、医学系の論文検索(医中誌Web、PubMed)を
中心に講習します。持込PC(無線LAN利用)による実習形式の講習会です。
PCを持ち込めない場合でも、聴講できます。医科研以外の方も参加できます。
医科学研究所図書室(白金キャンパス)へメールでお申込みください。
 申込方法・詳細はこちら
⇒http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/Soshiki/tosho/news2014.html#2014.7.22

■9/17(水)15:00〜16:00(予約不要)
【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】

 執筆中のその論文、投稿先はどうやって決めますか? 雑誌によって
異なる参考文献リストの書き方、大変だと思っていませんか? 
雑誌の「インパクトファクター」が、投稿先を決める手がかりの
ひとつになるかもしれません。参考文献リストの作成にはWeb版の
文献管理ツール「RefWorks」を活用してみましょう。
文献データの整理〜投稿誌の選定〜投稿規定に沿った文献リスト自動作成の流れを、
2つのツールを使った実習でシミュレーション。
(講習内容の一部が他のRefWorks講習会と重複します。)
 ※下記の9/18夜間ガイダンス(完全予約制)と同内容です。

■9/18(木)18:30〜19:30(※完全予約制 夜間ガイダンス)
【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】

 ※上記の9/17の昼間のコースと同内容です。
 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
 申込方法・注意事項はこちら
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場(9/10以外):総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

【授業支援のご案内】
論文の探し方や文献管理ツールの出張講習を随時受付中です(無料)。
授業やゼミの内容に合わせて講習します。会場など、ご相談に応じます。
まずはお気軽にお問い合わせください。学生だけのグループでも承ります。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


==============================================================
 ★ どんな人が講習会を受けている?(昨年度のガイダンスアンケート分析) ★
==============================================================
「東京大学にご所属であれば学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。」
として開催している各種講習会。実際、どんな人が受講しているのだろうと
思われているかもしれません。

当部署が開催している「はじめての論文の探し方」や「論文準備のための文献管理 RefWorks」
など、本郷・総合図書館会場でのテーマ別ガイダンスの全コースについて、
昨年度(平成25年度)の受講アンケートを
「どんな人が講習会を受けているか」という観点から集計してみました。
(対象アンケート回答総計=380名)

興味のある方は、詳細は以下のページでご覧ください。
「平成25年度 テーマ別ガイダンス/夜間ガイダンス の学部別参加者数ほか」
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/H25_themabetu.html

◆どんな学部・研究科の人が多く参加しているか

1位:医学部・医学系研究科・附属病院 =74名
2位:文学部・人文社会系研究科 =57名
3位:工学部・工学系研究科 =46名
4位:教育学部・教育学研究科 =39名
5位:農学部・農学生命科学研究科 =26名
5位:教養学部・総合文化研究科 =26名
以下、情報学環(18)、経済(17)、法(15)と続きます。
1位〜4位までは昨年度と同じ顔ぶれでした。(工と教育は逆転)
教養学部・総合文化研究科が前年度より増えています。
駒場でもニーズがあるということでこの統計の対象の講習会とは別に、
春と秋、駒場図書館と共催の講習会も実施しています。

◆どんな身分の人が多く参加しているか

1位:修士課程 =104名
2位:博士課程 =93名
3位:学部学生 =78名
4位:職員 =29名
5位:研究員 =23名
学部学生が前年度より33名増え、博士課程は23名増えています。
学部学生は文献管理ツールよりも、文献検索の講習会に多く参加しています。
学部のうちから知っておくとすぐに役に立つ内容なので、ぜひ学部生にも
これからも参加していただきたいと思います。

◆何を見て参加しているか

1位:ポスター =179名
2位:配布ちらし =83名
3位:ホームページ =71名
4位:Litetopiメールマガジン =43名
5位:メール =39名
詳しく内訳をみると、医学系の方はホームページをよく見ていて、
文学部・人文社会系の方はポスターを見ているといった傾向がうかがえます。
Litetopiメールマガジンが前年度より順位を上げており嬉しい限りです。

なお、昨年度の講習会を、カレンダー形式でご覧になれます。
「平成25年度 情報探索ガイダンス 過去のスケジュール」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/2013training_archive.html

GACoSの「講習会教材」ページには分野ごとの講習会テキストも掲載しています。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/text.html

出張講習・オーダーメイド講習も実施しています。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html

レポート・論文支援ブック:ここから始めよう【Web版】もご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/supportbook.html

【参考】
外部講師による講習会のアンケートは別途、以下のページにまとめています。
「平成25年度 外部講師による講習会の学部別参加者数ほか」
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/H25_bunyabetu.html

2014/7/28 No.225

==============================================================
 ★【申込受付中】8/8 ※完全予約制 夜間ガイダンス
「論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks」★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“完全予約制 夜間ガイダンス”をご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

※夜間ガイダンスは完全予約制です。

●日時: 8/8(金)18:30〜19:30

●内容: 
 論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。英語論文検索ツール「Web of Science
コアコレクション」(全分野)、文献リストを自動作成できる文献管理ツール
「RefWorks」を実習します。いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。

※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)

●必ず下記ページをお読みください。
夜間ガイダンス申込方法・注意事項はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★ 8/25(月)〜8/29(金)「質問受付ウィーク」
(文献管理ツールや文献検索の個別相談)実施のお知らせ ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
文献管理ツールや文献検索でお困りの方を対象に、講習会ではなく、
短時間でご質問に個別にお答えする「質問受付ウィーク」を開催します。

「電話やメールだと説明がむずかしい」、
「オーダーメイド講習を申し込むほどではないけれどちょっと教えてほしいこと
がある」
という方などにおすすめです。お気軽にご利用ください。

●「質問受付ウィーク」開催期間: 2014/8/25(月)〜8/29(金)

●時間帯: 9:30〜12:00, 13:00〜16:30の間で、お一人30分から1時間程度

●参加費:無料

●対象:東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも利用できます。

●会場:【本郷】総合図書館1階講習会コーナー
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PC17台あり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)

●予約不要 当日先着順

予約不要ですが、あらかじめご質問の概要をお知らせいただける場合は
学術情報リテラシー担当までご連絡ください。

●詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shitsumon.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo)

【質問受付ウィーク以外の質問窓口について】
この「質問受付ウィーク」は、通常は講習会を担当している職員が実施する、
講習会のアフターサービスとしての企画です。
(講習会を受講したことが無い方も、もちろん利用できます。)
「質問受付ウィーク」に限らず、日頃から図書館のカウンターや
オンラインの「ASKサービス」( https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/ask/ )では
資料の探し方や入手方法、図書館サービスの利用方法について、
職員に質問することができます。お気軽にご質問ください。


==============================================================
 ★ 9/29「英語論文セミナー2014〜国際誌に投稿するために
 知っておきたいこと〜」を会場限定でUstream中継 ★
==============================================================
LitetopiメールマガジンNo.224でお知らせした
9/29「英語論文セミナー2014〜国際誌に投稿するために知っておきたいこと〜」
について、追加情報をお知らせします。

このセミナーは予約で満席となり、「キャンセル待ち」のみ受け付け中です。

また、セミナー当日、Ustream中継を以下の会場限定で、実施することになりました。
中継を視聴する方は、申込不要です。

★中継会場のご案内
(中継会場ではセミナー資料配布と視聴のみとなります。)

・農学生命科学図書館3階ゼミナール室1【予約不要・当日先着40名・13:00受付開始】
  http://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/html/news/2014/20140804_seminar.html

・柏図書館1階コンファレンスルーム【予約不要】
  http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

・駒場キャンパス 情報教育棟3階中演習室3【予約不要・当日先着90名・13:00受付開始】
  http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_24_j.html

◆セミナーの詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/2014seminar.html

●日時: 2014年9月29日(月)13:30〜16:30(13:00受付開始)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室
   ※本会場での受講のお申込みは、キャンセル待ちとして受け付けております。
   ※上記の中継会場で視聴する方は、申込不要です。

●参加費: 無料

●プログラム:(詳細は上記セミナーのページ参照)
13:30〜13:45 無料の論文執筆支援ツールMendeleyのご紹介
13:45〜14:45 The peer-review process of scientific papers: tips & tricks for authors
       ※英語による講演(通訳なし)
14:45〜15:00 休憩
15:00〜15:30 国際的レベルの良い論文を書こう
              ○加藤 隆史(工学系研究科化学生命工学専攻教授、Polymer Journal Editor-in-Chief)
              ※日本語による講演
15:30〜16:30 Writing to Publish: Essential Elements
              ※英語による講演(通訳なし)※英文校正無料クーポンを配布

●申込方法:(東京大学所属者限定)
※予約で満席となったため、本会場での受講のお申込みは「キャンセル待ち」のみ受付中です。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/2014seminar.html
※上記の「中継会場」で視聴する方は、申込不要です。


==============================================================
 ★(総合図書館で展示開催中・8/5まで期間延長!)
 【展示「知」が創る「平和」― 藤原帰一と見る世界】★
==============================================================
LitetopiメールマガジンNo.223でお知らせした
【展示「知」が創る「平和」― 藤原帰一と見る世界】は、
好評のため開催期間が延長になっています。

まだご覧になっていない方は、ぜひこの機会にお立ち寄りください。

本展示は、藤原帰一教授(本学 大学院法学政治学研究科)の全面監修による
・オンライン講座MOOCへの東京大学(大学総合教育研究センター)の取り組みの紹介
・藤原教授が社会問題への発言をする際に、実際に参照したニュースソースの紹介
・藤原教授監修による、戦争と平和を考えるための推薦図書の本棚
という3つのセクションから構成されています。

●開催期間: 2014年6月13日(金)〜8月5日(火)

※8月6日(水)、7日(木)はオープンキャンパスのため、高校生及び既卒生等
(大学受験を予定している方)と保護者の方、学校関係者等の方のみ
ご来館いただけます。

●開場時間:
 7月中:8:30-22:30 (土日祝 9:00-19:00)
 8月中:8:30-21:00 (土日祝 9:00-17:00)
 ※学外の方の総合図書館への入館受付は平日の9:00-17:00となります。

●会場: 東京大学総合図書館1F 大階段下
 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/access.html

●詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/1822


2014/7/7 No.224

==============================================================
 ★【開催決定】9/29「英語論文セミナー2014〜国際誌に投稿するために
 知っておきたいこと〜」申込受付開始! ★
==============================================================
※昨年度定員を上回るお申込みがあり好評だった「英語論文セミナー」を
今年も開催することが決定しました! Litetopi購読者のみなさまに
いち早くお知らせいたします。どうぞお早めにお申込みください。

情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
エルゼビア・ジャパン株式会社および本部研究推進課にご協力いただき、
「英語論文セミナー2014〜国際誌に投稿するために知っておきたいこと〜」
を開催します。

これから国際誌に投稿してみようという大学院生や、
初めて国際誌の査読に携わる若手研究者向けの内容ですが、
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

文理問わず、幅広い分野の方のご参加を歓迎いたします。

●日時: 2014年9月29日(月)13:30〜16:30(13:00受付開始)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室
    ※建物の場所⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_07_j.html
    ※会場への入口⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/jimushitsumap.JPG
      (総合図書館の利用者用の玄関ではなく、事務用の「西口玄関」から3階へ)

●参加費: 無料

●プログラム:(詳細は下記サイトを参照)
13:30〜13:45 無料の論文執筆支援ツールMendeleyのご紹介
13:45〜14:45 The peer-review process of scientific papers: tips & tricks for authors
       ※英語による講演(通訳なし)
14:45〜15:00 休憩
15:00〜15:30 国際的レベルの良い論文を書こう
              ○加藤 隆史(工学系研究科化学生命工学専攻教授、Polymer Journal Editor-in-Chief)
              ※日本語による講演
15:30〜16:30 Writing to Publish: Essential Elements
              ※英語による講演(通訳なし)※英文校正無料クーポンを配布

●申込先:(東京大学所属者限定)
 本部情報基盤課学術情報リテラシー担当 
 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
 メールのタイトル: 英語論文セミナー参加希望
 メールの本文: (1) 氏名 (2) 身分 (3) 所属 (4) 専攻分野
  (5) 講師への質問 (6) 投稿経験のある英文誌 (7) 利用経験のある文献管理ツール 
 [(5) 〜 (7) はなければ「なし」と記入]

※申込後、数日経っても返信メールが届かない場合はお問い合わせください。
(キャンセル待ちの方にも返信しています。)

※先着順で定員(100名)に達し次第、受付を終了いたします。

●協力:エルゼビア・ジャパン株式会社、東京大学本部研究推進課

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/2014seminar.html


==============================================================
 ★ OECDの出版物・統計情報データベース「OECD iLibrary」日本語画面に! ★
==============================================================
OECDの出版物・統計情報を収録したデータベース「OECD iLibrary」のサイトが
リニューアルし、このたびインターフェースを日本語に切り替え可能になりました。
より使いやすくなった「OECD iLibrary」を、どうぞご利用ください。

◆主な新機能

1) トップページには新刊・近刊情報、OECD iLibraryニュースなどを掲載

2) 新しい「ナビゲーションバー」から、国別やテーマ別の情報にアクセス可能
 (テーマと国の両方を特定して探すことも可能)

3) 「カタログ」のタブから、Books、Papers、Statistics、Factbook、Glossariesなどを表示
 (旧サイトの画面上部に載っていたリンク)

4) 検索結果のページに「検索結果を絞り込む」機能が追加

5) 統計のデータベースのサイトには、関連出版物から選んだ「関連タイトルの図表」が表示

6) 各データベース内の「データセットのページ」にプレビュー機能が追加(近日リリース予定)

7) OECD Data Portal(近日リリース予定)の統計データが、OECD iLibraryの統計のページに「Indicators」としてリスト表

示
 (旧サイトにあった「Key Tables」は削除)

◆アクセスはこちら
【学内から】http://www.oecdilibrary.org/

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html


==============================================================
 ★ (再掲)7月の講習会「論文準備ここからスタート!」他
 〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■7/8(火)14:50〜16:20(予約不要)
【医学・生命科学系向け 論文準備ここからスタート!】(医中誌Web・PubMed・RefWorks)

 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。医学・生命科学系の日本語論文データベース
「医中誌Web」と英語論文データベース「PubMed」の検索のコツや、
検索して見つけた論文の入手方法を実習します。
また、文献管理ツール「RefWorks」に、医中誌WebやPubMedの検索結果を
取り込んで整理し、参考文献リストの自動作成を実習します。

■7/9(水)18:30〜19:30(※完全予約制 夜間ガイダンス)
【論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks】

 論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。英語論文検索ツール「Web of Science
コアコレクション」(全分野)、文献リストを自動作成できる文献管理ツール
「RefWorks」を実習します。いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。
(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
ただしCiNii Articles・TREEの講習を含みません。また、「医学・生命科学系向け
 論文準備ここからスタート!」とは異なり、医中誌Web・PubMedの講習を含みません。)
 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
  申込方法・注意事項はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night
  8/8(金)18:30〜19:30も申込可能です(同内容の講習)

■7/16(水)14:50〜16:20(予約不要)
【論文準備ここからスタート!】(文献検索から文献リスト作成まで)

 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。本や論文をまとめて検索できるツール
「TREE」、英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
(一部の内容が、4〜5月開催の「はじめての本や論文の探し方」講習会と重なります)


●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

【授業支援のご案内】
論文の探し方や文献管理ツールの出張講習を随時受付中です(無料)。
授業やゼミの内容に合わせて講習します。会場など、ご相談に応じます。
まずはお気軽にお問い合わせください。学生だけのグループでも承ります。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html

--------------------------------------
【その他、7月には以下の講習会も!】

◆7/11(金)14:45〜16:00【秘書さんのためのはじめての論文の探し方】会場:柏図書館(予約優先)
⇒柏図書館へお申込みください。※「秘書さん」以外の学生・教職員ももちろん歓迎です。
 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/news/news_seminar.html#n20140701_1

◆7/15(火)15:00〜16:30【論文準備ここからスタート! in 医科研】
(医中誌Web、PubMed、Web of Science、RefWorks)会場:医科学研究所(予約優先)
⇒医科学研究所図書室へお申込みください。※医科研以外の所属の方も歓迎です。
 http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/Soshiki/tosho/news2014.html#2014.6.4-2



