GACoS  Gateway to Academic Contents System東大マーク

GACoS(ガコス)はインターネットで文献などの学術情報を探すためのゲートウェイです。
東京大学にご所属のみなさんの情報収集活動をサポートします。
English

お知らせ
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、講習会が延期または中止となる可能性があります。
最新情報はGACoS(本サイト)、Twitterでお知らせいたします。

情報探索ガイダンスについて
9月のコース

「参加したいけど予定が合わない・・・」「自分にぴったりのコースがない・・・」
⇒自習する方には過去の講習会教材
⇒ご希望の日時・内容で!出張講習会(オーダーメイド講習)

本部情報基盤課[学術情報リテラシー担当]では、レポート・論文作成や学習・研究に役立つ“情報探索ガイダンス”各種コースを実施しています。
実際にパソコンを操作しながら実習しますので、わかりやすいと好評です。
東京大学にご所属の方ならどなたでも参加できます。(無料)

情報探索ガイダンス スケジュール
【9月】

 
9/1
 
9/2
 
9/3
 
9/4
 
9/7
 
9/8
14:00-15:10
SciVal講習会 【オンライン講習会】
【予約必須】
 
9/9
 
9/10
14:00-15:10
InCites講習会 【オンライン講習会】
【予約必須】
 
9/11
 
9/14
 
9/15
 
9/16
 
9/17
14:00-15:10
Web of Science・EndNote 講習会 【オンライン講習会】
【予約必須】
 
9/18
15:00-16:00
SciFinder基礎編(基礎編) 【オンライン講習会】
【予約必須】
 
9/21
 
9/22
 
9/23
 
9/24
13:00-14:10
Web of Science & EndNote databases training courses 【Online】
【reservation required】
 
9/25
 
9/28
 
9/29
 
9/30
 

 

 

◆出張講習会(オーダーメイド講習)随時受付中!⇒詳細はこちら

会場・お問い合わせ先
テーマ別ガイダンス (右のメニュー参照)
English Session
出張講習会・オーダーメイド講習会

東京大学にご所属であれば、学生・教職員を問わずどなたでも参加できます。お気軽にご参加ください。
会 場 本郷キャンパス 福武ホール地下1階講習会コーナー(各回先着18名)※Windowsパソコン18台あり。⇒地図
問い合わせ 本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当]
 メール:literacy*lib.u-tokyo.ac.jp(*を@に書き換えて送信)
 電話:03-5841-2649/内線:22649

>>平成30年度 過去のガイダンスはこちら
>>平成31年度/令和元年度 過去のガイダンスはこちら
>>令和2年度 過去のガイダンスはこちら

   

情報探索ガイダンス メニュー
ツイッターはこちら
Googleカレンダーでもガイダンスのスケジュールが見られます!

2020年9月のテーマ別ガイダンス
コース名 ガイダンス内容 教材
オンライン講習会
研究分析ツール
SciVal講習会
 
(70分)
  【予約必須】
●日時:
・9/8(火)14:00-15:10
オンライン講習会

●内容
提供元から講師を招いて、世界最大級の抄録・引用文献データベースを基にした研究力分析ツール「SciVal」の機能を紹介する講習会を行います。

研究支援者、研究者(教員・学生)共に活用できるツールです。

・研究評価指標の基本(FWCI、トップX%論文、国際共著者率など)
・大学/ 部局/ 研究者の業績把握と比較
・他機関との共同研究の状況
・世界/ 大学/ 部局/ 研究者の研究テーマのトレンド分析
・共同研究相手候補の選定など戦略的な研究活動への活用


講習会中はQ&Aボックスにて随時質問を受け付けます。

東京大学にご所属であれば、どなたでも参加できます。
提供元から講師を招聘して行います。

●申込方法 こちらのフォームからお申し込みください

申込にはUTokyoアカウント(数字10ケタ)と@utac.u-tokyo.ac.jpを組み合わせたIDでのログインが必要です。
Zoomページで参加申込を行うと、入力したメールアドレスに講習会参加のためのURLが送付されます。
当日配付


オンライン講習会
研究分析ツール
InCites講習会
 
(70分)
  【予約必須】
●日時:
・9/10(木)14:00-15:10
オンライン講習会

●内容
提供元から講師を招いて研究分析ツール「InCites」の講習会を行います。
Web of ScienceをデータソースとするInCites Benchmarkingの基本的な分析事例を紹介します。 新しく追加された「1st・Last・責任著者分析」「Profile Metrics」などの指標で、さらに多彩な研究業績分析が可能となります。

1. 論文による研究分析の必要性とデータの活用
?論文被引用情報からわかること
2. InCites Benchmarking の基本的な分析例

① 機関・研究者の研究業績を分析する
② 研究トピック別の業績・研究動向を把握する
③ 共著の現状と著者ポジションによる関与度を分析する
④ 研究助成の状況について知る
⑤ 分析したデータを保存・共有する

3. 研究分析に用いられる指標と分野の説明


講習会中はQ&Aボックスにて随時質問を受け付けます。

東京大学にご所属であれば、どなたでも参加できます。
提供元から講師を招聘して行います。

●申込方法 こちらのフォームからお申し込みください

申込にはUTokyoアカウント(数字10ケタ)と@utac.u-tokyo.ac.jpを組み合わせたIDでのログインが必要です。
Zoomページで参加申込を行うと、入力したメールアドレスに講習会参加のためのURLが送付されます。
資料はこちら


オンライン講習会
Web of Science・EndNote講習会
 
(70分)
  【予約必須】
●日時:
・9/17(木)14:00-15:10
オンライン講習会

●内容
提供元から講師を招いて「Web of Science」「EndNote」の講習会を行います。
読むべき重要な論文、自分の研究テーマの中からインパクトの高い論文を効率よく探す方法について説明します。論文の管理や引用文献リストの作成・変更が簡単にできるEndNoteについても、併せてご紹介します。

