学外から直接データベースを利用するには?

一部のデータベースでは、認証GWサービスやSSL-VPN Gatewayサービスを利用せず、直接データベースを利用できる場合があります。

【Elsevierグループの場合】
1)Scopus
 電子メールアドレスのドメイン名によるリモートアクセスが可能です。
(Self-Managed Remote Access)
東大ドメイン情報を持つ e-mailアドレスよりリモートアクセスの登録を行うことができます。
https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0008/1006919/Scopus_RemoteAccess_Domain_202004.pdf
を参照して、登録作業をおこなってください。
→学外からでも以下は可能。
 東大ドメイン情報を持つe-mailアドレスを入力
 登録画面でユーザ登録を行います。完了画面が表示されましたら、登録完了です。

2)Engineering village
 1)で登録後は、GoogleScholarなどで、Engineering villageと検索、
右上のSign inをクリック、1で登録した電子メールアドレス、PWで学外からアクセス可能です。

3)Science Direct
 1)で登録後は、GoogleScholarなどで、Science Directと検索、
右上のSign inをクリック、1で登録した電子メールアドレス、PWで学外からアクセス可能です。

4)Mendeley
【ユーザ登録方法】
 1.http://www.mendeley.com/ にアクセス。
 2.「Create a free account」をクリック。
 3.画面にしたがって全ての項目を入力し「Finish」ボタンをクリック。
 4.自動的にデスクトップ版のインストールが始まる。
   (入力したメールアドレスがログイン名になります)
学内からMendeleyにログインすると、自動的に機関版になります。

同じElsevierグループ内のため、1)~4)のIDとPWは共通です。
いずれか先に登録しました場合には、他のサービスにも同じIDとPWで学外からご利用になれます。
(Mendeleyを機関版にするには学内からのアクセス要)

【Web of Scienceの場合】
ユーザー登録で東大外からのアクセスとアラートメール設定が可能になります。
GACoS→マニュアル→Web of Scienceの登録方法 (登録後は学外から直接アクセスできるようになります)(日本語)  [HTML / Clarivate Analytics] 
Web-of-Science-Personalization-Quick-Reference-Guide.pdf(Eng) Includes "How
to access Web of Science from off Campus"  [PDF/Clarivate Analytics] 
を参照して登録ください。

【SciFinder(n)】
ユーザー登録で東大外からのアクセスが可能になります。
GACoS→マニュアル→SciFinder(n)を参照ください。



GACoS -FAQへ戻る