2014/6/30 No.223

==============================================================
 ★【申込受付中】7/9 ※完全予約制 夜間ガイダンス
「論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks」★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“完全予約制 夜間ガイダンス”をご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

※夜間ガイダンスは完全予約制です。

●日時: 7/9(水)18:30〜19:30

●内容: 
 論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。英語論文検索ツール「Web of Science
コアコレクション」(全分野)、文献リストを自動作成できる文献管理ツール
「RefWorks」を実習します。いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。
(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
ただしCiNii Articles・TREEの講習を含みません。また、「医学・生命科学系向け
 論文準備ここからスタート!」とは異なり、医中誌Web・PubMedの講習を含みません。)

※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)

●必ず下記ページをお読みください。
夜間ガイダンス申込方法・注意事項はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night
  8/8(金)18:30〜19:30も申込可能です(同内容の講習)

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

【予約不要の昼間のコースもあります!】
・7/8(火)14:50〜16:20【医学・生命科学系向け 論文準備ここからスタート!】(医中誌Web・PubMed・RefWorks)
ほか

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★【申込受付中】7/15 PubMed等の講習会
 「論文準備ここからスタート! in 医科研」 ★
==============================================================
医科学研究所図書室と情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]
の共催による講習会「論文準備ここからスタート! in 医科研」のお知らせです。

PubMedを含む、論文検索・入手・文献管理・文献リスト作成までが90分で学べる、
医学系の方におすすめの内容のコースです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
※医科研所属以外の方ももちろん歓迎です。

●日時: 2014/7/15(火)15:00-16:30

●内容: 
・テーマから論文(日本語・英語)を探すには?(医中誌Web、PubMed、Web of Science)
・東大で利用できる電子ジャーナルや紙の雑誌を探すには?(TREE、東大OPAC)
・RefWorksで文献リストを作成するには?(医中誌Web、PubMed、Web of Scienceからのインポート)

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 白金キャンパス医科学研究所1号館2階セミナー室
 http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/access/access/
(無線LANを利用できるPCをお持ちください。当日、無線LAN利用のためのPWを配付します。)
 ※PCを持ち込まない場合は、聴講参加となります(実習なし)。
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: ※医科研所属以外の方も遠慮なくお申込みください。

 宛先:医科学研究所図書室(imstosho*ims.u-tokyo.ac.jp)(*は@に置き換えてください)
 件名:7月医科研ガイダンス参加希望
 本文:(1)氏名 (2)身分 (3)所属 (4)講師への質問 (5)利用経験 (6)PC持込の有無

■詳細はこちら
⇒http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/Soshiki/tosho/news2014.html#2014.6.4-2


==============================================================
 ★【残席わずか】7/3「アジア関連の日本歴史公文書をネットで見よう」
 無料講習会のお知らせ★
==============================================================
LitetopiメールマガジンNo.221でお知らせしました
7/3「アジア関連の日本歴史公文書をネットで見よう」講習会は
予約優先で、現時点で残席5となっております。

アジア歴史資料をこれから初めて探すという方から日頃活用している方まで、
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
年1回の開催です。この機会にぜひご参加ください。

●日時: 2014年7月3日(木)15:00〜16:00

●内容: 
アジア歴史資料センターでは、国立公文書館など国の機関が保管する
アジア歴史資料(近現代の日本とアジア近隣諸国等との関係に関わる
歴史資料として重要な日本の公文書など)をデータベース化し、
インターネット上で提供しています。

講習会では、以下の内容を予定しています。
◎ アジア歴史資料センターの概要
◎ アジア歴史資料センター公開資料について
◎ 資料の検索方法について(キーワード検索・階層検索)
◎ その他の検索機能の紹介
◎ アジア歴史資料センター資料をいかに活用するか

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: 本部情報基盤課学術情報リテラシー担当 
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
メールのタイトル: アジア歴史資料センター講習会参加希望
本文: (1) アジア歴史資料センター講習会参加希望 (2)氏名 (3)身分
(4)所属 (5)講師への質問 (6) アジア歴史資料センターのデータベース利用経験

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★【残席わずか】7/4「研究戦略:研究力の測り方、伸ばし方」
 分析ツールSciValの無料講習会のお知らせ ★
==============================================================
LitetopiメールマガジンNo.221でお知らせしました
「研究戦略:研究力の測り方、伸ばし方」分析ツールSciVal講習会は
現時点で
 ・13:00〜14:30 ⇒残席3
 ・14:50〜16:20 ⇒残席4
となっております。

エルゼビア・ジャパン株式会社から講師を招いて開催します。
博士課程・ポスドク・若手研究者から、研究企画担当の教員・職員の方まで、
ぜひこの機会に奮ってご参加ください。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時:
2014年7月4日(金) 
・13:00〜14:30(教職員向け)
・14:50〜16:20(博士課程・ポスドク・若手研究者向け)
※各回の対象者は目安です。説明内容はほぼ同じですので、ご都合の良い回にご参加ください。
(事例がそれぞれの対象者向けの内容となります。)

●内容: 
「SciVal」とは、世界の研究機関の研究パフォーマンスに関する
客観的データを取得できるツールです。研究チームや研究領域を自分で設定でき、
ニーズにあわせた分析が可能です。
この講習会では具体的な例題に沿って、パソコンを使った実習形式で
「SciVal」の利用方法を学ぶことができます。

参加されますと、以下のことがわかるようになります。
    ◎ あなたの研究力の評価のされ方
    ◎ あなたの研究分野のトレンド
    ◎ あなたの研究における、共同研究の可能性と相手候補

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: 
本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp (*は@に置き換えて送信)
メールのタイトル:SciVal講習会参加希望(参加時間)
本文:(1) SciVal講習会参加希望(参加時間)(2)氏名 (3)身分
(4)所属 (5)講師への質問 (6) SciVal利用経験 (7)SciValユーザ登録の有無

※参加者は、事前に自分でSciValユーザ登録が必要です。
こちらのユーザー登録ガイドをご参照ください。(このガイドは学内からのみ見られます。)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/SciVal_userregi.pdf

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

主催:東京大学本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
協力:エルゼビア・ジャパン株式会社、東京大学本部研究推進課

※今回日時の都合が合わず参加できない方は、次回開催の参考にしますので
ご都合の良い時間帯をお知らせいただけますと幸いです。
また本郷以外のキャンパスでのご要望も今後の参考にしますのでお知らせください。


==============================================================
 ★ 東大新図書館トークイベントに行こう!(講師:菅谷明子さん)
 7/4「未来をつくる大学図書館〜東大の新しい学びの可能性」 ★
==============================================================
東京大学附属図書館は、「図書館がつくる知の未来」をテーマに、
現在進行中の新図書館計画に関連するトークイベントをシリーズで
開催しています。ぜひご参加ください。

【菅谷明子さん講演会「未来をつくる大学図書館〜東大の新しい学び
の可能性」(東大新図書館トークイベント8)】

●日時: 2014年7月4日(金) 18:30〜20:00(18:00受付開始)

●講師: 菅谷明子氏
 (在米ジャーナリスト、ハーバード大学ニーマンジャーナリズム財団役員。本学卒業生)

●会場: 東京大学総合図書館1F 洋雑誌閲覧室
 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/access.html

●対象: 学生・教職員・一般の方

●事前申込制(先着順) 定員100名(無料) *定員に達し次第締切

●申込方法など詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/1958

【東京大学新図書館計画とは?】
(「石田英敬副館長に聞く 新図書館計画」ACSインタビューシリーズ)
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/acs/projects


==============================================================
 ★(総合図書館で展示開催中・7/13まで)
 【展示「知」が創る「平和」― 藤原帰一と見る世界】★
==============================================================
東京大学附属図書館は、東京大学が全学で推進する総合的な教育改革と連動し、
新しい機能やサービスの充実に取り組んでいきます。

その一環として開催される本展示は、藤原帰一教授(本学 大学院
法学政治学研究科)の全面監修による
・オンライン講座MOOCへの東京大学(大学総合教育研究センター)の取り組みの紹介
・藤原教授が社会問題への発言をする際に、実際に参照したニュースソースの紹介
・藤原教授監修による、戦争と平和を考えるための推薦図書の本棚
という3つのセクションから構成されています。

●開催期間: 2014年6月13日(金)〜7月13日(日)
 開場時間: 8:30-22:30 (土日祝 9:00-19:00)
 ※学外の方の総合図書館への入館受付は平日の9:00-17:00

●会場: 東京大学総合図書館1F 大階段下
 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/access.html

●詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/1822


==============================================================
 ★【追加開催決定!】8/6医学図書館にて「EndNote basic」&「EndNote」講習会 ★
==============================================================
医学図書館で開催される「EndNote basic」&「EndNote」講習会のお知らせです。
6/30の回に参加できなかった方、追加開催ですのでお見逃しなく!

提供元から講師を招聘し、前半はWeb版「EndNote basic」の実習、
後半はデスクトップ版「EndNote」の機能紹介(講師によるデモ)を行います。
文献管理ツールを使った経験のない方にお薦めの入門編です。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時: 8/6(月) 17:30〜19:00

●会場:医学図書館(1階マルチメディアコーナー)
 Windows端末 14名 予約優先
 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html

※受講希望者が定員に達しましたら受付を締切ります。

●参加費:無料

■申込方法等・詳細はこちら
⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20140626

2014/6/17 No.222

==============================================================
 ★ 7月の講習会「論文準備ここからスタート!」他
 〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

■7/8(火)14:50〜16:20(予約不要)
【医学・生命科学系向け 論文準備ここからスタート!】(医中誌Web・PubMed・RefWorks)

 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。医学・生命科学系の日本語論文データベース
「医中誌Web」と英語論文データベース「PubMed」の検索のコツや、
検索して見つけた論文の入手方法を実習します。
また、文献管理ツール「RefWorks」に、医中誌WebやPubMedの検索結果を
取り込んで整理し、参考文献リストの自動作成を実習します。

■7/9(水)18:30〜19:30(※完全予約制 夜間ガイダンス)
【論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks】

 論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。英語論文検索ツール「Web of Science
コアコレクション」(全分野)、文献リストを自動作成できる文献管理ツール
「RefWorks」を実習します。いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。
(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
ただしCiNii Articles・TREEの講習を含みません。また、「医学・生命科学系向け
 論文準備ここからスタート!」とは異なり、医中誌Web・PubMedの講習を含みません。)
 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
  申込方法・注意事項はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night
  8/8(金)18:30〜19:30も申込可能です(同内容の講習)

■7/16(水)14:50〜16:20(予約不要)
【論文準備ここからスタート!】(文献検索から文献リスト作成まで)

 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。本や論文をまとめて検索できるツール
「TREE」、英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
(一部の内容が、4〜5月開催の「はじめての本や論文の探し方」講習会と重なります)


●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

【授業支援のご案内】
論文の探し方や文献管理ツールの出張講習を随時受付中です(無料)。
授業やゼミの内容に合わせて講習します。会場など、ご相談に応じます。
まずはお気軽にお問い合わせください。学生だけのグループでも承ります。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


==============================================================
 ★【申込受付中】7/11柏、8/8・8/19本郷「秘書さんのための
はじめての論文の探し方」講習会のお知らせ(学生も参加可能) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が開催する
「秘書さんのためのはじめての論文の探し方」講習会のお知らせです。
柏図書館と総合図書館(本郷)で開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)
※「秘書さん」以外の方ももちろん歓迎です。

●日時: 
【柏】 2014/7/11(金)14:45〜16:00
(講習会に続けて、16:00〜16:20 秘書さん向け柏図書館ツアーあり)

【本郷】2014/8/8(金)11:00〜12:00
      8/19(火)15:00〜16:00
 ※同内容です。

●内容: 
研究補助を担当している教職員(短時間勤務有期雇用職員含む)
を主対象として、文献リストの読み取り方、電子ジャーナルで論文
を入手する方法、代表的な文献データベース(日本語 CiNii Articles
・英語 Web of Scienceコアコレクション)の使い方を、実際に
パソコンを操作しながら実習します。
インターネット初心者の方も歓迎です。
先生に頼まれた論文の検索で困っていませんか?
この機会に、論文の探し方の基本をマスターしましょう!

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場:
【柏】 柏図書館1階ラーニングサポートサービス 先着12名
 地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

【本郷】総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html

(PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: ※学生の方も遠慮なくお申込みください。

【柏】柏図書館情報サービス係 kashiwar*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
 メールのタイトル:秘書向け講習会参加希望(柏)
 本文:(1) 秘書向け(柏)(2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問 (6)利用経験 (7)ECCSアカウントの有無

【本郷】学術情報リテラシー担当 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
 メールのタイトル:秘書向け講習会参加希望(参加希望日を明記)
 本文:(1) 秘書向け(参加希望日を明記) (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問 (6) 利用経験

共催:柏図書館

なお、6月〜8月の他の講習会については下記URLをご参照ください。

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★【申込受付中】6/27「東大院生によるミニレクチャプログラム」
 〜図書館から始まる、新しい学び〜 ★
==============================================================
このイベントは、本郷で建設工事中の新図書館で新館地下1階に
設置が予定されている「ライブラリープラザ」(仮称)
(学習や自主的・能動的な研究活動をサポートする学びのための交流広場)
における新しい教育の形を、先取りして実施する企画です。

新図書館計画・学生ボランティア、アカデミックコモンズサポーター(ACS)
が中心となって企画し、それぞれの講義は東京大学フューチャー
ファカルティプログラム(FFP)の修了生が担当します。

大学院での研究内容に興味のある人、新しいスタイルの教育を体験してみたい人は、
ぜひご参加ください。

【東大院生によるミニレクチャプログラム】

●日時: 2014年6月27日(金)17時〜19時(16時半受付開始)(1コマのみ参加も可能)

●講師
    17時〜18時 中村 長史さん
    (総合文化研究科国際社会科学専攻: 専門領域 国際政治学)
    :「国境なき国際政治? ―模擬安保理で考える人道的介入―」

    18時〜19時 河底 秀幸さん
    (新領域創成科学研究科物質系専攻: 専門領域 物性物理学、無機固体化学)
    :「超伝導が切り拓く未来 〜物質科学の魅力〜」

●会場: 東京大学 本郷キャンパス 総合図書館1階 講習会コーナー

●定員20名 事前申込推奨
 満席の場合、事前申込の無い方はお座りいただけない場合があります。
 申込状況は、ホームページで前日までにお知らせします。

●申込方法:
 acs_event*new.lib.u-tokyo.ac.jp 宛にメールにて以下の事項を連絡(*を@に直してください)
 1.氏名、2.本学学生/本学教職員/一般、3.所属、4.メールアドレス
 ※メールのタイトルは「東大院生によるミニレクチャプログラム参加希望」としてください

 当日の講演の様子を撮影・録画し、講義担当者の事前勉強会の模様や、
 講義に込められた意図・手法などの解説とあわせて後日新図書館計画
 Webサイト内ACSのページに掲載する予定です。ご了解ください。

●申込方法など詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/post_acs/1760

【東京大学新図書館計画とは?】
(「石田英敬副館長に聞く 新図書館計画」ACSインタビューシリーズ)
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/acs/projects


==============================================================
 ★ 山一證券株式会社 第一期・オンライン版サービス開始 ★
==============================================================
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20140616.html

==============================================================
 ★ 学外アクセスサービス経由での TREE(UTokyo REsource Explorer)へのアクセス不具合 ★
==============================================================
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20140612.html


2014/6/6 No.221

==============================================================
 ★【残席あり!】6/13本郷・6/24柏「SciFinderで化学分野の情報検索を
 するには?」(化学情報協会から講師を招いての無料講習会)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が
化学情報協会から講師を招いて開催する
「SciFinderで化学分野の情報検索をするには?」講習会のお知らせです。
総合図書館(本郷)と柏図書館で開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●日時: 
【本郷】2014/6/13(金)14:50-16:20
【柏】 2014/6/24(火)14:50-16:30
 ※同内容です。

●内容:5月にバージョンアップした、「SciFinder」の利用方法を実習します。
化学物質情報、科学技術文献情報、有機化学反応情報、特許文献などを
検索できます。
化学情報協会から講師を招聘して行います。年1回の開催です!

