GACoS  Gateway to Academic Contents System東大マーク

GACoS(ガコス)はインターネットで文献などの学術情報を探すためのゲートウェイです。
東京大学にご所属のみなさんの情報収集活動をサポートします。
English

 Litetopiメールマガジンについて
Litetopi(リテトピ)メールマガジンは、東京大学にご所属のみなさまに 各種データベースサービスのニュースや、ガイダンスのご案内をはじめ 、広く情報リテラシーに関するトピックスをお届けするメールマガジンです。
購読お申込み
配信ご希望の方はメールにてご連絡ください。⇒本部情報基盤課[学術情報リテラシー担当] literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(※*を@にして送信)ただし、東京大学ご所属の方に限らせていただきます。
 2016年バックナンバー(日付をクリックすると本文に飛びます)
  • 2016/11/16 No.277
    • 12月の講習会「論文準備ここからスタート!」「はじめよう!Mendeley」他
    • 新しいデータベースが使えるようになりました!12/31までのトライアルも!
    • Beall's listとは?
  • 2016/10/17 No.276
    • 11月の講習会「論文準備ここからスタート!」「はじめよう!Mendeley」他
    • 10/20・21「工学系・情報理工学系 文献検索早わかり/文献管理RefWorks」、10/27「論文準備ここからスタート!in駒場II」、10/31「EBMのための医学系文献検索入門」
    • International Open Access Week 10/24〜10/30 Open in Action今日からはじめるオープンアクセス
  • 2016/10/11 No.275
    • 【英語論文セミナー2016第1弾】SAGE Talks: Simple Guide to Writinga Journal Article (November 11)予約受付開始!
    • 【英語論文セミナー2016第2弾】出版社が語るアクセプトされる論文とは?〜Elsevier〜 (11/15)予約受付開始!
  • 2016/9/23 No.274
    • 10月の講習会「はじめよう!Mendeley」「論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って」他
    • 10,11月開催【就活の味方 eolミニ講座】
    • 10/14 中国語で講習する「はじめての本や論文の探し方@東京大学」
  • 2016/8/31 No.273
    • 9月のミニ講座「はじめよう!Mendeley」「本文入手大作戦」ほか
    • 日本語/英語による「総合図書館 Library Tour」実施のお知らせ
    • どんな人が講習会を受けている?(昨年度のガイダンスアンケート分析)
  • 2016/7/13 No.272
    • 8月の講習会「論文準備ここからスタート!」と夜間ガイダンス
    • 「秘書さんのためのはじめての論文の探し方」講習会 (再掲)
    • 7/29 文献管理ツール(EndNote, Mendeley),7/20 "From Search and Beyond":医学図書館開催の講習会
  • 2016/6/29 No.271
    • 7月の講習会「論文準備ここからスタート!」「比べる!検索ツール」(再掲)
    • 7月、8月の夜間ガイダンス(完全予約制・申込受付中)(再掲)
    • 7/27 第7回 東大院生によるミニレクチャプログラム」【申込受付中】
    • いよいよ9/30まで!ミニレクチャールームを使ってみませんか
  • 2016/6/28 No.270
    • 研究戦略「研究分析ツール ESI/InCites 講習会 (7/27)、SciVal/Pure 講習会 (7/29)」【申込受付開始】
    • 7/20 レビューのための文献管理セミナー "From Search and Beyond"【申込受付中!】
    • 最新のインパクトファクター(Journal Citation Reports 2015年版)リリース
  • 2016/6/15 No.269
    • 7月の講習会「論文準備ここからスタート!」「比べる!検索ツール」
    • 7月、8月の夜間ガイダンス(完全予約制・申込受付中)
    • 「秘書さんのためのはじめての論文の探し方」講習会(学生も参加可能)
    • 「アジア研究文献探索セミナー」6/30 中東・イスラーム研究文献編、7/7 韓国朝鮮語文献編 開催決定(再掲)
    • OECD Student Ambassador Programme 2016 参加者募集中
  • 2016/6/1 No.268
    • 「文献管理ツール クローズアップ」【残席あり!】(6/10・16・21)RefWorks、(6/15)EndNote、(6/7)Mendeley(再掲)
    • 「SciFinder」「OECD iLibrary」「LexisNexis Academic」等6月の講習会【残席あり!】(再掲)
    • 「アジア研究文献探索セミナー」6/30 中東・イスラーム研究文献編、7/7 韓国朝鮮語文献編 開催決定
    • 新しいデータベースが使えるようになりました!
  • 2016/5/18 No.267
    • 「文献管理ツール クローズアップ」【申込受付中!】 (6/10・16・21)RefWorks、(6/15)EndNote、(6/7)Mendeley
    • 6月の講習会「SciFinderで化学分野の情報検索をするには?」「論文準備ここからスタート!」他 【申込受付中!】
    • 6/23 柏図書館で開催「比べる! 検索ツール」「秘書さんのためのはじめての論文の探し方」
    • 5/31「アジア研究文献探索セミナー(中国語文献編)」
  • 2016/4/19 No.266
    • 5月の講習会「はじめての本や論文の探し方@東京大学」「論文準備ここからスタート!他
    • 5/12 韓国語で講習する「留学生のための講習会“はじめての本や論文の探し方@東京大学”」
    • 第5期ACS(アカデミックコモンズサポーター)学生ボランティア募集 〜あなたの声を、図書館に届けてみませんか?〜
    • 新しいデータベースが使えるようになりました!4/30までのトライアルも!
  • 2016/4/1 No.265
    • 4/22 駒場IIキャンパス、4/26 地震研究所、4/28 医学図書館での出張講習会 「論文準備ここからスタート」「EBMのための医学系文献検索入門」ほか
    • 4月の講習会「論文準備ここからスタート!」「はじめよう!RefWorks」他(再掲)
    • 日本語/英語による「総合図書館 Library Tour」実施のお知らせ(再掲)
    • “BUILD YOUR FUTURE, ELEMENT BY ELEMENT”SciFinder Future Leaders プログラムのご案内
  • 2016/3/15 No.264
    • 4月の講習会「論文準備ここからスタート!」「はじめよう!RefWorks」他
    • 日本語/英語による「総合図書館 Library Tour」実施のお知らせ
    • 3/18 東大新図書館トークイベントに行こう! 東京大学南原繁記念出版賞表彰式・第4回受賞者講演会(講師:小林延人氏)
  • 2016/2/15 No.263
    • 【セミナー予約受付開始!】 Scientific Data〜研究データを公開し業績とするデータジャーナル〜
  • 2016/2/8 No.262
    • 【緊急開催!】2/24 無料の文献管理ツール「Mendeley講習会」
    • 3月の講習会「卒業してからの文献検索・文献管理」
    • 2月と3月の夜間ガイダンス(完全予約制・申込受付中)
    • 2/12「第6回 東大院生によるミニレクチャプログラム」・文化外交政策をデザインしてみよう -文化外交先進国フランスの事例に学ぶ-・『空気を読む』の『空気』って何? -面目行為と方針-【申込受付中】
  • 2016/1/19 No.261
    • 2月の講習会「論文準備ここからスタート!」と夜間ガイダンス
    • 1/25 東大新図書館トークイベントに行こう!「HathiTrustとデジタルアーカイブの未来」
    • 無料のウェビナーが見られる「Elsevier Publishing Campus」
    • 【重要】「RefWorks」の使われていない個人アカウントの削除について(再掲)
>>2015年の記事へ
>>2014年の記事へ
>>2013年の記事へ
>>2012年の記事へ
>>2011年の記事へ
>>2010年の記事へ
>>2009年の記事へ
>>2008年の記事へ
>>2007年の記事へ
>>2005-2006年の記事へ
 2016年バックナンバー 本文

2016/11/16 No.277

==============================================================
★12月の講習会「論文準備ここからスタート!」「はじめよう!Mendeley」他★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備ここからスタート!(文献検索から文献リスト作成まで)】(予約不要)
・12/8(木)10:30〜12:00

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを
自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【はじめよう!Mendeley】(予約不要・同内容2回)
・12/2(金)17:00〜17:30
・12/7(水)12:20〜12:50

30分のミニ講座で、文献管理ツール「Mendeley」を実習します。
参考文献リストの自動作成で、論文執筆時間を節約しましょう。
Mendeleyはどなたでも使える無料ツールです。
12月は夕方17時からのコースと昼休みのコースです。

■【比べる!検索ツール】(予約不要・同内容2回)
・12/13(火)12:20〜12:50
・12/21(水)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、どんな時にどんな検索ツールを使えばよいか、
Google Scholar/TREE/Web of Scienceの比較を行います。各ツールの
特長を徹底分析。あなたのキーワードで比較してみましょう。

●会場:総合図書館3階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

==============================================================
★新しいデータベースが使えるようになりました!12/31までのトライアルも!★
==============================================================
●「Archives Unbound. Global Missions and Theology」提供開始 
19世紀アメリカを中心とした伝道活動についての文書史料を検索できます。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20161027.html

●「オンライン版 三田文学」提供開始
『三田文学』創刊号から戦争による中断までの全397冊を完全収録しています。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20161020.html

●Maruzen eBook Libraryにタイトル追加
学外からも利用可能です。本文への同時アクセス数は1です。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20160701.html

●12/31まで 電子書籍"Routledge Handbooks Online"の全点トライアル
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20161109.html

==============================================================
★Beall's listとは?★
==============================================================
「Beall's list」と英語論文セミナーで聞いて興味を持った方が
いるかもしれません。コロラド大学デンバー校の図書館員、ジェフリー・
ビール氏が公開しているpredatory(ハゲタカなどと訳されます)という
疑いのある雑誌と出版社のリストです。

オープンアクセスは学術雑誌論文等をWeb上で無料公開し、誰でも利用
できるようにするという取組みです。
オープンアクセスにはグリーンOA(オープンアクセス)とゴールドOAがあります。
グリーンOAは「UTokyo Repository」のような学術機関リポジトリ等に著者自らが
論文を登録し、公開します。
ゴールドOAは、オープンアクセス誌に論文を投稿し、出版します。
ゴールドOAでは著者の論文が雑誌に掲載される際にAPC(論文処理費用、
論文掲載料)を支払いますが、これを目当てに出版を行う悪徳な出版社があります。
Beall's listは悪徳である可能性の高い出版社、雑誌のブラックリストとして
知られています。

リストをめぐるトラブルもありますが、出版社も見ているリストですので、
論文の出版を考えている方は知識として知っているとよいでしょう。
学術情報リテラシー担当開催の講習会「論文投稿シミュレーション」では
DOAJという別のゴールドOA誌のリストをご紹介しています。

(参考)
Beall, J. (2016). Scholarly open access: Critical analysis of scholarly
open-access publishing. Retrieved from https://scholarlyoa.com/publishers/

DOAJ. (2016). DOAJ: Directory of open access journals. Retrieved from https://doaj.org/

栗山, 正光. (2015). ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒. 情報管理, 58(2),
92-99. doi:10.1241/johokanri.58.92

東京大学附属図書館. (2016). 今日からはじめるオープンアクセス: あなたの研究を世界に開く.
Retrieved from http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/images/oaw2016_poster.pdf

2016/10/17 No.276

==============================================================
★11月の講習会「論文準備ここからスタート!」「はじめよう!Mendeley」他★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備ここからスタート!(文献検索から文献リスト作成まで)】(予約不要)
・11/1(火)15:00〜16:30

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを
自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■就活の味方【eolミニ講座】(予約不要・同内容で3回)
・11/ 2(水)12:20〜12:40
・11/10(木)12:20〜12:40
・11/18(金)12:20〜12:40

昼休み20分のミニ講座で、国内の企業情報データベース「eol」(イーオーエル)を、
就活の強い味方にしてください。企業名やキーワード、条件指定で企業を探す
実習をします。「eol」を使えば、財務状況や事業のリスクなども含めた企業情報が
わかるほか、同業他社をまとめて比較したり、ランキングも見られます。
東大所属者だから無料で使えるツールです。

