英語で論文セミナー2020


はじめて英語で雑誌論文の投稿にチャレンジする人向けの入門セミナーです。
「科学英語編」「投稿・出版編」2コースのいずれか片方、または両方の申込も可能です。
いずれのコースも日本語による講義です。(「科学英語編」の一部は英語による対談です)
オンライン(Zoom)での開催です。
※論文添削等、個別指導・個別相談はございません。

科学英語編

駒場ライターズスタジオがあなたの身近にやって来る!

世界の多くの研究者は英語が母語ではありません。
「科学の共通語」としての英語で論文を書くことについて一緒に考えましょう。

「英語科学論文の書き方」(中山書店2017年)の編集・執筆を担当された片山先生による、科学論文英語入門です。
さらに、ゲストのJohn Solomon Maninang先生との対談形式で、理系研究者から見た良い論文英語・悪い論文英語について学びます。
(講義は日本語ですが、対談コーナーは英語(通訳なし)で行われます)

■日 時:2020年11月13日(金)15:00〜16:30

■講 師:
片山晶子 特任講師(駒場ライターズスタジオ)

■ゲスト:
John Solomon Maninang 特任講師
Ph.D. (ご専門は植物学・食物科学です)
(ALESS Program)

■参加費: 無料

●申込方法:東京大学所属者限定
こちらのフォームからお申し込みください
申込にはUTokyoアカウント(数字10ケタ)と@utac.u-tokyo.ac.jpを組み合わせたIDでのログインが必要です。 Zoomページで参加申込を行うと、入力したメールアドレスに講習会参加のためのURLが送付されます。
アンケートはこちら

投稿・出版編

出版社から見た、アクセプトされやすい英語論文の書き方とは?

せっかくの研究成果をまとめて執筆した論文が、基本的なチェックポイントを見逃していたためにリジェクトされてしまうのでは残念です。
自信を持って投稿し、アクセプト(受理)される可能性を高めるために、英語論文執筆の基礎を学んでいきましょう。
出版社の立場からジャーナル論文執筆のヒントをご紹介します。
(日本語による講義です。)

内容
1.ジャーナル出版の流れ / なぜ論文を書くのか?
2.科学英語論文に求められること (先行研究の調査 /適切なジャーナルの選択)
3.論文の構造
4.論文投稿後のプロセス
5.出版倫理 
6.リサーチャーサポートより : 論文著者からよく受けるご質問

■日 時:2020年11月24日(火)15:00〜16:40

■講 師:
井上淳也 氏
内野明子 氏 リサーチャーサポート担当者
(エルゼビア・ジャパン株式会社)

■参加費: 無料

●申込方法:東京大学所属者限定
こちらのフォームからお申し込みください
申込にはUTokyoアカウント(数字10ケタ)と@utac.u-tokyo.ac.jpを組み合わせたIDでのログインが必要です。 Zoomページで参加申込を行うと、入力したメールアドレスに講習会参加のためのURLが送付されます。 協力:エルゼビア・ジャパン株式会社 アンケートはこちら ------------------------------------------
英語論文セミナー〜投稿・出版編 テキスト 【学内限定】 【学外からはこちら】ScienceDirect転載申請 【学内限定】 【学外からはこちら】

●お問合せ先:
本部情報基盤課学術情報リテラシー担当
literacy*lib.u-tokyo.ac.jp
(*は@に置き換えて送信してください。)



GACoSトップページへ戻る