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 
【本郷】総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html

【柏】 柏図書館1階ラーニングサポートサービス 先着15名
 地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

(PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: 
【本郷】学術情報リテラシー担当 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp
(*は@に置き換えて送信)
 メールのタイトル:6月ガイダンス参加希望(6/13・SciFinder・本郷)
 本文:(1) 6/13・SciFinder・本郷 (2)氏名 (3)身分 (4)所属
 (5)講師への質問 (6)利用経験

【柏】柏図書館情報サービス係 kashiwar*lib.u-tokyo.ac.jp
(*は@に置き換えて送信)
 メールのタイトル:6月ガイダンス参加希望(6/24・SciFinder・柏)
 本文:(1) 6/24・SciFinder・柏 (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問
 (6)利用経験 (7)ECCSアカウントの有無

なお、6月は他にも各種講習会を開催します。
各コースの詳細・申込方法は下記URLをご参照ください。

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★【申込受付中】6/18「国連情報の探し方入門」講習会 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が開催する
国連機関の会議資料などを検索する初心者向けの講習会、
6/18「国連情報の探し方入門」のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時: 2014/6/18(水)15:00〜16:00

●内容: 
国連機関の会議資料・プレスリリースなどWeb上にある
国連情報の探し方や、総合図書館国際資料室にある
紙の国連資料の探し方を解説する、初心者向けのコースです。
 共催:総合図書館国際資料室(国連寄託図書館)
 協力:北海道大学附属図書館(国連寄託図書館)

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: 学術情報リテラシー担当 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
 メールのタイトル:6月ガイダンス参加希望(6/18・国連・本郷)
 本文:(1) 6/18・国連・本郷 (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問 (6)利用経験

なお、6月は他にも各種講習会を開催します。各コースの詳細・申込方法は下記URLをご参照ください。

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★【申込受付開始】7/3「アジア関連の日本歴史公文書をネットで見よう」
 無料講習会のお知らせ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が
国立公文書館アジア歴史資料センターから講師を招いて開催する
7/3「アジア関連の日本歴史公文書をネットで見よう」講習会のお知らせです。

アジア歴史資料をこれから初めて探すという方から、
研究対象として日頃活用している方まで、
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

年1回の開催です。この機会にぜひご参加ください。

●日時: 2014年7月3日(木)15:00〜16:00

●内容: 
アジア歴史資料センターでは、国立公文書館など国の機関が保管する
アジア歴史資料(近現代の日本とアジア近隣諸国等との関係に関わる
歴史資料として重要な日本の公文書など)をデータベース化し、
インターネット上で提供しています。

講習会では、以下の内容を予定しています。
◎ アジア歴史資料センターの概要
◎ アジア歴史資料センター公開資料について
◎ 資料の検索方法について(キーワード検索・階層検索)
◎ その他の検索機能の紹介
◎ アジア歴史資料センター資料をいかに活用するか

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: 本部情報基盤課学術情報リテラシー担当 
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
メールのタイトル: アジア歴史資料センター講習会参加希望
本文: (1) アジア歴史資料センター講習会参加希望 (2)氏名 (3)身分
(4)所属 (5)講師への質問 (6) アジア歴史資料センターのデータベース利用経験

なお、6月・7月の講習会各コースの詳細・申込方法は下記URLをご参照ください。

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★【申込受付開始】7/4「研究戦略:研究力の測り方、伸ばし方」
 分析ツールSciValの無料講習会のお知らせ ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が
エルゼビア・ジャパン株式会社から講師を招いて開催する
「研究戦略:研究力の測り方、伸ばし方」分析ツールSciValおよび
SciVal Expertsの講習会のお知らせです。

博士課程・ポスドク・若手研究者から、研究企画担当の教員・職員の方まで、
ぜひこの機会に奮ってご参加ください。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時:
2014年7月4日(金) 
・13:00〜14:30(教職員向け)
・14:50〜16:20(博士課程・ポスドク・若手研究者向け)
※各回の対象者は目安です。説明内容はほぼ同じですので、ご都合の良い回にご参加ください。
(事例がそれぞれの対象者向けの内容となります。)

●内容: 
「SciVal」とは、世界の研究機関の研究パフォーマンスに関する
客観的データを取得できるツールです。研究チームや研究領域を自分で設定でき、
ニーズにあわせた分析が可能です。
この講習会では具体的な例題に沿って、パソコンを使った実習形式で
「SciVal」の利用方法を学ぶことができます。

参加されますと、以下のことがわかるようになります。
    ◎ あなたの研究力の評価のされ方
    ◎ あなたの研究分野のトレンド
    ◎ あなたの研究における、共同研究の可能性と相手候補

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: 
本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp (*は@に置き換えて送信)
メールのタイトル:SciVal講習会参加希望(参加時間)
本文:(1) SciVal講習会参加希望(参加時間)(2)氏名 (3)身分
(4)所属 (5)講師への質問 (6) SciVal利用経験 (7)SciValユーザ登録の有無

※参加者は、事前に自分でSciValユーザ登録が必要です。
こちらのユーザー登録ガイドをご参照ください。(このガイドは学内からのみ見られます。)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/SciVal_userregi.pdf

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

主催:東京大学本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
協力:エルゼビア・ジャパン株式会社、東京大学本部研究推進課

※今回日時の都合が合わず参加できない方は、次回開催の参考にしますので
ご都合の良い時間帯をお知らせいただけますと幸いです。
また本郷以外のキャンパスでのご要望も今後の参考にしますのでお知らせください。


==============================================================
 ★ 東大新図書館トークイベントに行こう!(講師:藤原帰一教授)
 6/16「戦争と平和の条件 〜いま、大学の知と教育にできること」★
==============================================================
附属図書館では、現在進行中の新図書館計画に関連するトークイベントを、
シリーズで開催しています。ぜひご参加ください。

【東京大学新図書館計画とは?】
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/about

【東大新図書館トークイベント7】
「戦争と平和の条件 〜いま、大学の知と教育にできること」

●講師: 藤原帰一教授(大学院法学政治学研究科)

●日時: 2014年6月16日(月) 18:00〜20:00(17:30受付開始)

●会場: 東京大学総合図書館1F 洋雑誌閲覧室
 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/access.html

●対象: 学生・教職員・一般の方

●事前申込制(先着順) 定員100名(無料)

●申込締切 6月12日(木) *定員に達し次第締切

●申込方法など詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/1741
 *インターネット配信予定です。

---イベント紹介ページより---
無用な戦争を回避し、平和を維持するためには、社会ができる限り正確に
現実を認識しながら、論理的な判断をおこなうことが重要です。
混迷いやます国際情勢やメディア環境の激変の中で、このことが
今ほど切実な課題となっている時代はありません。

学問を担う大学、その知を蓄積し万人へのアクセスにひらく
大学図書館、知を育成するシステムである大学教育は、それに対して
どのような貢献ができるのでしょうか?
社会が、戦争と平和を「思考する」能力を獲得する条件について、
藤原帰一教授とともに考えます。

トークの後半では、藤原教授と会場との意見交換の時間を設ける予定です。
ご参加のみなさまの活発な議論の場になることを祈念しています。
皆様のご来場をお待ち申し上げます。
当日は、インターネット生中継を予定しています。
----------------------


==============================================================
 ★ 研究者情報システム「SciVal Experts」サービス開始 ★
==============================================================
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20140530.html

==============================================================
 ★「Acta Sanctorum」「Patrologia Latina」サービス開始 ★
==============================================================
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20140603.html

==============================================================
 ★ 6/15 文献管理ツール「RefWorks」一時停止 ★
==============================================================
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20140606.html


2014/5/28 No.220

==============================================================
★ 【残席あり】6/4「経済学・経営学系のための論文・企業情報の探し方」
〜就活にも役立つ企業情報データベースeolほか、東大所属者だから無料で使える検索ツール!〜 ★
==============================================================
経済学図書館と、情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
「経済学・経営学系のための論文・企業情報の探し方」講習会のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
経済学部以外の方も参加歓迎です。

●日時: 2014/6/4(水)15:00〜16:00
【経済学・経営学系のための論文・企業情報の探し方】(予約優先)

●内容:
経済学系データベース「Business Source Complete」と
企業情報データベース「eol」の利用方法を実習します。
Business Source Complete は経済学・経営学・ビジネス分野の学術雑誌論文、
市場調査、企業レポートなどの抄録、全文情報を提供しているデータベースです。
eol は有価証券報告書・半期報告書など各種財務資料を全文検索、閲覧できるデータベースです。

●会場:経済学研究科棟4階トレーディング・ラボ 定員30名
地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_01_j.html

●参加費:無料

●予約優先(空きがあれば当日参加OK)

●申込み・お問合せ先: 
経済学図書館図書運用係( unyo*e.u-tokyo.ac.jp  )宛に、
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)
メールのタイトル:6/4経済ガイダンス参加希望
本文:(1)氏名 (2)身分 (3)所属 (4)講師への質問 (5)利用経験 (6)ECCSアカウントの有無

●注意:実習するにはECCSアカウントが必須です。
ECCSアカウントを持っていない方も聴講形式で参加可能です。どうぞご参加ください。

■詳細はこちら(経済学図書館のページ)
⇒http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/?p=5345


==============================================================
 ★【申込受付中】6/17「LexisNexis Academicで海外の新聞記事を検索するには」
(The New York Timesなどを収録した新聞記事データベースの無料講習会)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が
レクシスネクシス・ジャパン株式会社から講師を招いて開催する
6/17「LexisNexis Academicで海外の新聞記事を検索するには」講習会のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時: 2014/6/17(火)15:00〜16:00
【LexisNexis Academicで海外の新聞記事を検索するには】講習会

●内容: "The New York Times" など英語の新聞記事や
ニュース情報を検索・閲覧できる「LexisNexis Academic」の利用方法を実習します。
提供元から講師を招聘して行います。年1回の開催です!

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: 学術情報リテラシー担当 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp
(*は@に置き換えて送信)に、以下のメールをお送りください。
 メールのタイトル:6月ガイダンス参加希望(6/17・LexisNexis Academic・本郷)
 本文:(1) 6/17・LexisNexis Academic・本郷 (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問 (6)利用経験

なお、6月は他にも各種講習会を開催します。各コースの詳細・申込方法は下記URLをご参照ください。

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★【申込受付中】6/19「OECDの出版物や統計を探すには? OECD iLibrary講習会」★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が
OECD東京センターから講師を招いて開催する
6/19「OECDの出版物や統計を探すには? OECD iLibrary講習会」のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時: 2014/6/19(木)14:50〜16:20(講習会60分+ミニトーク企画30分)
【OECDの出版物や統計を探すには? OECD iLibrary講習会】

●内容:
OECDの出版物、統計情報等を全て収録したデータベース「OECD iLibrary」の
利用方法を実習します。
OECD東京センターから講師を招聘して行います。年1回の開催です!
※講習会に続けて、OECD Student Ambassador(東大生)によるミニトーク
企画があります。お楽しみに!

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 本郷キャンパス 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: 学術情報リテラシー担当 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp
(*は@に置き換えて送信)に、以下のメールをお送りください。
 メールのタイトル:6月ガイダンス参加希望(6/19・OECD iLibrary・本郷)
 本文:(1) 6/19・OECD iLibrary・本郷 (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問 (6)利用経験
    (7)OECD iLibrary使用方法以外に知りたいことがあればお書きください

なお、6月は他にも各種講習会を開催します。各コースの詳細・申込方法は下記URLをご参照ください。

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★【申込受付中】6/25「薬学研究のための文献検索講習会:上級編(PubMed&RefWorks)」★
==============================================================
薬学図書館と、情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
「薬学研究のための文献検索講習会:上級編(PubMed&RefWorks)」のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
薬学部以外の方も参加歓迎です。

●日時: 2014/6/25(水)15:00〜16:00
【薬学研究のための文献検索講習会:上級編(PubMed&RefWorks)】

●内容: 
・テーマや著者から論文を探す
 PubMed (検索結果の絞り込み・シソーラスの活用)
 Web of Science Core Collection (著者名検索のコツ・引用文献検索)
・RefWorksで文献を管理・参考文献リストの作成
 代表的なデータベースからのデータの取り込み、参考文献リスト自動作成を実習

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場: 本郷キャンパス 薬学部資料館4F情報室 先着21名
 地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_10_03_j.html
(備付ECCS端末11台あり・無線LAN設定済みのノートPC持込OK・聴講のみも可)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先:
薬学図書館 tosho*mol.f.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)に、
以下のメールをお送りください。
メールのタイトル:薬学図書館講習会参加希望
本文:(1) 氏名 (2) 身分 (3) 所属 (4) 講師への質問 (5) 利用経験
(6)ECCSアカウントの有無
(7) 受講形式の希望(以下から選択)
 A. ECCS端末利用 
 B. 持ち込みPC利用[utroam無線LAN接続確認済みのもの]
 C. 聴講のみ

■詳細はこちら
⇒http://www.lib.f.u-tokyo.ac.jp/


==============================================================
 ★【申込受付中】6/30「EndNote basic」&「EndNote」講習会 ★
==============================================================
医学図書館と、情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
文献管理ツールの「EndNote basic」&「EndNote」講習会のお知らせです。

提供元から講師を招聘し、前半はWeb版「EndNote basic」の実習、
後半はデスクトップ版「EndNote」の機能紹介(講師によるデモ)を行います。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
医学部以外の方も参加歓迎です。

●日時: 2014/6/30(月) 16:00〜17:00、17:30〜18:30 ※同内容で2回開催

●内容: 
・Web版「EndNote basic」
  ・初期登録
  ・文献情報の取り込み
  ・参考文献の作成
  ・文献情報の共有
・デスクトップ版「EndNote」
  ・文献情報の取り込み
  ・取り込んだ文献情報の管理
  ・参考文献の作成

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。受講希望者が定員に達しましたら受付を締切ります。

●会場: 本郷キャンパス 医学図書館1階マルチメディアコーナー 各回先着14名
 地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
(Windows端末14台あり)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

【申込方法】
・医学図書館宛に以下のメールをお送りください。
 Subject(件名):EndNote basic講習会参加希望
 本文:(1)氏名 (2)希望時間 (3)身分・学年 (4)所属部局・研究室
 (5)連絡先 (メールアドレスと電話番号)(6)講師への質問 (7)利用経験

・メールでのお申込みに対しては、医学図書館から申込受付完了のメールを返信いたします。

・メールを送信してから3営業日以上経っても受付完了メールが届かない場合は、
医学図書館情報サービス係までお問い合わせください。

・受講希望者が定員に達しましたら受付を締切ります。

【申込先】
医学図書館情報サービス係
内線:23667  
E-mail:medlibs*m.u-tokyo.ac.jp (*を@に変えてください)

■詳細はこちら
⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20140526

2014/5/15 No.219

==============================================================
★〜論文を探す時間は、もっと節約できる。〜 5/21、5/22(予約不要)
「文献検索早わかりコース」「文献管理 RefWorksコース」工2号館図書室で開催 ★
==============================================================
工学・情報理工学図書館と情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
工学系・情報理工学系の方向け講習会のお知らせです。

●対象: 工学系・情報理工学系所属者
 工学系・情報理工学系に研究室がある、新領域の方や情報学環の方もどうぞ。
 学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●予約不要。各回の開始時刻までに会場にお越しください。(無料)
 両コースを続けて聞いても、どちらかだけ参加してもOK。

●スケジュール(2014年):

◇文献検索早わかりコース (全2回 どの回も同じ内容です)
  5月21日(水)12:15-12:50
  5月22日(木)12:15-12:50

◇文献管理ツール RefWorks コース(全2回 どの回も同じ内容です)
  5月21日(水)12:50-13:15
  5月22日(木)12:50-13:15

●会場:工2号館図書室(工学部2号館 新館5階)
 [MAP] http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_18_j.html

図書室を入って左側のスペースで講義形式で解説します。
(通常の図書室利用の方も出入りしますのでご了承ください。)

あらかじめ無線LANに接続したPC等をお持ちいただくと、
実際に操作しながら説明を聞くことができます。
(utroam、工学系共通無線LAN 利用可)

●使用テキスト:下記ページからご覧いただけます。
(当日は印刷したものをお配りします)

■詳細はこちら(工学・情報理工学図書館ホームページ)
⇒http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/cllib/news/20140424_guidance.html


=================================================================
★ 韓国語で講習する「留学生のための講習会“はじめての本や論文の探し方@東京大学”」(再掲)★
=================================================================
情報基盤課学術情報チームでは、韓国人講師による、留学生のための講習会
“はじめての本や論文の探し方@東京大学”を開催します。

