化学系データベース「SciFinder」の構造作図機能について(2013.2.12)

化学系データベース「SciFinder」の構造作図機能をご利用の方へお知らせです。

「SciFinder」は構造作図機能のためにJavaプラグインを利用していますが、
2013年1月、Javaに新たな脆弱性が発見されました。これに対応するため、
Java開発元より緊急の修正版がリリースされ、一部のブラウザ開発ベンダーは
Javaの旧バージョンの動作を無効化しました。
このため、一部のユーザーで「SciFinder」の構造作図画面が表示されない
トラブルが起きています。

Javaを最新バージョンにアップデートしていただければ問題は解決しますが、
詳細は下記の対処法をご参照ください。

◆対処法:
今回のようなJavaアップデートに伴う構造作図画面の問題を含む
「SciFinder」のトラブル対処法はこちら
⇒http://www.jaici.or.jp/sci/ref/sfweb_trouble.pdf

上記対処法を試みても問題が解決しない場合はヘルプデスクへ
⇒化学情報協会 情報事業部
tel:          0120-003-462 (ヘルプデスク)
              0120-151-462 (サービス全般)
email:        support@jaici.or.jp (ヘルプデスク)
              scholar@jaici.or.jp (SciFinder Academic 担当)


◆今後の予定:
過去にもJavaの新バージョンリリース時や旧バージョンとの互換性の問題で
同様のトラブルがあったため、「SciFinder」開発元の米CASでは、代替技術の
必要性を認識し、現在Javaを必要としない「SciFinder」の開発を精力的に
進めています。
現時点ではJavaを利用しないバージョンの提供時期は未定です。
具体的なリリースの予定がわかり次第お知らせします。

【関連ニュース】(2013.4.16追記)
化学系データベース「SciFinder」Javaを利用しない構造作図機能開始とIE6対応終了について(2013.4.16)
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/news/20130416.html

GACoSトップページへ戻る