■【はじめよう!Mendeley】(予約不要・同内容2回)
・11/ 7(月)12:20〜12:50
・11/25(金)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、文献管理ツール「Mendeley」を実習します。
参考文献リストの自動作成で、論文執筆時間を節約しましょう。
Mendeleyはどなたでも使える無料ツールです。

■【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】(予約不要)
・11/9(水)15:00〜16:15

論文の投稿先、どうやって決めますか?
この講習では投稿先選定の参考となるインパクトファクターについて調べます。
投稿誌を決めたら規定にそった参考文献リストをRefWorksで作成しましょう。
(講習内容の一部が他のRefWorks講習会と重複します。)


■【論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks】
(※完全予約制 夜間ガイダンス)
・11/18(金)18:45〜19:45

昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容ですが、
CiNii Articles・TREEの講習を含みません。英語論文検索ツール
「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、文献リストを
自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。いずれも、
東大所属者だから無料で使えるツールです。

 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
申込方法・注意事項はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night


●会場:総合図書館3階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

==============================================================
★10/20・21「工学系・情報理工学系 文献検索早わかり/文献管理RefWorks」、
10/27「論文準備ここからスタート!in駒場II」、10/31「EBMのための
医学系文献検索入門」★
==============================================================
工学・情報理工学図書館、生産技術研究所図書室・先端科学技術研究
センター図書室、医学図書館との共催による出張講習のお知らせです。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
お近くの会場の講習会にご参加ください。

●スケジュール(2016年):

■10/20(木)・21(金)12:20〜12:50 [工学・情報理工学図書館共催]
【文献検索早わかり】
会場:工2号館図書室
詳細・申込:http://library.t.u-tokyo.ac.jp/news/20160916_guidance.html

■10/20(木)・21(金)12:50〜13:20 [工学・情報理工学図書館共催]
【文献管理 RefWorks】
会場:工2号館図書室
詳細・申込:http://library.t.u-tokyo.ac.jp/news/20160916_guidance.html

■10/27(木)15:00〜16:30 [生産研図書室・先端研図書室共催]
【論文準備ここからスタート!in駒場II】
会場:駒場IIキャンパス生産技術研究所 As棟3階 中セミナー室5
詳細・申込:http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/about/library/news_ja.html?20161027

■10/31(月)(同内容で2回開催)
13:30〜14:30/17:30〜18:30 [医学図書館共催]
【EBMのための医学系文献検索入門】
会場:医学図書館
詳細・申込:http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20160916

●参加費:無料

●予約優先 お申込み・お問合せは各図書館・室へ
工学・情報理工学図書館での講習会は予約不要です。

==============================================================
★International Open Access Week 10/24〜10/30 Open in Action
今日からはじめるオープンアクセス★
==============================================================
国際オープンアクセスウィークはオープンアクセス(OA)の推進キャンペーン
週間です。今年は"Open in Action"がテーマです。
東京大学附属図書館でもポスター展示等でオープンアクセスウィークを
盛り上げています。

オープンアクセスとは、学術雑誌論文等をWeb上で無料公開し、誰でも
利用できるようにすることです。論文をオープンアクセスにすると、
全世界の人に読んでもらえる、引用してもらえる可能性が高くなるなどの
メリットがあります。

オープンアクセスにするには、Green OA(セルフアーカイビング)と
Gold OA(オープンアクセス誌への投稿)の二つの方法があります。

Green OAは、学術機関リポジトリなど、インターネット上のサーバに
研究者自らが執筆論文を登録し、無料で公開する方法です。
東京大学では「東京大学学術機関リポジトリ(UTokyo Repository)」で
論文を公開することができます。
 http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/

●オープンアクセスウィークのポスター
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/images/oaw2016_poster.pdf

●UTokyo Repository オープンアクセス特設ページ
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/OAW2016/

2016/10/11 No.275

==============================================================
★【英語論文セミナー2016第1弾】SAGE Talks: Simple Guide to Writing
a Journal Article (November 11)予約受付開始!★
==============================================================
※大人気の論文セミナー、今年はSAGE Publishingとエルゼビア・ジャパン株式会社
のご協力のもと開催することが決定しました。
英語による人社系向け論文執筆セミナーと、日本語による英語論文セミナーです。
今年は「初心者向け」の内容となっています。
どうぞお早めにお申込みください。

SAGE Talks: Simple Guide to Writing a Journal Articleは、人社系で
これから英語で論文を書こうとする方向けの内容です。英語での講義です。

● Have you ever wondered what kind of article gets published and why?
● Do you want guidelines from the publishers' perspectives and what catches our eyes?
● Do you know how to select the right journal to submit your article to?
If you have ever asked any of these questions before, then this is the talk for you.

In the session, Rosalia will go through the psychological aspects of a successful
writer and why should you consider publication. Sharing with you specific tips
on how to write an abstract, a good query letter to the journal editor,
how to select journal to submit to, as well as how you should structure your article.
She will also walk you through the process on a week by week basis from start
to reviewing your opening and concluding the article.

This session is especially useful for entry level students and junior faculty
in the Arts and Humanities who are novice in academic writing.

■日 時:2016年11月11日(金)15:00-17:00(受付14:45〜)

■会 場:【本郷】共同利用棟会議室1(総合図書館プレハブ3階) 定員36名 予約優先
     地図⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/access_route.html

■参加費: 無料

■講 師:
Ms. Rosalia Da Garcia(SAGE Publishing)
※講義は英語で行われます。

■申込方法:東京大学所属者限定

学術情報リテラシー担当(literacy*lib.u-tokyo.ac.jp)宛に(*は@に置き換えて送信)
以下のメールをお送りください。
メールのタイトル:
「SAGE Talks」参加希望
メールの本文:
(1) 氏名 (2) 身分 (3) 所属 (4) 専攻分野
(5) 講師への質問(質問のある方はできるだけ具体例を挙げて書いてください)

※論文添削等、個別指導・個別相談はございません。
※申込後、数日経っても返信メールが届かない場合はお問い合わせください。(キャンセル待ちの方にも返信しています。)
※先着順で定員(36名)に達し次第、受付を終了いたします。

■協力:SAGE Publishing

●お申込み・問合せ先:
本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp
(*は@に置き換えて送信してください。)

==============================================================
★【英語論文セミナー2016第2弾】出版社が語るアクセプトされる論文とは?
〜Elsevier〜 (11/15)予約受付開始!★
==============================================================
※大人気の論文セミナー、今年はSAGE Publishingとエルゼビア・ジャパン株式会社
のご協力のもと開催することが決定しました。
英語による人社系向け論文執筆セミナーと、日本語による英語論文セミナーです。
今年は「初心者向け」の内容となっています。
どうぞお早めにお申込みください。

● どのような論文がアクセプトされるのか?
● 出版社は論文のどこを見ているか?
● どうやって投稿誌を選ぶか?

こんな疑問に答えてくれるセミナーを日本語で聞きたいという方のための、
初心者向けセミナーです。これから国際誌に投稿してみようという学部生や
大学院生向けの基礎的な内容なので分野を問わずお聞きいただけますが、
セミナーで使われる例は理系のものです。

■日 時:2016年11月15日(火)15:00-16:30(受付14:45〜)

■会 場:【本郷】共同利用棟会議室1(総合図書館プレハブ3階) 定員36名 予約優先
     地図⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/access_route.html

■参加費: 無料

■講 師:
高橋昭治氏(エルゼビア・ジャパン株式会社)
※講義は日本語で行われます。

■申込方法:東京大学所属者限定

学術情報リテラシー担当(literacy*lib.u-tokyo.ac.jp)宛に(*は@に置き換えて送信)
以下のメールをお送りください。
メールのタイトル:
「エルゼビア」参加希望
メールの本文:
(1) 氏名 (2) 身分 (3) 所属 (4) 専攻分野
(5) 講師への質問(質問のある方はできるだけ具体例を挙げて書いてください)

※論文添削等、個別指導・個別相談はございません。
※申込後、数日経っても返信メールが届かない場合はお問い合わせください。(キャンセル待ちの方にも返信しています。)
※先着順で定員(36名)に達し次第、受付を終了いたします。

■協力:エルゼビア・ジャパン株式会社

●お申込み・問合せ先:
本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp
(*は@に置き換えて送信してください。)

2016/9/23 No.274

==============================================================
★10月の講習会「はじめよう!Mendeley」「論文投稿シミュレーション:
JCRとRefWorksを使って」他★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備ここからスタート!(文献検索から文献リスト作成まで)】(予約不要)
・10/7(金)10:30〜12:00

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを
自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【はじめよう!Mendeley】(予約不要・同内容2回)
・10/6(木)12:20〜12:50
・10/18(火)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、文献管理ツール「Mendeley」を実習します。
参考文献リストの自動作成で、論文執筆時間を節約しましょう。
Mendeleyはどなたでも使える無料ツールです。

■【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】(予約不要)
・10/25(火)15:00〜16:00

論文の投稿先、どうやって決めますか?
この講習では投稿先選定の参考となるインパクトファクターについて調べます。
投稿誌を決めたら規定にそった参考文献リストをRefWorksで作成しましょう。
(講習内容の一部が他のRefWorks講習会と重複します。)


■【論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks】
(※完全予約制 夜間ガイダンス)
・10/14(金)18:45〜19:45

昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容ですが、
CiNii Articles・TREEの講習を含みません。英語論文検索ツール
「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、文献リストを
自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。いずれも、
東大所属者だから無料で使えるツールです。

 ※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
(1人では申し込めないという意味ではありません。)
 ※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
申込方法・注意事項はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night


●会場:総合図書館3階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

-------------------------------------------
★10月は、工学系向け講習会を開催します。駒場IIキャンパスでも開催します。

■工学系・情報理工学系向け【文献検索早わかり】【文献管理ツール RefWorksコース】
in 工2号館図書室[工学・情報理工学図書館共催]

<日本語コース>
【文献検索早わかり】(同内容で2回)
・10/20(木)、10/21(金):各日 12:20-12:50
【文献管理ツール RefWorksコース】(同内容で2回)
・10/20(木)、10/21(金):各日 12:50-13:20

<Course in English>
First steps to search for books and papers @UTokyo for
Engineering and Information Science & Technology
・(2 days)Oct. 18(Tue.)、Oct. 19(Wed.): 12:20-12:55 for each course

会場:工2号館図書室 閲覧室 (工2号館 5階) 予約不要・無料
※詳細はこちら⇒http://library.t.u-tokyo.ac.jp/news/20160916_guidance.html

駒場IIキャンパスでの講習会
■【秘書さんのためのはじめての論文の探し方 in駒場II】[生産研図書室・先端研図書室共催]
・10/13(木)14:00〜15:15
■【論文準備ここからスタート!in駒場II】[生産研図書室・先端研図書室共催]
・10/27(木)15:00〜16:30

会場:駒場IIキャンパス生産研As棟3階 中セミナー室5
※予約優先 申込・詳細はこちら⇒http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/~tosho/


==============================================================
★10,11月開催【就活の味方 eolミニ講座】★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
国内の企業情報データベース「eol」ミニ講座のご案内です。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

■【就活の味方「eol」ミニ講座】(予約不要)
10月:
・10/11(火)12:20〜12:40
・10/12(水)12:20〜12:40
・10/17(月)12:20〜12:40

11月
・11/ 2(水)12:20〜12:40
・11/10(木)12:20〜12:40
・11/18(金)12:20〜12:40

昼休み20分のミニ講座で、国内の企業情報データベース「eol」(イーオーエル)
を、就活の強い味方にしてください。企業名やキーワード、条件指定で企業を
探す実習をします。「eol」を使えば、財務状況や事業のリスクなども含めた
企業情報がわかるほか、同業他社をまとめて比較したり、ランキングも見られます。
東大所属者だから無料で使えるツールです。

●会場:総合図書館3階講習会コーナー 先着17名
 (Windows PCあり)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


=================================================================
★10/14 中国語で講習する「はじめての本や論文の探し方@東京大学」★
=================================================================
情報基盤課学術情報チームでは、中国人講師による、留学生のための講習会
“はじめての本や論文の探し方@東京大学”を開催します。