内容は、レポート・論文作成に役立つ、データベースを使った本や
雑誌論文の検索実習です。入門的な内容ですので、新入学の留学生に限らず、
初心者の方の参加も歓迎します。
ぜひ、お知り合いの留学生の方にお声をかけてください。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日 時: 2014/5/28(水)15:00-16:00

●講習内容:
・TREE(UTokyo REsource Explorer)の紹介
・電子ジャーナルで論文を入手する方法
・図書館の本を検索して予約・取寄せサービスを利用する方法(MyOPAC)
・日本語論文の探し方(CiNii Articles)
・英語論文の探し方(Web of Science Core Collection)
・韓国語論文の検索ツール紹介
・自宅からデータベースや電子ジャーナルを使う方法

●予約不要 先着17名

●参加費:無料

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

■詳細はこちら
⇒(英語)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html
韓国語講習会ちらし(PDF)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/201405_k.pdf

*May 28th (Wed) 15:00〜16:00 
  Korean Orientation (conducted in Korean) will be held at General Library on Hongo Campus.
  If you are interested, please refer to the websites below.
 (English) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html
 (Korean)  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/201405_k.pdf

  Please check useful references "Academic Paper Support Book: Start here"
 (written in Korean, Japanese, English, and Chinese) to write report/academic paper.
  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/supportbook-e.html


==============================================================
★ 【予約受付中】6/4「経済学・経営学系のための論文・企業情報の探し方」
〜就活にも役立つ企業情報データベースeolほか、東大所属者だから無料で使える検索ツール!〜 ★
==============================================================
経済学図書館と、情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
「経済学・経営学系のための論文・企業情報の探し方」講習会のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
経済学部以外の方も参加歓迎です。

●スケジュール(2014年):

【経済学・経営学系のための論文・企業情報の探し方】(予約優先)
・6/4(水)15:00〜16:00

●内容:
経済学系データベース「Business Source Complete」と企業情報データベース「eol」の利用方法を実習します。
Business Source Complete は経済学・経営学・ビジネス分野の学術雑誌論文、
市場調査、企業レポートなどの抄録、全文情報を提供しているデータベースです。
eol は有価証券報告書・半期報告書など各種財務資料を全文検索、閲覧できるデータベースです。

●会場:経済学研究科棟4階トレーディング・ラボ 定員30名
地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_01_j.html

●参加費:無料

●予約優先(空きがあれば当日参加OK)

●申込み・お問合せ先: 
経済学図書館図書運用係( unyo*e.u-tokyo.ac.jp  )宛に、
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)
メールのタイトル:6/4経済ガイダンス参加希望
本文:(1)氏名 (2)身分 (3)所属 (4)講師への質問 (5)利用経験 (6)ECCSアカウントの有無

●注意:
実習するにはECCSアカウントが必須です。(聴講のみも可能です。)
アカウントを取得していない方は、5月23日(金)までに取得手続きを行い、
アカウントを事前に取得してください。
ECCSアカウント取得方法はこちら
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/doc/announce/newuser.html

■詳細はこちら(経済学図書館のページ)
⇒http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/?p=5345


==============================================================
 ★ 【予約受付開始】6月「Google Scholar活用法」や「OECDの出版物や
統計を探すには?OECDiLibrary講習会」など(※年1回のコースもあり)
〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜  ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
6月の講習会のスケジュールをご案内します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

専門分野のデータベースについて提供元から講師を招聘して行う、
年1回のコースもありますので、ぜひこの機会にご参加ください。

6月は、各図書館との共催により、本郷・駒場・柏キャンパスで開催します。
コースによって会場・申込先が異なりますのでご注意ください。
※6月は予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター http://twitter.com/gacos_utokyo

●参加費:無料

--------【本郷・総合図書館会場のコース】--------
●スケジュール(2014年):

■6/3(火)15:00-15:45【Google Scholar活用法】
Google Scholarは、学術資料を簡単に検索できる無料の検索エンジンです。
ちょっとした検索のコツや、検索結果画面の見方、Google Scholar
で見つけた論文の入手方法を説明します。

■【論文準備ここからスタート!(文献検索から文献リスト作成まで)】
・6/12(木)14:50-16:20
・6/20(金)14:50-16:20 (同内容で2回開催)
論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
(駒場図書館でも開催*下記参照)

■6/13(金)14:50-16:20【SciFinderで化学分野の情報検索をするには?】
「SciFinder」の利用方法を実習します。
化学物質情報、科学技術文献情報、有機化学反応情報、特許文献などを検索できます。
提供元から講師を招聘して行います。年1回の開催です!
(柏図書館でも開催*下記参照)

■6/17(火)15:00-16:00【LexisNexis Academicで海外の新聞記事を検索するには?】
"The New York Times"など英語の新聞記事やニュース情報を検索・閲覧できる
「LexisNexis Academic」の利用方法を実習します。
提供元から講師を招聘して行います。年1回の開催です!

■6/18(水)15:00-16:00【国連情報の探し方入門】
国連機関の会議資料・プレスリリースなどWeb上にある国連情報の探し方や、
総合図書館国際資料室にある紙の国連資料の探し方を解説する、初心者向けのコースです。

■6/19(木)14:50-16:20【OECDの出版物や統計を探すには? OECD iLibrary講習会】
(講習会60分+ミニトーク企画30分)
OECDの出版物、統計情報等を全て収録したデータベース「OECD iLibrary」の利用方法を実習します。
OECD東京センターから講師を招聘して行います。年1回の開催です!
※講習会に続けて、OECD Student Ambassador(東大生)によるミニトーク企画があります。お楽しみに!

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先:総合図書館会場の講習会のお申込みは、
学術情報リテラシー担当 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
に、以下のメールをお送りください。
メールのタイトル:6月ガイダンス参加希望(参加日・コース名・本郷)
本文:(1)参加日・コース名・本郷 (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問 (6)利用経験
/(7)[*OECD iLibrary講習会参加者のみ] OECD iLibrary使用方法以外に知りたいことがあればお書きください


--------【駒場図書館会場のコース】--------
●スケジュール(2014年):

■【論文準備ここからスタート!(文献検索から文献リスト作成まで)】
・6/9(月)10:40-12:10
・6/9(月)14:50-16:20 (同内容で2回開催)
論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。本や論文をまとめて検索できるツール「TREE」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
(総合図書館でも開催*上記参照)

●会場:駒場図書館地下1階会議室(※駒場図書館カウンター前に集合)各回先着24名

●申込先: 駒場図書館へお申し込みください。
⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/


--------【柏図書館会場のコース】--------
●スケジュール(2014年):

■6/5(木)14:50-16:20【文献検索早わかり@東京大学】
新検索ツール「TREE」はシンプルに一つの検索窓から学術情報を探せるツールです。
データベースの使い分けを意識せずに紙の資料も電子版も本も論文も一度に探せます。
また、日本語論文検索ツール「CiNii Articles」を例に基本的な検索のコツを紹介します。
その他、自宅からデータベース・電子ジャーナルを利用する方法等を説明します。

■6/11(水)14:50-16:20【論文準備ここからスタート!(英語論文検索から文献リスト作成まで)】
論文準備で必要となる先行研究の英語論文検索から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■6/24(火)14:50-16:30【SciFinderで化学分野の情報検索をするには?】
「SciFinder」の利用方法を実習します。
化学物質情報、科学技術文献情報、有機化学反応情報、特許文献などを検索できます。
提供元から講師を招聘して行います。年1回の開催です!
(総合図書館でも開催*上記参照)

●会場:柏図書館1階ラーニングサポートサービス 各回先着15名

●申込先: 柏図書館へお申し込みください。
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/news/news_seminar.html#n20140515


------------------------------------------------------
●共催: 駒場図書館・柏図書館・ 物性研図書室・総合図書館国際資料室

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター http://twitter.com/gacos_utokyo

2014/5/7 No.218

==============================================================
★ 【予約受付中】駒場IIキャンパスで開催!
 5/16「文献検索早わかり」・5/26「論文準備のための文献管理RefWorks」
 〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜 ★
==============================================================
生産技術研究所図書室・先端科学技術研究センター図書室と
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
駒場IIキャンパスでの出張講習のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
駒場IIキャンパス以外の方も参加歓迎です。

●スケジュール(2014年):

【文献検索早わかり】(予約優先)
・5/16(金)15:00〜16:10

 内容: ※講義形式
 ・東大での論文入手方法(新検索ツール“TREE”で探す)
 ・東大所属者だから無料で使える検索ツールで、テーマや著者から論文を探す方法
 (日本語論文 CiNii Articles、英語論文 Web of Science Core Collection、工学系 Engineering Village)
 ・自宅から、学内限定のデータベースや電子ジャーナルを利用する方法

【論文準備のための文献管理RefWorks】(予約優先)
・5/26(月)15:00〜16:10

 内容: 東大所属者なら無料で利用できる、Web版の文献管理ツール
 「RefWorks」の使い方を説明。代表的なデータベースからのデータの
 取り込み方と参考文献リストの自動作成方法を実習。

 ※PC持込による実習形式 [無線LAN利用]
 ・生研所属者は生研の無線LAN サービスが使用可能なので、
 事前に持参するPCのネットワーク接続申請、設定を行っておくこと。
 ・その他学内者は、utroamでの接続になるので、事前に
 utroamアカウントを取得のうえ持参するPCの設定を行っておくこと。
 ※PC持込ができない、または当日LAN設定が済んでいない場合は、
 講習会を聴講する形でのご参加となります。

●会場: 駒場IIキャンパス 生産技術研究所
As棟3F 中セミナー室4(As311・312)各回定員20名
地図⇒http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html

●参加費:無料

●予約優先(空きがあれば当日参加OK)

●申込み・お問合せ先: 
生産技術研究所図書室( tosho*iis.u-tokyo.ac.jp )宛に、
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)

メールのタイトル:駒場II講習会参加希望(参加日)
本文:(1) 参加日・ コース名 (2) 氏名(3)身分(4)所属 
     (5) 講師への質問 (6) 利用経験
   以下5/26のみ
     (7) PC持込の可否 (8) 利用する無線LAN  

■詳細はこちら
http://www.office.rcast.u-tokyo.ac.jp/tosho/news.html#news20140317-1
http://www.office.rcast.u-tokyo.ac.jp/tosho/news.html#news20140317-2


==============================================================
★ 【予約受付中】大学院数理科学研究科で開催! 5/20「MathSciNet講習会」★
==============================================================
大学院数理科学研究科図書室と情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
数学分野の学術文献データベース「MathSciNet」講習会のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
大学院数理科学研究科以外の方も参加歓迎です。

●日時:5/20 (火) 15:00〜16:15

●会場:(駒場キャンパス)大学院数理科学研究科棟2F計算機室
 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_27_j.html

●定員:20名。予約優先ですが、空きがあれば当日参加もOK。

●参加費:無料

●申込方法:下記要領でメールにてお申し込みください。
 また、数理科学研究科図書室カウンターでのお申込みも受付けます。
 送付先:library★ms.u-tokyo.ac.jp(★を@にして下さい)
 件名:MathSciNet参加希望
 本文:(1)MathSciNet講習会 (2)氏名 (3)身分(学部○年・修士○年等) (4)所属
       (5)講師への質問(あれば) (6)MathSciNet利用経験の有無

■詳細はこちら
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/library/Userinfo/mathsci_guidance.htm


==============================================================
★【追加開催決定!予約受付中】5/30「EBMのための医学系文献検索入門:医中誌WebとPubMed」★
==============================================================
医学図書館と情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
「EBMのための医学系文献検索入門:医中誌WebとPubMed」講習会のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
医学部以外の方も参加歓迎です。基礎から学べる初心者向け講習会です。

●日時: 2014年5月30日(金)
 14:00〜15:00≪追加開催≫
 15:30〜16:30
 17:30〜18:30 ※講義内容は同じです

●会場: 医学図書館(1階マルチメディアコーナー)

●定員: 各回 Windows端末14名+追加座席4名 ※予約優先
 ※残席わずか!

●申込方法: 医学図書館宛に以下のメールをお送りください。
 Subject(件名):5月講習会参加希望
 本文:(1)氏名 (2)希望時間 (3)身分・学年 (4)所属部局・研究室
 (5)連絡先 (メールアドレスと電話番号)(6)講師への質問 (7)利用経験
・メールでのお申込みに対しては、医学図書館から申込受付完了のメールを返信いたします。
・メールを送信してから3営業日以上経っても受付完了メールが届かない場合は、
 医学図書館情報サービス係までお問い合わせください。
・受講希望者が定員に達しましたら受付を締切ります。

●申込先: 医学図書館 情報サービス係
 内線:23667 メール: medlibs*m.u-tokyo.ac.jp (*を@に変えてください)

■詳細はこちら
http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20140328


==============================================================
★ (再掲)5月の講習会「はじめての本や論文の探し方@東京大学」「論文準備ここからスタート」
 〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

【はじめての本や論文の探し方@東京大学】(予約不要・同内容で2回開催)
・5/8(木)15:00〜16:00
・5/14(水)15:00〜16:00

新検索ツール「TREE(UTokyo REsource Explorer)」はシンプルに
一つの検索窓から学術情報を探せるツールです。データベースの
使い分けを意識せずに紙の資料も電子版も、本も論文も一度に探せます。
この講習会では、Webで資料を入手できる場合、紙の資料を探す場合、
また自宅から学内限定のデータベースや電子ジャーナルを利用する方法を、
実習しながら説明します。
(4月の総合図書館オリエンテーションの「本や論文の探し方」と
テキストは同じですが、より詳細に講習します。)

------------------------------
【論文準備ここからスタート!】(予約不要・同内容で2回開催)
・5/23(金)14:50〜16:20
・5/27(火)14:50〜16:20

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
これまで開催してきた【論文準備のための文献検索:CiNii Articlesと
Web of Science】講習会と、【論文準備のための文献管理:RefWorks】講習会
の内容を、90分コース1回にまとめました。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」は、どちらも分野を問わず
ご利用いただける代表的な論文データベース。また、文献管理ツール
「RefWorks」は、文献検索結果等を取り込んで整理し、参考文献リストを
自動作成できる、Web版の便利なツールです。

------------------------------
●会場:総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo)

※「夜間ガイダンス」は5月の開催予定はありません。

【授業支援のご案内】
授業の1コマに、文献検索・文献管理ツールの出張講習を取り入れませんか?
論文の探し方や文献管理ツールの出張講習を随時受付中です(無料)。
授業やゼミの内容に合わせて講習します。会場など、ご相談に応じます。
まずはお気軽にお問い合わせください。どのキャンパスでもOKです。
学生だけのグループでも承ります。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


==============================================================
★【柏図書館 特別イベント】(予約不要)5/12
 「外国新聞で覗く世界 -留学生による各国新聞紹介-」★
==============================================================
柏図書館では、特別イベント「外国新聞で覗く世界 -留学生による各国新聞紹介-」を開催します。
世界各国の留学生達が母国の新聞を紹介するため柏図書館に結集します!
スポーツ、文化、芸能…「Library PressDisplay」からどんなニュースが飛び出すでしょうか?!
※発表は英語で行われます。

『外国新聞で覗く世界 -留学生による各国新聞紹介-』

日時: 2014年5月12日(月)15:00〜16:00(受付開始 14:45)
会場: 柏図書館1階 コミュニティサロン
定員: 25名(予約不要・先着順)
会費: 無料
主催: 東京大学柏図書館
共催: 総合図書館, 駒場図書館, 東京大学新図書館計画, 東京大学国際本部国際センター柏オフィス(KIO)
※当日は総合図書館・駒場図書館に中継を行う予定

◆Library PressDisplayとは?
世界約100か国、2300紙以上の新聞が紙面イメージそのままで閲覧できるデータベース。

■Library PressDisplayへのアクセス方法
【学内から】http://library.pressdisplay.com/
(パソコンから上記URLにアクセスして閲覧するほか、総合図書館、駒場図書館、
 柏図書館に設置されているタッチパネル方式の大型ディスプレイでも閲覧できます。)
【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記ページ参照)
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html