1. Web of Scienceとは
2. “読むべき論文”をいち早く見つけるコツ

① 被引用数の多い論文から読む
② 高被引用論文・ホットペーパーから読む
③ 利用回数で研究者の興味の高い論文から読む
④ 引用関係から次に読むべき論文を検索
⑤ 関連文献から研究トピックでは検索できない論文を読む

3. レファレンス作成に便利な EndNote オンライン

① 文献情報を取り込んで管理する
② 引用文献リストの自動作成
③ ジャーナル規定に沿った引用文献リストの一括変換

講習会中はQ&Aボックスにて随時質問を受け付けます。

東京大学にご所属であれば、どなたでも参加できます。
提供元から講師を招聘して行います。

●申込方法こちらのフォームからお申し込みください

申込にはUTokyoアカウント(数字10ケタ)と@utac.u-tokyo.ac.jpを組み合わせたIDでのログインが必要です。
Zoomページで参加申込を行うと、入力したメールアドレスに講習会参加のためのURLが送付されます。
We of Science&EndNote(basic)講習会(2020年9月17日開催)テキスト(クラリベイト提供))【学内限定】
【学外からはこちら】


参考資料:Web of Science登録方法
オンライン講習会
SciFinder講習会(基礎編)
 
(60分)
  【予約必須】
●日時:
・9/18(金)15:00-16:00
オンライン講習会

●内容
提供元から講師を招いて「SciFinder」の講習会を行います。
世界最大の物質科学情報検索ツール SciFinder について,デモンストレーションを交えながら説明します。SciFinder では主に,特許を含む科学技術文献情報,化学物質情報,有機化学反応情報を検索できます。

SciFinder 概要紹介
・文献検索(キーワード,著者名,組織名等から)
・化学物質検索①(物質名称,CAS 登録番号 (CAS RN)から)
・化学物質検索②(化学構造式から)
・反応検索(化学反応式から)
・その他便利な機能(アラートや Combine 機能など)


講習会中はQ&Aボックスにて随時質問を受け付けます。

東京大学にご所属であれば、どなたでも参加できます。
提供元から講師を招聘して行います。

●申込方法こちらのフォームからお申し込みください

申込にはUTokyoアカウント(数字10ケタ)と@utac.u-tokyo.ac.jpを組み合わせたIDでのログインが必要です。
Zoomページで参加申込を行うと、入力したメールアドレスに講習会参加のためのURLが送付されます。
テキスト


Online
Web of Science & EndNote databases training courses
 
(70min.)
  【Reservation required】
●Date:
・9/24(Thurs)13:00-14:10
Online

This couese will be provided in English.

●Contents
We will explain how to find important papers with high impact in your research theme efficiently. We will also introduce EndNote, which enable you to manage publications, create and change a list of references easily.

Web of Science ? Your First Stop to Research Discovery
・Understand what is the Web of Science
・How do you find papers related to your research?
・How do you identify emerging areas of research?
・Use Web of Science to identify potential collaborators and journals to publish in

EndNote basic
・how to save your publications
・create and change format (using “Format” Bibliography and Format Paper)


Target audience is all the members of University of Tokyo.
We will invite a presenter from the provider. (Clarivate)

●How to apply here

To apply, you need an ID : "your UTokyo account + @utac.u-tokyo.ac.jp"(ex. 1234567890@utac.u-tokyo.ac.jp)


Web of Science & EndNote(basic) databases training course in English(20200924)Textテキスト(Provided by Clarivate)【学内限定】

【学外からはこちら】

講習会動画
コース名 ガイダンス内容 教材
論文準備ここからスタート!
文献検索編 
  定期講習会「論文準備ここからスタート!」のうち、文献検索の部分をまとめたものです。

Part1 GACoS 学外からのデータベース・電子ジャーナルの使い方
 ・GACoSの基本的な使い方
 ・学外ネットワークからの、東京大学で利用することができるデータベースや電子ジャーナルの使い方

Part2 CiNii Articles 東京大学OPAC
 ・CiNii Articlesの基本的な使い方
 ・東京大学OPACでの文献の検索と入手方法

Part3 Web of Science
 ・Web of Scienceの基本的な使い方

動画の視聴はこちらから
文献検索テキスト
「CiNii Articles とWeb of Science 検索実習 問題&解説」


はじめよう!新RefWorks
  定期講習会「はじめよう!新RefWorks」を動画にしたものです。

1. 文献管理ツールとは?新RefWorksとは?
2. 文献情報の管理
3. 参考文献リストの作成
4. Wordに参考文献リストを作成 Write-N-Cite編
5. Wordに参考文献リストを作成 RefWorks Citation Manager編

動画の視聴はこちらから
はじめよう!新RefWorks

はじめよう!Mendeley
  定期講習会「はじめよう!Mendeley」を動画にしたものです。

内容:
文献管理ツールとは?Mendeleyの特徴
デスクトップ版
WebImporter
WordPlugin

動画の視聴はこちらから
アンケートはこちらから(任意の文字列@g.ecc.u-tokyo.ac.jpのメールアドレスが必要です。)
はじめよう!Mendeley

「こんなコースもやってほしい」などご要望をお寄せください。
他にどんなコースがあるのかは、以下のリンクからご覧ください。
>>平成30年度 過去のガイダンスはこちら
>>平成31年度/令和元年度 過去のガイダンスはこちら
>>令和2年度 過去のガイダンスはこちら


Copyright(C)2005 東京大学本部情報基盤課学術情報チーム[学術情報リテラシー担当] All Rights Reserved
著作権・リンクについて