内容は、レポート・論文作成に役立つ、データベースを使った本や
雑誌論文の検索実習です。入門的な内容ですので、新入学の留学生に限らず、
初心者の方の参加も歓迎します。
ぜひ、お知り合いの留学生の方にお声をかけてください。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時: 10/14(金)13:10〜14:10 / 15:00〜16:00(同内容で2回)

●講習内容:
・TREE(UTokyo REsource Explorer)の紹介
・図書館の本を検索して予約・取寄せサービスを利用する方法(MyOPAC)
・中国語論文の検索ツール紹介
・日本語論文の探し方(CiNii Articles)
・英語論文の探し方(Web of Science Core Collection)
・自宅からデータベースや電子ジャーナルを使う方法

●予約不要 先着17名

●参加費:無料

●会場:総合図書館3階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

■詳細はこちら
⇒(英語)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html
中国語講習会ちらし(PDF)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/201610_c.pdf

*October 14th (Fri.) 13:10〜14:10 / 15:00〜16:00 
 Database training course in Chinese will be held at General Library on Hongo Campus.
 If you are interested, please refer to the websites below.
 (English ) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html
 (Chinese)  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/201610_c.pdf

2016/8/31 No.273

==============================================================
★9月のミニ講座「はじめよう!Mendeley」「本文入手大作戦」ほか★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【はじめよう!Mendeley】(予約不要)
・9/16(金)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、文献管理ツール「Mendeley」を実習します。
参考文献リストの自動作成で、論文執筆時間を節約しましょう。
Mendeleyはどなたでも使える無料ツールです。

■【本文入手大作戦】(予約不要)
・9/28(水)12:20〜12:50

ウェブ上で本文が見つからなくてもあきらめない。論文の本文を
探す時に役立つ機能を知って、賢く本文を入手しましょう。
昼休み30分のミニ講座です。

■【比べる!検索ツール】(予約不要)
・9/30(金)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、どんな時にどんな検索ツールを使えばよいか、
Google Scholar/TREE/Web of Scienceの比較を行います。
各ツールの特長を徹底分析。あなたのキーワードで比較してみましょう。

●会場:総合図書館講習会コーナー 先着17名
 (Windows PCあり)
 ※総合図書館の改修工事のため、講習会コーナーは3階に移動しました。
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

==============================================================
★日本語/英語による「総合図書館 Library Tour」実施のお知らせ ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
下記の日程で、「総合図書館 Library Tour」(日/英)を
総合図書館との共催で実施します。

9月入学者、留学生のみなさんに是非お知らせください。
入門的な内容ですので、新入学の学生に限らず、初心者の方の参加も歓迎します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

【Course 1】
“総合図書館(General Library) Library Tour”
●日程:(1コマだけでも参加OK・各コマの内容は下記参照)

■ 9/27(火)
  10:30-11:00 本や論文の探し方
  11:00-11:30 利用案内
  11:30-12:00 書庫案内

■ September 30 (Fri.)
  15:00-15:30 Searching for books and papers
  15:30-16:00 Library Tour
  16:00-16:30 Guide to the Stacks

■ 10/3(月)
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内

■ October 4 (Tue.)
  10:30-11:00 Searching for books and papers
  11:00-11:30 Library Tour
    11:30-12:00 Guide to the Stacks

●内容:(1コマだけでも参加OK)
・「本や論文の探し方」:学術情報検索ツール「“TREE”(UTokyo REsource Explorer)」
    の使い方(本や論文をまとめて検索)
・「利用案内」:総合図書館の利用案内(館内ツアー)
・「書庫案内」:総合図書館書庫の案内・利用法

It is not necessary to attend all 3 courses.
Participants can join each course of 30 minutes.

-“Searching for books and papers”:
an introductory course to search books and papers using a search tool "TREE".
(This session offers a hands-on approach by using computers.)

-“The Library Tour” will show you not only its rich collections
but also materials and facilities provided for you, such as computers
and study rooms for group users.

-“Guide to the Stacks”: Library staff take around the stack
of the General Library giving explanations about usage of the stack.


【Course 2】
“Enhanced course / Searching for books and papers @UTokyo”
※”Library tour” and “Guide to the stacks” are not included.

■ September 28 (Wed.)  10:30-11:30
■ October 6 (Thu.)  15:00-16:00

This is an advanced course of “Searching for books and papers” provided
at the library tour. Learn about how to search books and papers at
the University of Tokyo and how to use search tools, “Web of Science
Core Collection” and “CiNii Articles”.

●集合場所(全てのコース):
 本郷キャンパス総合図書館 講習会コーナー前
(予約不要。直接お越しください。)
 ※総合図書館の改修工事のため、講習会コーナーは3階に移動しました。
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

No advance reservation is required for every course. Free of charge.
 Please come to the front of the Training Course Corner (the 3rd floor)
of the General Library (Hongo Campus) before the scheduled time.
 *These courses are for the University of Tokyo members only.
Both students and employees are welcome.
 *Students and employees with disabilities, please contact and inform us
the assistance you need in advance.

●詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

==============================================================
★どんな人が講習会を受けている?(昨年度のガイダンスアンケート分析)★
==============================================================
「東京大学にご所属であれば学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。」
として開催している各種講習会。実際、どんな人が受講しているのだろうと
思われているかもしれません。

当部署が開催している「はじめての論文の探し方」や「論文準備ここからスタート」
など、本郷・総合図書館会場でのテーマ別ガイダンスの全コースについて、
昨年度(平成27年度)の受講アンケートを
「どんな人が講習会を受けているか」という観点から集計してみました。
(対象アンケート回答総計=389名)

興味のある方は、以下のページで詳細をご覧ください。
「平成27年度 テーマ別ガイダンス/夜間ガイダンス の学部別参加者数ほか」
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/H27_themabetu.html

◆どんな学部・研究科の人が多く参加しているか

1位:文学部・人文社会系研究科 =71名
2位:工学部・工学系研究科 =49名
3位:医学部・医学系研究科・附属病院 =42名
4位:教育学部・教育学研究科 =34名
5位:農学部・農学生命科学研究科 =26名

以下、法(25)、情報学環・学際情報学府(23)、経済(22)、
教養学部・総合文化研究科(22)と続きます。
1位〜5位まではH25年度、H26年度と同じ顔ぶれでした。
H27年度に参加者が増加したのは、情報学環・学際情報学府です。
新図書館計画の工事のため、情報学環と総合図書館(本郷)は共通の入口を
使用しているのですが、その影響でポスターを見てくださる方が
増えたのでしょうか。
なるべく皆さんの近くの会場で開催できるよう、出張講習も実施しています。

出張・オーダーメイド講習についてはこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html

◆どんな身分の人が多く参加しているか

1位:修士課程 =155名
2位:学部学生 =94名
3位:博士課程 =59名
4位:研究生 =21名
5位:職員 =16名

修士課程が昨年より7名増加しましたが、学部学生は30名も大幅減でした。
H27年度は学事暦の変更があり、ターム制の導入と105分授業が始まりました。
昼休み講習を増やすなど工夫をしてみましたが、平日の昼間は授業で埋まって
しまうのか、学部学生の講習会参加は難しかったのかもしれません。
今後も、昼休み講習の内容や回数を充実させていく予定です。
すきま時間を利用して、ぜひご参加ください。

◆何を見て参加しているか

1位:ポスター =230名
2位:配布ちらし =64名
3位:ホームページ =54名
4位:Litetopiメールマガジン =23名
5位:メール =21名

ポスターの広報効果が高いです。総合図書館(本郷)では入口付近の
ホワイトボードにもポスターを掲載しています。
講習会のポスターは、東京大学の各図書館・室、部局の教務掲示板等にも
貼ってあります。注目してみてください。
また、Twitter(@gacos_utokyo)で最新情報を配信しています。
ぜひフォローしてください。

なお、今後の講習会情報は、カレンダー形式でご覧になれます。
「GACoS 情報探索ガイダンス(講習会)」
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

GACoSの「講習会教材」ページには分野ごとの講習会テキストも掲載しています。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/text.html

出張講習・オーダーメイド講習も実施しています。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html

レポート・論文支援ブック:ここから始めよう【Web版】もご覧ください。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/supportbook.html

【参考】
外部講師による講習会の分析は別途、以下のページにまとめています。
「平成27年度 外部講師による講習会の学部別参加者数ほか」
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/H27_bunyabetu.html

2016/7/13 No.272

==============================================================
★8月の講習会「論文準備ここからスタート!」と夜間ガイダンス★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備ここからスタート!】(予約不要)
・8/2 (火)15:00〜16:30

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを自動作成できる
文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【論文準備のための文献管理:Web of Science & RefWorks】
・8/5 (金)18:45〜19:45 (※完全予約制 夜間ガイダンス)

論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト
作成までが、一度にわかるお得なコースです。英語論文検索ツール
「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、文献リストを
自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。
(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
ただしCiNii Articlesの講習を含みません。)

※夜間ガイダンスは、3名以上の当日ご参加確定時に開催となります
(1人では申し込めないという意味ではありません)。
※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
申込方法・注意事項はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night


●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★「秘書さんのためのはじめての論文の探し方」講習会 (再掲)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が開催する
「秘書さんのためのはじめての論文の探し方」講習会のお知らせです。

「書誌情報」とは何か?という所から、論文の探し方まで
丁寧に解説します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
基本から確認できるので、学生さんにもおすすめです。

●日時:(※同内容で2回開催)
・7/29(金)11:00〜12:00
・8/30(火)15:00〜16:00

●内容: 
研究補助を担当している教職員(短時間勤務有期雇用職員含む)
を主対象として、文献リストの読み取り方、電子ジャーナルで論文
を入手する方法、代表的な文献データベース(日本語 CiNii Articles
・英語 Web of Scienceコアコレクション)の使い方を、実際に
パソコンを操作しながら実習します。
インターネット初心者の方も歓迎です。
先生に頼まれた論文の検索で困っていませんか?
この機会に、論文の探し方の基本をマスターしましょう!

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場:
【本郷】総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: ※学生の方も遠慮なくお申込みください。
本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
メールのタイトル:秘書向け講習会参加希望(参加希望日を明記)
本文:(1) 秘書向け(参加希望日を明記)(2)氏名 (3)身分 (4)所属
 (5)講師への質問 (6) 利用経験

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

==============================================================
★7/29 文献管理ツール(EndNote, Mendeley),7/20 "From Search and Beyond":
医学図書館開催の講習会★
==============================================================
医学図書館で開催する講習会のご紹介です。
7/29(金)は、EndNoteとMendeleyの講習会を開催いたします。
各ツールの提供元から講師を招聘し、基本的な使い方や特長などを紹介します。
6月の講習会に参加できなかった方は、この機会にぜひご参加ください!