==============================================================
★【柏図書館 第2回サイエンスカフェ】(予約不要)5/12
 「IEEEと科学史」George Plosker氏(IEEE Client Service Manager)★
==============================================================
柏図書館では、開館10周年を記念したイベントシリーズとして、
お茶を飲みながら専門家と語り合う、サイエンスカフェを開催しています。

第2回のゲストはIEEE(※)のClient Service ManagerのGeorge Plosker氏です。
皆さまお誘いあわせの上、是非お越しください。
(※IEEE=Institute of Electrical and Electronics Engineers)

世界最大の専門家組織「IEEE」について、柏図書館10周年のテーマ
「科学史」に絡めてお話いただきます。

科学報道、東京大学の研究、IEEE Xploreなど科学の発展に欠かせない話題が
登場する予定です!Plosker氏は、出版・メディア産業での役職を歴任し、
現在は世界各国で講演を行うコンテンツ産業のプロ。この貴重な機会に
IEEEのPlosker氏との会話を楽しみましょう。
※講演は英語で行われます。日本語通訳も予定しています。

『IEEEと科学史 −130 years of Innovation and Invention−』

ゲスト(講演):George Plosker氏(IEEE Client Service Manager)
カフェホスト :雨宮慶幸柏図書館長(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)

●日時: 2014年5月12日(月)16:00〜17:00(受付開始:15:50)
●会場: 柏図書館1階 コミュニティサロン
●定員: 25名(予約不要・先着順)
●会費: 無料
※当日は総合図書館・駒場図書館に中継を行う予定

主催: 東京大学柏図書館
共催: IEEE, 丸善株式会社

■詳細はこちら
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/news/news_booktalk.html#n20140424

2014/4/21 No.217

==============================================================
★ 5月の講習会「はじめての本や論文の探し方@東京大学」「論文準備ここからスタート」
 〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

【はじめての本や論文の探し方@東京大学】(予約不要・同内容で2回開催)
・5/8(木)15:00〜16:00
・5/14(水)15:00〜16:00

新検索ツール「TREE(UTokyo REsource Explorer)」はシンプルに
一つの検索窓から学術情報を探せるツールです。データベースの
使い分けを意識せずに紙の資料も電子版も、本も論文も一度に探せます。

この講習会では、Webで資料を入手できる場合、紙の資料を探す場合、
また自宅から学内限定のデータベースや電子ジャーナルを利用する方法を、
実習しながら説明します。
(4月の総合図書館オリエンテーションの「本や論文の探し方」と
テキストは同じですが、より詳細に講習します。)

------------------------------
【論文準備ここからスタート!】(予約不要・同内容で2回開催)
・5/23(金)14:50〜16:20
・5/27(火)14:50〜16:20

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
これまで開催してきた【論文準備のための文献検索:CiNii Articlesと
Web of Science】講習会と、【論文準備のための文献管理:RefWorks】講習会
の内容を、90分コース1回にまとめました。

日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」は、どちらも分野を問わず
ご利用いただける代表的な論文データベース。また、文献管理ツール
「RefWorks」は、文献検索結果等を取り込んで整理し、参考文献リストを
自動作成できる、Web版の便利なツールです。

------------------------------
●会場:総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo)

※「夜間ガイダンス」は5月の開催予定はありません。

【授業支援のご案内】
授業の1コマに、文献検索・文献管理ツールの出張講習を取り入れませんか?
論文の探し方や文献管理ツールの出張講習を随時受付中です(無料)。
授業やゼミの内容に合わせて講習します。会場など、ご相談に応じます。
まずはお気軽にお問い合わせください。どのキャンパスでもOKです。
学生だけのグループでも承ります。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


==============================================================
★ 【予約受付中】4/30「薬学研究のための文献検索講習会:基礎編」
 〜医中誌Webほか、東大所属者だから無料で使える検索ツール!〜 ★
==============================================================
薬学図書館と、情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
「薬学研究のための文献検索講習会:基礎編」のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
薬学部以外の方も参加歓迎です。

●スケジュール(2014年):

【薬学研究のための文献検索講習会:基礎編】(予約優先)
・4/30(水)15:00〜16:00

 内容:
 ・はじめての本や論文の探し方(新検索ツール“TREE”で探す)
 ・東大所属者だから無料で使える検索ツールで、テーマや著者から論文を探す方法
 (日本語論文 医中誌Web、英語論文 Web of Science Core Collection)
 ・自宅から、学内限定のデータベースや電子ジャーナルを利用する方法

 ※PCを使った実習形式
 ・会場に備付のECCS端末11台あり(要ECCSアカウント)
 ・utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK
 ・聴講のみも可

●会場: 本郷キャンパス薬学部資料館4F情報室 定員21名
地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_10_03_j.html

●参加費:無料

●予約優先(空きがあれば当日参加OK)

●申込み・お問合せ先: 
薬学図書館( tosho*mol.f.u-tokyo.ac.jp )宛に、
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)

メールのタイトル:薬学図書館講習会参加希望
本文:(1) 氏名 (2) 身分 (3) 所属 (4) 講師への質問
  (5) 利用経験 (6)ECCS アカウントの有無
  (7) 受講形式の希望(以下から選択)
   A. ECCS 端末利用 
   B. 持ち込みPC利用[utroam線LAN接続確認済みのもの] 
   C. 聴講のみ 

■詳細はこちら(薬学図書館のページ)
⇒http://goo.gl/MZZSYY


=================================================================
★ 韓国語で講習する「留学生のための講習会“はじめての本や論文の探し方@東京大学”」★
=================================================================
情報基盤課学術情報チームでは、韓国人講師による、留学生のための講習会
“はじめての本や論文の探し方@東京大学”を開催します。

内容は、レポート・論文作成に役立つ、データベースを使った本や
雑誌論文の検索実習です。入門的な内容ですので、新入学の留学生に限らず、
初心者の方の参加も歓迎します。
ぜひ、お知り合いの留学生の方にお声をかけてください。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日 時: 5/28(水)15:00-16:00

●講習内容:
・TREE(UTokyo REsource Explorer)の紹介
・電子ジャーナルで論文を入手する方法
・図書館の本を検索して予約・取寄せサービスを利用する方法(MyOPAC)
・日本語論文の探し方(CiNii Articles)
・英語論文の探し方(Web of Science Core Collection)
・韓国語論文の検索ツール紹介
・自宅からデータベースや電子ジャーナルを使う方法

●予約不要 先着17名

●参加費:無料

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

■詳細はこちら
⇒(英語)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html
韓国語講習会ちらし(PDF)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/201405_k.pdf

*May 28th (Wed) 15:00〜16:00 
  Korean Orientation (conducted in Korean) will be held at General Library on Hongo Campus.
  If you are interested, please refer to the websites below.
 (English) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html
 (Korean)  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/201405_k.pdf

  Please check useful references "Academic Paper Support Book: Start here"
 (written in Korean, Japanese, English, and Chinese) to write report/academic paper.
  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/supportbook-e.html


==============================================================
★【柏図書館 第1回サイエンスカフェ】(予約不要)4/22
 「磁石、磁力、磁場 −魔術から現代科学への道程−」(物性研究所 家泰弘教授)★
==============================================================
柏図書館では、開館10周年を記念したイベントシリーズとして、
お茶を飲みながら専門家と語り合う、サイエンスカフェを開催します。

第1回のゲストは東京大学物性研究所 家泰弘教授です。
皆さまお誘いあわせの上、是非お越しください

家教授が、過去から現在へと科学がたどった歴史を、物理学の
一大キーワードである”磁力”を軸にしてお話します。
後半は、カフェホストの雨宮館長や会場の皆さんと一緒に科学について語り合います。
東京大学の同級生である家教授と雨宮館長、お二人と一緒にカフェを楽しみましょう!

『磁石、磁力、磁場 −魔術から現代科学への道程−』

ゲスト(講演):家泰弘(東京大学物性研究所 教授)
カフェホスト :雨宮慶幸柏図書館長(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)

●日時: 2014年4月22日(火)16:00〜17:00
●会場: 柏図書館1階 コミュニティサロン
●定員: 25名(予約不要・先着順)
●会費: 無料

■詳細はこちら
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/news/news_booktalk.html#n20140407


==============================================================
★【駒場図書館トークイベント】(予約不要)総合図書館、柏図書館にも中継
 4/25「外国新聞で拓く世界 グローバル化と大学図書館の将来」 ★
==============================================================
駒場図書館では、外国新聞データベースLibrary PressDisplayの導入に伴い、
トークイベントを開催します。

豪華パネリストの皆様の外国新聞にまつわるお話をお楽しみください。
外国新聞データベースLibrary PressDisplayの使い方を含むデモもあります。
総合図書館、柏図書館への中継もあります。

「外国の新聞を読めるようになりたい!」
「日本の新聞を読んでいるだけでは世界のことは分からない!」
という学生のみなさんは、ぜひご参加ください。

●日時:2014年4月25日(金)18時〜19時30分

●会場:駒場図書館1階ラウンジ(新着雑誌架、新聞が置いてある場所)
★イベントの様子は、総合図書館、柏図書館の会場に中継します。

●パネリスト
林 香里(東京大学大学院情報学環教授,ジャーナリズム論)
川島 真(東京大学大学院総合文化研究科准教授・国際社会科学専攻,アジア政治外交史)
ロバート・キャンベル(東京大学大学院総合文化研究科教授・超域文化科学専攻,近代日本文学)

●事前申込不要

●入場無料・学内所属者の方限定

◆お問合せ:駒場図書館雑誌係 komabazasshi*lib.c.u-tokyo.ac.jp
 (*は@に置き換えて送信)

■イベントの詳細はこちら(駒場図書館のページ)
⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0329

■「Library PressDisplay」についてはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20140131.html

2014/4/7 No.216

==============================================================
★ 「はじめての本や論文の探し方@東京大学」講習会のお知らせ
 〜電子ジャーナルの探し方が変わりました:新検索ツール“TREE”で探す!〜★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール(2014年):

【はじめての本や論文の探し方@東京大学】(予約不要・同内容で4回開催)
・4/9(水)15:00〜16:00
・4/10(木)15:00〜16:00
・4/15(火)10:45〜11:45
・4/17(木)13:30〜14:30

新検索ツール「TREE(UTokyo REsource Explorer)」はシンプルに
一つの検索窓から学術情報を探せるツールです。データベースの
使い分けを意識せずに紙の資料も電子版も、本も論文も一度に探せます。

この講習会では、Webで資料を入手できる場合、紙の資料を探す場合、
また自宅から学内限定のデータベースや電子ジャーナルを利用する方法を、
実習しながら説明します。

(次の記事の総合図書館オリエンテーション「本や論文の探し方」と
テキストは同じですが、このコースではより詳細に講習します。)

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo)

※「夜間ガイダンス」は4月の開催予定はありません。

【授業支援のご案内】
“授業の1コマに、文献検索・文献管理ツールの出張講習を取り入れませんか?”
 論文の探し方や文献管理ツールの出張講習を随時受付中です(無料)。
 授業やゼミの内容に合わせて講習します。会場など、ご相談に応じます。
 まずはお気軽にお問い合わせください。どのキャンパスでもOKです。
 詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


==============================================================
★ “総合図書館オリエンテーション”(日/英)実施のお知らせ
 〜新検索ツール“TREE”での本や論文の探し方を30分で講習〜 ★
==============================================================
総合図書館と情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
“総合図書館オリエンテーション”のスケジュールをご案内します。

春から初めて総合図書館を利用される方はもちろん、
これまで利用したことのある方も、オリエンテーションに参加して、
ぜひ総合図書館を使いこなしてください。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

※英語コースもあります。留学生のみなさんにもお声かけください。

※5月の開催予定はありません。

◆“総合図書館オリエンテーション”

●日程:(1コマだけでも参加OK・各コマの内容は下記参照)
 ■ 4/8(火)【英語コース】
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内
 ■ 4/9(水)
  10:30-11:00 本や論文の探し方
  11:00-11:30 利用案内
  11:30-12:00 書庫案内
 ■ 4/11(金)
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内
 ■ 4/14(月)
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内
 ■ 4/15(火)【英語コース】
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内
 ■ 4/17(木)
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内

●内容:(1コマだけでも参加OK)
・「本や論文の探し方」:新しい学術情報検索ツール「“TREE”
 (UTokyo REsource Explorer」の使い方(本や論文をまとめて検索)
・「利用案内」:総合図書館の利用案内
・「書庫案内」:総合図書館書庫の案内・利用法

●集合場所:
 本郷キャンパス総合図書館1階 講習会コーナー前(予約不要。直接お越しください。)
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

=========================================

◆“General Library Library Tour in English”

Apr.8 (Tue.)
  15:00-15:30 Searching for books and papers
  15:30-16:00 Library Tour
  16:00-16:30 Guide to the Stacks
Apr.15 (Tue.)
  15:00-15:30 Searching for books and papers
  15:30-16:00 Library Tour
    16:00-16:30 Guide to the Stacks

It is not necessary to attend all 3 courses.
Participants can join each course of 30 minutes.

-“Searching for books and papers”:
 an introductory course to search books and papers
 using a search tool “TREE”.
  (This session offers a hands-on approach by using computers.)

-“The Library Tour” will show you not only its rich
 collections but also materials and facilities
 provided for you, such as foreign newspapers, foreign TV, and computers.

-“Guide to the Stacks”:
 Librarians take around the stack of the General Library
 giving explanations about usage of the stack.

*No advance reservation is required.

*Free of charge.

*Please come to the front of the Training Course Corner
of the General Library (Hongo Campus) before the scheduled time.
MAP⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html

*These courses are restricted to the University of Tokyo members only.
Both students and employees are welcome.


==============================================================
★ 【予約受付中】駒場IIキャンパスで開催!
 4/21,5/16「文献検索早わかり」・5/26「論文準備のための文献管理RefWorks」
 〜東大所属者だから無料で使える、検索ツール&文献管理ツール!〜 ★
==============================================================
生産技術研究所図書室・先端科学技術研究センター図書室と
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
駒場IIキャンパスでの出張講習のお知らせです。

4月から駒場IIキャンパスに来られた方も、以前から在籍の方も、
ぜひこの機会にご参加ください。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
駒場IIキャンパス以外の方も参加歓迎です。

●スケジュール(2014年):

【文献検索早わかり】(予約優先・同内容で2回開催)
・4/21(月)10:30〜11:40
・5/16(金)15:00〜16:10

 内容: ※講義形式
 ・東大での論文入手方法(新検索ツール“TREE”で探す)
 ・東大所属者だから無料で使える検索ツールで、テーマや著者から論文を探す方法
 (日本語論文 CiNii Articles、英語論文 Web of Science Core Collection、工学系 Engineering Village)
 ・自宅から、学内限定のデータベースや電子ジャーナルを利用する方法

【論文準備のための文献管理RefWorks】(予約優先)
・5/26(月)15:00〜16:10

 内容: 東大所属者なら無料で利用できる、Web版の文献管理ツール
 「RefWorks」の使い方を説明。代表的なデータベースからのデータの
 取り込み方と参考文献リストの自動作成方法を実習。

 ※PC持込による実習形式 [無線LAN利用]
 ・生研所属者は生研の無線LAN サービスが使用可能なので、
 事前に持参するPCのネットワーク接続申請、設定を行っておくこと。
 ・その他学内者は、utroamでの接続になるので、事前に
 utroamアカウントを取得のうえ持参するPCの設定を行っておくこと。
 ※PC持込ができない、または当日LAN設定が済んでいない場合は、
 講習会を聴講する形でのご参加となります。

●会場: 駒場IIキャンパス 生産技術研究所
As棟3F 中セミナー室4(As311・312)各回定員20名
地図⇒http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html

●参加費:無料

●予約優先(空きがあれば当日参加OK)

●申込み・お問合せ先: 
生産技術研究所図書室( tosho*iis.u-tokyo.ac.jp )宛に、
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)

メールのタイトル:駒場II講習会参加希望(参加日)
本文:(1) 参加日・ コース名 (2) 氏名(3)身分(4)所属 
     (5) 講師への質問 (6) 利用経験
   以下5/26のみ
     (7) PC持込の可否 (8) 利用する無線LAN  

■詳細はこちら
⇒http://www.office.rcast.u-tokyo.ac.jp/tosho/news.html#news20140317-1


==============================================================
★ 【予約受付中】4/30「薬学研究のための文献検索講習会:基礎編」
 〜医中誌Webほか、東大所属者だから無料で使える検索ツール!〜 ★
==============================================================
薬学図書館と、情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]の共催による
「薬学研究のための文献検索講習会:基礎編」のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
薬学部以外の方も参加歓迎です。

