【ECCSアカウント】ECCSアカウントの学生ユーザIDの共通ID化について(2012.1.31)

2012年3月1日より、教育用計算機システム(以下「ECCS」)を利用する
学生ユーザのユーザID(ユーザ名)を共通ID(下10桁)に変更します。
端末・メールシステム・無線LAN・CFIVE (cfive.ecc.u-tokyo.ac.jp) 
など、ECCSに関わるシステムの利用にはユーザID として共通ID を
入力することになります。

これに先立ち、2月20〜22日(所属部局による)に、メールシステムは
共通IDに変更となり、各自で設定の変更が必要となります。
現行の学生証番号に基づくユーザIDに基づくメールアドレス宛の
メールは、当面2012年9月頃まで受信できるようになっています。

なお、教職員のユーザID は従来のまま変更はありません。

詳細は下記URLをご覧ください。
共通IDについても下記URLに説明があります。
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2011/10/11_1498.html

ユーザ名の共通ID化によるメール設定の変更はこちらを参照。
⇒http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2012/01/27_1521.html

GACoSトップページへ戻る