●日時: 2016年7月29日(金)

【スケジュール】
・14:00〜15:00 EndNote活用セミナー

デスクトップ版EndNoteを既に利用している方向けに、より便利な
活用方法を紹介します。会場備え付けの端末で実習できます。

・17:30〜19:00 Mendeley講習会

ツールの概要や機関版Mendeleyの特徴を実習形式で学べます。
Mendeley講習会としては学内初の、夕方の時間帯での開催です。

●会場: 本郷キャンパス 医学図書館(1階マルチメディアコーナー)
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html

●定員: 各回14名
    
●参加費: 無料

●申込先:東京大学医学図書館
 medkoshu*m.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)宛にメールでお申込み、
 もしくは医学図書館カウンターにてお申込みください。

 メールのタイトル:7月講習会参加希望
 メールの本文:(1)氏名 (2)身分・学年 (3)所属部局・研究室
 (4)連絡先(メールアドレスと電話番号)(5)参加希望コース(両方希望も可)
 (6)講師への質問(あれば) (7)利用経験

●詳細はこちら⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20160627

------------------------------------------------------------
7/20(水)は、医学文献レビューのための文献管理ツール活用法に
関する特別セミナーを開催いたします。
システマティック・レビューに携わる方は必見のセミナーです。
こちらは再掲ですが、引き続き参加者募集中です。

英エクセター大学医学部でインフォメーション・スペシャリストとして
活躍するChris Cooper氏を講師に迎え、EndNoteを活用した文献収集・
管理とレビューについてお話しいただきます。
東京大学及び文京医学図書館コンソーシアム参加館にご所属の方なら、
どなたでもご参加いただけます。

●日時: 2016年7月20日(水) 14:30〜17:20 ※14:00受付開始

●会場: 本郷キャンパス 医学図書館3F 333 会議室 定員110名
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
    
●参加費: 無料

●プログラム(予定):
 ・14:30 EndNoteの概要・セミナーの趣旨(日本語)
 ・15:00 セミナー"From Search and Beyond"(英語)
      ※トムソン・ロイター社スタッフによる日本語抄訳付き
 ・17:00 質疑応答
 ・17:20 閉会

●講師: Chris Cooper氏(英エクセター大学医学部)

●詳細はこちら⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20160622

※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は申込時にご連絡ください。
※受講希望者が定員に達しましたら受付を締切ります。

●主催 東京大学医学図書館

●協力 東京大学本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]、
トムソン・ロイター社 ユサコ株式会社

2016/6/29 No.271

==============================================================
★7月の講習会「論文準備ここからスタート!」「比べる!検索ツール」(再掲)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備ここからスタート!】(予約不要)
・7/5 (火)10:30〜12:00

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを自動作成できる
文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【比べる!検索ツール】(予約不要・同内容で3回)
・7/1 (金)12:20〜12:50
・7/6 (水)12:20〜12:50
・7/12(火)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、どんな時にどんな検索ツールを使えばよいか、
Google Scholar/TREE/Web of Scienceの比較を行います。
各ツールの特長を徹底分析。あなたのキーワードで比較してみましょう。

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★7月、8月の夜間ガイダンス(完全予約制・申込受付中)(再掲)★
==============================================================
昼間は忙しくて講習会に参加できない方向けの夜間ガイダンス(完全予約制)です。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備のための文献管理:Web of Science&RefWorks】
・7/15(金)18:45〜19:45
・8/5 (金)18:45〜19:45

論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成
までが、一度にわかるお得なコースです。  
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。

(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
ただしCiNii Articlesの講習を含みません。)

※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
(1人では申し込めないという意味ではありません。)
※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
申込方法・注意事項はこちら⇒
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★7/27 第7回 東大院生によるミニレクチャプログラム」【申込受付中】★
==============================================================
東大FFPで「アクティブラーニング」という教育手法を学んだ大学院生
によるレクチャを行います!
新図書館の新館地下1階に設置が予定されている
「ライブラリープラザ」(仮称)という能動的な学習や研究交流のための広場
における、新しい教育の形を先取りして実施するイベントです。

■日時:2016年7月27日(水)17:00〜19:00(16:30受付開始)

■プログラム:(司会)松原悠

17:00 オープニング 「図書館から始まる!新しい学びと出会い」
  栗田佳代子 准教授(東京大学大学総合教育研究センター)

17:10頃
 ミニレクチャ1 「太陽はなぜ燃える?いつまで燃える?-保存則に支配された原子核の世界」
  講師 若林智章さん (新領域創成科学研究科先端エネルギー工学専攻)
 ミニレクチャ2 「中世の学生生活を体験しよう-図版資料から読み解く「大学」 」:
  講師 波多野瞭さん (総合文化研究科地域文化研究専攻)
 各レクチャ終了後、授業開発上の工夫点を講師が解説します。

■会場:東京大学 本郷キャンパス 総合図書館1階 ミニレクチャールーム

総合図書館への来館方法
 http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/post_acs/3981#entrance
総合図書館館内案内
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/minilecturemap.html

■定員:20名 (事前申込推奨)

■申込方法・詳細
http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/post_acs/3981

--------【ミニレクチャプログラムの裏側「勉強会」】--------

こちらも参加者募集中!
質の高い模擬授業を行うため、講師の方と勉強会を行います。
勉強会でも、本番では見ることのできないブラッシュアップの
過程を見ることができます。
みなさんも勉強会に参加して、一緒にミニレクチャを作りましょう。

■第1回: 2016年7月7日(木)14:00〜16:00
■第2回: 2016年7月14日(木)14:00〜16:00
※いずれも途中入退場可

■会場: 東京大学本郷キャンパス 総合図書館 ミニレクチャールーム

■お問合先: 東京大学附属図書館 新図書館計画推進室
E-mail: ac-info@lib.u-tokyo.ac.jp


==============================================================
★ いよいよ9/30まで!ミニレクチャールームを使ってみませんか ★
==============================================================
ミニレクチャールームは、総合図書館における新たな学びを先取りし、
これからの図書館のあり方を試す部屋です。
工事中の新館地下1階に新設される、研究と学びをつなぐ学術交流コモンズ
「ライブラリープラザ(仮称)」や、改修により生まれ変わる本館での活動を
いちはやく体験できます。
期間限定としてオープンしていましたが、9/30(金)をもって
運用を終了いたします。
ご利用予定の方はお早めにご予約ください。

なお、総合図書館の改修工事の関係で騒音・振動等が発生する場合があります。
あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

7/1(金)に一部設備の入替えを行います。
土足禁止のスペースを活かし、クッション・ラグ等でくつろぎながら
ディスカッションできる空間を設けます。

予約方法・使用できる設備の詳細等は、以下をご参照ください。
http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/3181

■全般的な利用に関する問合せ:
ミニレクチャールーム運用担当
E-mail: mlr-apply*new.lib.u-tokyo.ac.jp (*を@に直してください)

2016/6/28 No.270

=============================================================
★研究戦略「研究分析ツール ESI/InCites 講習会 (7/27)、
SciVal/Pure 講習会 (7/29)」【申込受付開始】 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が
提供元から講師を招いて開催する研究分析ツール講習会のお知らせです。

博士課程・ポスドク・若手研究者から、研究企画担当の教員・職員の方まで、
ぜひこの機会に奮ってご参加ください。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
扱う分析ツールを変え、2回開催しますので、両方またはどちらか片方でも
お申込みいただけます。

●日時:(※扱う分析ツールを変え、2回開催)
・7/27 (水)15:00〜16:30 ESI/InCites 講習会(予約優先)
・7/29 (金)15:00〜16:30 SciVal/Pure 講習会(予約優先)

●内容: 
研究分析ツールとは、世界の研究機関の研究パフォーマンスに関する
客観的データを取得できるツールです。研究チームや研究領域を自分で設定でき、
ニーズにあわせた分析が可能です。
参加されますと、以下のことがわかるようになります。
  ◎ これまでの研究成果を可視化するには?
  ◎ これから研究をどう展開させるか?
  ◎ 科研費申請書を書く際に役立つ分析は?

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: 
本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp (*は@に置き換えて送信)
メールのタイトル:「ESI講習会参加希望」または「SciVal講習会参加希望」
本文:(1)「ESI講習会参加希望」または「SciVal講習会参加希望」(2)氏名 (3)身分
(4)所属 (5)講師への質問 (6) ESIまたはSciVal利用経験

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html

主催:東京大学本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
協力:トムソン・ロイター、エルゼビア・ジャパン株式会社


==============================================================
★7/20 レビューのための文献管理セミナー "From Search and Beyond"
【申込受付中!】★
==============================================================
医学図書館にて、医学文献レビューのための文献管理ツール活用法に
関する特別セミナーを開催いたします。
システマティック・レビューに携わる方は必見のセミナーです。
どうぞお早めにお申込みください。

英エクセター大学医学部でインフォメーション・スペシャリストとして
活躍するChris Cooper氏を講師に迎え、EndNoteを活用した文献収集・
管理とレビューについてお話しいただきます。
東京大学及び文京医学図書館コンソーシアム参加館にご所属の方なら、
どなたでもご参加いただけます。

●日時: 2016年7月20日(水) 14:30〜17:20 ※14:00受付開始

●会場: 本郷キャンパス 医学図書館3F 333 会議室 定員110名
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
    
●参加費: 無料

●プログラム(予定):
 ・14:30 EndNoteの概要・セミナーの趣旨(日本語)
 ・15:00 セミナー"From Search and Beyond"(英語)
      ※トムソン・ロイター社スタッフによる日本語抄訳付き
 ・17:00 質疑応答
 ・17:20 閉会

●講師: Chris Cooper氏(英エクセター大学医学部)

●申込先:東京大学医学図書館
 medkoshu*m.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)宛にメールでお申込み、
 もしくは医学図書館カウンターにてお申込みください。

 メールのタイトル: 文献管理セミナー参加希望
 メールの本文: (1)氏名 (2)身分・学年(東大以外の方は大学名も)
 (3)所属部局・研究室(学外の方は不要) (4)連絡先(メールアドレスと電話番号)

※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は申込時にご連絡ください。

※受講希望者が定員に達しましたら受付を締切ります。

●詳細はこちら⇒http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20160622

●主催 東京大学医学図書館

●協力 東京大学本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]、
トムソン・ロイター社 ユサコ株式会社


==============================================================
★ 最新のインパクトファクター(Journal Citation Reports 2015年版)
リリース ★
==============================================================
トムソン・ロイター社から、Journal Citation Reports(JCR)2015年版
がリリースされました。
最新のインパクトファクターを調べることができます。

◆Journal Citation Reports(JCR)とは?
学術雑誌の重要度や影響度を計る評価指標を提供するデータベース。
引用データに基づき算出された年間統計を提供する雑誌評価ツールです。

JCRでは、学術雑誌の評価指標の1つである「インパクトファクター」など
各種の指標を調べることができ、論文の投稿先を決める際など、
同じ分野の複数の雑誌を比較する判断材料にすることができます。

◆インパクトファクターとは
ある雑誌に掲載された論文が特定の1年間に平均的にどれくらい頻繁に
引用されているかを示す尺度。雑誌の影響度を表す1つの指標。
毎年更新され、JCRで過去の推移を見ることもできます。

■アクセスはこちら
【学内から】https://jcr.incites.thomsonreuters.com/

【学外から】「SSL-VPN Gatewayサービス」または「認証GWサービス」
     http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

■参考:レポート・論文支援ブック:ここから始めよう【Web版】
「投稿先を決める」の項
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/supportbook/14.html


2016/6/15 No.269

==============================================================
★7月の講習会「論文準備ここからスタート!」「比べる!検索ツール」★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備ここからスタート!】(予約不要)
・7/5 (火)10:30〜12:00

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを自動作成できる
文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【比べる!検索ツール】(予約不要・同内容で3回)
・7/1 (金)12:20〜12:50
・7/6 (水)12:20〜12:50
・7/12(火)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、どんな時にどんな検索ツールを使えばよいか、
Google Scholar/TREE/Web of Scienceの比較を行います。
各ツールの特長を徹底分析。あなたのキーワードで比較してみましょう。

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★7月、8月の夜間ガイダンス(完全予約制・申込受付中)★
==============================================================
昼間は忙しくて講習会に参加できない方向けの夜間ガイダンス(完全予約制)です。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備のための文献管理:Web of Science&RefWorks】
・7/15(金)18:45〜19:45
・8/5 (金)18:45〜19:45

論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成
までが、一度にわかるお得なコースです。  
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。

(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
ただしCiNii Articlesの講習を含みません。)

※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
(1人では申し込めないという意味ではありません。)
※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
申込方法・注意事項はこちら⇒
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
 ★「秘書さんのためのはじめての論文の探し方」講習会(学生も参加可能)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が開催する
「秘書さんのためのはじめての論文の探し方」講習会のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
※「秘書さん」以外の方ももちろん歓迎です。

●日時:(※同内容で2回開催)
・7/29(金)11:00〜12:00
・8/30(火)15:00〜16:00

●内容: 
研究補助を担当している教職員(短時間勤務有期雇用職員含む)
を主対象として、文献リストの読み取り方、電子ジャーナルで論文
を入手する方法、代表的な文献データベース(日本語 CiNii Articles
・英語 Web of Scienceコアコレクション)の使い方を、実際に
パソコンを操作しながら実習します。
インターネット初心者の方も歓迎です。
先生に頼まれた論文の検索で困っていませんか?
この機会に、論文の探し方の基本をマスターしましょう!