●スケジュール(2014年):

【薬学研究のための文献検索講習会:基礎編】(予約優先)
・4/30(水)15:00〜16:00

 内容:
 ・はじめての本や論文の探し方(新検索ツール“TREE”で探す)
 ・東大所属者だから無料で使える検索ツールで、テーマや著者から論文を探す方法
 (日本語論文 医中誌Web、英語論文 Web of Science Core Collection)
 ・自宅から、学内限定のデータベースや電子ジャーナルを利用する方法

 ※PCを使った実習形式
 ・会場に備付のECCS端末11台あり(要ECCSアカウント)
 ・utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK
 ・聴講のみも可

●会場: 本郷キャンパス薬学部資料館4F情報室 定員21名
地図⇒http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_10_03_j.html

●参加費:無料

●予約優先(空きがあれば当日参加OK)

●申込み・お問合せ先: 
薬学図書館( tosho*mol.f.u-tokyo.ac.jp )宛に、
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)

メールのタイトル:薬学図書館講習会参加希望
本文:(1) 氏名 (2) 身分 (3) 所属 (4) 講師への質問
  (5) 利用経験 (6)ECCS アカウントの有無
  (7) 受講形式の希望(以下から選択)
   A. ECCS 端末利用 
   B. 持ち込みPC利用[utroam線LAN接続確認済みのもの] 
   C. 聴講のみ 

■詳細はこちら(薬学図書館のページ)
⇒http://goo.gl/MZZSYY


==============================================================
★ 「日経テレコン21」サービス開始 ★
==============================================================
「日経テレコン21」が利用可能になりました。どうぞご利用ください。

◆「日経テレコン21」とは
1975年4月以降の日経各紙(日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ)、
日経会社プロフィル、日経WHO'S WHO、経済統計などが検索・閲覧可能です。

◆利用可能範囲
1975年4月以降〜現在

■アクセスはこちら
※同時アクセス数制限あり。アクセスできない場合、時間をおいて再度お試し下さい。
【学内から】http://edu21.nikkeimm.co.jp/g3/

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

(参考)日経テレコン21(大学等教育機関向け)について
http://www.nikkeimm.co.jp/education/telecom21/index.html

==============================================================
★ 「JapanKnowledge+」名称・URL変更 ★
==============================================================
事典・辞書を一括検索できるツール「JapanKnowledge+」の名称・URLが変更になりました。
新名称は「JapanKnowledge Lib」、URLは下記の通りです。引き続きご利用ください。

■アクセスはこちら
【学内から】http://japanknowledge.com/library/

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

2014/3/17 No.215

==============================================================
 ★ 3/19「論文準備ここからスタート!」今年度最後の講習会 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”は、3/19(水)の【論文準備ここからスタート!】
が今年度最後の回となります。どうぞお見逃しなく!

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆スケジュール(2014年):

■3/19(水)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(予約不要)

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。これまで開催してきた
【論文準備のための文献検索:CiNii ArticlesとWeb of Science】講習会と、
【論文準備のための文献管理:RefWorks】講習会の内容を、
90分コース1回にまとめました。
※12月に実施した【論文準備はこれでOK】講習会と同内容です。

日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Science」は、どちらも分野を問わずご利用いただける代表的な論文
データベース。また、文献管理ツール「RefWorks」は、
文献検索結果等を取り込んで整理し、参考文献リストを自動作成できる、
本学所属者が無料で利用可能なWeb版のツールです。
※学外からの利用方法も説明します。

いずれも、大学が契約しているため東大所属者は無料で使えます。
在学中に使えるツールにどのようなものがあるかを知って、ぜひ活用してください。

なお、この講習会参加者の皆様には、新年度4月配布予定資料
『レポート・論文支援ブック:ここから始めよう』&別冊『自宅から
データベースや電子ジャーナルを使うには?』のリーフレットを
一足早くお配りします!

◆会場:
 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)

◆参加費:無料

詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo)


==============================================================
 ★ 第3期ACS(アカデミックコモンズサポーター)学生ボランティア募集
〜みんなのアイデアが集まったら、どんな新図書館ができるだろう?〜 ★
==============================================================
東京大学は、本郷キャンパス総合図書館を大幅に拡充し、
大学図書館の在り方を再構想する「新図書館計画」に取り組んでいます。

附属図書館では、新図書館計画に学生の立場から参加する
学生ボランティア「アカデミックコモンズサポーター」を募集しています。

新図書館を利用した新しいスタイルの研究・学習スタイルを考えてみたい人、
新図書館計画の情報を学内外に発信してみたい人、
あなたも未来の図書館を一緒に考えてみませんか?

◆応募締切: 2014年4月16日(水)

◆活動期間: 第3期 2014年5月〜2015年3月(第4期以降の活動も予定しています)

◆活動場所: 原則として総合図書館(本郷キャンパス)

◆応募方法: ac_boshu*lib.u-tokyo.ac.jp宛に
メールにて以下の事項を連絡(*を@に直してください)

1.名前、2.学部・研究科、3.学年、4.電話番号、5.メールアドレス、
6.活動予定の中で参加したい活動があるか。また、それに関連した経験
(イベント企画、HP作成、動画編集etc.)があれば教えてください。

※メールのタイトルは「ACS応募」としてください

◆応募資格: 東京大学の学部学生・大学院生

◆詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/1367


==============================================================
 ★ 生命科学分野のプロトコル・データベース「SpringerProtocols」サービス開始 ★
==============================================================
生命科学分野のプロトコル・データベース「SpringerProtocols」が
利用可能になりました。どうぞご利用ください。

◆SpringerProtocolsとは
生命科学分野における25,000点以上のプロトコルコレクションです。
Methods in Molecular Biologyなど、定評のあるリソースから収載された
プロトコルで構成されています。

◆利用可能範囲
創刊号〜2014年の全分野  
 ※2015年以降の購入予定はありません。

■アクセスはこちら
【学内から】http://www.springerprotocols.com

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

◆SpringerProtocols ユーザーガイド(日本語)
 http://www.springer.jp/database/springerprotocols.php


==============================================================
 ★ 外国法(独・仏)データベース「Juris Online」「JurisClasseur」
 が全学で利用可能に ★
==============================================================
外国法データベース「Juris Online」と「JurisClasseur」のサービス対象範囲が
法学部から全キャンパスに拡大されました。
どうぞご利用ください。

●Juris Online
 【学内限定】http://n-online.jp/juris-new/unitokyo/
       *「オートログイン」をクリックしてください。

 内容: ドイツ法に関する総合データベース。
   現行/過去の法律・規則・行政命令及び各級裁判所判例全文、
   雑誌論文要旨・文献紹介・民法典コンメンタール・重要判例解説
   レポート・ラント法令・ライヒ判例、欧州連合の規則・指令・決定と
   欧州裁判所判例を含む。


●JurisClasseur
 【学内限定】http://www.lexisnexis.com/fr/droit/

 内容: フランス法の総合データベース。
   Encyclopedies(法律百科事典・注釈書)、Jurisprudence(1980年代
   後半から全文収録。それ以前は抄録収録)、Revues(La semain
   juridique全3種類を95年より全文収録)、Doctrine(学説論文、
   Dalloz出版物は抄録収録)からなる。


==============================================================
 ★ 「IEEE Xploreセミナー 論文投稿とキャリア形成」講演録画が東大TVで公開! ★
==============================================================
2013/11/5(火)に開催した「IEEE Xploreセミナー 論文投稿とキャリア形成」
(主催:東京大学情報システム部情報基盤課学術情報リテラシー担当
・東京大学柏図書館、協力:丸善株式会社・IEEE)
の講演の録画が、このたび東大TV(TODAI TV)で公開されました。

ご参加いただけなかった方はぜひご覧ください。
⇒http://todai.tv/contents-list/events/IEEE/IEEE

■当日プログラム等の詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/2013ieeeseminar.html


==============================================================
 ★ 化学系データベース「SciFinder」3月のバージョンアップ ★
==============================================================
化学系データベース「SciFinder」の最新バージョンが3月にリリースされました。
今回のリリースで強化された主な機能は下記の通りです。

(1) 試薬・化成品カタログ数による物質のソート機能追加
(2) Java プラグインを利用しない構造作図ツールの機能強化
(3) サーバーに保存した回答の選択機能強化

詳細は以下の資料をご参照ください。
http://www.jaici.or.jp/sci/ref/sfweb_201403.pdf

◆Internet Explorer 8 をご利用の場合
「ツール」プルダウンメニューの「互換表示」のチェックを外してご利用ください。

◆Java 7 update 51 をご利用の場合
Javaプラグインによる構造作図を行うためには、設定が必要です。
Javaコントロールパネルの「セキュリティ」タブで、
例外サイトとしてSciFinderのURL( https://scifinder.cas.org/ )を
追加してください。

◆SciFinder利用に関するエラーへの対処法(PDF)
http://www.jaici.or.jp/sci/ref/sfweb_trouble.pdf

◆SciFinderへのアクセスはこちら
【学内から】https://scifinder.cas.org/

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html


==============================================================
 ★ 【卒業・退職・転出される方へ】ECCS、RefWorks、
   EndNote basicのアカウントについてのご注意(再掲) ★
==============================================================
◆ECCSについて
教育用計算機システム(ECCS)は学内向けのサービスであるため、
卒業や学外への転出等と同時に利用資格が失われます。

この年度末に卒業や学外転出等をされる方でECCSアカウントをお持ちの方は、
アカウントが有効であるうちにお早めに以下のページをご確認のうえ、
必要に応じてメールの転送設定をしてください。
⇒詳細はこちら
「卒業、退職などにより東京大学を離れる利用者のための注意事項」
(日本語)http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/leave.html
"Notice for ECCS Users leaving the University of Tokyo by graduation, retirement, or resignation"
(English)http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/leaveE.html

◆RefWorksについて
また、本学所属者が無料利用できる文献管理ツール「RefWorks」は
卒業・退職者等はサービス対象外です。
必要なデータは事前に各自でエクスポートする等、別途保存対応してください。
⇒【参考】
RefWorksからデータをエクスポートする方法(このページの閲覧は学内限定)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/refwQ&A.html#sotugyou

◆EndNote basicについて
なお、本学が契約している「Web of Science」に付帯する無料サービスとしての
文献管理ツール「EndNote basic」をご利用の場合は、
東京大学に所属しなくなった場合は、最後にアクセスしてから1年後に、
無料公開版のEndNote basicに設定が変わります。
相違点は、引用文献リスト作成時に使えるスタイルが3300種類から21種類に減ることです。
⇒【参考】
文献管理ツール「EndNote basic」の機関版(旧EndNote Web)について
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20130703_2.html

2014/3/6 No.214

==============================================================
 ★ 「国連情報の探し方入門」・「論文準備ここからスタート!」
&夜間ガイダンス「卒業してからの文献検索・文献管理」
 3月の“情報探索ガイダンス”のお知らせ(再掲) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆スケジュール(2014年):
※「予約不要」・「完全予約制」の違いにご注意ください。

■3/11(火)15:00〜16:00【国連情報の探し方入門】(予約不要)
 国連機関の会議資料・プレスリリースなどWeb上にある国連情報の探し方や、
総合図書館国際資料室にある紙の国連資料の探し方を解説する、
初心者向けのコースです。
ちなみにこの講習会では、検索例として
国連総会でのチェ・ゲバラの有名な演説の記録を探すことも実習してみる予定です。
 共催:総合図書館国際資料室(国連寄託図書館)
 協力:北海道大学附属図書館(国連寄託図書館)

■3/13(木)18:30〜19:30[完全予約制 夜間ガイダンス]【卒業してからの文献検索・文献管理】
 この春で東京大学を卒業・退職される方向けに、卒業・退職してからも
文献検索や文献管理に利用できる各種ツールを、無料ツール中心に紹介します。
 卒業等で東京大学を離れると東京大学が契約している電子ジャーナル・データベースは
利用できなくなりますが、所属に関わらず利用できるツールにはどんなものがあるかを
知っておきませんか?
 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。(現時点で7名予約が入っています。)
 ※必ず下記ページの注意事項をお読みください。
   申込先・詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

■3/19(水)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(予約不要)
 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。これまで開催してきた
【論文準備のための文献検索:CiNii ArticlesとWeb of Science】講習会と、
【論文準備のための文献管理:RefWorks】講習会の内容を、
90分コース1回にまとめました。
 日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Science」は、どちらも分野を問わずご利用いただける代表的な論文
データベース。
 また、文献管理ツール「RefWorks」は、文献検索結果等を取り込んで整理し、
参考文献リストを自動作成できる、本学所属者が無料で利用可能なWeb版のツールです。
※学外からの利用方法も説明します。
※12月に実施した【論文準備はこれでOK】講習会と同内容です。

◆会場:
 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)

◆参加費:無料

詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo)


==============================================================
 ★ 【電子ジャーナル・電子ブックの探し方が変わります】
  2014年4月以降の資料検索ツール変更について ★
==============================================================
東京大学附属図書館では、2014年4月から、さまざまな学術情報を幅広く検索できるサービス
「TREE(UTokyo REsource Explorer)」を導入します。

これに伴い、2014年4月以降の東京大学OPACの検索対象は紙の雑誌・図書のみとなります。
4月以降、電子ジャーナル・電子ブックは「TREE」もしくは「E-JOURNAL PORTAL」から
検索してください。

■アクセスはこちら
【学内から】
 TREE: http://tokyo.summon.serialssolutions.com/
 (3月末まで試行サービス中。一部機能に変更が生じる場合あり)

 E-JOURNAL PORTAL: http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ext/ejportal/

【学外から】
「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」による学外からの利用方法
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

TREEは、個々のデータベース・電子ジャーナル等における検索方法の違いや
使い分けを意識せず、ひとつの検索窓からまとめて検索することで、
これまで個別には使ったことがなかったデータベースの収録情報を発見できます。
検索対象は、各種の学術情報データベース・電子ジャーナル等のうち、
提供元の協力を得たものとなっています。

■詳細はこちら(「図書館の窓」Vol.53, no.1  2014.2)(PDF)
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/kanpo/vol53/vol53-1.pdf

■お問い合わせ先
 東京大学附属図書館ASKサービス https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/ask/

◎講習会等のご案内
・4月以降、TREEの使い方を中心とした講習会を開催します。
 スケジュールはこちらのページに近日掲載しますので、ぜひご参加ください。
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

・『レポート・論文支援ブック:ここから始めよう』
 (4月配布予定:『ネットでアカデミック』の後継資料)にもTREEの説明が含まれます。
 Web版はこちらでご覧ください。(現在作成中)
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/supportbook.html


==============================================================
 ★ 生物学・医学系研究のビデオデータベース「JoVE Science Education Database」サービス開始 ★
==============================================================
生物学・医学系研究のビデオデータベース「JoVE Science Education Database」が
利用可能になりました。

生物学・医学系研究に関する基礎的な知識のビデオ実演を視聴できます。
“General Laboratory Techniques”と“Basic Methods in Cellular and Molecular Biology”
の各コレクションが利用可能です。どうぞご利用ください。

■アクセスはこちら
【学内から】http://www.jove.com/science-education-database

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html


==============================================================
 ★ 欧州の灰色文献(学位論文等)を探せる「OpenGrey」をGACoSに新規登録 ★
==============================================================
「OpenGrey」は、欧州における自然科学、社会科学、人文科学、生物医学、
経済学、工学など多分野の会議録、学位論文、レポートといった灰色文献を
収録したリポジトリ(論文などの研究成果を保存・公開するシステム)で、
学外からも手続きなしで利用できる無料公開データベースです。

このたびGACoSのデータベースリストに登録しました。
どうぞご利用ください。

■アクセスはこちら
【学内・学外OK】http://www.opengrey.eu/


==============================================================
 ★ 3/20-24 CiNii Articlesほか国立情報学研究所提供サービス
   一部機能制限・一時停止 ★
==============================================================
CiNii Articlesなど国立情報学研究所提供の下記サービスは、電気設備の設置工事に伴い
下記の期間は一時停止、または一部機能の制限がありますのでご了承ください。

◆CiNii Articlesサービス停止期間:

