5/13(水)セミナー「学術雑誌の評価指標」を考える インパクトファクターと新指標アイゲンファクター(2009.4.10)

情報基盤センター図書館電子化部門では、

5/13(水)「学術雑誌の評価指標」を考える 
     インパクトファクターと新指標アイゲンファクター

と題してセミナーを開催します。

当日参加もOKです。

今年2月、トムソン・ロイター社の学術誌評価分析データベース「Journal Citation Reports(JCR)」に、
従来のインパクトファクター(Impact Factor)に加え、雑誌の評価や影響度を表す新たな指標として、
アイゲンファクター(Eigenfactor)が導入されました。

このセミナーではインパクトファクターや新導入のアイゲンファクターなど、
学術雑誌評価指標について、その意味や有効な活用法、留意点を解説します。

研究者の方々をはじめ、論文引用データに基づく学術雑誌や論文評価の
新しい動向に関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

本学にご所属であれば、学生・教職員を問わず、どなたでも参加できます。
ぜひご参加ください!(参加費:無料)

事前申込みの方優先です。
【申込方法】
  学術情報リテラシー係(literacy@lib.u-tokyo.ac.jp)宛てに
  以下のメールにてお申込みください。(@を半角に書き換えて送信)
---------------------------------------------------------------------------
・件名: 5/13セミナー参加希望
・本文:
 (1)参加会場(※総合図書館、柏図書館、のいずれか記入) 
 (2)氏名 
 (3)身分/学年
 (4)所属
 (5)講師への質問
---------------------------------------------------------------------------
携帯メールで申込む方は
こちらをどうぞ
携帯メールで申込む
【日時・会場】 ■ 日時:5/13(水)15:00-16:30 ■ 会場:本郷キャンパス 総合図書館3階 大会議室(先着100名 事前申込みの方優先)      中継会場:柏キャンパス 柏図書館1階 メディアホール(先着144名 事前申込みの方優先) ■ 講師:トムソンコーポレーション株式会社 シニアインフォメーションアナリスト 宮入暢子氏 ■ 配布資料 どの会場も、座席に余裕があれば当日参加もOKです。 説明会は、スライドとデモンストレーションによる説明です。実習はありません。
GACoSトップページへ戻る