●参加費:無料

●予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●会場:
【本郷】総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先: ※学生の方も遠慮なくお申込みください。
本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
メールのタイトル:秘書向け講習会参加希望(参加希望日を明記)
本文:(1) 秘書向け(参加希望日を明記)(2)氏名 (3)身分 (4)所属
 (5)講師への質問 (6) 利用経験

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

--------【柏キャンパスでも同内容で開催します】--------

■【秘書さんのためのはじめての論文の探し方 in 柏】
・6/23(木)15:00〜16:00(予約優先)

詳細はこちら
⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/news/news_list.html#n20160607


==============================================================
★「アジア研究文献探索セミナー」6/30 中東・イスラーム研究文献編、
7/7 韓国朝鮮語文献編 開催決定(再掲)★
==============================================================
U-PARL[東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門]が
実施する“文献探索セミナー”のお知らせです。
第二回目は、中東・イスラーム研究文献編です。
第三回目は、韓国朝鮮語文献編です。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

■【アジア研究文献探索セミナー(中東・イスラーム研究文献編)】(予約不要)
・6/30(木)17:00〜18:00

■【アジア研究文献探索セミナー(韓国朝鮮語文献編)】(予約不要)
・7/7(木)17:00〜18:00

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 
●参加費:無料

■詳細はU-PARLホームページから
⇒http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/event-ja


==============================================================
★OECD Student Ambassador Programme 2016 参加者募集中★
==============================================================
OECD Student Ambassador Programmeは、選抜された学生でチームを組み、
国際機関OECDの活動に対する理解促進に向けたPR活動を行うプログラムです。

●いろいろな大学から集うメンバーと力を合わせ、学内外でOECDの活動をPR
●国際機関の活動に触れながら企画運営能力を磨くチャンス
●OECD職員や関係者との交流など、成長の機会が多数

■応募締切:2016年6月26日(日)必着

■詳細はこちら
⇒http://www.oecd.org/tokyo/studentambassadorjapan/student-ambassador-2016-jp.htm

2016/6/1 No.268

==============================================================
  ★「文献管理ツール クローズアップ」【残席あり!】
 (6/10・16・21)RefWorks、(6/15)EndNote、(6/7)Mendeley(再掲)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
「文献管理ツール クローズアップ」の申込受付を開始しました。
※年に一度の大人気企画です。どうぞお申込みください。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時・コース(東大所属者対象・無料)

■【RefWorks】東大所属者は無料(予約不要)
☆文献管理ツールが初めての方はこのコースへ☆
<講習会>備付PCで実習形式・同内容で3回
・6/10(金)12:20〜12:50
・6/16(木)12:20〜12:50
・6/21(火)12:20〜12:50

■【EndNote】(自分で買うソフト)有料ツール(予約優先)
 講師: (販売代理店)ユサコ株式会社
<講習会>実習なし、PC持込も可
・6/15(水)15:00〜16:30
(※持込PCはEndNoteをインストール済み、かつutroam無線LAN
 設定済みのPC限定)
※「EndNote basic」と「Endnote」は別商品で機能は異なります。

■【Mendeley】無料ツール・東京大学機関版(予約優先)
 講師: (提供元) エルゼビア・ジャパン株式会社
<講習会>備付PCで実習形式・同内容で2回
・6/7(火)10:30〜12:00
・6/7(火)15:00〜16:30

●会場:(本郷)総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料 

●申込方法:
EndNoteコース、Mendeleyコースは予約優先です。(RefWorksのみ予約不要)
学術情報リテラシー担当( literacy*lib.u-tokyo.ac.jp )へ
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)

メールのタイトル:文献管理ツール参加希望
メールの本文 :
(1) 参加希望コース名(複数可/Mendeleyコースは希望時間も)
(2) 氏名 (3) 身分 (4) 所属 (5) 講師への質問
(6) 利用経験のある文献管理ツールの名称 (利用経験の無い場合は「なし」)
(7) [EndNote参加者のみ] PC持込の有無 (※持込PCはEndNoteをインストール済み、
かつutroam無線LAN設定済みのPC限定)

◎そもそも、文献管理ツールとは?
レポート・論文執筆に必要な文献情報を蓄積・管理し、
参考文献リストを自動作成できるツールです。

◎参加コースに迷ったら・・・
文献管理ツールについてよく聞かれる点をまとめた、
各ツールの比較表をご覧ください。(※学内者向け:学内アクセス限定)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/enw_refw.pdf

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

==============================================================
★「SciFinder」「OECD iLibrary」「LexisNexis Academic」等
6月の講習会【残席あり!】(再掲)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
すべてのコースが【予約優先】です。お早めにお申込みください。

●スケジュール(2016年):

--------【本郷・総合図書館会場のコース】--------
■【SciFinderで化学分野の情報検索をするには?】
・6/10(金)15:00〜16:30

「SciFinder」の利用方法を実習します。化学物質情報、科学技術文献情報、
有機化学反応情報、特許文献などを検索できます。
提供元から講師を招聘して行います。年1回の開催です!

■【OECDの出版物や統計を探すには? OECD iLibrary講習会】
・6/16(木)15:00〜16:15

OECDの出版物、統計情報等を全て収録したデータベース「OECD iLibrary」
の利用方法を実習します。
OECD東京センターから講師を招聘して行います。年1回の開催です!

■【LexisNexis Academicで海外のニュースやビジネス情報を検索するには?】
・6/17(金)15:00〜16:15

海外のニュースやビジネス情報を検索・閲覧できる「LexisNexis Academic」
の利用方法を実習します 。
提供元から講師を招聘して行います。年1回の開催です!

■【人社系向け 新聞を研究にいかす】
・6/21(火)15:00〜16:00

The Times Digital Archiveを中心に人社系の研究に役立つツールを
実習形式で紹介。英国紅茶の起源を紐解きながら、様々な史料を探します。
新聞は時代を映す鏡、横断検索機能を使って自分の研究テーマを
掘り下げましょう。提供元から講師を招聘して行います。
※駒場図書館でも6/14(火)に同内容で開催します。
駒場図書館会場のお申込みはこちら⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0473

■【論文準備ここからスタート!】(同内容で2回)
・6/9 (木)10:30〜12:00
・6/22(水)15:00〜16:30

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」・文献検索結果等を取り込んで整理し、
参考文献リストを自動作成する文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 各回定員17名、無料
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先:
学術情報リテラシー担当 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)に、
以下のメールをお送りください。

メールのタイトル:6月ガイダンス参加希望(参加日・コース名)
本文:(1)参加日・コース名 (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問 (6)利用経験/
(7)[*OECD iLibrary講習会参加者のみ] OECD iLibrary使用方法以外に知りたいことが
あればお書きください

--------【本郷・経済学図書館会場のコース】--------
■【経済学・経営学系のための論文・企業情報の探し方】(予約優先)
・6/14(火)15:00〜16:00

有価証券報告書・半期報告書など各種財務資料を全文検索・閲覧できる
データベース「eol」の使い方を実習します。企業研究にも活用できます。
また、経済学・経営学・国際ビジネス研究分野の抄録・全文情報を
提供しているデータベース「Business Source Complete」の利用方法を実習します。

●会場:経済学研究科棟4階トレーディング・ラボ 定員30名、無料
●申込先:経済学図書館へお申込みください。⇒http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/?p=7860

--------【駒場図書館会場のコース】--------
■【アジア関連の日本歴史公文書をネットで見よう】(予約優先)
・ 6/9(木)15:00〜16:00

国立公文書館アジア歴史資料センターから講師を招聘し、国立公文書館等が
保管するアジア歴史資料(近現代の日本とアジア近隣諸国等との関係に関わる
歴史資料として重要な日本の公文書など)の検索方法等について講習します。
アジア歴史資料をこれから初めて探すという方から、研究対象として日頃活用
している方まで、ぜひこの機会にご参加ください。

●会場:駒場図書館(※駒場図書館カウンター前に集合)
    定員24名、無料
●申込先:駒場図書館へお申込みください。⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0473
------------------------------------------------------

■スケジュール・詳細はこちらからもご覧いただけます。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター http://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★「アジア研究文献探索セミナー」6/30 中東・イスラーム研究文献編、
7/7 韓国朝鮮語文献編 開催決定★
==============================================================
U-PARL[東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門]が
実施する“文献探索セミナー”のお知らせです。
第二回目は、中東・イスラーム研究文献編です。
第三回目は、韓国朝鮮語文献編です。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

■【アジア研究文献探索セミナー(中東・イスラーム研究文献編)】(予約不要)
・6/30(木)17:00〜18:00

■【アジア研究文献探索セミナー(韓国朝鮮語文献編)】(予約不要)
・7/7(木)17:00〜18:00

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 
●参加費:無料

■詳細はU-PARLホームページから
⇒http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/event-ja


==============================================================
★新しいデータベースが使えるようになりました!★
==============================================================
●新規データベース提供開始 
インドを代表する英語紙「The Times of India」
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20160426.html

●JST提供のデータベースがGACoSで使えます。
データベースの先頭文字、もしくは主題「医学・生命科学・生物学・薬学」から
ご利用ください。

・Integbioデータベースカタログ(http://integbio.jp/dbcatalog)
・生命科学系データベースアーカイブ(http://dbarchive.biosciencedbc.jp/)
・生命科学データベース横断検索(http://biosciencedbc.jp/dbsearch/)
・バイオサイエンスデータベースセンター(http://biosciencedbc.jp/

2016/5/18 No.267

==============================================================
 ★「文献管理ツール クローズアップ」【申込受付中!】
 (6/10・16・21)RefWorks、(6/15)EndNote、(6/7)Mendeley★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
「文献管理ツール クローズアップ」の申込受付を開始しました。
※年に一度の大人気企画です。どうぞお申込みください。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時・コース(東大所属者対象・無料)

■【RefWorks】東大所属者は無料 (予約不要) 
☆文献管理ツールが初めての方はこのコースへ☆
<講習会>備付PCで実習形式・同内容で3回
・6/10(金)12:20〜12:50
・6/16(木)12:20〜12:50
・6/21(火)12:20〜12:50

■【EndNote】(自分で買うソフト)有料ツール(予約優先) 
 講師: (販売代理店)ユサコ株式会社
<講習会>実習なし、PC持込も可
・6/15(水)15:00〜16:30
(※持込PCはEndNoteをインストール済み、かつutroam無線LAN
 設定済みのPC限定)
※「EndNote basic」と「Endnote」は別商品で機能は異なります。

■【Mendeley】無料ツール・東京大学機関版(予約優先) 
 講師: (提供元) エルゼビア・ジャパン株式会社
<講習会>備付PCで実習形式・同内容で2回
・6/7(火)10:30〜12:00
・6/7(火)15:00〜16:30

●会場:(本郷)総合図書館1階講習会コーナー 各回先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料 

●申込方法:
EndNoteコース、Mendeleyコースは予約優先です。(RefWorksのみ予約不要) 
学術情報リテラシー担当( literacy*lib.u-tokyo.ac.jp )へ
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)

メールのタイトル:文献管理ツール参加希望
メールの本文 :
(1) 参加希望コース名(複数可/Mendeleyコースは希望時間も)
(2) 氏名 (3) 身分 (4) 所属 (5) 講師への質問
(6) 利用経験のある文献管理ツールの名称 (利用経験の無い場合は「なし」)
(7) [EndNote参加者のみ] PC持込の有無 (※持込PCはEndNoteをインストール済み、
かつutroam無線LAN設定済みのPC限定)

◎そもそも、文献管理ツールとは?
レポート・論文執筆に必要な文献情報を蓄積・管理し、
参考文献リストを自動作成できるツールです。

◎参加コースに迷ったら・・・
文献管理ツールについてよく聞かれる点をまとめた、
各ツールの比較表をご覧ください。(※学内者向け:学内アクセス限定)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/utonly/enw_refw.pdf

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★6月の講習会「SciFinderで化学分野の情報検索をするには?」
「論文準備ここからスタート!」他 【申込受付中!】★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
すべてのコースが【予約優先】です。お早めにお申込みください。

●スケジュール(2016年):

--------【本郷・総合図書館会場のコース】--------
■【SciFinderで化学分野の情報検索をするには?】
・6/10(金)15:00〜16:30

「SciFinder」の利用方法を実習します。化学物質情報、科学技術文献情報、
有機化学反応情報、特許文献などを検索できます。
提供元から講師を招聘して行います。年1回の開催です!