・2014年3月20日(木)17:00〜22日(土)16:00
    3月23日(日)23:00〜24日(月) 9:00
 ログイン、定額・有料コンテンツの閲覧ができません。
 検索やオープンアクセスの論文の閲覧については通常どおりご利用いただけます。

・2014年3月22日(土)16:00〜23日(日)23:00
 CiNii Articlesすべての機能をご利用いただけません。

なお、CiNii Booksは通常どおりサービスをご利用いただけますが、
3月23日(日)のデータ更新処理は中止となります。

【参考】他の日本語論文検索手段のご案内:
・国立国会図書館サーチ http://iss.ndl.go.jp/
 CiNii Articlesにも収録されている、国立国会図書館の「雑誌記事索引」を検索できます。

◆他のサービス停止期間:

・2014年3月20日(木)17:00〜24日(月) 9:00

対象:科学研究費助成事業データベース(KAKEN)
   学術研究データベース・リポジトリ(NII-DBR)
   GeNii統合検索
   JAIRO(学術機関リポジトリポータル)
   ほか

■その他、詳細は下記の国立情報学研究所ニュースをご参照ください。
(電源設備の設置工事に伴うサービス停止のお知らせ)
http://www.nii.ac.jp/content/info/2014-02-25.html

2014/2/24 No.213

==============================================================
 ★ 「国連情報の探し方入門」・「論文準備ここからスタート!」
&夜間ガイダンス「卒業してからの文献検索・文献管理」
 3月の“情報探索ガイダンス”のお知らせ ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆スケジュール(2014年):
※「予約不要」・「完全予約制」の違いにご注意ください。

■3/11(火)15:00〜16:00【国連情報の探し方入門】(予約不要)
 国連機関の会議資料・プレスリリースなどWeb上にある国連情報の探し方や、
総合図書館国際資料室にある紙の国連資料の探し方を解説する、
初心者向けのコースです。
 共催:総合図書館国際資料室(国連寄託図書館)
 協力:北海道大学附属図書館(国連寄託図書館)

■3/13(木)18:30〜19:30[完全予約制 夜間ガイダンス]【卒業してからの文献検索・文献管理】
 この春で東京大学を卒業・退職される方向けに、卒業・退職してからも
文献検索や文献管理に利用できる各種ツールを、無料ツール中心に紹介します。
 卒業等で東京大学を離れると東京大学が契約している電子ジャーナル・データベースは
利用できなくなりますが、所属に関わらず利用できるツールにはどんなものがあるかを
知っておきませんか?
 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
 (1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※必ず下記ページの注意事項をお読みください。
   申込先・詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

■3/19(水)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(予約不要)
 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
 これまで開催してきた
【論文準備のための文献検索:CiNii ArticlesとWeb of Science】講習会と、
【論文準備のための文献管理:RefWorks】講習会の内容を、
90分コース1回にまとめました。
 日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Science」は、どちらも分野を問わずご利用いただける代表的な論文
データベース。
 また、文献管理ツール「RefWorks」は、文献検索結果等を取り込んで整理し、
参考文献リストを自動作成できる、本学所属者が無料で利用可能なWeb版のツールです。
※学外からの利用方法も説明します。
※12月に実施した【論文準備はこれでOK】講習会と同内容です。

◆会場:
 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)

◆参加費:無料

詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo)


==============================================================
 ★ 研究パフォーマンス分析ツール「SciVal」サービス開始 ★
==============================================================
世界の研究機関や、約220の国や地域の研究パフォーマンスに関する
客観的データを取得できる分析ツール、「SciVal」が利用可能になりました。
研究チームや研究領域を自分で設定できるので、ニーズにあわせた分析が可能です。
どうぞご利用ください。

事前に学内からユーザ登録が必要です。

◆アクセスはこちら
【学内限定】https://www.scival.com/
◆マニュアルとユーザ登録ガイドはこちら(学内限定)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/manual.html#SciVal


==============================================================
 ★ 「都道府県統計書データベース」サービス開始 ★
==============================================================
都道府県統計書とは、各都道府県が明治以降毎年刊行してきた
各管轄区域の人口、農業、工業など様々な項目についての都道府県統計書です。
全国規模の統計年鑑等に比べ項目が細分化しており、
また県の統計書だけに記載されたデータも収録されています。

このたび、「都道府県統計書データベース」の「昭和戦後:関東・近畿」モジュールが
利用可能になりました。

「都道府県統計書データベース」は、6つの地域と4つの年代に分けた
合計24モジュールからなり、
今回の「昭和戦後:関東・近畿」モジュールを初回に、順次リリースされます。
表題、都道府県、分類、対象年より検索可能です。
どうぞご利用ください。

「昭和戦後:関東・近畿」モジュール
・収録範囲 : 昭和20年〜昭和47年(1945〜1972) 関東・近畿地域
・収録総数 : 約350,000レコード

◆アクセスはこちら
J-DAC(ジャパンデジタルアーカイブズセンター)のコンテンツの一つである
「統計資料統合データベース(RISA)」からご利用ください。
【学内限定】http://j-dac.jp/infolib/meta_pub/G0000010STATDB1


==============================================================
 ★ 「日本法令外国語訳データベースシステム」をGACoSに登録 ★
==============================================================
「日本法令外国語訳データベースシステム」は、法務省が作成・公開している、
日本法令の英訳辞書機能をもつデータベースで、
学外からも手続きなしで利用できる無料公開データベースです。
このたびGACoSのデータベースリストに登録しました。

法令に含まれる用語(キーワード)や法令番号、分野等で検索できます。
文脈検索、辞書データのダウンロードも可能です。
どうぞご利用ください。

◆アクセスはこちら
【学内・学外】http://www.japaneselawtranslation.go.jp/


==============================================================
 ★ 平成26年4月から利用できなくなるデータベースのお知らせ ★
==============================================================
現在ご利用いただいている下記のデータベースは、
購入中止・サービス中止等のため利用できなくなりますのでご了承ください。
併せて、各注意事項もご確認ください。

【平成26年4月から利用できなくなるデータベース】
・American Film Scripts(LitetopiメールマガジンNo.212記事参照)
・GeNii ※注1
・東京大学学術論文横断検索(UT Article Search) ※注2

注1:主要データベース「CiNii Articles」「CiNii Books」等は
今までどおりご利用になれます。
「オンライン学術用語集(Sciterm)」は現在ソフトウェア不具合のため
サービス停止中ですが、3月中に学術研究データベース・リポジトリ
(NII-DBR)上でサービス再開予定です。
その他、詳細は下記の国立情報学研究所ニュースをご参照ください。
⇒http://www.nii.ac.jp/content/2014/02/2014-02-03.html

注2:今後の論文横断検索には「TREE(UTokyo REsource Explorer)」をご利用ください。
⇒http://tokyo.summon.serialssolutions.com/


==============================================================
 ★ 【卒業・退職・転出される方へ】ECCS、RefWorks、
   EndNote basicのアカウントについてのご注意 ★
==============================================================
◆ECCSについて
教育用計算機システム(ECCS)は学内向けのサービスであるため、
卒業や学外への転出等と同時に利用資格が失われます。

この年度末に卒業や学外転出等をされる方でECCSアカウントをお持ちの方は、
アカウントが有効であるうちにお早めに以下のページをご確認のうえ、
必要に応じてメールの転送設定をしてください。
⇒詳細はこちら
「卒業、退職などにより東京大学を離れる利用者のための注意事項」
(日本語)http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/leave.html
"Notice for ECCS Users leaving the University of Tokyo by graduation, retirement, or resignation"
(English)http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/leaveE.html

◆RefWorksについて
また、本学所属者が無料利用できる文献管理ツール「RefWorks」は
卒業・退職者等はサービス対象外です。
必要なデータは事前に各自でエクスポートする等、別途保存対応してください。
⇒【参考】
RefWorksからデータをエクスポートする方法(このページの閲覧は学内限定)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/refwQ&A.html#sotugyou

◆EndNote basicについて
なお、本学が契約している「Web of Science」に付帯する無料サービスとしての
文献管理ツール「EndNote basic」をご利用の場合は、
東京大学に所属しなくなった場合は、最後にアクセスしてから1年後に、
無料公開版のEndNote basicに設定が変わります。
相違点は、引用文献リスト作成時に使えるスタイルが3300種類から21種類に減ることです。
⇒【参考】
文献管理ツール「EndNote basic」の機関版(旧EndNote Web)について
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20130703_2.html


◎講習会のお知らせ(詳細は上記の記事参照)
3/13(木)18:30〜19:30[完全予約制 夜間ガイダンス]【卒業してからの文献検索・文献管理】
 会場:総合図書館【完全予約制】
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

2014/2/4 No.212

==============================================================
 ★ 新聞データベース「Library PressDisplay」トライアルと正式契約 ★
==============================================================
新聞データベース「Library PressDisplay」のトライアルを開始しました。
トライアル終了後も引き続き契約いたしますのでどうぞご利用ください。
旧データベース名は「NewsPaperDirect」です。

【トライアル期間】2014年2月28日(金)まで
※その後も総合図書館での契約により引き続きご利用いただけます。

【内容】
世界約100ヵ国、2300紙以上の新聞を、紙面イメージそのままの状態で閲覧できるデータベースです。
各新聞は発行日当日にアップロードされ、過去の記事は最大90日分まで遡って閲覧できます。
※同時アクセス数は20です。

■アクセスはこちら
【学内から】http://library.pressdisplay.com/

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

◆お問い合わせ先
 総合図書館資料契約係 
 zasshi*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えてください)


==============================================================
 ★ 文献ガイドデータベース「Oxford Bibliographies」トライアル ★
==============================================================
文献ガイドデータベース「Oxford Bibliographies 」のトライアルのお知らせです。
どうぞご利用ください。

■Oxford Bibliographies とは
世界2000名以上の各分野を代表とする学者、研究者による推薦文献ガイドが
収録されています。
厳選した学術リソース(書籍、章、ジャーナル、ウェブサイト、データベース含む)が
各分野、テーマごとに推薦理由つきで解説されており、それぞれの分野における
最適なリソースへの最短の道筋をガイドしています。
多くの非英語圏大学の学者が記事を担当し、国際的な文献情報を入手できます。

■トライアル期間
2014年3月31日(月)まで
(トライアル終了後の契約予定は現在のところありません。)

■アクセスはこちら
【学内から】http://www.oxfordbibliographies.com

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

■さらに詳しく・・
Oxford Bibliographiesは現時点では日本未導入のデータベースですが、
世界各国の大学で利用されています。
参考: http://www.oxfordbibliographies.com/obo/page/take-a-tour

◆お問い合わせ先
 駒場図書館 雑誌係
 komabazasshi*lib.c.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えてください)


==============================================================
 ★ 平成26年4月から利用できなくなるデータベースのお知らせ ★
==============================================================
情報学環附属社会情報研究資料センターで契約しているデータベース
「American Film Scripts」(アメリカ映画の脚本全文データベース)は、
平成26年3月末日で契約終了し、契約更新をいたしません。

平成26年4月から利用できなくなりますので、ご了承ください。

■アクセスはこちら(平成26年3月31日まで)
【学内限定】http://afso.alexanderstreet.com/

※一度に大量のデータをダウンロードすることは、
 契約上禁止されています。利用にあたってはご留意ください。


==============================================================
 ★ 化学系データベース「SciFinder」1月のバージョンアップ ★
==============================================================
化学系データベース「SciFinder」の最新バージョンが1月にリリースされました。
今回のリリースで強化された主な機能は下記の通りです。

(1) Javaプラグインを利用しない構造作図ツールの機能強化
(2) 試薬・化成品カタログ情報の件数表示
(3) 物質情報のリンクボタン表示位置変更
(4) 中国の学位論文を追加収録

詳細は以下の資料をご参照ください。
http://www.jaici.or.jp/sci/ref/sfweb_201401.pdf

◆Internet Explorer 8 をご利用の場合
「ツール」プルダウンメニューの「互換表示」のチェックを外してご利用ください。
◆Java 7 update 51 をご利用の場合
Javaプラグインによる構造作図を行うためには、設定が必要です。
Javaコントロールパネルの「セキュリティ」タブで、
例外サイトとしてSciFinderのURL( https://scifinder.cas.org/ )を
追加してください。

◆SciFinder利用に関するエラーへの対処法(PDF)
http://www.jaici.or.jp/sci/ref/sfweb_trouble.pdf

◆SciFinderへのアクセスはこちら
【学内から】https://scifinder.cas.org/

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html


==============================================================
 ★ 「ProQuest Dissertations & Theses」名称・URL変更 ★
==============================================================
学位論文データベース「ProQuest Dissertations & Theses(with Full Text)」(PQDT-FT)は
「ProQuest Dissertations & Theses Global」に名称変更し、
URLも変更になりました。

■アクセスはこちら
【学内から】http://search.proquest.com/pqdtglobal

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

※上記学外アクセスを経由した画面からは、他のデータベースも含む
「ProQuest」での検索となります。
学外で「ProQuest Dissertations & Theses Global」のみ利用したい場合は、
ProQuest画面左上の「検索中9データベース」をクリックし、
「ProQuest Dissertations & Theses Global」に
チェックを付けなおしてご利用ください。


==============================================================
 ★ 「論文準備ここからスタート!」&「卒業してからの文献検索・文献管理」
 2月の“情報探索ガイダンス”のお知らせ(再掲) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。

2月は、先行研究の文献調査から文献リスト作成までが一度にわかるお得なコース
「論文準備ここからスタート!」と、
この春で東京大学を卒業・退職される方向けの新コース
「卒業してからの文献検索・文献管理」を開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆スケジュール(2014年):

■2/14(金)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(予約不要)
 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
 これまで開催してきた
【論文準備のための文献検索:CiNii ArticlesとWeb of Science】講習会と、
【論文準備のための文献管理:RefWorks】講習会の内容を、
90分コース1回にまとめました。
 日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Science」は、どちらも分野を問わずご利用いただける代表的な論文
データベース。
 また、文献管理ツール「RefWorks」は、文献検索結果等を取り込んで整理し、
参考文献リストを自動作成できる、Web版の便利なツールです。
※学外からの利用方法も説明します。
※12月に実施した【論文準備はこれでOK】講習会と同内容です。

■2/27(木)15:00〜16:00【卒業してからの文献検索・文献管理】(予約不要)
 この春で東京大学を卒業・退職される方向けに、卒業・退職してからも
文献検索や文献管理に利用できる各種ツールを、無料ツール中心に紹介します。
 卒業等で東京大学を離れると東京大学が契約している電子ジャーナル・データベースは
利用できなくなりますが、所属に関わらず利用できるツールにはどんなものがあるかを
知っておきませんか?
※同内容で、3/13(木)18:30〜19:30に完全予約制夜間ガイダンスもあります。
夜間ガイダンスの予約方法はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

◆会場:
 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)

◆参加費:無料

詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo )


=================================================================
 ★ 【ご注意】文献管理ツール「RefWorks」の使われていない個人アカウントの削除について(再掲) ★
=================================================================
RefWorksにユーザ登録をしたことのある方はご注意ください!
-------
※なお、昨年12月に「その時点で6ヶ月以上RefWorksにログインしていないユーザー」
のRefWorks登録メールアドレス宛てに同様の内容をメールでお知らせしました。
しばらく使っていないにも関わらず当該メールが届かない場合は、登録アドレスが
有効でないと思われます。
ログイン後の「プロフィール更新」で確認して適宜アドレス変更を行ってください。
メールアドレスとログイン名を同じものにしておくことをお奨めします。
-------

昨年度同様、2ヶ月程度の周知期間を経た後、
「過去1年間RefWorksにログインしていない」個人アカウントについて、
アカウントの削除をすることになりました。

◆削除日: 平成26年2月19日(水)
◆削除対象: 削除日時点で「過去1年間RefWorksにログインしていないユーザー」

※削除後は、それまで当該アカウントでRefWorksにインポートしたデータ等は
 アカウントと共に全て完全に消去されます。(復元できません。)

「自分はしばらくRefWorksを使っていない」と思われる方で、
アカウントが削除されることを避けたい場合は、
必ず、「上記の削除日の前日までに、1度RefWorksにログイン」をしてください。

