GACoS  Gateway to Academic Contents System東大マーク

GACoS(ガコス)はインターネットで文献などの学術情報を探すためのゲートウェイです。
東京大学にご所属のみなさんの情報収集活動をサポートします。
English

 レポート・論文支援ブック:ここから始めよう 【Web版】
<<目次に戻る
(作成:2014.3.31、最終更新:2017.2.28)

東大でパソコンを使うには?

図1:東京大学のパソコン・ネットワークの利用について

 図書館などキャンパス内の各所に、情報基盤センター・教育用計算機システム「ECCS」(イーシーシーエス)のパソコンが設置されており、東京大学の学生・教職員であればどなたでも使えます。  ECCSのパソコンを利用したり、自分のパソコンを持ち込んでECCSのネットワークに有線接続するには、ECCSアカウントを取得する必要があります。  ECCSの有線LANサービスを利用するには、学内の情報コンセントが設置されている場所(ECCSパソコン設置場所など)で、コンセントと持ち込みパソコンをケーブルで接続します。ケーブルは各自用意してください。
 学内のネットワークにつながったパソコンからは、大学が契約している電子ジャーナル(電子版の学術雑誌)等にアクセスできます。
 自分のパソコンを持ち込んで学内のネットワークに無線接続したい方は、無線LANサービス「UTokyo WiFi」を利用できます。UTokyo WiFiアカウントの取得が必要です。
  • UTokyo WiFi(アカウント発行ページは学内限定)
(※部局ごとのパソコン・ネットワークの利用については各部局の担当者にご確認ください。)

Copyright(C)2005 東京大学本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当] All Rights Reserved
著作権・リンクについて