■【OECDの出版物や統計を探すには? OECD iLibrary講習会】
・6/16(木)15:00〜16:15

OECDの出版物、統計情報等を全て収録したデータベース「OECD iLibrary」
の利用方法を実習します。
OECD東京センターから講師を招聘して行います。年1回の開催です!

■【LexisNexis Academicで海外のニュースやビジネス情報を検索するには?】
・6/17(金)15:00〜16:15

海外のニュースやビジネス情報を検索・閲覧できる「LexisNexis Academic」
の利用方法を実習します 。
提供元から講師を招聘して行います。年1回の開催です!

■【人社系向け 新聞を研究にいかす】
・6/21(火)15:00〜16:00

The Times Digital Archiveを中心に人社系の研究に役立つツールを
実習形式で紹介。英国紅茶の起源を紐解きながら、様々な史料を探します。
新聞は時代を映す鏡、横断検索機能を使って自分の研究テーマを
掘り下げましょう。提供元から講師を招聘して行います。
※駒場図書館でも6/14(火)に同内容で開催します。
駒場図書館会場のお申込みはこちら⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0473

■【論文準備ここからスタート!】(同内容で2回)
・6/9 (木)10:30〜12:00
・6/22(水)15:00〜16:30

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」・英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」・文献検索結果等を取り込んで整理し、
参考文献リストを自動作成する文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 各回定員17名、無料
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●申込先:
学術情報リテラシー担当 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)に、
以下のメールをお送りください。

メールのタイトル:6月ガイダンス参加希望(参加日・コース名)
本文:(1)参加日・コース名 (2)氏名 (3)身分 (4)所属 (5)講師への質問 (6)利用経験/
(7)[*OECD iLibrary講習会参加者のみ] OECD iLibrary使用方法以外に知りたいことが
あればお書きください

--------【本郷・経済学図書館会場のコース】--------
■【経済学・経営学系のための論文・企業情報の探し方】(予約優先)
・6/14(火)15:00〜16:00

有価証券報告書・半期報告書など各種財務資料を全文検索・閲覧できる
データベース「eol」の使い方を実習します。企業研究にも活用できます。
また、経済学・経営学・国際ビジネス研究分野の抄録・全文情報を
提供しているデータベース「Business Source Complete」の利用方法を実習します。

●会場:経済学研究科棟4階トレーディング・ラボ 定員30名、無料
●申込先:経済学図書館へお申込みください。⇒http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/?p=7860

--------【駒場図書館会場のコース】--------
■【アジア関連の日本歴史公文書をネットで見よう】(予約優先)
・ 6/9(木)15:00〜16:00

国立公文書館アジア歴史資料センターから講師を招聘し、国立公文書館等が
保管するアジア歴史資料(近現代の日本とアジア近隣諸国等との関係に関わる
歴史資料として重要な日本の公文書など)の検索方法等について講習します。
アジア歴史資料をこれから初めて探すという方から、研究対象として日頃活用
している方まで、ぜひこの機会にご参加ください。

●会場:駒場図書館(※駒場図書館カウンター前に集合)
    定員24名、無料
●申込先:駒場図書館へお申込みください。⇒http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0473
------------------------------------------------------

■スケジュール・詳細はこちらからもご覧いただけます。
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター http://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★6/23 柏図書館で開催「比べる! 検索ツール」
「秘書さんのためのはじめての論文の探し方」★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”、6月は柏図書館でも行います。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

■【比べる! 検索ツール】(予約優先)
・6/23(木)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、どんな時にどんな検索ツールを使えばよいか、
Google Scholar/TREE/Web of Scienceの比較を行います。各ツールの特長を
徹底分析。あなたのキーワードで比較してみましょう。

■【秘書さんのためのはじめての論文の探し方】(予約優先)
・6/23(木)15:00〜16:00

研究補助を担当している教職員(短時間勤務有期雇用職員含む)を
主対象として、文献リストの読み取り方、電子ジャーナルで論文を入手する方法、
代表的な文献データベース(日本語 CiNii Articles・英語 Web of Scienceコアコレクション)
の使い方を、実際にパソコンを操作しながら実習します。
先生に頼まれた論文の検索で困っていませんか?
この機会に、論文の探し方の基本をマスターしましょう!
※「秘書さん」以外の方ももちろん歓迎です。

●会場:柏図書館1階ラーニングサポートサービス 各回先着12名

●参加費:無料

●申込先:柏図書館へお申し込みください。⇒http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/


==============================================================
★5/31「アジア研究文献探索セミナー(中国語文献編)」★
==============================================================
U-PARL[東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門]が
実施する“文献探索セミナー”の第一回目です。
中国語の文献の探し方を実習形式で学べます。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

■【アジア研究文献探索セミナー(中国語文献編)】(予約不要)
・5/31(火)17:00〜18:00

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 
●参加費:無料

■詳細はU-PARLホームページから
⇒http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/archives/japanese/20160531

2016/4/19 No.266

==============================================================
★5月の講習会「はじめての本や論文の探し方@東京大学」「論文準備ここからスタート!」他★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【はじめての本や論文の探し方@東京大学】(予約不要・同内容で3回)
・5/10(火) 12:20〜12:50
・5/18(水) 12:20〜12:50
・5/23(月) 12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で「TREE(UTokyo REsource Explorer)」を実習します。
シンプルに一つの検索窓から、紙の資料も電子版も、本も論文も一度に
探せるツールです。論文の入手から本の取寄せまで、東京大学で利用できる
資料を効率よく探せるようになりましょう。
(4月の総合図書館Library Tourでの「本や論文の探し方」講習会と同内容です)

■【論文準備ここからスタート!】(予約不要・同内容で2回)
・5/24(火) 15:00〜16:30
・5/30(月) 15:00〜16:30

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを自動作成できる
文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【はじめよう!RefWorks】(予約不要・同内容で2回)
・5/24(火)12:20〜12:50
・5/25(水)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
参考文献リストの自動作成で、論文執筆時間を節約しましょう。
東大所属者だから無料で使えるツールです。

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

★5月は駒場キャンパスや工学部等で開催する講習会もあります!

<駒場キャンパスで開催>
■5/27(金)15:00〜16:15 [大学院数理科学研究科図書室共催](予約優先)
【MathSciNet講習会】
会場:大学院数理科学研究科棟2階計算機室
※申込・詳細は、大学院数理科学研究科図書室へ

<工2号館図書室で開催>
■5/19(木)・5/20(金)[工学・情報理工学図書館共催](予約不要)
・12:20〜12:50 【工学系・情報理工学系向け 文献検索早わかり】
・12:50〜13:20 【工学系・情報理工学系向け 文献管理RefWorks】
会場:工2号館図書室
※詳細はこちら
⇒http://library.t.u-tokyo.ac.jp/news/20160411_guidance.html

<農学生命科学図書館で開催>
■ [農学生命科学図書館共催](予約優先・同内容で2回)
【論文準備ここからスタートin農学生命科学図書館】
・5/11(水)15:00〜16:30
・5/13(金)15:00〜16:30
会場:農学生命科学図書館
※申込先・詳細はこちら
⇒http://www.lib.a.u-tokyo.ac.jp/html/news/2016/20160408_seminar.html


=================================================================
★5/12 韓国語で講習する「留学生のための講習会“はじめての本や論文の探し方@東京大学”」★
=================================================================
情報基盤課学術情報チームでは、韓国人講師による、留学生のための講習会
“はじめての本や論文の探し方@東京大学”を開催します。

内容は、レポート・論文作成に役立つ、データベースを使った本や
雑誌論文の検索実習です。入門的な内容ですので、新入学の留学生に限らず、
初心者の方の参加も歓迎します。
ぜひ、お知り合いの留学生の方にお声をかけてください。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●日時: 5/12(木)15:00〜16:00

●講習内容:
・TREE(UTokyo REsource Explorer)の紹介
・電子ジャーナルで論文を入手する方法
・図書館の本を検索して予約・取寄せサービスを利用する方法(MyOPAC)
・日本語論文の探し方(CiNii Articles)
・英語論文の探し方(Web of Science Core Collection)
・韓国語論文の検索ツール紹介
・自宅からデータベースや電子ジャーナルを使う方法

●予約不要 先着17名

●参加費:無料

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 地図⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

■詳細はこちら
⇒(英語)http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html
韓国語講習会ちらし(PDF)
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/201605_k.pdf

*May 12th (Thu.) 15:00〜16:00 
 Korean Orientation (conducted in Korean) will be held at General Library on Hongo Campus.
 If you are interested, please refer to the websites below.
 (English ) http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/training-e.html
 (Korean)  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/201605_k.pdf

  Please check useful references "Academic Paper Support Book: Start here"
 (written in Korean, Japanese, English, and Chinese) to write report/academic paper.
  http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/e/supportbook-e.html


==============================================================
★ 第5期ACS(アカデミックコモンズサポーター)学生ボランティア募集
 〜あなたの声を、図書館に届けてみませんか?〜 ★
==============================================================
東京大学は、本郷キャンパス総合図書館を大幅に拡充し、
大学図書館の在り方を再構想する「新図書館計画」に取り組んでいます。

附属図書館では、新図書館計画に学生の立場から参加する
学生ボランティア「アカデミックコモンズサポーター」を募集しています。

新図書館を利用した新しいスタイルの研究・学習スタイルを考えてみたい人、
新図書館計画の情報を学内外に発信してみたい人、
あなたも未来の図書館を一緒に考えてみませんか?

◆応募締切: 2016年4月24日(日)

◆活動期間: 第5期 2016年5月〜2017年3月

◆主な活動場所: 東京大学 本郷キャンパス 総合図書館

◆説明会
ACSの概要や活動内容について説明会を開催します。
ACSに興味を持ったら、まずは説明会にご参加ください。

第2回 4/22(金) 12:20〜12:50
会場:東京大学 本郷キャンパス 総合図書館1階 ミニレクチャールーム

◆応募方法・詳細はこちら
⇒http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/post_acs/3908


==============================================================
★新しいデータベースが使えるようになりました!4/30までのトライアルも!★
==============================================================

●新規データベース提供開始 その1
「Early European Books Collection 3」「南アジア・アーカイブオンライン」「全国報刊索引」
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20160407.html

●新規データベース提供開始 その2
「東洋経済デジタルアーカイブズ」「週刊ダイヤモンドデジタルアーカイブズ」
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20160322.html

●Web of ScienceでBIOSIS Citation Indexが使えるようになりました
BIOSIS Citation Indexについてはこちら
⇒http://ip-science.thomsonreuters.jp/products/bci/

●InCites BenchmarkingにKAKEN分類、Funding Agencyが追加されました
InCites Benchmarkingの活用例はこちら
⇒http://help.thomson.com/default.asp?portalid=TSCJP&article=135902

●4/30まで 丸善選書購入用試読サービスのトライアル
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20160125.html

■データベースのマニュアルは、GACoSのマニュアルページから
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/manual.html

2016/4/1 No.265

==============================================================
★ 4/22 駒場IIキャンパス、4/26 地震研究所、4/28 医学図書館での出張講習会
 「論文準備ここからスタート」「EBMのための医学系文献検索入門」ほか★
==============================================================
生産技術研究所図書室・先端科学技術研究センター図書室、
地震研究所図書室、医学図書館との共催による出張講習のお知らせです。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。
(ただし、地震研究所開催分については地震研所属者のみ)

●スケジュール(2016年):