削除前日までに1度ログインしていただければ、
「過去1年間RefWorksにログインしていないユーザー」の対象から除外されます。

アカウント削除後に再度RefWorksを利用する場合は、
新規にアカウント取得が必要となります。
※卒業等で東大所属外となった方はサービス対象外です。

■RefWorksへのアクセス方法はこちら
GACoS>FAQ「RefWorksを使うには?」ページ
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/refw.html#access

◎講習会のお知らせ
2/14(金)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(文献検索から文献リスト作成まで)
 会場:総合図書館 【予約不要】RefWorksの実習を含む講習会です。
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==============================================================
 ★ GACoSのツイッターのユーザー名変更 ★
==============================================================
東京大学の英文略称変更に伴い、
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が運用している
GACoSのツイッターのユーザー名を、
@gacos_todai から @gacos_utokyo に変更しました。

引き続き @gacos_utokyo で、講習会のご案内や
夜間ガイダンスの予約状況・開催有無などをお知らせしてまいります。
よろしくお願いいたします。
⇒https://twitter.com/gacos_utokyo
(ツイッターのアカウントをお持ちでなくても見られます。)

2014/1/23 No.211

==============================================================
 ★ 「論文準備ここからスタート!」&「卒業してからの文献検索・文献管理」
 2月の“情報探索ガイダンス”のお知らせ ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。

2月は、先行研究の文献調査から文献リスト作成までが一度にわかるお得なコース
「論文準備ここからスタート!」と、
この春で東京大学を卒業・退職される方向けの新コース
「卒業してからの文献検索・文献管理」を開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆スケジュール(2014年):

■2/14(金)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(予約不要)
 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
 これまで開催してきた
【論文準備のための文献検索:CiNii ArticlesとWeb of Science】講習会と、
【論文準備のための文献管理:RefWorks】講習会の内容を、
90分コース1回にまとめました。
 日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Science」は、どちらも分野を問わずご利用いただける代表的な論文
データベース。
 また、文献管理ツール「RefWorks」は、文献検索結果等を取り込んで整理し、
参考文献リストを自動作成できる、Web版の便利なツールです。
※学外からの利用方法も説明します。
※12月に実施した【論文準備はこれでOK】講習会と同内容です。

■2/27(木)15:00〜16:00【卒業してからの文献検索・文献管理】(予約不要)
 この春で東京大学を卒業・退職される方向けに、卒業・退職してからも
文献検索や文献管理に利用できる各種ツールを、無料ツール中心に紹介します。
 卒業等で東京大学を離れると東京大学が契約している電子ジャーナル・データベースは
利用できなくなりますが、所属に関わらず利用できるツールにはどんなものがあるかを
知っておきませんか?
※同内容で、3/13(木)18:30〜19:30に完全予約制夜間ガイダンスもあります。
夜間ガイダンスの予約方法はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

◆会場:
 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)

◆参加費:無料

詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_todai)


=================================================================
 ★ 【ご注意】文献管理ツール「RefWorks」の使われていない個人アカウントの削除について(再掲) ★
=================================================================
RefWorksにユーザ登録をしたことのある方はご注意ください!
-------
※なお、昨年12月に「その時点で6ヶ月以上RefWorksにログインしていないユーザー」
のRefWorks登録メールアドレス宛てに同様の内容をメールでお知らせしました。
しばらく使っていないにも関わらず当該メールが届かない場合は、登録アドレスが
有効でないと思われます。
ログイン後の「プロフィール更新」で確認して適宜アドレス変更を行ってください。
メールアドレスとログイン名を同じものにしておくことをお奨めします。
-------

昨年度同様、2ヶ月程度の周知期間を経た後、
「過去1年間RefWorksにログインしていない」個人アカウントについて、
アカウントの削除をすることになりました。

◆削除日: 平成26年2月19日(水)
◆削除対象: 削除日時点で「過去1年間RefWorksにログインしていないユーザー」

※削除後は、それまで当該アカウントでRefWorksにインポートしたデータ等は
 アカウントと共に全て完全に消去されます。(復元できません。)

「自分はしばらくRefWorksを使っていない」と思われる方で、
アカウントが削除されることを避けたい場合は、
必ず、「上記の削除日の前日までに、1度RefWorksにログイン」をしてください。

削除前日までに1度ログインしていただければ、
「過去1年間RefWorksにログインしていないユーザー」の対象から除外されます。

アカウント削除後に再度RefWorksを利用する場合は、
新規にアカウント取得が必要となります。
※卒業等で東大所属外となった方はサービス対象外です。

■RefWorksへのアクセス方法はこちら
GACoS>FAQ「RefWorksを使うには?」ページ
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/refw.html#access

◎講習会のお知らせ
2/14(金)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(文献検索から文献リスト作成まで)
 会場:総合図書館 【予約不要】RefWorksの実習を含む講習会です。
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==============================================================
 ★ 「Web of Science」大幅リニューアルに合わせて
  講習会テキストを改訂しました ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
2014年1月の「Web of Science」大幅リニューアルに合わせて、
「論文準備のための文献検索:CiNii ArticlesとWeb of Science」講習会テキストを
このたび改訂しました。

【今回のテキスト改訂のポイント】
・旧「Web of Knowledge」と新「Web of Science」との関係
・新「Web of Scienceコアコレクション」検索画面の基本的な使い方
・「被引用数」の表示に関する注意
・「著者所属-拡張」欄を使って検索する時の入力方法の訂正
・「その他の英語雑誌論文・新聞記事データベース」のページを追加
・「各種ツールの役割の違い」の図のページを追加

■講習会テキストはこちら
学内/学外を問わず、GACoSの「講習会教材」ページからご覧いただけます。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/text.html

◎講習会のお知らせ
2/14(金)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(文献検索から文献リスト作成まで)
 会場:総合図書館 【予約不要】上記のテキストを、講習会の前半で使用します。
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==============================================================
 ★ 「Google Scholar」新サービスに合わせて講習会テキストを改訂しました ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
「Google Scholar」で新たに始まったサービスの説明やその他の情報を追加し、
人気コース「Google Scholar活用法」講習会テキストをこのたび改訂しました。

【今回のテキスト改訂のポイント】
・検索結果に図書館リンク(UTokyo Article Link)へのリンクを表示させるための
設定画面の差し替え(※)
・複数の著者名や複数の論文タイトルの組み合わせで検索する時や、
キーワードと著者名などを組み合わせて複雑な検索を行う時の注意点を追加
・タグ(ラベル)を付けて整理、保存できる新サービス「マイライブラリ」機能の説明を追加

※これまでの講習会では、「Scholar設定」の図書館リンク設定画面で、
「university tokyo」と入力しないと東京大学向けの図書館リンク名称が見つからない、
と説明していましたが、「東京大学」で検索しても図書館リンク名称が
見つかるようになりました。

■講習会テキストはこちら
学内/学外を問わず、GACoSの「講習会教材」ページからご覧いただけます。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/text.html

◎Google Scholar講習会は、2〜3月の開催予定はありません。
上記テキストで自習していただくか、オーダーメイド講習をお申し込みください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


==============================================================
 ★ 「RefWorks」学外アクセス方法変更に合わせて講習会テキストを改訂しました ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
文献管理ツール「RefWorks」の学外アクセス方法変更に合わせて
RefWorks講習会テキストをこのたび改訂しました。

【今回のテキスト改訂のポイント】
・学内でRefWorksユーザ登録後は学外からも直接ログイン可能となったため
学外アクセス関連の説明を改訂
(参考:Litetopiメールマガジン 2013/12/16 No.209)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/2013litetopi_archive.html#209

■講習会テキストはこちら
学内/学外を問わず、GACoSの「講習会教材」ページからご覧いただけます。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/text.html

◎講習会のお知らせ
2/14(金)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(文献検索から文献リスト作成まで)
 会場:総合図書館 【予約不要】上記のテキストを、講習会の後半で使用します。
 ⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html


==============================================================
 ★ 1/31(金)まで「古本募金×アカデミック・コモンズ」
  古本買取額20%UP&書き損じハガキ上乗せキャンペーン ★
==============================================================
年賀状の書き損じハガキや、不要な書籍がお手元にありませんか?
この機会に古本募金キャンペーンへのお申込みをご検討ください。

古本募金「Books For NEXT」プロジェクトとは、不要な書籍の売却代金を
「東京大学の教育・研究」に役立てるプロジェクトです。
書籍(5冊以上)を梱包して、Webまたは電話で申込みをすれば、
送料無料で集荷してもらえます。

現在、古本募金プロジェクトと東京大学新図書館「アカデミック・コモンズ」計画とが連動して、
古本買取額20%UP&書き損じハガキ上乗せキャンペーンを実施しています。

このキャンペーン期間中の古本募金は、東京大学新図書館「アカデミック・コモンズ」計画の
目的指定として活用されます。

◆キャンペーン期間: 平成26年1月31日(金)まで
※上記期間中の電話またはWEBでのお申し込み分が対象です。

◆キャンペーンの詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/1193

◆「古本募金」の詳細はこちら
⇒http://books.todai-kikin.jp/books_for_next/index.html

電話またはWEBで申し込む方法のほかに、
総合・駒場・柏図書館入口付近にある古本募金ポストに入れることもできます。

2014/1/6 No.210

==============================================================
 ★ 【明日開催・残席あり】1/7「医学系文献検索早わかり」(医中誌Webと東大OPAC) ★
==============================================================
医学図書館が実施する講習会「医学系文献検索早わかり」のお知らせです。

日本語の医学文献データベース「医中誌Web」と東京大学OPACの使い方に
的を絞った講習会です。
「まずは医学系の日本語論文を探せるようになりたい」という方や、
「データベースやOPACは使ったことがない」という方に、特にお薦めです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
医学部以外でももちろん参加可能です。

■2014年1月7日(火) 17:30〜18:30 ※昨年12/25に実施した講習会と同内容

●会場:医学図書館(1階マルチメディアコーナー)
 Windows端末14名 予約優先(現時点で残席あり)

●申込方法:
・医学図書館宛に以下のメールをお送りください。
  Subject(件名):冬季講習会参加希望
  本文:(1)氏名 (2)希望日 (3)身分・学年 (4)所属部局・研究室
   (5)連絡先(E-mailと電話番号)(6)講師への質問(あれば)
   (7)利用経験

・折り返し、医学図書館から申込受付完了のメールを返信いたします。
・受付完了メールが届かない場合は、医学図書館情報サービス係までお問い合わせください。
・受講希望者が定員に達しましたら受付を締め切ります。

●申込・問い合わせ先:
 医学図書館情報サービス係
 E-mail: medlibs*m.u-tokyo.ac.jp (*を@に変えてください)
 TEL:03-5841-3667(内線:23667)

●詳細はこちら
⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20131114


==============================================================
 ★ 「Google Scholar活用法」など1月の“情報探索ガイダンス”のお知らせ(再掲) ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。

1月は、人気コース「Google Scholar活用法」や、
先行研究の文献調査から文献リスト作成までが一度にわかるお得なコース
「論文準備ここからスタート!」を開催します。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

◆スケジュール(2014年):
※「予約不要」・「完全予約制」の違いにご注意ください。

■1/14(火)15:00〜15:45【Google Scholar活用法】(予約不要)
 Google Scholarは、学術資料を簡単に検索できる無料の検索エンジンです。
ちょっとした検索のコツや、検索結果画面の見方、Google Scholarで
見つけた論文の入手方法を説明。また、Google Scholar以外の
おすすめデータベース等をご紹介する、45分のコースです。
 (同内容で完全予約制夜間ガイダンスもあり⇒下記参照)

■1/20(月)18:30〜19:15[完全予約制 夜間ガイダンス]【Google Scholar活用法】
(上の記事参照)
  ・内容: 1/14(火)と同じ。
  ・3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
  (1人では申し込めないという意味ではありません。)
  ・必ず下記ページの注意事項をお読みください。
  ※申込先・詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

■1/22(水)14:50〜16:20【論文準備ここからスタート!】(予約不要)
 論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
 これまで開催してきた【論文準備のための文献検索:CiNii Articlesと
Web of Science】講習会と、【論文準備のための文献管理:RefWorks】講習会の
内容を、
90分コース1回にまとめました。
 日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Science」は、どちらも分野を問わずご利用いただける代表的な論文
データベース。
 また、文献管理ツール「RefWorks」は、文献検索結果等を取り込んで整理し、
参考文献リストを自動作成できる、Web版の便利なツールです。
※12月に実施した【論文準備はこれでOK】講習会と同内容です。

※学外からの利用方法はどのコースでも説明します。

●会場:
 総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。ECCSの無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)

●参加費:無料

詳細は下記のサイトをご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 (ツイッター https://twitter.com/gacos_todai)


==============================================================
 ★ 「Web of Science」(Web of Knowledge)リニューアル(1/12-1/13サービス一時停止)★
==============================================================
2014年1月に「Web of Science」のリニューアルが予定されています。
リニューアル後は、これまでより直観的に使いやすいインターフェースに変わる予定です。

※今回の大規模なリニューアルに伴い、これまで「Web of Knowledge」という名称で
提供されていたプラットフォームが、「Web of Science」の名称に統一されます。
そして、今までの「Web of Science」は、「Web of Science Core Collection」となります。
(GACoS上のデータベース名称はリニューアル後に修正します。)

◆主な変更点や、新しいインターフェースによる利用方法のビデオガイドはこちら
http://ip-science.thomsonreuters.jp/products/wos/nextgenwebofscience

◆リニューアルに伴うサービス一時停止期間
 2014年1月12日(日)23:00 から  2014年 1 月 13 日(月)11:00 (日本時間)
上記の期間中は利用できません。メンテナンス終了時間は作業により前後する可能性があります。

■アクセスはこちら
【学内から】http://www.webofknowledge.com/wos

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html


==============================================================
 ★ アジアの法情報データベース「Lexis Asia Plus」正式サービス開始 ★
==============================================================
アジアやオーストラリア等の法情報データベース「Lexis Asia Plus」は、
トライアルサービスを実施しましたが、引き続き
1月からは正式に利用可能になりました。どうぞご利用ください。

【内容】
シンガポール、マレーシア、インド、香港といった日本企業の進出が活発な
アジア諸国の情報に加え、ビジネスに影響を与える機会の多いオーストラリア、
ニュージーランドや中東諸国(アラブ首長国連邦、カタール 他)の
法情報を提供します。
また、インドネシア、タイやベトナムといった情報収集の困難な地域についても、
法制度の概要や実務ガイドなど、実務に役立つ情報を収録しています。

■アクセスはこちら(同時アクセス無制限)
【学内から】
http://www.lexisnexis.com/ap/ui/go.aspx/jp/lexis/default/api?ipf=t&client=ia

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

■利用マニュアル(PDF)
http://www.lexisnexis.jp/pdf/Asia_Plus_SearchManual.pdf

■お問い合わせ先
法学部研究室図書室図書閲覧係
内線: 23137、23126
letsuran*j.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えてください)


==============================================================
 ★ 化学系データベース「SciFinder」12月のバージョンアップ ★
==============================================================
昨年12月に化学系データベース「SciFinder」の最新バージョンがリリースされました。
今回のリリースで新しく搭載された主な機能は下記の通りです。

(1) Java プラグインを利用しない構造作図ツールの機能強化
(2) 米国特許全文 (PDF ファイル) の直接ダウンロード
(3) 反応情報の追加
(4) 実測スペクトルデータの追加
(5) 特許の代表図面の収録国拡大

詳細は以下の資料をご参照ください。
http://www.jaici.or.jp/sci/ref/sfweb_201312.pdf

◆インターネットセミナーのご案内
今回のバージョンアップ内容につきまして、2014年1月31日 (金)に
化学情報協会によるインターネットセミナーが開催されます。
以下のスケジュールページからご登録ください。(無料)
http://www.jaici.or.jp/webex/e-seminar.html

◆Internet Explorer 8 をご利用の場合
「ツール」プルダウンメニューの「互換表示」のチェックを外してご利用ください。

◆推奨システム環境
http://www.jaici.or.jp/sci/SCIFINDER/require.html

◆SciFinder利用に関するエラーへの対処法(PDF)
http://www.jaici.or.jp/sci/ref/sfweb_trouble.pdf

◆SciFinderへのアクセスはこちら
【学内から】https://scifinder.cas.org/

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」(下記のページ参照)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

Copyright(C)2005 東京大学本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当] All Rights Reserved
著作権・リンクについて