GACoS  Gateway to Academic Contents System東大マーク

GACoS(ガコス)はインターネットで文献などの学術情報を探すためのゲートウェイです。
東京大学にご所属のみなさんの情報収集活動をサポートします。
English

 レポート・論文支援ブック:ここから始めよう 【Web版】
<<目次に戻る
(作成:2014.3.31、最終更新:2017.2.28)

図書館を使いこなそう!

 東京大学には、総合図書館・駒場図書館・柏図書館のほか、各学部・研究科や研究所に図書館・室があり、その全体を「附属図書館」と呼んでいます。
 図書館を利用するには、まずは「利用者登録」が必要です。学生証(職員証)を持って所属学部・研究科の図書館で手続きをしてください。(教養学部1・2年生および学務システムにメールアドレスを登録済みの3年生以上は手続き不要。)
 図書館の利用についてわからないことがありましたら、所属学部・研究科の図書館へお気軽にご質問ください。
図2:図書館を利用するには
 利用者登録が済んでいる方は、図書館の蔵書目録データベース「東京大学OPAC(オーパック)」のページで、「MyOPAC」にログインすると、Webから本の予約や取り寄せ、借りている本の貸出期間の延長、本の購入リクエストなどができます。これらは無料のサービスです。
 MyOPACにログインできない場合やパスワードを忘れてしまった場合の問合せ先は、MyOPACログイン画面の注記でご確認ください。
 MyOPACを利用するには、図書館の利用者登録が必要です。
 また、「MyOPAC文献取寄サービス利用申請書」(PDF)を所属学部の図書館に提出して手続きすると、コピー取寄せ等の有料サービスを利用できるようになります。
 この手続きが済んでいる方は、MyOPACログイン後の画面から、学内の図書館の資料を取寄せたり(紙コピーまたはPDF閲覧)、他大学図書館からコピーや本を取寄せたりできるようになります。
 文献取寄せにかかる料金・入手期間の目安など、文献取寄サービスの詳細は、下記のページをご覧ください。
 図書館サービスについてわからないことは、所属学部の図書館カウンターや、「ASKサービス」でお気軽に図書館職員にお尋ねください。

Copyright(C)2005 東京大学本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当] All Rights Reserved
著作権・リンクについて