■4/22(金)15:00〜16:30 [生産研図書室・先端研図書室共催]
【論文準備ここからスタート!in駒場II】
会場:駒場IIキャンパス生産研As棟3F中セミナー室3
詳細・申込:http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/about/library/news_ja.html?20160317
※5/9(月)にも同内容で開催します

■4/26(火)14:00〜15:15 [地震研図書室共催]
【研究者と研究支援者のための文献の探し方】
会場:地震研究所1号館3階 事務会議室A
詳細・申込:http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/tosho/
※地震研の方ならどなたでも参加できます。

■4/28(木)(同内容で3回開催)
13:30〜14:30/15:30〜16:30/17:30〜18:30 [医学図書館共催]
【EBMのための医学系文献検索入門】
会場:医学図書館
詳細・申込:http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/topnews/news.html#20160401-1

●参加費:無料

●予約優先 お申込み・お問合せは各図書館・室へ


==============================================================
★4月の講習会「論文準備ここからスタート!」「はじめよう!RefWorks」他(再掲)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備ここからスタート!】(予約不要・同内容3回)
・4/5 (火)10:30〜12:00
・4/18(月)13:10〜14:40
・4/27(水)15:00〜16:30

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを自動作成できる
文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【はじめよう!RefWorks】(予約不要・同内容で2回)
・4/12(火)12:20〜12:50
・4/20(水)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
参考文献リストの自動作成で、論文執筆時間を節約しましょう。
東大所属者だから無料で使えるツールです。

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★日本語/英語による「総合図書館 Library Tour」実施のお知らせ(再掲)★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
下記の日程で、「総合図書館 Library Tour」(日/英)を
総合図書館との共催で実施します。

4月入学者、留学生のみなさんに是非お知らせください。
入門的な内容ですので、新入学の学生に限らず、初心者の方の参加も歓迎します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

【Course 1】
“総合図書館(General Library) Library Tour”
●日程:(1コマだけでも参加OK・各コマの内容は下記参照)
■ 4/4(月)
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内

■ 4/5(火)
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内

■ Apr. 7(Thu.)【English】
  15:00-15:30 Searching for books and papers
  15:30-16:00 Library tour
  16:00-16:30 Guide to the stacks

■ 4/8(金)
  10:30-11:00 本や論文の探し方
  11:00-11:30 利用案内
  11:30-12:00 書庫案内

■ Apr. 11(Mon.)【English】
  15:00-15:30 Searching for books and papers
  15:30-16:00 Library tour
  16:00-16:30 Guide to the stacks

●内容:(1コマだけでも参加OK)
・「本や論文の探し方」:学術情報検索ツール「“TREE”(UTokyo REsource Explorer)」
  の使い方(本や論文をまとめて検索)
・「利用案内」:総合図書館の利用案内(館内ツアー)
・「書庫案内」:総合図書館書庫の案内・利用法

It is not necessary to attend all 3 courses. Participants can join each course
of 30 minutes.

-“Searching for books and papers”: an introductory course to
search books and papers using a search tool “TREE”. (This session offers
a hands-on approach by using computers.)

-“The Library Tour” will show you not only its rich collections but also
materials and facilities provided for you, such as foreign newspapers, foreign
TV programs, and computers.

-“Guide to the Stacks”: Library staff takes around the stack of the General
Library giving explanations about usage of the stack.


【Course 2】
“Enhanced course / Searching for books and papers @UTokyo”
※”Library tour” and “Guide to the stacks” are not included.

■ April 14 (Thu.)  15:00-16:00
■ April 20 (Wed.)  15:00-16:00

This is an advanced course of “Searching for books and papers” provided
at the library tour. Learn about how to search books and papers at
the University of Tokyo and how to use search tools, “Web of Science
Core Collection” and “CiNii Articles”.

●集合場所(全てのコース):
 本郷キャンパス総合図書館1階 講習会コーナー前
(予約不要。直接お越しください。)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

No advance reservation is required for every course. Free of charge.
 Please come to the front of the Training Course Corner of the General
Library (Hongo Campus) before the scheduled time.
 *These courses are for the University of Tokyo members only.
Both students and employees are welcome.

●詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

==============================================================
★“BUILD YOUR FUTURE, ELEMENT BY ELEMENT”
SciFinder Future Leaders プログラムのご案内★
==============================================================
SciFinder の提供元である CAS により、8月の米国化学会年会開催に合わせ、
世界中の情報検索に興味のある博士課程在学中の学生とポスドクを対象とした
情報交換プログラムが開催されます。

このプログラムでは、旅費・宿泊費および旅行中の食費はすべて CAS が負担。
別途、支度金として1,000 米ドル分が支給され、参加者に経済的負担がかかりません。
世界中から集まった学生との議論や交流を通じて、学問的な視野や交友関係を広げる
機会です。応募方法を含めた詳細は以下をご参照ください.

●申込締切: 4/18 (月)

●申込方法/詳細はこちら
⇒ http://www.jaici.or.jp/news/news.php?selectedId=1624
⇒ https://www.cas.org/products/scifinder/futureleaders-details

●問い合わせ先
化学情報協会 情報事業部 SciFinder (Academic) 担当
Tel:    0120-151-462
E-mail: aca-scifinder*jaici.or.jp(*を@に置き換えてください。)

2016/3/15 No.264

==============================================================
★4月の講習会「論文準備ここからスタート!」「はじめよう!RefWorks」他 ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備ここからスタート!】(予約不要・同内容3回)
・4/5 (火)10:30〜12:00
・4/18(月)13:10〜14:40
・4/27(水)15:00〜16:30

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを自動作成できる
文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【はじめよう!RefWorks】(予約不要・同内容で2回)
・4/12(火)12:20〜12:50
・4/20(水)12:20〜12:50

昼休み30分のミニ講座で、文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
参考文献リストの自動作成で、論文執筆時間を節約しましょう。
東大所属者だから無料で使えるツールです。

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo



==============================================================
★日本語/英語による「総合図書館 Library Tour」実施のお知らせ ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では、
下記の日程で、「総合図書館 Library Tour」(日/英)を
総合図書館との共催で実施します。

4月入学者、留学生のみなさんに是非お知らせください。
入門的な内容ですので、新入学の学生に限らず、初心者の方の参加も歓迎します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

【Course 1】
“総合図書館(General Library) Library Tour”
●日程:(1コマだけでも参加OK・各コマの内容は下記参照)
■ 4/4(月)
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内

■ 4/5(火)
  15:00-15:30 本や論文の探し方
  15:30-16:00 利用案内
  16:00-16:30 書庫案内

■ Apr. 7(Thu.)【English】
  15:00-15:30 Searching for books and papers
  15:30-16:00 Library tour
  16:00-16:30 Guide to the stacks

■ 4/8(金)
  10:30-11:00 本や論文の探し方
  11:00-11:30 利用案内
  11:30-12:00 書庫案内

■ Apr. 11(Mon.)【English】
  15:00-15:30 Searching for books and papers
  15:30-16:00 Library tour
  16:00-16:30 Guide to the stacks

●内容:(1コマだけでも参加OK)
・「本や論文の探し方」:学術情報検索ツール「“TREE”(UTokyo REsource Explorer)」
  の使い方(本や論文をまとめて検索)
・「利用案内」:総合図書館の利用案内(館内ツアー)
・「書庫案内」:総合図書館書庫の案内・利用法

It is not necessary to attend all 3 courses. Participants can join each course
of 30 minutes.

-“Searching for books and papers”: an introductory course to
search books and papers using a search tool “TREE”. (This session offers
a hands-on approach by using computers.)

-“The Library Tour” will show you not only its rich collections but also
materials and facilities provided for you, such as foreign newspapers, foreign
TV programs, and computers.

-“Guide to the Stacks”: Library staff takes around the stack of the General
Library giving explanations about usage of the stack.


【Course 2】
“Enhanced course / Searching for books and papers @UTokyo”
※”Library tour” and “Guide to the stacks” are not included.

■ April 14 (Thu.)  15:00-16:00
■ April 20 (Wed.)  15:00-16:00

This is an advanced course of “Searching for books and papers” provided
at the library tour. Learn about how to search books and papers at
the University of Tokyo and how to use search tools, “Web of Science
Core Collection” and “CiNii Articles”.

●集合場所(全てのコース):
 本郷キャンパス総合図書館1階 講習会コーナー前
(予約不要。直接お越しください。)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

No advance reservation is required for every course. Free of charge.
 Please come to the front of the Training Course Corner of the General
Library (Hongo Campus) before the scheduled time.
 *These courses are for the University of Tokyo members only.
Both students and employees are welcome.

●詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo



==============================================================
★3/18 東大新図書館トークイベントに行こう! 
東京大学南原繁記念出版賞表彰式・第4回受賞者講演会(講師:小林延人氏)★
==============================================================
東京大学附属図書館では、現在進行中の新図書館計画に関連する
トークイベントをシリーズで開催しています。第17回目となる今回は、
東京大学南原繁記念出版賞表彰式と受賞者記念講演会を同時開催
いたします。

●開催日時: 3/18(金) 16:00〜17:50(15:30受付開始)

●講演会 講師: 小林延人氏(秀明大学講師)

●表彰式 受賞者
 第6回: 多田蔵人氏(鹿児島大学准教授)
  『永井荷風研究--江戸文化の受容と「小説」の創出』
 第5回: 高山大毅(駒沢大学講師)
  『近世日本の「礼楽」と「修辞」--荻生徂徠以後の「接人」の制度構想』

●会場: 東京大学総合図書館1F 洋雑誌閲覧室
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sogoto/contents/access.html

●対象:学生・教職員・一般の方

●定員100名(無料)当日参加歓迎。

●申込方法/詳細は新図書館ウェブサイトで:
 http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/3751

2016/2/15 No.263

==============================================================
★【セミナー予約受付開始!】 Scientific Data
〜研究データを公開し業績とするデータジャーナル〜  ★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]では
Nature Publishing Groupが発行するデータジャーナル、
Scientific Dataのエディター来日に合わせ、セミナーを開催いたします。

ご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
分野を問わず、データを扱う方は必見のセミナーです。
どうぞお早めにお申込みください。

●日時: 2016年3月8日(火)15:00〜16:30(14:45受付開始)

●会場: 本郷キャンパス 医学図書館3F 333 会議室 定員100名
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
    
●参加費: 無料

●プログラム:
15:00〜15:20 データ公開における出版社の役割とScientific Data: イントロダクション      
       ○新谷 洋子(Nature Publishing Group)※日本語

15:20〜16:30 Gaining credit for sharing research data
               - Data publishing with Scientific Data
              ○Dr. Varsha Khodiyar (Nature Publishing Group) ※English

Learn about Scientific Data, a data journal issued by Nature Publishing Group,
which encourages researchers to share reusable data and publish them for credit.
In this seminar, Data Curation Editor of Scientific Data explains how they
perform peer review, desirable qualities of data and themes for submission.

