学外でのRefWorksインポート不具合について(2013.3.14)

学外からSSL-VPN Gatewayを経由してデータベースを利用する際、
複数のデータベースで、検索結果のRefWorksへのインポートに
不具合が発生している(ダイレクトインポートができない)
ことがわかりました。

現時点で不具合が判明しているのは下記の2つです。

※Web of Science
※CiNii

なお今のところ、ScienceDirectについてはダイレクトインポート
できることが判っています。

提供元へ対応策を照会しておりますので、恐れ入りますが解消まで
もうしばらくお待ちください。

なお、ダイレクトインポート不具合解消までは、学外では
以下の方法でデータ出力を行ってください。
(2014/1/27 Web of Scienceリニューアルにより修正)

※Web of Science

Web of Scienceの個人IDを登録している場合には、
SSL-VPN Gatewayを経由せずに直接Web of Scienceにサインインすると
RefWorksへのダイレクトインポートが可能です。
個人IDは、学内からWeb of Scienceの画面にアクセスし、
無料で(東京大学所属者のみ)登録できます。
個人IDを登録していない場合には、以下の方法で一旦ファイルに保存してから
RefWorksへの取り込みを行ってください。(2015.9.7追記)

・検索結果一覧画面で出力するレコードにチェックをつける
・検索結果右上「EndNoteオンラインに保存」をクリックし、
 「他のファイルフォーマットで保存」を選択
・適宜「レコードコンテンツ」(保存項目)を選択して、
 ファイルフォーマット「他の引用ソフトウェア」で保存をクリック
・ファイルを".txt"形式で保存
・RefWorks画面でメニューバー「レコード」→インポートを
 クリック
・手前に「レコードをインポートする」画面が開く
・インポートフィルター/データソース「Thomson Reuters」、
 データベース「Web of Science」を選択
・テキストファイル選択横の「参照」ボタンをクリックして
 さっき保存したファイルを選択
・インポート先フォルダを適宜指定して右下「インポート」
 ボタンをクリック

※CiNii

・検索結果一覧画面で出力するレコードにチェックをつける
・検索結果一覧画面左上の「新しいウインドウで開く」を
 クリックし、「Refer/BibIXで表示」を選択
・新たに開いたブラウザのメニュー「ファイル」から
 「名前をつけてページを保存」で".txt"形式でファイル保存
・RefWorks画面でメニューバー「レコード」→インポートを
 クリック
・手前に「レコードをインポートする」画面が開く
・インポートフィルター/データソース「CiNii」を選択
 (データベースは「CiNii」が自動選択される)
・テキストファイル選択横の「参照」ボタンをクリックして
 さっき保存したファイルを選択
・インポート先フォルダを適宜指定して右下「インポート」
 ボタンをクリック



GACoSトップページへ戻る