Scientific Data はデータを引用可能な文献として、業績になるような形で出版し、
データ公開にインセンティブを与えるデータジャーナルです。このセミナーでは
Scientific Data でどのようにデータ論文の査読を行っているのか、編集者の視点から
データの質や投稿にふさわしいテーマなどを解説します。


●申込先:(東京大学所属者限定)
 本部情報基盤課学術情報リテラシー担当 
 literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*は@に置き換えて送信)
 メールのタイトル: Scientific Data Seminar
 メールの本文: (1) 氏名 (2) 身分 (3) 所属 (4) 専攻分野 (5) 講師への質問

  Members of the University of Tokyo only. Please send us email.
  literacy*lib.u-tokyo.ac.jp (Replace * to @.)
  Subject: Scientific Data Seminar
  Message: (1) Name (2) Grade/Position (3) Affiliation (4) Major (5) Question to the lecturer

※申込後、数日経っても返信メールが届かない場合はお問い合わせください。
(キャンセル待ちの方にも返信しています。)

※先着順で定員(100名)に達し次第、受付を終了いたします。

●共催 医学図書館、協力 ネイチャー・パブリッシング・グループ

2016/2/8 No.262

==============================================================
★【緊急開催!】2/24 無料の文献管理ツール「Mendeley講習会」★
==============================================================
エルゼビア・ジャパンから講師を招いて開催する「Mendeley講習会」のお知らせです。

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
予約優先です。お早目にお申込み下さい。(残席があれば当日参加もOK)

●日時: 
2/24 (水) 15:00〜16:30

●内容:「Mendeley」は、所属に関係なく卒業しても使える無料の文献管理ツールです。
文献情報を保存・管理し、参考文献リストを自動作成できます。東京大学では機関版が
使えるようになりました。この講習会では、PDFファイルからの書誌情報の取り込みや、
WORDファイルを使った参考文献リスト作成を実習します。

●参加費:無料・予約優先(残席があれば当日参加もOK)

●申込方法:
学術情報リテラシー担当( literacy*lib.u-tokyo.ac.jp )へ
以下のメールをお送りください。(*は@に置き換えて送信)

メールのタイトル:Mendeley講習会
メールの本文 :
(1) 氏名 (2) 身分 (3) 所属 (4) 講師への質問
(5) 利用経験のある文献管理ツールの名称 (利用経験の無い場合は「なし」)

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★3月の講習会「卒業してからの文献検索・文献管理」★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【卒業してからの文献検索・文献管理】(予約不要)
・3/11(金)15:00〜15:45

東京大学を卒業・退職される方向けに、卒業・退職してからも文献検索や
文献管理に利用できる各種ツールを、無料ツール中心に紹介します。
卒業等で東京大学を離れると東京大学が契約している電子ジャーナル・
データベースは利用できなくなりますが、所属に関わらず利用できるツール
にはどんなものがあるかを知っておきましょう。

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★2月と3月の夜間ガイダンス(完全予約制・申込受付中)★
==============================================================
昼間は忙しくて講習会に参加できない方向けの夜間ガイダンス(完全予約制)です。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】
・2/19(金)18:45〜19:45

執筆中のその論文、投稿先はどうやって決めますか? 雑誌によって異なる
参考文献リストの書き方、大変だと思っていませんか?
雑誌の「インパクトファクター」が、投稿先を決める手がかりのひとつに
なるかもしれません。参考文献リストの作成にはWeb版の文献管理ツール
「RefWorks」を活用してみましょう。

文献データの整理〜投稿誌の選定〜投稿規定に沿った文献リスト自動作成の
流れを、2つのツールを使った実習でシミュレーション。
(講習内容の一部が他のRefWorks講習会と重複します。昼間の同名コースと
ほぼ同じ内容です。)


■【論文準備のための文献管理:Web of Science&RefWorks】
・3/17(木)18:45〜19:45

論文準備で必要となる、先行研究の英語論文の探し方から文献リスト作成
までが、一度にわかるお得なコースです。  
英語論文検索ツール「Web of Scienceコアコレクション」(全分野)、
文献リストを自動作成できる文献管理ツール「RefWorks」を実習します。
いずれも、東大所属者だから無料で使えるツールです。

(昼間の「論文準備ここからスタート!」講習会とほぼ同内容です。
ただしCiNii Articles・TREEの講習を含みません。)


※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
(1人では申し込めないという意味ではありません。)
※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
申込方法・注意事項はこちら⇒
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo


==============================================================
★2/12「第6回 東大院生によるミニレクチャプログラム」
・文化外交政策をデザインしてみよう -文化外交先進国フランスの事例に学ぶ-
・『空気を読む』の『空気』って何? -面目行為と方針-【申込受付中】★
==============================================================
東京大学フューチャーファカルティプログラム(FFP)で教え方を学んだ修了生が講師を
務め、専門外の人にもわかりやすく自分の研究を伝えます。文/理問わず参加歓迎です。
今回は柏キャンパスでの開催です。

●日時: 2/12 (金) 17:00〜19:00(16:30受付開始)

●プログラム:(司会)ACS 若林智章 
17:00 オープニング 「図書館から始まる!新しい学びと出会い」
  ACS、栗田佳代子 准教授(東京大学大学総合教育研究センター)
17:10頃 
  ミニレクチャ1 「文化外交政策をデザインしてみよう -文化外交先進国
   フランスの事例に学ぶ-」
   講師 学谷亮さん (総合文化研究科地域文化研究専攻)
  ミニレクチャ2 「『空気を読む』の『空気』って何? -面目行為と方針-」
  講師 大西未希さん (学際情報学府学際情報学専攻)
18:35頃 ミニレクチャ種明かし解説

●会場: 東京大学 柏キャンパス 柏図書館 コンファレンスルーム
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

●定員25名 (事前申込推奨)

●申込方法、詳細は以下のページをご覧ください。
 http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/post_acs/3637

このイベントは、新図書館で新館地下1階に設置が予定されている
「ライブラリープラザ」(仮称)(学習や自主的・能動的な研究活動を
サポートする学びのための交流広場)における新しい教育の形を先取り
して実施する企画です。

2016/1/19 No.261

==============================================================
★2月の講習会「論文準備ここからスタート!」と夜間ガイダンス★
==============================================================
情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]が実施する
“情報探索ガイダンス”のスケジュールをご案内します。
東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。

●スケジュール:

■【論文準備ここからスタート!】(予約不要・同内容2回)
・2/12(金)13:10〜14:40
・2/16(火)15:00〜16:30

論文準備で必要となる先行研究の文献調査から文献リスト作成までが、
一度にわかるお得なコースです。
日本語論文のデータベース「CiNii Articles」、英語論文のデータベース
「Web of Scienceコアコレクション」、文献リストを自動作成できる
文献管理ツール「RefWorks」を実習します。

■【論文投稿シミュレーション:JCRとRefWorksを使って】
(※完全予約制 夜間ガイダンス)
・2/19(金)18:45〜19:45

執筆中のその論文、投稿先はどうやって決めますか? 雑誌によって異なる
参考文献リストの書き方、大変だと思っていませんか? 雑誌の「インパクト
ファクター」が、投稿先を決める手がかりのひとつになるかもしれません。
参考文献リストの作成にはWeb版の文献管理ツール「RefWorks」を活用して
みましょう。

文献データの整理〜投稿誌の選定〜投稿規定に沿った文献リスト自動作成の
流れを、2つのツールを使った実習でシミュレーション。
(講習内容の一部が他のRefWorks講習会と重複します。昼間の同名コースと
ほぼ同じ内容です。)

※3名以上の当日ご参加確定時に開催となります。
(1人では申し込めないという意味ではありません。)
※夜間ガイダンスについては、必ず下記ページをお読みください。
申込方法・注意事項はこちら⇒
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html#night

●会場:総合図書館1階講習会コーナー 先着17名
 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshukai/map.index.html
(Windows PCあり。utroam無線LAN設定済みのノートPC持込OK。)
 ※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

●参加費:無料

■詳細はこちら
⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/training.html
 ツイッター https://twitter.com/gacos_utokyo

【授業支援のご案内】
論文の探し方や文献管理ツールの出張講習を随時受付中です(無料)。
授業やゼミの内容に合わせて講習します。会場など、ご相談に応じます。

まずはお気軽にお問い合わせください。学生だけのグループでも承ります。
詳細はこちら⇒http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/shuccho.html


==============================================================
★1/25 東大新図書館トークイベントに行こう! 
「HathiTrustとデジタルアーカイブの未来」★
==============================================================
東京大学附属図書館では、現在進行中の新図書館計画に関連するトークイベント
をシリーズで開催しています。
第16回目となる今回は、米国を中心に展開するハティトラストの研究センター長
( J. Stephen Downie イリノイ大学図書館情報学研究科教授)をはじめ、大規模
デジタルアーカイブに関わる方々をお招きして、その研究活用を考えるシンポジウム
を開催いたします。

●日時:2016年1月25日(月) 13:30〜17:50(13:00受付開始)

●講演者:
 J. Stephen Downie 氏
 (HathiTrust Research Center Co-director, イリノイ大学図書館情報学研究科教授)
 大場利康氏(国立国会図書館 電子情報部 電子情報企画課長)
 山本和明氏(国文学研究資料館 古典籍共同研究事業センター)
 下田正弘氏(東京大学大学院人文社会系研究科)
 堀浩一氏(東京大学附属図書館副館長、大学院工学系研究科)

●会場:伊藤国際学術研究センター内 伊藤謝恩ホール
http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/access.html
*会場は図書館ではありませんので、ご注意ください。

●対象:学生・教職員・一般の方

●定員300名(無料)。事前申込制(先着順 1/18まで)
定員に達しない場合、1/19以降も申込可能。
ただし同時通訳レシーバーを用意できない可能性があります。

⇒申込方法/詳細は新図書館ウェブサイトで:
 http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/3617

共催:東京大学大学院人文社会系研究科次世代人文学開発センター人文情報学
拠点、国文学研究資料館、東京大学附属図書館、科学研究費補助金基盤研究(S)
「仏教学新知識基盤の構築―次世代人文学の先進的モデルの提示」
(研究代表者:下田正弘)
後援:一般財団法人人文情報学研究所


==============================================================
★無料のウェビナーが見られる「Elsevier Publishing Campus」★
==============================================================
Litetopi No.255でご案内した「PublishingConnect Event」に、参加
された方はいらっしゃるでしょうか?
時間が合わずに参加できなかったという方、無料のウェビナーが
「Elsevier Publishing Campus」から見られます。
(イベントの録画ではありません。)

利用に際して、名前や所属等を登録する必要がありますが、Elsevierの
エディター等が提供する学術出版や研究に役立つコンテンツを、自分の
都合のよい時間に無料で見ることが出来ます。

こちらのCampusは、6つのCollegeに分かれていますが、今回は
「Skills Training」に注目してみます。
例えば、昨年12月の「英語論文執筆セミナー」に参加出来なかった方には、
「Research writing skills」に論文で使用する英語や構成など、
基礎的な論文執筆のコンテンツがあります。
また、執筆セミナー受講済みの方には、レビュワーへの対応の仕方や
研究資金の獲得についてのコンテンツが有益かもしれません。

スキルアップやキャリア計画に、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

Elsevier Publishing Campus
https://www.publishingcampus.elsevier.com/


==============================================================
★【重要】「RefWorks」の使われていない個人アカウントの削除について(再掲)★
==============================================================
RefWorksにユーザ登録をしたことのある方はご注意ください!
-------
※昨年11月上旬に「その時点で6ヶ月以上RefWorksにログインしていないユーザー」
のRefWorks登録メールアドレス宛てに下記と同内容のメールをお送りしました。
しばらく使っていないにも関わらずそのメールが届かない場合は、
RefWorksに登録したアドレスが有効でないと思われます。
ログイン後の「プロフィール更新」で確認して適宜アドレス変更を行ってください。
メールアドレスとログイン名を同じものにしておくことをお奨めします。
-------

昨年同様、2ヶ月程度の周知期間を経た後、
「過去1年間RefWorksにログインしていない」個人アカウントについて、
アカウントの削除をすることになりました。

◆削除日: 平成28年1月25日(月)(予定)
◆削除対象: 削除日時点で「過去1年間RefWorksにログインしていないユーザー」

※削除後は、それまで当該アカウントでRefWorksにインポートしたデータ等は
 アカウントと共に全て完全に消去されます。(復元できません。)

「自分はしばらくRefWorksを使っていない」と思われる方で、
アカウントが削除されることを避けたい場合は、
必ず、「上記の削除日の前日までに、1度RefWorksにログイン」をしてください。

削除日の前日までに1度ログインしていただければ、
「過去1年間RefWorksにログインしていないユーザー」の対象から除外されます。

アカウント削除後に再度RefWorksを利用する場合は、
新規にアカウント取得が必要となります。
※卒業等で東大所属でなくなった方は、サービス対象外です。

■RefWorksへのアクセス方法はこちら
GACoS>FAQ「RefWorksを使うには?」ページ
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/refw.html#access

ご不明な点等ございましたら、当部署へメールにてご連絡ください。

Copyright(C)2005 東京大学本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当] All Rights Reserved
著作権・リンクについて